So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

メト「ランメルモールのルチア」(2018.3.22〜4.14)☆レビュー ☆舞台写真☆ライブMP3☆グリゴーロのエドガルド公演記録 [ランメルモールのルチア]

◎BBCのOpera on 3で1ヶ月オンデマンドで聞けます。
*barbaraさんから最後が切れているとのご指摘がありました。私も聞いてみましたが、4/9午後3時現在、最後のルチアの死を知って、後を追う場面がない、その前でプチッと切れています。今後BBCが気づいて直すかどうか分かりませんが.....BR-KLASSIKの方は大丈夫です。BBCの途中で切断の件ですが、KGさんから直っているとお知らせがありました。カーテンコールまできちんと全部入っています。(2018.4.1追記)


Donizetti: Lucia di Lammermoor
Lucia ..... Olga Peretyatko-Mariotti (soprano)
Edgardo ..... Vittorio Grigolo (tenor)
Enrico ..... Massimo Cavalletti (baritone)
Raimondo ..... Vitalij Kowaljow (bass)
Metropolitan Opera Orchestra
Metropolitan Opera Chorus
Gareth Morrell (conductor)


◎BR-KLASSIKでも聞けます。


(2018.4.9)



◎ライブ終りました。

2018年4月7日公演の幕間インタビュー:
Loren Toolajian interviews Olga Peretyatko-Mariotti and Vittorio Grigolo


(2018.4.8)



◎あと数時間後に「ルチア」のライブ放送がはじまります。
 アメリカとカナダの各放送局で配信されます。例えば、WQXRとか

☆Saturday Matinee Broadcasts
April 7, 2018 12:30 pm (日本時間:4月8日(日)午前1:30〜 )
Lucia di Lammermoor
Gareth Morrell; Peretyatko-Mariotti, Grigolo, Cavalletti, Kowaljow
(2018.4.7)

*  *  *  *  *  *  


◎3月22日ライブからの抜粋と2013年9月26日パリ国立歌劇場 l'Opéra national de Parisの抜粋です。

2013年9月26日パリ
Maurizio Benini
Ciofi, Grigolo, Tézier, Anastassov
2018年3月22日メト
Roberto Abbado
Peretyatko, Grigolo, Cavalletti, Kowaljow

1幕:庭園の泉のそば:Sulla tomba che rinserra....  Verranno a te sull'aure ...二重唱

2幕 結婚の場:6重唱 Chi mi frena in tal momento,〜  Son tue cifre? A me rispondi!

3幕 嵐の場:Orrida è questa notte........ Qui del padre ancor respira

  ルチア狂乱の場:Il dolce suono mi colpì di sua voce!..... Ardor gl'incensi

  先祖の墓の前:Tombe degli avi miei, l'ultimo avanzo....... Tu che a dio spiegasti l'ali,..
(2018.3.26)

*  *  *  *  *  *  


◎レビュー:
NYtimes:Vittorio Grigolo Is the Reason to See the Met’s ‘Lucia’ /Anthony Tommasini

 (関連記事:Scene-Stealing Tenor: The Week’s Best Classical Music Moments on YouTube)
Operawire:Olga Peretyatko-Mariotti & Vittorio Grigolo Triumph In ...’ / Francisco Salazar
NY Classical Review:Grigolo provides fleeting highlights in Met’s lackluster... / Eric C. Simpson



☆舞台写真:
gri_olga_lucia2018met_11.jpggri_olga_lucia2018met_10.jpggri_olga_lucia2018met_12.jpg
gri_olga_lucia2018met_7.jpggri_olga_lucia2018met_13.jpggri_olga_lucia2018met_6.jpg
gri_olga_lucia2018met_9.jpggri_olga_lucia2018met_14.jpg gri_olga_lucia2018met_8.jpg
(2018.3.24)




