So-net無料ブログ作成
ウェルテル ブログトップ

メト「ウェルテル Werther」(2017.2.16〜3.4)☆ レビュー☆ 舞台写真 ☆ MP3 [ウェルテル]

◎「ウェルテル」終了しました。最終日がライブ放送のある土曜日でラッキーでした。グリゴーロの幕間インタビューがあることになっていましたから、「トスカ」の話が出るのでは...と思っていましたが、やはり...「2019年にロールデビューの予定だったのでプランの変更をせまられたが、チャンスをもらえて嬉しい.....」と語っています。「ウェルテル」最終日のインタビューの部分をアップします。


 メトでの公演は、昨年12月31日から3月4日までの長丁場、リハーサルも含めると4ヶ月以上の滞在ですが、素晴らしい公演の連続で、ニューヨークでの評価も一段とアップしましたし、また9月末から「ホフマン物語」の再演、12月31日から「トスカ」と続きます。
(2017.3.5)

=  =  =  =  =  =  =  



メト"Werther" ライブ放送

 Saturday Matinee Broadcasts:2017/3/4 1:00PM〜 日本時間3月5日(日)午前3:00〜  

(2017.3.4)
=  =  =  =  =  =  =  


◎レビュー2件追加
gri_werther2017met_11.jpg

◎Letters. Love. Longing. トレイラー(Metのfacebookから
met2017werther_trailer.jpg
(2017.2.23)


◎レビュー2件追加。0perawireのレビューは、いつも長いのですが、ピストル自殺の場面の様子も記載されています。いつ叫んだか分かりました。
ウェルテル自殺の場面 (2017.2.16ライブ)
iPad/iPhone用MP3
This all made the final suicide plausible, Werther’s depression coming to its emotionally riveting climax. As he held a pistol to his head, we could see the anguish in Grigolo’s eyes. At the moment of decision he failed and in response to his intense fear, the tenor threw out a piercing scream as he threw the pistol aside. But after a few moments, he picked it back up and shot himself, the impact potent and thrilling. Having seen him fail in the attempt once, we can sense that there might be hope that he gives up again, the ultimate shot surprising and painful for the viewer. As he lay dying, red blood pouring all over his perfectly white shirt, the tenor sang most of the final scene on the ground, his phrasing detached and delicate. The bright color and agile vibrato was gone, replaced with a potent breathiness that made us feel his breathe slowly dissipating.(operawireのレビューより)
(2017.2.22)

◎お誕生日おめでとうございます。
 40才かぁ......オペラ歌手としては、一番脂がのってる頃ってことですね。
 18日の「清教徒」の放送の幕間インタビューで、グリゴーロがウェルテルについて語っています。

iPad/iPhpne用MP3
(2017.2.19)
=  =  =  =  =  =  =  


◎レビューが出ました。一番乗りはNYTimes
NYTimes:A Stylishly Blood-and-Guts Tenor in the Met Opera’s ‘Werther’ / ZACHARY WOOLFE
Observer:Death Becomes Him: Tenor Vittorio Grigolo Leaves Blood on... / James Jorden
ClassicalReview:Two brilliant stars bring Massenet’s “Werther” to searing life / Eric C. Simpson
operaeopera.com:WERTHER al Metropolitan Opera di New York / Neco Verbis
         イタリアのサイトですが、筆者は、「ウェルテル」マニアのようです。
FT:Werther at the Met:well sung, well acted, odd production / Martin Bernheimer
     Vittorio Grigolo led an international cast in Richard Eyre’s distracting modern staging(2/21追加)
Operawire:Brilliant Grigolo, Leonard & Powerful ‘Werther’..... / David Salazar (2/20のレビュー)
BWW:A Passionate Vittorio Grigolo in the Off-Kilter World..... / Richard Sasanow (2/23追加)
Bachtrack:Vittorio Grigòlo energizes an uneven Met .../ Sacha Evans (2/23追加)

・The New York Timesの写真
nytimes_werther3.jpgnytimes_werther.jpgnytimes_werther2.jpg

