So-net無料ブログ作成

マントヴァで《再現リゴレット》:ドミンゴのリゴレット!ヴィットリオ・グリゴーロ&ユリア・ノヴィコヴァ☆R.ライモンディも出演! [リゴレットa Mantova]

(2010.8.22)
★噂通り、ルッジェーロ・ライモンディもスパラフチレで出演。疑り深い私も写真が出れば納得。ほとんど69才の殺し屋ってのもなんですが、両手に贔屓歌手だなんて、素直に喜ばなくては....フランスのLe mondeの特集ブログのようですが、"riblogetto à mantoue"に詳しい記事と写真が掲載されています。(写真をクリックすると拡大します)

(2010.8.19)
★ Corriere della Sera(18 agosto 2010)にグリゴーロのインタビュー記事が掲載されましたが、どうやらライモンディも出るみたいです。「1992年のローマでの《再現トスカ》で羊飼いの役でドミンゴとライモンディと共演することになって、リハーサルまでしたのに声変わりでだめになったんだけど、この《リゴレット》でもライモンディも一緒なんだ.....」と話しています。もう1つ同じCorriere della Seraの記事"A Mantova con Domingo e Raimondi Un gala in Ticino per diffondere la lirica" でも、「グリゴーロとドミンゴと共に、オペラ界の大物、バスのルッジェーロ・ライモンディの名前も」と書かれています。

(2010.8.18)
★ORF(オーストリア放送協会)でも番組紹介記事が掲載されました。ヴィットリオ・グリゴーロ、プラシド・ドミンゴ、ユリア・ノヴィコヴァ...メインキャストも集まって着々と準備が進んでいるようです。下の写真以外にもORFのサイトで見られます。(2010.8.19)
mantova_rigoletto10.jpgmantova_rigoletto3.jpgmantova_rigoletto12.jpg


(2010.8.18)
★Rai.tvに30秒の宣伝用スポットRigoletto a Mantova - Promoのビデオクリップが出ました。歌手は誰も登場していません。うまく見られない方は、私の保存用でどうぞ


(2010.8.15)
★ロシア語のサイトで、キャスト一覧を見つけましたので記事に書き加えました。
スパラフチレがルッジェーロ・ライモンディになっています。まさか...とは思いますが、あとの主要キャストが正確なので、まさかのまさかということもあるかな...と思ったり....しかし、モンテローネがもれているのはなぜでしょう。ライモンディはカメオ出演ということでモンテローネがふさわしいと思います。
マッダレーナ役のニーノ・スルグラーゼは、すでに7月19日にマントヴァ入りして、準備しているようです。彼女自身のホームページのカレンダーに書かれています


(2010.7.28)
★世界138カ国衛星放送:放送時間(イタリア時間):9月4日(土)午後8:00/9月5日(日)午後2:00 と 午後11:15 (2010.7.28)


(2010.7.7)
★ジルダは、オルガ・パシェチニク Olga Pasichnykからロシア出身のJulia Novikovaに変更になりました。Theater Bonnからお知らせが出ました。(bonn-theater-bonn.pdf) 劇場も抜擢に大喜びで、全面的にバックアップということでしょうか。あとは今のところ変更はないようです。


◎以下2010.5.11記事: 
 Raiオーケストラのシーズン発表での情報です。各歌手の公式ホームページのスケジュールにはまだ載っていませんので、キャストは、あくまで予定ということでしょう。グリゴーロは、7月22,25,28,31日とイスラエル・フィル、メータ指揮で演奏会形式の《リゴレット》に出演予定ですから、これは9月の撮影に備えての準備も兼ねていると考えられます。ということで、この企画が中止にならない限り出演すると思います。