◎「ルチア」のライブ放送は、3月22日と4月7日(日本では3/23と4/8)、2回あります。

☆Live Audio Performances
Thu, Mar 22 7:25PM (日本時間:3月23日(金)午前8:25〜 )
Lucia di Lammermoor
Abbado; Peretyatko-Mariotti, Grigolo, Cavalletti, Kowaljow


☆Saturday Matinee Broadcasts
April 7, 2018 12:30 pm (日本時間:4月8日(日)午前1:30〜 )
Lucia di Lammermoor
Abbado; Peretyatko-Mariotti, Grigolo, Cavalletti, Kowaljow

gri_olga_lucia2018met_2.jpggri_olga_lucia2018met_3.jpggri_olga_lucia2018met_4.jpg
(2018.3.22)


◎Metropolitan Operaのチャンネルに「ルチア」のビデオがアップされました。





(2018.3.21)


◎3月20日、ニューヨーク公共放送WQXR のfacebookに、ペレチャッコとグリゴーロの座談会がライブ配信されました。下の画像をクリックするとビデオにリンクしています。
gri_olga_WQXR.jpg
(2018.3.21)


◎3月19日ドレスリハーサル
gri_olga_lucia2018met_1.jpg
(2018.3.20)

=  =  =  =  =  =  = 


 メトでの「ランメルモールのルチア」、3月22日開幕に向けて順調にリハーサル進んでいるようです。
インスタグラム=facebookから様子が分かります。

指揮者のロベルト・アバドとエンリーコのマッシモ・カヴァレッティと 3/10

リハーサル 3/15

衣装合わせ この演出舞台衣装ではすでにスカラ座で歌っています。3/16

リハーサル 結婚式乱入の場"Hai tradito il cielo !!! E amor ...." 3/17
 SASHIMI VOICEって、生声ってこと? 
 参考:エドガルドの"Son tue cifre? A me rispondi"...."Hai tradito il cielo !!! E amor ...." パヴァロッティ、M.アルバレス、グリゴーロ 、10年前のグリゴーロです。演出のせいもありますが、怒り方がやさしい

Lucia di Lammermoor
 2018年3月22,26,30日/ 4月3,7,11,14, (25,28/ 5月2,5,10)日
(グリゴーロ=7公演)
Conductor:Roberto Abbado
Lucia:Olga Peretyatko/ Jessica Pratt (4月11,14) / Pretty Yende (4月25,28/5月2,5,10)
Edgardo:Vittorio Grigolo / Michael Fabiano (4月25,28/5月2,5,10)
Enrico:Massimo Cavalletti /Luca Salsi (3月30/4月11) / Quinn Kelsey (4月25,28/5月 2,5,10)
Raimondo:Vitalij Kowaljow / Alexander Vinogradov (4月25,28/5月 2,5,10)

=  =  =  =  =  =  = 

2008年チューリヒ歌劇場「ルチア」ハイライト、エドガルドの「ちゃぶ台返し」もあります。



 グリゴーロのエドガルド、ロールデビューは、2008年チューリッヒ歌劇場ですが、メジャーデビューする前、1999年に結婚式のすぐ後に殺される気の毒なアルトゥーロを歌ったことがあります。

lucia-di-lammermoor-scala2015.jpg◎グリゴーロのエドガルド公演記録:

スカラ座:2015年5月28, 31/ 6月3, 5, 8, 11日 (6公演)
 Stefano Ranzani, Mary Zimmermann
 Gabriele Viviani, Diana Damrau / Elena Mosuc(6/8, 11),
 Vittorio Grigolo, Juan José de León, Alexander Tsymbalyuk

スカラ座:2014年2月1, 7, 11, 14, 16, 19, 21, 23, 28日(9公演)
 Pier Giorgio Morandi, Mary Zimmermann
 Massimo Cavalletti, Albina Shagimuratova, Vittorio Grigolo,
 Juan Francisco Gatell, Sergey Artamonov

パリ・オペラ座:2013年9月7, 13, 26, 29, / 10月1 , 6日(6公演)
 Maurizio Benini, Andrei Serban
 Ludovic Tézier, Patrizia Ciofi, Vittorio Grigolo, Alfredo Nigro,
 Orlin Anastassov

