So-net無料ブログ作成

ゲオルギューとグリゴーロ★☆Rai3のラジオ番組"La Barcaccia" [インタビュー&記事]

 ヴィットリオ・グリゴーロのホームページにバレンシアの《ファウスト》の舞台写真がたくさん掲載されましたが、他には、なんの発表も無しです。オペラの予定は、5月31日まで何もありませんし.....2枚目のアルバムに関しても、なんの情報もなし.....なので、雑談.....


 ローマの《椿姫》で、とても相性のいい素晴しいカップルだったと言われているアンジェラ・ゲオルギューとグリゴーロ....ゲオルギューがグリゴーロについてインタビューで喋っていますので、それと、ゲオルギューのホームページの山ほどあるプライベート写真から、グリゴーロと一緒の写真を頂いてきましたので、合わせてアップします。

ポップツァーから、1年数ヶ月ぶりのオペラ復帰となったローマ歌劇場の《椿姫》は、ゼッフィレッリの演出ということで、チケットは発売と同時に完売、その後も、ロベルト・アラーニャのキャンセル、フィリアノーティの入院騒動とかで、開幕前からいろいろ話題になった公演でした。イタリアのRAI3のラジオ番組 "La Barcaccia"がアンジェラ・ゲオルギューにインタビューしていますが、グリゴーロについてちょっと話していますので、その部分だけ抜粋しました。
インタビューは右の音声ファイルをクリックして下さい。右上の写真、大人が自分のことはそっちのけで話ているのがつまらなくなってふざけている子供ってかんじですね。ゼッフィレッリの命令でお髭をのばしてますが、髭がなかったら、少年ですものね。

ゲオルギューが一人で喋っているようにちょっと脚色して紹介します。

『そう、グリゴーロ君とは、ロンドンで会ってるんです。BBCのプロムスで私のコンサートがあったんだけど、そこで彼は自分のカンツォーネを歌ったのよ、それは、素晴しい声で、音楽的センスも抜群だし、しかもハンサムな青年なんで吃驚だったわ。ロベルトに言わない方がいい? 嫉妬されるからって.....大丈夫よ。もちろんロベルトは、焼きもちやきだし、私だってそうよ。皆さんもそうでしょ。だけど、これはお仕事なんだから....共演者が"belli e bravi"なのは最高なことでしょ。(ホホホホ) ちょうどロベルトは《マノン》でネトレプコと一緒だし、私はグリゴーロ君と一緒だし....って、それってどういう意味よ.....もおぉぉぉぉぉぉ、なにをおっしゃいますか....私は、いつも歌っているだけ、ニューヨークでもとても素敵なヨナス・カウフマンと《椿姫》で共演したんですからね。世界中の、ロベルトと同じように"belli e bravi"なテノールと歌うのは当たり前のことでしょ。』

 こんなことを言っているようです。ゲオルギューは終始とてもご機嫌でした。全部聞いてみたい方は、YouTubeでどうぞ。Angela GHEORGHIU - Interview about La Traviata in Roma 2007
 レナート・ブルゾンの"bis"についてしつこく聞かれていますが、「とにかく吃驚しただけよ...」とかなんとか、今後の予定も語っています。同時にグリゴーロのインタビューも放送したようですが、残念ながら音源はありません。しかし、グリゴーロのホームページのゲストブックに「椿姫も見に行ったし、"La Barcaccia"も聞きました....とても愉快なユーモアのある人なんですね....」というようなコメントがあります。

 RAI3のラジオ番組"La Barcaccia"は、話題のオペラ公演の紹介とか、オペラ歌手をゲストに招いたり、電話インタビューしたり、また、"perla nera"というコーナーでは、ケッサク歌唱を放送したりしています。ケッサクというのは「ひどくこっけいなこと」のほうです。
 グリゴーロも2007年10月9日にゲスト出演しています(写真左)。ワシントン・ナショナル・オペラの《ボエーム》でセンセーショナルな成功を収めましたが、イタリアでは話題になっていなかったようです。しかし、番組で"Che gelida manina"が流され、素晴しい歌に衝撃を受けたとか、この声の虜になったとか....オペラ関係のフォーラムで語られていました。

★アンジェラ・ゲオルギューのフォトアルバムから(クリック拡大)
写真上左・中:2007.4.17.ローマ..ということは《椿姫》の記者会見かな....
写真上右:2007.4.20.ローマ..ということは《椿姫》プレミエ後の会食かな...
写真左:2008.4.15.プライヴェートでも親しく付き合ってるってことかな..


メモ:
Angela Gheorghiu(1965.09.07- ルーマニア)
Roberto Alagna(1963.06.07- フランス )
Vittori Grigolo(1977.2.19-イタリア)

関連記事:
《椿姫》椿姫》アルフレード:ゲオルギュー+ブルゾン ☆VideoClip☆写真集
2007年ローマ、ゼッフィレッリ《椿姫》のドタバタ舞台裏:ゲオルギューの相手役は...
2006 プロムス BBC PROMS :最終日ロンドン・ハイドパーク(2006.9.9)


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 3

Sardanapalus

楽しい記事ですね!ゲオルギューの
>共演者が"belli e bravi"なのは最高
には笑ってしまいました。確かに、共演者がかっこいいと気合が入りますよね。
それと、最後の三角関係(?)の写真も可笑しいです~。グリゴーロとゲオルギューではカップルというより弟か甥っ子という感じですけど。髭が生えていても童顔ですよね。

by Sardanapalus (2009-03-13 14:21) 

keyaki

Sardanapalusさん
ゲオルギューとグリゴーロはちょうど一回り違うんですね。
インタビュアーが話しをわざとそっちのほうに持って行っちゃってますが、ゲオルギューもまんざらでもなさそうですよね。
"belli e bravi"なテノールはアラーニャとカウフマンとグリゴーロくらいってことかしら.....

>最後の三角関係(?)の写真
アラーニャが、なんだよ〜って感じが可笑しいですね。
これって、2008年4月のようなんですけど、だとするとグリゴーロがいつのまにか結婚しちゃった時期なんです。もしかしたらゲオ&アラ夫妻は結婚式に出席したのかしら。
by keyaki (2009-03-13 22:46) 

サンフランシスコ人

サンフランシスコ歌劇場でアンジェラ・ゲオルギューが出演した《ボエーム》のラジオ番組(KDFC局)があります。

http://www.kdfc.com/pages/743374.php

MAY 3 8pm
La Boheme

五月、カリフォルニア州は日本より16時間遅れです。

by サンフランシスコ人 (2009-04-25 06:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0