2010年9月4, 5日 ズービン・メータ指揮 《その時その場所 再現リゴレット》衛星放送

アンドレア・アンダーマン Andrea Andermann制作
マルコ・ベロッキオ Marco Bellocchio監督

場所:マントヴァとその周辺、Palazzo Te,Bibiena
指揮:ズービン・メータ
Rai国立交響楽団

リゴレット:プラシド・ドミンゴ
マントヴァ公爵:ヴィットリオ・グリゴーロ
ジルダ:オルガ・パシェチニク Olga Pasichnyk
ジルダ:ユリア・ノヴィコヴァ (2010.7.7変更)→→→
スパラフチレ: ルッジェーロ・ライモンディ(2010.8.15追記)?
マッダレーナ:ニーノ・スルグラーゼ (2010.8.15追記)
Conte di Ceprano: Giorgio Gatti (2010.8.15追記)
Contessa di Ceprano: Kassandra Dimopoulou (2010.8.15追記)
Giovanna: Caterina di Tonno (2010.8.15追記)


★ ユリア・ノヴィコヴァJulia Novikova (1983 - ロシア St. Petersburg出身)は、プラシド・ドミンゴ主催のコンクール"Operalia 2009" の優勝者。

ジルダのオルガ・パシェチニクは、はじめて聞く名前です。ウクライナ出身、1968年生まれ、ということは42才.....舞台写真とかポートレートを見る限り、雰囲気のあるきれいな人ですね。バロックとかモーツァルトが主なレパートリーで、ヴェルディは、ジルダだけをレパートリーにしています。

★撮影場所のマントヴァ、PalazzoTe、Giardino segreto(クリック拡大)

 交流ブログのkametaro07さんが、昨年、パリのバスティーユでパシェチニクが出演したオペラをご覧になっていました。"ロジェ王・・・Opera Bastille・・・2009/7/2"
★YouTubeにコンサートですが、オルガ・パシェチニクの"Caro nome"がアップされています。折れそうに細い......

情報元:
★Orchestra Sinfonica Nazionale della Raiの2010/2011シーズンに関する記事:
Orchestra Rai, andante sereno11/5/2010 (8:38)
Più la partecipazione al Rigoletto «nei luoghi e nelle ore di» in mondovisione da Mantova e contado il 4 e 5 settembre, con Zubin Mehta sul podio, Plácido Domingo ormai baritonalizzato sotto la gobba e poi Vittorio Grigolo e Olga Pasichnyk, perché anche l’occhio vuole la sua parte, come Duca e Gilda.(関係部分抜粋)
Comunicato stampa Concerti 2010-2011.PDF
Concerti fuori sede
Di tutto rilievo poi, gli appuntamenti fuori sede, nazionali e internazionali, che vanno dall’opera in diretta televisiva Rigoletto, da Mantova il 4 e 5 settembre,.....(関係部分抜粋)


関連記事:
マントヴァで撮影の《再現リゴレット》は、最新作 "Vincere" で話題のマルコ・ベロッキオ監督に...
マントヴァでマントヴァ公爵 Opera Film《リゴレット》

《リゴレット》マントヴァ公爵 (2005.9.30〜):ヴィットリオ・グリゴーロ旋風巻き起こる
[再現トスカ]
nice!(1)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 16

sora

こんばんは~。
オルガ・パシェチニクさん。私名前知ってますよ~。名前だけ(笑)
昨年パリで大野和士さん指揮のロジェ王(シマノフスキ)とかいうのに出ていましたよ。Arteとかでご覧になりませんでしたか?演出に対するブーイングが凄くて、ブーイングとか私はまだあまり聞いたことが無かったので、面白くてそこだけ見ました。Mariusz Kwiecienがニヤニヤ笑っていて面白かったです。kametaro07さんがその公演をご覧になっていて記事にしていらっしゃいますよ。(知ったかしてみました。)
by sora (2010-05-11 22:31) 

keyaki

soraさん
ありがとうございます。
kametaro07さんの記事見てきました。面白そうですね。見ようと思えば見られますので、いずれ見てみます。
けっこうキャリアも長いし特定の分野で著名なソプラノさんみたい.....ヴェルディは、ジルダだけがレパートリーなんですね。
YouTubeにコンサートですがジルダのアリア"Caro nome" を歌ったビデオがアップされていました。折れそうに細いですね。

by keyaki (2010-05-12 00:18) 

Nanako

Rigoletto diventa un film in diretta da Mantova
http://www.c6.tv/video/10039-rigoletto-diventa-un-film-in-diretta-da-mantova
1ヶ月くらい前にアップされたニュースですが。。。
by Nanako (2010-08-14 05:50) 

keyaki

Nanakoさん
ありがとうございます。
これって誰が歌ってるのか....と気になってました....