アヴィニヨン歌劇場:2009年5月31 / 6月2日(2公演)
 Alain Guingal, Frédéric Bélier-Garcia
 Marzio Giossi, Désirée Rancatore, Vittorio Grigol,
 Philippe Talbo, Mirco Palazzi

チューリッヒ歌劇場:2008年9月14,16,18,20,23,25,28日,10月3日
         //12月26,28日(9公演)
 Nero Santi, Damiano Michieletto
 Massimo Cavalletti, Elena Mosu, Vittorio Grigolo, Boiko Zvetanov, László Polgár



関連記事:
スカラ座「ルチア」(2015.5.28〜6.11) 両手に花 ダムラウとモシュク ☆ 舞台写真
スカラ座「ランメルモールのルチア」(2014.2.1〜28) ☆舞台写真 ☆ レビュー ☆ トレイラー
パリ国立歌劇場"Lucia di Lammermoor "(2013.9.7〜10.6)☆ライヴ放送 ハイライト版MP3
スカラ座2013-2014シーズンの「ルチア」の衣装はロジータ・ミッソーニ.....
ヴィットリオ・グリゴーロのエドガルド:2009年アヴィニヨン
再アップ:チューリヒ歌劇場2008《ランメルモールのルチア》エドガルド・ハイライト
チューリヒ2008《ルチア》の録音から
アヴィニヨンの《ルチア》舞台写真:デジレ・ランカトーレ&ヴィットリオ・グリゴーロ
アヴィニヨンの《ルチア》グリゴーロ好評! オペラ界のNew ジェラール・フィリップ
アヴィニヨン歌劇場《ランメルモールのルチア》公演記録
アヴィニヨンの《ルチア》グリゴーロのエドガルドとデジレ・ランカトーレのルチア
ヴィットリオ・グリゴーロのエドガルド・ハイライト 6重唱と怒り爆発!テーブル返し
ヴィットリオ・グリゴーロのエドガルド・ハイライト
ヴィットリオ・グリゴーロのエドガルドは(ある面では)パーフェクト!.....
グリゴーロのチューリヒ歌劇場デビュー大歓呼で迎えられる
チューリヒ歌劇場《ランメルモールのルチア》のビデオクリップ出ました!
グリゴーロならではのエドガルド:チューリヒ歌劇場《ルチア》の写真集
チューリヒ歌劇場《ランメルモールのルチア》リハーサル中
エドガルドの"Son tue cifre? ...."Hai tradito il cielo !!! "パヴァロッティ、M.アルバレス、グリゴーロ


◎2015年 Teatro alla Scala




◎2014年 Teatro alla Scala



nice!(1)  コメント(17) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 17

Principiante

はじめまして。素晴らしいブログですね。一年ほど前から読ませていただいています。いつかお礼を言わなければと思っていました。
いろいろとラッキーが重なって、私にとって海外では初(そしておそらくラスト)の生オペラ、22日の“ランメルムーアのルチア”見てきました。
前日が「不要不急の外出は控えて下さい。」という通達が出るほどのひどい嵐だったのでどうなるだろうと思っていたのですが、当日は打って変わって良い天気の暖かめの日になって雪もほとんど溶けて、メトはほとんど満席でした。当然ですね。カーテンコールでは他の歌手もアバドもたくさん拍手を貰っていましたが、グリゴーロへの拍手は、爆発的と言うか嵐のようなと言うか、物凄い喝采だったと思います。
それにしても、結婚式に乱入の場面では、かなり激しく動きまわりながら、歌っていました。私は、三幕目のしっとり歌うところが好きなのですが、グリゴーロの感情たっぷりな初生声(sashimi voice?)が連綿と届いて来る感じは、忘れられません。
12月のコンサートも行きたいのですが、なにしろ地方在住なので、どうなることやら。
これからも記事を楽しみにしています。ありがとうございました。





by Principiante (2018-03-27 12:38) 

keyaki

Principianteさん
舞台をご覧になった方のコメントは、とても嬉しいです。
ありがとうございます。

メトは席数が多い分、客席が閑散としている時もあるようですが、満席だったとは....よかった.....

