So-net無料ブログ作成

チューリヒ歌劇場《ランメルモールのルチア》リハーサル中 [ランメルモールのルチア]

 ヴィットリオ・グリゴーロは、9月14日からはじまる 《ランメルモールのルチア》のリハーサル中です。エドガルドは初役で、チューリヒ歌劇場初出演となります。そして、ニュープロダクション。新演出で初登場ということは、劇場側からも期待されているということだと思います。
 チューリヒにいるグリゴーロが、ファンの皆さんにメッセージを書き込んでいましたので、ご紹介します。
『僕は、チューリヒで新しいオペラ...ランメルモールのルチア...の準備中です。とても美しい音楽で感動的....ディレクターは若いです。並でない驚くべきアイデアと若い新鮮なタッチを感じとることができます。素晴らしいものになりそうです...。
皆さんが、僕の第二のアルバムを待っていることはよくわかっています。それは、2月、遅くとも3月に発売されるはずですが、なるべく早くリリースすることを約束します。たくさんの時間をオペラのために費やしていますが、次のアルバムのためにもこのエネルギーを注いでいきます。.....皆さんとツァーで会えることを夢みています。ヴィットリオ』
(2008.8.23)

 どうやら、伝統的演出ではないようですね。ディレクターはダミアーノ・ミキエレット Damiano Michieletto、リンク先で今までの演出したオペラの舞台写真が見られます。

 ルチアの兄のエンリーコ役のマッシモ・カヴァレッティ Massimo Cavalleti (右写真)にも注目です。1978年生まれのルッカ出身のバリトンです。若いですけど、すでにスカラ座でも同役を歌っています。ルッカといえば、グリゴーロが、ルッカの叔父さんはテノール歌手だ...という話をしていました。グリゴーロはローマ育ちですが、アレッツォ生まれなので、二人ともトスカーナ出身、年も近いし、熱の入った舞台が期待できそうです。私は見ていませんが、2007年1月にベルガモ・ドニゼッティ劇場の来日公演で同役を歌っていて、とてもよかったという感想も散見します。

 ルチアのエレーナ・モシュク Elena Mosucは、ルーマニア出身のソプラノで、チューリッヒを中心に活躍。デビューして17年くらいのようですから、ベテランと言えるでしょう。つい最近、新国の《椿姫》のヴィオレッタを見ましたが、なかなかよかったです。
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 5

rosina

イタリア人の若者二人が敵同士で張り合う訳ですね〜。楽しみです。

ミケレッティの演出は、モダンですが、酷くはないと思います。ペーザロのかささぎも、かなりモダンでしたが、同時に夢もある、と私は思いましたので。

by rosina (2008-08-25 23:16) 

keyaki

rosinaさん
ちゃんとリハーサルやっているようですから、あとは、風邪を引かないように、ですね。

マッシモ・カヴァレッティは、背も高いみたいですし、わりと深めのバリトンみたいなので、声的なバランスもいいと思います。

ミケレッティの演出も楽しみ...
rosinaさんのHP、休業宣言と同時にスイス旅行の記事とかが消えていますけど、ルチアはご覧になる予定は変わってないんですよね....
by keyaki (2008-08-26 10:54) 

rosina

>マッシモ・カヴァレッティは、背も高いみたいですし、わりと深めのバリトンみたいなので、声的なバランスもいいと思います。

彼のサイトの音声ファイルをいくつか聴きました。声自体は将来ヴェルディに向きそうなタイプの声ですね。後は、歌い方かな? 

>ルチアはご覧になる予定は変わってないんですよね....

ブログの更新はちょっとお休み中なんですが、チューリッヒにはよっぽどの事が無い限り、行きたいと思っています(もう全て手配済みですし)。スイス旅行の記事は旅行の後、また改めてアップし直したいと思っています。



by rosina (2008-08-26 20:46) 

rosina

ブログのスイス旅行記事をルチアの記事と合体させて再アップしましたので、こちらにトラックバックさせて頂ければ幸いです。

それと、ブログ休止は取りやめにしました^^;;。
by rosina (2008-08-27 22:44) 

keyaki

rosinaさん
TBありがとうございます。

フィリアノーティまでチューリヒ歌劇場デビュー+ロールデビューだとは全く知りませんでした。
もうちょっと日程がくっついていたら...両方見られてましたね。
チューリヒは、再演は6月のはじめにシーズン発表していまるので、保存してあるデータを見てみましたが、ちゃんとドン・カルロも載ってました。PDFで30頁くらいあるので、見落としてました。


by keyaki (2008-08-28 01:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1