現時点で、ドミンゴ、グリゴーロ、Julia Novikovaは決定のようですが、最近の新聞記事で、他のキャストの正式発表は9月3日って.....遅過ぎですよ。決まってないわけないでしょうから、さっさと発表すればいいのに。

ライモンディの名前があがっている記事があったんですが、ほとんど誰も信じてはいませんが....(私としては70才の殺し屋はやめて欲しいですけどモンテローネならぜひ出演して欲しい).....ライモンディは、9月7日のチューリヒで《トスカ》ですから、それを見に行くつもりのライモンディファンとしては気が気ではないわけですよ。

Nanakoさんのブログ情報のコロンバーラの愛知キャンセルって....もしかして、スパかモンテローネなんてことはないともいえませんよね。

by keyaki (2010-08-14 09:42) 

Nanako

ホント誰が歌っているのか私も気になってきました。
以下コメント書く場所違ってますけどごめんなさい。
コロンバーラは親切に日本語でお知らせしてくれるのですけど、もうちょっと詳しく書いてくれたものは日本語意味不明でした。機械翻訳って使い物にならないですね。英語かイタリア語で書いて下さいとお願いしたけれどやっぱり親切に日本語で書いてくれます(笑)
あ、それからグリゴーロ様の9月発売のアルバムのCMビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=Vq19NCV6u0g
とてもよかったです!!
by Nanako (2010-08-14 16:22) 

keyaki

Nanakoさん

>機械翻訳って使い物にならない
特に日本語が絡むとダメですね。似たような原語だと、ちょっとは役に立つんですけどね。

>グリゴーロ様の9月発売のアルバムのCMビデオ
子供の頃の写真もドミンゴとのははじめて見ました。
ホームページもできてましたので、紹介記事を書きました。
パルマもローマも本当に絵になりますね。

by keyaki (2010-08-14 21:11) 

hasida

ノヴィコヴァさん可愛い。。。「ロジェ王」のソプラノさんよりずっといい。。。グリゴーロ君とで映える舞台が期待できそうに思います。
リンク先でジルダのアリアを聞きましたけど、丁寧に歌っていて好感が持てました。あとは実際の舞台でどれだけ響くのか、でしょうか。小柄な方のようですから。

オペラ台本翻訳に使ってみた範囲ですが、
自動翻訳は仏英ならそのまま使えそうな場合も多いです。意外と独英は苦戦します。伊英は西英にも劣ります。勿論日本語を混ぜると別次元に全く駄目です。この駄目さ加減は西欧人には中々分からないかもしれませんね。
by hasida (2010-08-16 20:28) 

keyaki

hasidaさん
ノヴィコヴァは、小柄でかわいいですね。映画的には、パシェチニクよりいいです。マッダレーナのメゾもかなりの美人ですし、グリゴーロも両手に花。
リゴレットマニアのhasidaさんには、リゴレットがドミンゴということで、ダメ!でしょうけど....まあ、ドミンゴが公爵をやるよりは、絶対いいと思います。

機械翻訳は、日本語は、もう日本語じゃないですから、ぜんぜんだめですけど、かえってその方が、いいのかも.....ちゃんとした日本語だけど誤訳というのが一番困りますから。
by keyaki (2010-08-17 08:42) 

hasida

今度はスルグラーゼさんのサイトの動画を、こちらは全部見てしまいました。ノヴィコヴァさん以上に舞い上がってしまいました。
殿方全般に強くお勧めです。
2種類とも地のままでカルメンなりきりですね。まだ美貌に釣り合う共演者には恵まれてないようですけど。

