So-net無料ブログ作成

《ジャンニ・スキッキ》リヌッチョ完全版ビデオクリップ:最新ミラノ・スカラ座版(2008.3.13) [ジャンニ・スキッキ]

 プッチーニの三部作のなかの一つ《ジャンニ・スキッキ》は、ラウレッタのアリア「私のお父さん」が有名すぎて、リヌッチョは出番も多く、聞かせどころのアリア「フィレンツェは花咲く木のような」もあるのに、なぜか目立たない存在です。
  しかし、ミラノ・スカラ座最新の《ジャンニ・スキッキ》では、ついに目立つリヌッチョ登場です。そこでリヌッチョ君完全版ビデオクリップを作ってみました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑写真をクリックするとユーチューブのビデオクリップ(スキッキ1)にリンクしています。[削除]
短い序奏で幕が空く。ブゾーニ・ドナーティの寝台のある部屋。亡くなったブゾーニを取り囲み親戚一同悲嘆にくれている。ブゾーニの莫大な遺産すべてが教会に寄進されるという噂を耳にして、皆はパニック状態。遺言状があれば、まだ望みがあるかもしれないと、皆で遺言状を捜し始める。ツィータの甥のリヌッチョが「遺書が見つかった」と叫び、「遺産で金持ちになったら恋人ラウレッタとの結婚を許してほしい」と伯母さんに懇願する。「うまくいけば誰とでも一緒になればいい」と言われる。リヌッチョは恋人ラウレッタの父ジャンニスキッキ呼んで来るように子供を使いに出す。


↑写真をクリックするとユーチューブのビデオクリップ(スキッキ2)にリンクしています。[削除]
遺言状は、噂通りで、一同落胆して、恨みごとをならべ、わめきちらす。リヌッチョは、ジャンニ・スキッキに知恵を借りようと提案するが、皆は「あんな田舎者の成り上がり者なんか...」と相手にしない。


↑写真をクリックするとユーチューブのビデオクリップ(スキッキ3)にリンクしています。[削除]
リヌッチョは、「あなた方は間違っている。ジャンニ・スキッキの狡猾さを利用しないてはない。美しいフィレンツェの街の栄光をもたらした芸術家達やメディチ家も田舎からきた....」とアリア"フィレンツェは花の咲く木 Firenze è come un albero fiorito...."を歌う。

<
↑写真をクリックするとユーチューブのビデオクリップ(スキッキ4)にリンクしています。[削除]
そこにジャンニ・スキッキが娘のラウレッタを連れてやって来る。いらだっているツィータたちとたちまち衝突してしまう。ツィータはヒステリックに「持参金のない娘と甥を結婚させるわけにはいかない」、「なんだ欲張りババァ」とスキッキ、恋人同士は愛をささやく四重唱。リヌッチョがスキッキに「助けてほしい」と懇願してもけんもほろろ、取りつく島もない。このとき娘のラウレッタは、「お父様、私は彼が好きなの、ポルタ・ロッサに行って愛の指輪を買いたいの、もしだめなら、ヴェッキオ橋からアルノ川に身を投げて死んでしまうから....」と超有名なアリア"O mio babbino caro,..."を歌う。娘の懇願に負けたスキッキは、可愛い娘に策略を知られないようにテラスに追いやってから、親戚一同を集めてブゾーニが死んだことが外部にもれていないかを確かめて、死体を隠そうとする。


↑写真をクリックするとユーチューブのビデオクリップ(スキッキ5)にリンクしています。
そこに、医者のスピロッチオが診察にやって来る。あわててスキッキは隠れる。皆は入り口で「ブオーゾはよくなった」とベッドに近づけまいと必死。そこでスキッキは、ブオーゾの声色を使って。医者を追い返してしまう。スキッキは、「大成功だ、勝ったぞ」と大喜び。これで、ブオーゾが生きていたことが証明されたわけである。皆は、スキッキの計画がまだ判らない様子。そこで、スキッキは、「なんて馬鹿なんだ....自分がブオーゾになりすまして、公証人を呼んで遺言状を書きかえるんだ」と説明(ジャンニ・スキッキのアリア:testa la cappellina.....)
リヌッチョは公証人を呼びに行く。喜んだ一同は、たくさん分配してもらおうとスキッキに希望の遺産を言い合い大騒ぎになるが、スキッキに任せることにする。スキッキにブオーゾの寝間着を着せながら女性たちは小声で欲張った要求をささやき、スキッキは承知するふりをする。そしてスキッキは、「もしこれがバレたら、みんな右手首を切り落とされ追放になる、フィレンツェとはおさらばになるぞ...」と脅す(ジャンニ・スキッキのバラード:Addio Firenze addio cielo di vino.....)。皆は、震え上がって一緒に歌う。


