So-net無料ブログ作成

ヴィットリオ・グリゴーロのエドガルド:2009年アヴィニヨン 2008年チューリッヒ ☆ YouTube [ランメルモールのルチア]

 「ランメルモールのルチア」のエドガルドは、ヴィットリオ・グリゴーロにぴったりの役で、しかも本人も「大好きな役」と言っていますが、意外にそれほど歌っていません。今まで、スカラ座の開幕公演で歌うという情報もありましたし、シーズン発表の度に噂はありますが、実現していません。来シーズン、ドイツ・ベルリン・オペラで一日だけ歌う可能性が残っていますが、現時点でN.Nになっています。

☆「ランメルモールのルチア Lucia di Lammermoor」の公演記録
 チューリッヒ歌劇場(9公演):2008年9月14,16,18,20,23,25,28日,10月3日 //12月26,28日
 アヴィニヨン歌劇場(2公演):2009年5月31、6月2日

 エドガルドではなく気の毒な花婿アルトゥーロ....メッシーナ劇場:1999年11月24,26,28,30日

 2009年5月にアヴィニヨン(2公演)で歌ったのが最新ですが、リハーサルのプライベート録画がYouTubeにアップ(VittorioGrigoloTenorのチャンネル)されていますので、順番に並べて再アップしました。なかなか見ごたえ、聞きごたえがあります。結婚式に乗り込んでいく場面は、リハーサルではなく舞台奥から録画したものですが、迫力満点です。最後のエドガルドが死んでいく場面 "Tu che a dio spiegasti l'ali,"がなかったので、チューリッヒの公演の音源にアヴィニヨンの舞台写真を付けてアップしました。ルチアは、デジレ・ランカトーレですが、「狂乱の場」は、TheMariah2009のチャンネルにアップされていたリハーサルの録画です。


 ついでに、2008年9月のチューリッヒ歌劇場の「ルチア」の音源に舞台写真をつけたものです。ルチアはエレーナ・モシュク、エンリーコはマッシモ・カヴァレッティ。



関連記事:
[ランメルモールのルチア]
アヴィニヨンの《ルチア》グリゴーロ好評! オペラ界のNew ジェラール・フィリップ...
アヴィニヨンの《ルチア》舞台写真:デジレ・ランカトーレ&ヴィットリオ・グリゴーロ
アヴィニヨン歌劇場《ランメルモールのルチア》公演記録
アヴィニヨンの《ルチア》グリゴーロのエドガルドとデジレ・ランカトーレのルチア

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

mami

私も、グリゴーロが一番ぴったりなのは、エドガルドだと思います!
というか、グリゴーロくんで、1番見てみたいのが、エドガルド!!

確か、以前に、結婚式の4重唱のあとの場面で、
音楽とぴったりの場面で、グリゴーロくんが机をひっくりかえす演出があったと思います。keyakiさんのクリップで見た記憶が。。。
これを見た時に、「グリゴーロくんにぴったり!」って思いました。
それにしても、音楽にぴったりあった、「机ひっくり返し」で、すごく印象深かったです。

この役の、情熱的な恋する若者ってグリゴーロくんに、ぴったりですよね。
あの、いい意味での、熱さが。最近のテノールには、この熱さが感じられる人ってあんまりいない。。。

そもそも、ルチアは大好きなオペラの一つですが、こうして一つにまとめてくださると、ますます、グリゴーロくんでみてみたいです。

そうそう。ちょっと話題がずれますが。
再現オペラ、チェネレントラよりも、ルチアのほうが、「再現」ということなら、
ぴったりのオペラなような気がします。
by mami (2012-05-16 13:49) 

keyaki

mamiさん
グリゴーロ=エドガルドの「ちゃぶ台返し」、あれはいい演出ですよね。もしかして、日本の映画とかからのアイデアかしら。
あの「ルチア」はミキエレットの演出で、舞台もなかなかきれいなのに、映像化されなかったのが残念です、
グリゴーロは、休養が大切とかで公演数押さえているようなので、なかなかチャンスが来ないようですけど....「ルチア」は、録音もプライヴェートしかないんですよ。

>再現オペラ
「ルチア」って映画版ないですよね。オペラ映画もよさそうですね。

by keyaki (2012-05-17 00:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0