シナイーデのアリアを「ほんとはこれエルチアのアリアなんだけどね~」と聞いたその次にマリーで出てきてびっくり、DVDで持ってました。確かに若くて奇麗なマリーが居たのは覚えていたのですが。でもアマルテアで出てきて欲しいです。
#ご存知ではない方はこちらへどうぞ↓
http://www.katch.ne.jp/~hasida/opera/mose.htm

ジョージア生まれって何よ、と思ったら、「グルジア」だったのですね。
by hasida (2010-08-18 00:14) 

Nanako

こんばんは。 Rai TVにRigoletto a Mantova Promoが今日 昨日?アップされましたが、重すぎて全然ダメです(泣)夏休みに入ってから使い物にならないプロバイダが悲しいです。
by Nanako (2010-08-18 01:15) 

keyaki

hasidaさん
グリゴーロは、10月にメトでマイヤ・コヴァレスカとボエームで共演です。
最近は、美人系オペラ歌手が多くなって、オペラを見る楽しみが増えましたね。
>ジョージア生まれって何よ、と思ったら、「グルジア」だったのですね
そうなんですよ....ニーノ・マチャイゼ(スカラのジャンニ・スキッキのラウレッタ)ではじめて知りました。スルグラーゼも「グルジア」なんですね。

by keyaki (2010-08-18 10:21) 

keyaki

Nanakoさん
さっそく行ってみました。30秒のビデオクリップのことですよね。
30秒で重過ぎって.....どうなってるんでしょう。
保存用にアップしましたので、これならご覧になれるかな......
by keyaki (2010-08-18 10:23) 

hasida

殆ど69才の殺し屋に、まだ32才の妹ですか・・「妹」はマドリードでもバルセロナでも思い切り脚線美を強調していたのですが・・。
仰るとおり、モンテローネに回って貰いたいと思ってしまいますね。スパラフチレは普通に歌ってくれれば間に合いますけど、モンテローネの方こそ存在感とか迫力とかが必要なように思います。で、結局モンテローネは誰なのでしょう?
by hasida (2010-08-22 23:49) 

keyaki

hasidaさん
パヴァロッティとグルベローヴァの映画版リゴレットは、ビクセルがリゴレットとモンテローネの二役をやっていますね。でも、今回のは映画といっても生中継なので、それは不可能ですが、スパとモンテローネなら二役も可能、二役いいかもしれませんよ。
ライモンディは、舞台ではやってませんが、25才の時に初レコーディングでモンテローネを歌ってます。
by keyaki (2010-08-23 03:20) 

kametaro07

ライモンディも!・・・ますます楽しみが広がりましたね。
またまたOCさんのところでも話題に。
http://operachic.typepad.com/opera_chic/2010/08/live-action-hero-grigolo-heads-to-mantova-for-an-open-air-rigoletto.html

ところでRaiUnoで放送される以外に劇場上映される予定はあるのでしょうか?
せっかくなら大画面で鑑賞したいですが・・・。
by kametaro07 (2010-08-23 22:29) 

keyaki

kametaro07さん
そうなんですよ。まあ、こういう企画には常連、2000年の椿姫では、パパジェルモンを歌う...(今回のドミンゴのようなもの?)...というので話題になっていたのに残念なことになってしまったんですよ。

OCさんのところのインタビュー記事は、私もリンクしてありますが、なかなか面白い内容なんですよ。おじさんが素晴らしいテノールなんだ....と語ってましたが、どうやら、すごく内気な性格でオペラ歌手には不向きだったようです。9日にはガラコンで今度は、本物のバリトンのヌッチと共演というのも話題になってました。

映画館で上映という話しは聞きませんね。1992年のトスカが108 ヶ国参加だったのに、NHKは無視、TBSがメイキングと短縮版を後日放送、次のパリの椿姫は、後日放送しましたが、今回は138カ国参加ということですが、どうするニッポン.....ですけど.....
by keyaki (2010-08-24 10:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0