>結婚式に乱入の場面
ここは、やっぱり音だけでも興奮します。

>最後の死ぬ場面
ここも、グリゴーロの本領発揮ですね。

グリゴーロに注目して10年近くになりますが、その時の自分の声に合ったものしか歌わないという信念で、本当にレパートリーを増やさない主義ですが、45才くらいから重たい役も歌うようなことを言っていますので、楽しみにしています。
ネットの追っかけですが、参考にして頂ければ嬉しいです。

by keyaki (2018-03-27 15:05) 

Principiante

10年ですか。それでこんなにたくさんの情報が整理してあるのですね。オペラに強く惹かれるようになって2年足らずの私とは、keyakiさんの見える景色は違うのでしょうね。時と共に深まる景色を味わうというのも楽しみですね。言葉が理解できれば、もっとこの景色は深いものになるのでしょうね。遅いのですが、イタリア語も学びたいと思いました。
グリゴーロ、ぐいぐい観客を引き込む感じです。本当に楽しみです。
ペレトヤトコも癖のない美しい声だと感じました。
ブログ、また時々読ませてください。ありがとうございました。

by Principiante (2018-03-27 21:28) 

サンフランシスコ人

「本当にレパートリーを増やさない主義ですが...」

ロッシーニの知られていないオペラをやってほしい......
by サンフランシスコ人 (2018-03-30 07:42) 

keyaki

サンフランシスコ人さん

ロッシーニですか.....ロッシーニ・ルネッサンスとかで、盛り上がった時期もありますが、今はどうなんでしょう。
昨今、フローレスもロッシーニ離れしてますからね....


by keyaki (2018-03-30 23:35) 

サンフランシスコ人

「アルジェのイタリア女」はグリゴーロに向いている?
by サンフランシスコ人 (2018-04-09 02:22) 

keyaki

サンフランシスコ人さん
リンドーロですか、向いてないし、好きじゃないと思います。
デビュー当時、「セビリアの理髪師」のアルマヴィーヴァと「トルコのイタリア人」でナルチーゾを歌ったことがありますが、
まあ、テノールとしてのキャリアを積むための第一歩で、ロッシーニ歌いとして、やっていくほど向いてはいなかったということでしょう。



by keyaki (2018-04-09 07:42) 

barbara

keyakiさん、オンデマンド情報を有難うございました。
BBCの方は最後まで入っておらず、グリゴーロの歌唱の途中で突然終わってしまい、BR-KLASSIKで確認したら、こちらはカーテンコールまで入ってました。
ライブ放送の時に三幕からは聴けなかったので、今回一番のお目当ての三幕が聴けて大満足です。この日のペレチャッコはアリアの出来がご本人も残念かもしれませんが、二人の声のバランスは綺麗ですよね。
グリゴーロほど聴衆を裏切らず、オペラにおける未体験の興奮を感じさせてくれる歌手はいないですね。彼のエドガルド、歌詞の隅々まで気持ちが反映されていて、" Tombe Degl'avi miei"は聴いていても涙しました。悲劇度が抜群で圧巻のラストでした。
by barbara (2018-04-09 13:03) 

keyaki

barbaraさん
これは、ひどいですね。
ルチアの死を知って、エドガルドがルチアの後を追って死ぬ最後の場面 "Tu che a dio spiegasti l'ali,...あなたは昇天の翼をひろげた....."
が無い!一番泣けるところなのに。
最初の一時間くらい聞いて、最後まで聞かなかったんですが、まさか、最後の場面が欠けているとは.....
教えて下さってありがとうございます。
記事にも記載しておきます。

