So-net無料ブログ作成

ヴィットリオ・グリゴーロのエドガルド・ハイライト 6重唱と怒り爆発!テーブル返し [ランメルモールのルチア]

先日エドガルドのハイライト版をYouTubeにアップロードしましたが、やっぱり、あの結婚式乱入の場面がないと.....ということで、作ってみました。この場面はチューリヒ歌劇場のサイトに"Video example"として、ほんの一部がビデオクリップでアップされていますので、それと舞台写真を利用してiMovieで作ってみました。本当に逆上しているエドガルドにはめったにお目にかかれませんが、これは、迫力満点!「テーブル返し」もありますし....


日本語字幕付き、イタリア語キャプション付きです。イタリア語のキャプションは、マークのところでオンにして下さい。パソコンの性能とネット環境によりますが、HQマークを赤(高画質)にしてご覧ください。
Lucia di Lammermoor - Donizetti (Première),2008.9.20,Opernhaus Zurich,Nello Santi:指揮,Damiano Michieletto:演出,Paolo Fantin:舞台,Carla Teti:衣装,Vittorio Grigolo (Edgardo),Elena Mosuc (Lucia)
★参考LUCIA DI LAMMERMOOR 楽譜 libretto

これだけ声が際立ったエドガルドはなかなかいません。6重唱ではなくて、バックコーラス付きみたいですけど....プレミエのレビューでは、劇場に声を合わせることを習得する必要がある...なんて書かれていましたが、大声というよりは勝手に鳴り響いてしまうってかんじですね。

前のと合わせてYouTubeの再生リストにまとめましたので、連続再生もできます。
Lucia di Lammermoor-Edgardo highlight
★1幕から:
Sulla tomba che rinserra 私は誓った 裏切られて死んだ父の墓に
Verranno a te sull'aure ... 燃える吐息はそよ風にのって
★1幕フィナーレ:
6重唱 Chi mi frena in tal momento?...その瞬間に私を引き止めるのはなにもの?
★3幕から:
Tombe degli avi miei, l'ultimo avanzo.... わが祖先の墓よやがてこの世に別れを告げよう...
Tu che a dio spiegasti l'ali,.....あなたは昇天の翼をひろげた.....

関連記事:
YouTubeに字幕/キャプションを付けてみました.....超簡単
2008年9月チューリヒ歌劇場《ルチア》関連記事
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 5

ペーターのファンです。

テーブル返しは迫力ありますね。ホントに力いっぱいひっくり返して、迫真のエドガルド、良いですねえ。
何度聞いても絶品の声でワクワクします。本人が気持ち良~く歌うと声が突き抜けちゃうんでしょう。生で聞きたい・・・。
by ペーターのファンです。 (2009-04-12 20:58) 

りょー

私もこの場面の重唱大好きです。
アップしてくださってありがとうございます。
ほんとに、こんなかっこいいエドガルドははじめて見ました。
by りょー (2009-04-12 23:26) 

keyaki

ペーターのファンさん
せっかくの面白い演出なのに、こういうのをDVDにして欲しいですね。
最初も、走って出てきて、階段を駆け上がるそうです。
テーブルが、完璧にさかさまに着地してますが、これはきっと練習したと思います。中途半端にひっくりかえすと、オペラの舞台は傾斜してますから、オケピットにゴロゴロて落っこちかねないですものね。
チューリヒ中央駅の椿姫でも、お父さんが、止めるのを振り切って、走って行っちゃうんですが、それがすっごく早くて、すぐに豆粒みたいになるんですよ。
ホフマンも運動神経抜群でしたし、パヴァロッティだって、体育の先生になる予定だったし、ライモンディもバレーボールかバスケの選手だったし....オペラ歌手は、運動神経が必要だと思います。
by keyaki (2009-04-13 02:02) 

keyaki

りょーさん
この場面は、音楽はいいけど、演劇的には難しいですよね。ほとんどが動きがなくて、にらみ合ってるという演出だと思います。
iMovieが、けっこういろんなことが簡単にできて楽しいですよ。楽しんで頂けて、作りがいがあるというものです。
by keyaki (2009-04-13 02:20) 

euridice

>テーブル返し
こういうの好きです。音楽ともぴったり合って快感です。
音楽に合わせて動けてこそ、よ!オペラ歌手!ですね^^++
by euridice (2009-04-13 07:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0