So-net無料ブログ作成

ロマノ・ムスマッラ(Romano Musumarra)★☆BBCラジオ番組に出演(2006.4.14) [オペラ以外の分野(ポップス、絵画)]

 ヴィットリオ・グリゴーロは、2003年末から2004年頃のことだと思いますが、サイモン・コーウェル企画の男4人グループのイル・ディーヴォの参加を「オペラを続けられない...」という理由で断っています。その後、オペラにも出演しながら、2006年3月に彼のソロ・アルバムがリリースされることになります。
★グリゴーロのニューアルバム紹介ラジオ番組のリハーサル、ムスマッラとグリゴーロ,ロンドンBBCスタジオ
 
「僕はイギリスでソロスターになるという機会が持てた。イギリスは音楽にとって最高の国だ。イル・ディーヴォは四人で、僕は一人だ。僕は自分の音楽ができる。自分のスタイル、自分の生き方だ。こういう立場を生かしていきたい。」

 2006年3月にイギリスでリリースされたヴィットリオ・グリゴーロの初アルバム"In The Hands Of Love"、アメリカでは"Vittorio"は、ロマノ・ムスマッラ(Romano Musumarra 1956.7.21 ローマ)がプロデュース、作曲、アレンジをしたものです。「運命的な出会いだった」とグリゴーロが語っているようにムスマッラとの出会いが成功につながったと言えるでしょう。ムスマッラは、アラン・ドロン、パヴァロッティ、アレッサンドロ・サフィニア、エルトン・ジョン、セリーヌ・ディオン、レイ・チャールズ等々.....と仕事をしている有名な作曲家であり、指揮者、プロデューサーでソングライターです。

★2004年から2006年アルバムを出すまでのオペラ公演
パレルモ《愛の妙薬》、ローマ《イドメネオ》ジェノヴァ《キャンディード》、ヴェローナ《メリー・ウィドウ》、フィレンツェ《Petite Messe Solennelle》、ローマ《ヴェルディ・レクイエム》《コジ》、トリエステ《メリー・ウィドウ》、マチェラータ《テレジアの乳房》、ハンブルグ《リゴレット》バルセロナ《オテロ》

★BBCコンサート・オーケストラ 2006年4月14日放送:Friday Night is Music Night

指揮者:Gavin Sutherland
ゲスト:ヴィットリオ・グリゴーロ
    クワイヤーボーイズ(The Choir Boys)
プレゼンター:Paul Gambaccini
グリゴーロはアルバムの中から、
Bedshaped (Cosi)
Tu Sei
Maria (Westside Story)
All in Love is Fair (Se L'Amore C'e) を歌った。


↑グリゴーロとクワイヤーボーイズ、後の向かって左はBBC2のPaul Gambaccini 、右が、ロマノ・ムスマッラ(ムスマッラのサイトのフォトギャラリーから)
ヴィットリオお兄ちゃんのまねしてクワイヤーボーイズかわいいですね。今はニューメンバーになっているようです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0