舞台写真(Photo: Marty Sohl)
gri_werther2017met_10.jpggri_werther2017met_13.jpggri_werther2017met_15.jpggri_werther2017met_5.jpg
gri_werther2017met_20.jpggri_werther2017met_18.jpggri_werther2017met_2.jpg
gri_werther2017met_7.jpggri_werther2017met_16.jpggri_werther2017met_17.jpg
gri_werther2017met_6.jpggri_werther2017met_21.jpggri_werther2017met_8.jpg
gri_werther2017met_4.jpggri_werther2017met_14.jpggri_werther2017met_3.jpg
(2017.2.18)
=  =  =  =  =  =  =  


◎メトのインスタグラムに、YouTubeにアップされた、" O nature, pleine de grace おお自然よ、恵みに満ちて" と Act III Duet のおしまいの"ジュ・テーム! ジュ・テーム!" の部分がアップされています。
 インスタグラムのビデオクリップは数秒(多分最高60秒以内)で、勝手にリピートするので、何度も見ちゃいますね。いやぁ〜素晴らしい声と迫力に圧倒されます。

クリック:ビデオにリンククリック:ビデオにリンク
(2017.2.18)


◎聞き逃した方に......オンデマンド....2016.2.16 Live Audio Streams
 グリゴーロ、素晴らしかった....もう自由自在、自然で、情熱的.....幕間のインタビューはシャルロッテのイザベル・レナード、「グリゴーロはどう?」なんて質問されていました。

werther2017met_curtaincall_4.jpgwerther2017met_curtaincall_2.jpgwerther2017met_curtaincall_1.jpg

カーテンコールの写真 twitter から頂いてきました。ラジオでも熱演が伝わってきましたが、満面の笑み、本人も満足なできだったってことですね。
(2016.2.17)




グリゴーロの「おお 恵みに満ちた自然よ"Ô nature, pleine de grâce”」2017.2.16 ライヴ
iPad/iPhone用MP3
(2017.2.17)


*Werther: Act III Duet ウェルテルがシャルロッテに迫る場面のクリップ、復活しました。(2017.2.16)


メト"Werther" ライブ放送

 Free Live Audio Streams:2017/2/16 7:25PM〜 日本時間2月17日(金)午前9:25〜  

 Saturday Matinee Broadcasts:2017/3/4 1:00PM〜 日本時間3月5日(日)午前3:00〜  

(2017.2.15)

gri_werther2017met_1.jpg
Vittorio Grigolo & Isabel Leonard To Light Up ‘Werther’


 2月16日のプレミエを前に、ドレスリハーサルのビデオクリップが出ました。「素晴らしかったヨナス・カウフマンの後任として責任重大」って、大丈夫ですよ、何と言ってもグリゴーロは、真正テノールですから、全く別物です。やっぱり、こういうテノール声が心地いい....



グリゴーロの「春風よ、何故に私を目覚めさせるのか "Pourquoi me réveiller"」2017.2.16 ライヴ
iPad/iPhone用MP3



あら、削除ってどうして.....ジュテームって迫る場面だったのに.....復活したけどかなり短縮(2/16)

 もう一つシャルロッテの手紙の場面がアップされています。Werther: Charlotte's Letter Scene
 シャルロッテのイザベル・レナード Isabel Leonard (1982.2.18)は、つい先頃ボローニャで同役を歌っています。ウェルテルはフローレス、好評だったようです。

werther_insta.jpg
ゲネプロのカーテンコール(インスタグラムから)
Werther:2017年2月16,20,23,27日/ 3月4日
Production:Sir Richard Eyre
Conductor:Edward Gardner
Sophie:Anna Christy
Charlotte:Isabel Leonard (2/23, Veronica Simeoni)
Werther:Vittorio Grigolo (3/9, Jean-François Borras)
Albert:David Bizic(3/9, David Pershall)
Le Bailli:Maurizio Muraro

関連記事:
ROH マスネ作曲「ウェルテル」(2016.6.16〜7.13)
「ウェルテル」ロールデビュー(DOBコンサート形式 2014.6.17,19)


nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ROH マスネ作曲「ウェルテル」(2016.6.16〜7.13) ☆ 舞台写真 レビュー ☆ 放送日程 [ウェルテル]

FM_Werther2016ROH.jpg◎11月15日までBBCのオンデマンドでいつでも聞けますが、NHK-FMのオペラ・ファンタスティカで放送するそうです。明日金曜日の午後2時から.....オンデマンド無し(ですよね)....日本の放送業界は、サービス悪すぎ.....皆さんに聞いて欲しいって気持ちもないみたい.....