ルチアの映像がないのが残念ですよね。
スカラ座では、同じ演出で二度も歌っているのに。
今回は、なぜか、無精髭無しですから、若く見えるし、HDじゃないのが残念です。
今後、スカラ座でカルメンとフェードラ、それからどこかで仮面舞踏会って言ってますね。フェードラって、テノールの短いアリアは有名ですけど。わけのわかんない話ですよね。でも、グリゴーロが歌うんだったら、凄く楽しみです。フェードラは、ゲオルギューなのかしら。
カルメンは、ROHは、ゴリラが出て来るような変な演出になったので、スカラ座の方がましってことでしょうね。
by keyaki (2018-04-09 16:01) 

サンフランシスコ人

「ロッシーニですか.....ロッシーニ・ルネッサンスとかで、盛り上がった時期もありますが...」

そういえば、現在ロッシーニの歌劇はあまり出てこないですねぇ....
by サンフランシスコ人 (2018-04-13 05:59) 

KG

BBCのオンデマンドを聞いてからこちらに来たんですが、カーテンコールまできちんと入っていましたよ。直したんでしょうね、きっと。
幕間インタビューでグリゴーロの「Good morning, America!」には笑いました。いつも陽気ですね。たまたま聞いていたうちの中学生の娘たちが笑ってました。
歌唱は素晴らしかった。映像もみたいけど、やっぱり生で聞いてみたいです。
by KG (2018-04-16 04:38) 

keyaki

KGさん
お知らせありがとうございます。
当然、リスナーから苦情がいったはずですよね。

本当に、いつも陽気で、40過ぎても天真爛漫で、変りませんね。
WQXRのインタビューでは「Good evening, America! WQXR」でしたね。
このインタビュー、ペレチャッコの声が低くて、どっちが男?って感じですよね。

by keyaki (2018-04-16 09:38) 

bchama

keyakiさんお久しぶりです。
私は Jessica Prattの方のルチアを見たのですけれど、 Jessica Prattはペレチャッコに比べて大柄なので、お兄さんからは、床に投げられるし、エドガルドのグリゴーロからも結婚の署名をしたことで床に投げられるしで、ナースのお仕事の望月ありさのように、倒れ方を、かなり研究しているようで、本当に現場で見ていると、これだけで、本当にかわいそうになりました。几帳面な人ならば、何回、床に投げられたかを計測するのでしょうが、勿論、私は、計測していません。
これだけ、いじめられると、誰かに、取りつかないと仕方がありません。最後のシーンで、エドガルドに取り付いて、エドガルドを死に追いやりますけれど、本当に、怖くて、真夏でも、寒気がするかもしれません。
by bchama (2018-04-16 23:42) 

keyaki

bchamaさん
お久しぶりです。
面白いお話ありがとうございます。

Jessica Prattは、歌唱面でもなかなか評判よかったようです。
伝統的スタイルで手堅く決めたとかって。
グリゴーロとは、2008年チューリッヒでエレーナ・モシュクの代役で共演したことがあるんですよ。
http://colleghi.blog.so-net.ne.jp/2009-03-14



by keyaki (2018-04-17 17:53) 

bchama

これは、余り当てにならない話ですけど、9日のルイザミラーの日に、元祖ルチアのデッセイが客席にいました。というのが、近頃の言い方で言えば美人過ぎるからです。DVDで見るような、ストイックな感じではなくて、優雅な美人だからです。フェイクニュースかもしれませんので、keyakiさんに確認してみたいと思いました。
by bchama (2018-04-17 23:06) 

keyaki

bchamaさん

サンドリヨンにナウリが出演するので、可能性はありますよね。


by keyaki (2018-04-20 23:00) 

bchama

グリゴーロのコメントがありませんでしたが、最後のシーンは本当に感動的で、椅子の背もたれが、小刻みな振動で揺れていました。勿論、私が揺らしているだろうと思っていましたが、私と少し違う振動も感じられました。感情移入が最高潮に達しての終幕ですから、もう最高です。オペラを見に行って、こうでなくっちゃという感じでした。

by bchama (2018-05-02 10:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。