So-net無料ブログ作成

2012年オランジュ音楽祭「ボエーム」まとめ (テレビ放送とレビュー) [ボエーム La Bohème]

gri_orange2012_1.jpg オランジュ音楽祭の「ボエーム」、France2のストリーミングを同好の方のご好意で見る事ができました。本当にありがとうございます。ヴィットリオ・グリゴーロの「ボエーム」を全編映像で見るのははじめてなので、すごく嬉しい!大感激! 「ボエーム」の主役はロドルフォ(ミミより出番も多い)ということを実感しました。
 この「ボエーム」、インヴァ・ムラがちょっと地味なので、グリゴーロのロドルフォがそれでなくても目立つのに更に目立ってます。テジエのマルチェッロも控えめ、意外と目立っているのがショナール.....今までショナールに注目したことないのに。今回の演出は、最後がちょっと普通じゃないので、興味のある方はご覧になって下さい。

レビューも出揃ったようです。
・Le Figaro:La Bohème dans tous ses éclats
・Forumopera:La Bohème /Grigolo Triumphans
・Le Temps:Vittorio Grigolo, héros des Chorégies d’Orange
・Les Chroniques de Benito Pelegrín:LA BOHÈME (7/15追加)
・GBOPERA(伊):“La Bohème” alla Choregies Orange
 「キャストは、ヴィットリオ・グリゴーロの活気に満ちた情熱的なロドルフォによって動かされている。グリゴーロはオーケストラの大音響を容易に乗り越える素晴らしく良く響く声をしている。それに繊細さと音楽性を伴った歌唱であることを付け加えておく.......」
 申し分のないロドルフォだったってことですね。(7/19追加)


幕間にはメイキングのビデオが流されましたが、その中からグリゴーロ・ハイライト
1.Vittorio, La nouvelle Star de l'opéra:タイトルの通りヴィットリオ特集
2.Côté coulisses;裏方さんたちのお仕事、ヴィットリオは衣装さんのところで仮縫い
3.L'antique acoustique:ローマ古代劇場の音響について












Myung Whun Chung(指揮),Inva Mula(Mimi
),Nicola Beller-Carbone(Musetta
),Vittorio Grigolo(Rodolfo
),Ludovic Tézier (
Marcello
),Marco Spotti(
Colline
),Lionel Lhote(Schaunard
),Lionel Peintre(Benoit
),Jean-Marie Fremeau(Alcindoro
),Jean-Pierre Lautré(
Parpignol
)

関連記事:
オランジュ音楽祭「ボエーム」テレビとラジオ(ネット)で生中継放送(2012.7.10)
2012年オランジュ音楽祭「ボエーム」(Vittorio Grigolo&Inva Mula):リハーサルのビデオクリップ
オランジュ音楽祭の「ボエーム」ソウルで公演 (2012.8.28と9.1) 延世大露天(野外)劇場でマイク無し!の公演を実行:ゲオルギュー&グリゴーロ
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 5

concom

はじめまして、以前から読ませて頂いていました。
早速のオランジュの映像どうもありがとうございます!
グリゴーロ君は相変わらず伸びやかな良い声ですね。

オランジュは珍しく無風だったのでしょうか?
ろうそくの火が本物でびっくりしました。(以前アラーニャがやったときは、オンオフ式の電灯だったし、いつも風に苦労してるので)

グリゴーロもすっかりオランジュの常連のようですね。
これからも楽しみにしております。


by concom (2012-07-14 20:56) 

keyaki

concomさん
コメントありがとうございます。
フランスオペラの素敵なサイトを開設していらっしゃるんですね。
オランジュは風で有名ですね。10日はそよ風のようでしたよ。

>グリゴーロもすっかりオランジュの常連
椿姫、リゴレット、ボエームと続いて、数年前の予定では2013年には「仮面舞踏会」だったんですけど、やめちゃったようです。バルガスに代わったみたいです。多分、「仮面舞踏会」はまだ早過ぎるということでキャンセルしたんでしょうね。
ですから、今回の「ボエーム」の後は出演予定はないようです。先のことは分かりませんが。
でも、フランスオペラは自分に合ってると言ってますので、今後ともよろしくお願いします。来年の2月にはバルセロナで「ホフマン物語」ですが、デュセがどうなるのか心配ですね。
by keyaki (2012-07-15 01:20) 

concom

お返事どうもありがとうございます。
私の拙いサイトも見て頂いて恐縮です!
確かにグリゴーロはフランスオペラ合ってますよね。
ホフマン物語は私が最も好きなオペラのひとつなんですが、グロゴロ君のヤンチャな感じはピッタリかも。
チューリッヒのをYouTubeで見ましたが(keyakiさんがアップされたのでしょうか?)、なかなかエネルギッシュで面白かったです。
デュセって、ナタリーですよね?出る予定なのですか?
オランピアはもう歌わないと言ってたような気がするのですが、何の役でしょう?
私としては彼女にはアントニアを歌ってほしいのですが。
質問ばかりでスミマセン~~

by concom (2012-07-15 14:30) 

keyaki

concomさん

>デュセって、ナタリーですよね?
そうです。カタカナ表記ではデセイとかデッセイとか多いようですが、デュセが一番近いということなので....

>オランピアはもう歌わないと言ってたような気がするのですが、何の役でしょう?
4役歌うことになってます....
こちらにバルセロナの公演予定の記事を書いています。
http://colleghi.blog.so-net.ne.jp/2012-02-28

>質問ばかりでスミマセン~~
いえ、いえ、ぜんぜんかまいません。大歓迎です。

by keyaki (2012-07-15 18:21) 

concom

よ・・4役ですか!?
それはちと無謀な気が・・・
でも実現したら嬉しすぎです。
新版ならジュリエッタの超絶技巧のアリアもあるはずだし、
ダンナさんも一緒のようだし、、、!(よだれ・・)
これは大変楽しみな情報どうもありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
by concom (2012-07-15 19:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0