So-net無料ブログ作成

チューリヒ中央駅の《椿姫》場所は駅、完全生中継、予測不能のパフォーマンス [チューリヒ中央駅の椿姫]

 前記事の続きです。どうやら、チューリヒ歌劇場の《椿姫》は、劇場を飛び出してチューリヒ中央駅で、やっちゃうというTV-プロジェクトの一大イヴェントのようです。どんなものか全く想像できません。所謂、ローマの《トスカ》とかパリの《椿姫》のような再現ものではなさそうですし.....興味津々楽しみです。テレビ生中継ということは、いずれ見られると思います。

『中央駅がオペラの舞台に:
2008年9月30日にスイスのテレビ局がSBBとチューリッヒ歌劇場と共同で、チューリッヒの中央駅でのヴェルディ作曲《ラ・トラヴィアータ》を、音楽番組「クラングホテル」で生中継放送する。
舞台も緞帳もないオペライベントが中心になる。女声歌手も男声歌手も合唱団も歌劇場管弦楽団も雑踏のまっただ中で、行動し演奏する。
チューリッヒ市の真ん中、人々の真ん中で、オペラの生公演が行われる。日常の現実と高尚な芸術が融合する。駅は出会いと経験の場となる。中央駅の旅行者、物見高い野次馬、そしてテレビの前の視聴者たちに、同時にアピールするのだ。
多様な世界が相互に触れ合い激突し、それぞれの反応は予測不能、演じられる場所が駅、完全生中継という企画は魅力的だ。チューリヒ歌劇場発表のプログラム(2008.4.30)から』

 4月30日の2008/2009シーズン発表の時のものです。こちらの記事にもこのTV-プロジェクトのことが紹介されています。記者会見でもペレイラ総裁が、ヴィットリオ・グリゴーロの劇場デビューに触れているということは、注目度が高い歌手、今後期待されているということに他ならないと思います。
 アンナ・ネトレプコも来年4月に《椿姫》で劇場デビューなんですね。シュロット君は..とチェックしてみましたが、来シーズンはチューリヒには出演しないようです。毎年のように出ていたのに...

関連記事:
チューリヒ歌劇場公演日程:グリゴーロは劇場デビュー☆チューリヒの三大若手テノール
チューリヒ歌劇場ペレイラ氏、経営方針を語る

ワシントンのジェンナーロはヴィットリオ・グリゴーロに...☆13才ボーイソプラノMP3
2足のわらじ....ほんもののテノール歌手ヴィットリオ・グリゴーロ☆VideoClip
ブログ別館《ヴィットリオ・グリゴーロ》開設 ★☆VideoClip

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

rosina

完全中継放送ですか〜嬉しい!!
これならきっとビデオが出回りますよね。駅での上演ってどんなになるのか想像がつきませんが。実は『ルチア』に行こうと思ったら、既に28日は売り切れ(?)。だから、余計嬉しいですね^^
by rosina (2008-07-14 18:30) 

keyaki

rosinaさん、すごく楽しみですね。
9月30日に駅に行けば見られるんですよね。大騒ぎにならないのかしら....
なんか、前奏曲の間は、アルフレードが駅をさまよってる...みたいな設定なのかしら....
再現トスカも完全世界同時生中継だったんですけど、オーケストラはRAIのスタジオで、歌手たちは、髪の毛の中にマイクを仕込んで音を聞いて、いたるとこに設置したモニターで指揮を見て歌ったそうです。でも、この中央駅の椿姫は、オーケストラまで駅なんですよね。
どうなるのか、綿密な準備が必要だと思うんですけど、駅でリハーサルするのかしら? それともどうせ予測不能だから、ぶっつけ本番かなぁ。

他の歌手さんは、前後なにもないみたいですけど、グリゴーロ君はルチアの合間にやるんですよね。ううーん、凄い自信、チャレンジに燃えてるのかしら。(笑
by keyaki (2008-07-15 00:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0