So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

イタリアの新聞 “La Verità” にインタビュー記事 (2018.1.7) [インタビュー&記事]

  “La Verità”は最近創刊された独立系の新聞のようです。
 2018年1月7日発行の新聞の13ページにグリゴーロのインタビューが掲載されています。今のところ、日本からは、お金を払ってもというか、お金が払えない....従って読めませんが、デジタル版は数秒閲覧可能です。もしかしたら、数日後には読めるかも知れません。

 全然読めませんが、新聞のトップページと13ページはこんなかんじです。
*13ページのインタビュー、数秒間は閲覧できますので工夫して全部読めるようにしました。(2018.1.10)

gri_LaVerita20180107_1.jpg La Verita20180107_13.jpg

 一部内容が、こちらの記事にあります。
Delirio al Maggio fiorentino: “C’è un femminicidio”, e cambiano il finale della Carmen
 なんでもイタリアでは、というか世界中どこでもですが、"femminicidio"(ストーカー殺人とか元恋人とか妻とか男が女を殺害すること)が問題になっていて、カルメンの最後の場面、ドン・ジョゼがカルメンを殺す場面を変えちゃったと......しかし、そんなことしたら、オペラはカルメンだけじゃなくて全部ダメってことでしょ、でグリゴーロに意見を聞いているようです。
“Io mi sarei rifiutato di cantare”, ha tuonato, intervistato dal quotidiano La Verità, il tenore Vittorio Grigolo, che denuncia il tentativo di banalizzare la complessità dell’arte: “Come si fa – si domanda – a ridurre il capolavoro di Bizet all’omicidio compiuto nei confronti di una donna?”. E aggiunge: “Cancellare la morte, l’amore, il tradimento o il destino dall’opera – aggiunge – è un’operazione senza senso. Chi vuole stravolgere il libretto e cambiare il finale, se è onesto, scriva un altro racconto, il suo, e metta in fila le note che più gli piacciono. A quel punto nessuno gli vieterà di chiamare Carmen la protagonista”.

nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:音楽