So-net無料ブログ作成

グリゴーロの"Maria"にのせてステファン・ランビエールが氷上を舞う★VideoClip [イベント、TV、ラジオ]



 フィギアスケート・ファンの怨みを買った"アイスショーSan Valentino Gala"のRai2のテレビ映像がYoutubeにアップされました。(上の写真をクリック)
 率直に言って、思ったほど頻繁にグリゴーロを写しているとは感じませんでしたが、スケーターの演技を100%見たい場合は、ちょっとでも他のものを写されると腹が立つのもわかります。しかし、これはこういうイベントなんでしょ。許容の範囲だと思います。司会者がいただけないのは同感。「オペラ界のアラン・ドロン....」と確かに言ってますが、「ウェストサイド」もまともに言えてないし、グリゴーロの名前だってグリゴーリなんて言ってますよ。

関連記事:
ネットで拾ったアレレな話題:グリゴーロ、フィギュアスケートファンの理不尽な怨みを買う....
"Nessun dorma"をエドウィン・マルトンのストラディヴァリウスで
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 6

rosina

3大テノールがミュージカル歌ってるのを聴くと、訛が激しいのが気になります(特にカレーラス)が、グリゴーロ君は、英語も割と綺麗ですね。

ところで、彼、来年ウィーンで『ラ・ボエーム』も歌うと、チューリッヒ歌劇場のプロフィールに書いてあったのですが、これは『椿姫』の間違いなのか、あるいは『椿姫』とは別に、『ラ・ボエーム』も歌う、と言う事なのでしょうか? 彼、アルフレードも良いですが、ロドルフォも良さそうですよね?


by rosina (2008-09-16 20:59) 

keyaki

rosinaさん
グリゴーロ君、英語には苦労したと話してますね。

私もチューリヒのプロフィール見てきましたが、終わりの方を書き直しているようですから、ウィーンでボエームもスケジュールに入ったんでしょうね。今シーズンのウィーンのボエームのキャストは魅力的とは言い難いですけど、来シーズンは、いいキャストを揃えるつもりかしら?
ウィーンはレパートリー制なので、つまんないのも多いようですから。

ロドルフォは、イギリス人記者のインタビューで、コヴェントガーデンでロドルフォなら一公演はただでもいいからぜひ歌いたい...なんて言ってましたね。
今シーズンもボエームあるようですが、あのキャストではグリゴーロ君が浮いてしまいそう。
by keyaki (2008-09-17 00:54) 

euridice

二人ともかっこいいですね!

フィギアファンには怒られそうですが、
音楽はそれだけで充分だけど、
スケートのほうは、音楽がなかったら感動減かな・・
by euridice (2008-09-19 08:49) 

keyaki

フィギアスケートでもオペラと同じような問題があるようです。
つまり、容姿と技術....
オペラと反対で、ランビエール君のような、かわいくて、スタイルもいいと、同じ程度の技術でも素晴しく見えちゃって得だっていうのかな...
見た目があまりよくないスケーターだと点数が辛くなるとか....
私は、当然だと思いますけど.....
はっきり言って、こういうのってスポーツなの? 音楽にのせての演技を点数で決めるところが無理があると思うんですけどね。
最近なんでもかんでもオリンピックの種目にしてますが、音楽付きのものは、はずした方がいい、だって、点数のつけようがないでしょう。回転だの高く飛んだだのより、その音楽に合っているかの方が大切でしょ。

グリゴーロ君のお蔭で、素敵なランビエール君を知りましたし、生演奏とフィギアスケートの楽しいイベントを見ることができました。



by keyaki (2008-09-19 09:27) 

たんたん

最近、遡って記事を拝見させて頂いているのですが、こんなお宝映像をアップされていたことを知って、もうびっくりして、改めてお礼のコメントをさせて頂きたくて!!

ランビエール君、私も大好きなんです~☆
元々、妹が大ファンで、一緒に観に行っているうちに、なんと素晴らしいスケーターだと。
残念ながら選手としては引退していますが、彼のファンはいまだに多いですよね。

なので、このお宝映像は、お涙ものの貴重さです!!ありがとうございます。

しかし。。。ホント、どっちを見ていいものやら・・・こういうのは嬉しい半面、困っちゃいます。。。

by たんたん (2012-05-12 23:22) 

keyaki

たんたんさん
>遡って記事を拝見させて頂いている

ありがとうございます....嬉しいです。
最初は、第一ブログでルッジェーロ・ライモンディの共演者としての位置づけでしたが、この先いろいろ楽しませてくれそうなテノールだな....と見込んで独立のブログを開設したんですが、見込み通りの活躍ぶりでこっちがメインになっちゃってます。

この時は、まだグリゴーロをぜんぜん知らないくて、過去の記録をあさっていた時期なんですが、ランビエールのような最高のスケーターのバックで歌わせてもらうって名誉なことですよね。
当然、スケーターが主役なんですし、見に行った方は、ランピエールの演技を集中して見ているわけですけど.....テレビ放送だと、ランピエールを写していてもなんで顔のアップばっかり....なんて不満もあったりでしょうし、オペラの舞台の映像化でも、いろいろ問題がありますよね。

この頃は、ポペラとオペラを半々に....どっちもやっちゃうぞ!という時期だったので、ウェストサイドのマリアを歌ってますが、最近は、公開の場所では、オペラのアリアを歌うようにしているようですね。
by keyaki (2012-05-13 11:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0