↑写真をクリックするとユーチューブのビデオクリップ(スキッキ6)にリンクしています。[削除]
リヌッチョが、公証人と、証人のピネリーノとグッチオを伴って戻って来る。
ブオーゾに化けたスキッキは「以前の遺言状を書き直したい、修道院には5リラを寄進し残りは全て親族に分け与える....」と口述により、遺言の書きかえがはじまる。ところが、一同が一番欲しがっていた300フロリンの価値のある騾馬とシーニャの製材所とフィレンツェの別荘は、忠実な友人スキッキに与えると言い放つ。一同は怒って止めようとするが、「さらばフィレンツェ」を口ずさみ、バレたら、手首だぞと脅されるので黙ってしまう。最後に、ツィータのバッグから20フィニオーリを証書作成料として公証人に払うように告げる、法外なお礼をもらった公証人は喜んで帰って行く。逆上した一同は「この泥棒め」とスキッキに飛びかかるが、逆に家の持ち主になったスキッキに「出ていけ!」と追い出される。


↑写真をクリックするとユーチューブのビデオクリップ(スキッキ7)にリンクしています。[削除]
誰もいなくなり、テラスでは、リヌッチョとラウレッタが、美しいフィレンツェの街をたたえながら抱き合い、幸せにひたっている。そこへスキッキが持ち出された金目のものを取り返し、戻ってくる。テラスの若い二人を見て、観客に向かい「私のたくらみも娘の幸福のためダンテのご許可を得ております。このお芝居がお気きに召しましたら、どうか私めをお許しくださいますよう」とうやうやしく最敬礼、幕が降りる。チャチャチャチャン!

関連記事:《ジャンニ・スキッキ》 
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 4

babyfairy

>「私のたくらみも娘の幸福のためダンテのご許可を得ております。このお芝居がお気きに召しましたら、どうか私めをお許しくださいますよう」

不敬ですがもし私が神ならば、許してしまいます^^;。
素敵にまとめていただいてありがとうございます。
この二人は本当に爽やかなカップルですよね。お似合いです。ヌッチのスキッキも似合ってるし、これは良い公演だったんじゃないでしょうか>最近のスカラ座にしては。
by babyfairy (2008-12-24 23:26) 

keyaki

babyfairyさん
このオペラもグリゴーロ君のリヌッチョで再認識させてもらいました。
これを見る前だったので、小澤指揮で、ロベルト・サッカのリヌッチョをみたことがあるんですが、あのフィレンツェの歌も全く記憶にないです。けっこう脇の歌手さんたちが芸達者ぞろいですから、よほどじゃないといるのかいないのかわからなくなってしまうようです。

ニーノ・マチャイゼのラウレッタ、最初は、地味〜と思いましたが、なめるように何度も見ていたら、なにしろ25才、若いというだけで、素敵ですし、若い頃の浅丘ルリ子に似てるな〜なんて、好感度アップです。
グリゴーロとの釣り合いもよくて、絵になりますね。
なにしろ演出が、イタリア演劇界の大御所ロンコーニですから、最初のセッコでは、さまにならない...というので背が高くて若くて目立つテノールをご所望だったんではないかと思いました。
by keyaki (2008-12-25 00:14) 

みど

このときのtrittico、DVDにならないかなぁ。。。とずっと願っています。。
frittoliのsenza mammaもすっごいよかったし。。。


by みど (2008-12-25 08:51) 

keyaki

みどさん
私もDVD期待してます。CSとかBSでも放送して欲しいです....
by keyaki (2008-12-26 00:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0