So-net無料ブログ作成

フリットリ&グリゴーロの《ボエーム》チューリヒ (2009.10.18〜11.3) [ボエーム La Bohème]

チューリヒ歌劇場《ボエーム》2009年10月18,22,25/11月3日 全4公演
Carlo Rizzi (指揮)
Philippe Sireuil (演出)
Vincent Lemaire (舞台)
Jorge Jara(衣裳)
Hans-Rudolf Kunz (照明)

キャスト
Barbara Frittoli (Mimì)
Eva Liebau (Musetta)
Vittorio Grigolo (Rodolfo)
Massimo Cavalletti (Marcello)
Gabriel Bermudez (Schaunard)
Andreas Hörl (Colline)
Davide Fersini (Benoît)
Morgan Moody (Alcindoro)
Zurigo : Opernhausサイト
※Isabel Rey(ムゼッタ:10.22)

カーテンコール:フリットリのホームページから

ネット上でレビューはまだ見つかりませんが、ドイツ系オペラフォーラムでグリゴーロのロドルフォは「傑出していた....」という報告がありましたので、いつも通りに好調、好評のようです。

 ミミは、シーズン発表時はアンジェラ・ゲオルギュー(1965.09.07- )でしたが、アラーニャとの離婚問題の影響かどうかは分りませんが、いつのまにかバルバラ・フリットリ(1970- )に変更になっていました。フリットリは、なんと14年前の1995〜1996年にメトロポリタンで"La Bohème"を歌ったのが最後で久々のミミだそうです。予定では2010年、来年のトリノの来日公演でミミを歌うことになっています。ロドルフォはマルセロ・アルバレス。
 ヴィットリオ・グリゴーロとはオペラは初共演だと思いますが、2000年にミラノ・スカラ座のコンサートで共演しています。グリゴーロが、「23才でスカラ座(コンサート)最年少デビュー」の時です。この記録はまだ破られていないんでしょうか.....

関連記事:
[ボエーム La Bohème]
[スカラVerdiコンサート2000ムーティ]ヴィットリオ・グリゴーロ、スカラ座最年少デビュー
ゲオルギューとグリゴーロ★☆Rai3のラジオ番組"La Barcaccia"
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0