☆-ロイヤル・オペラハウス公演“ウェルテル”-
  NHK-FM オペラ・ファンタスティカ 2016年10月21日午後2時00分~





(2016.10.20)

*  *  *  *  *  * 

BBC3 Opera on 3:2016.10.15 - 18:30〜21:40 (日本時間:10/16午前2:30〜5:40)  *オンデマンド有り 期間は1ヶ月
(2016.10.15)


◎お膝元のBBCの放送がまだ(10/15〜)ですが.....すでにバイエルン放送のBR-KLASSIK Opernabend と オーストリア放送協会のORF Ö1で全曲放送されました。BR-KLASSIKはすでに終了していますが、ORF Ö1は現在オンデマンドで配信中です。

☆ROH マスネ作曲「ウェルテル」放送 日程:
BR-KLASSIK Opernabend :2016.9.24 - 19:05〜21:25 7/6収録 *オンデマンド有り
ORF Ö1:2016.10.8 - 19:30〜21:25 7/6収録 *1週間オンデマンド有り
BBC3 Opera on 3:2016.10.15 - 18:30〜21:40  *オンデマンド有り 期間は多分1ヶ月

(2016.10.10)

*  *  *  *  *  * 


 ◎すべての公演、つつがなく好評のうちに終りました。13日の最終公演の後、Forum Opéraにレビューが掲載されました。フランスものですので、フランス語のレビューも追加しておきます。タイトルが面白い "La métamorphose de Vittorio Grigolo" 。下のレビューのリストにも追加しました。


↑削除されているのに、クリックすると再生する...なぜ?

 グリゴーロは、11月7日にはまたROHに「ホフマン物語」で戻ってきます。夏の間、7月26日にサンタモニカ(USA)、8月20日にはIngelheim(ドイツ)でコンサート、その後、イタリア国内の9カ所のオペラ劇場で"Italia, un sogno"(2016.9.10〜10.9)の公演を行います。この企画は2017年には海外での巡業も考えているようです。
*  *  *  *  *  *  

◎youtubeにも同じ場面 "Purquoi me réveiller"がアップされました。(いつまであるかわかりませんが...) ブロックされました(2016.7.22)
「ブロックされたので削除しました」
(2016.7.7)


◎Dailymotionにウェルテルのアリア「オシアンの詩」、「春風よ、なぜ私を目覚めさせるのか Purquoi me réveiller」がアップされています。(ROHはdailymotionチェックしてないのかなぁ.....)


Vittorio Grigolo on singing Werther 投稿者 stefa73it
(2016.6.29)


(2016.6.28)




◎DailymailとArtsdeskのレビュー、リストに追加、Dailymailは五つ星。27日はLive cinema、25カ国各地の映画館で同時中継されます。
(2016.6.26)

◎musicOMHからレビューが出ましたのでリストに追加しました。BBC Radio 3 で10月15日6:30pmから放送されると書いてありますが、おそ過ぎ! 「愛の妙薬」は公演中だったのに.....(2016.6.24)

◎やっとフィナンシャル・タイムズのレビューが出ました(下のリストに追加しました)ので、だいたいレビューは出そろったようです。グリゴーロのウェルテル、好評です......Live Cinema(日本で上映されるかどうかは分かりませんが)もありますので、いつか見られる日が来ると思います。ロンドン在住の椿姫さんのレポートも下のリストに追加しました。
(2016.6.23)

werther_roh2016-25.jpg

◎レビュー出ました。Mark Ronanさん一番乗り、早い!

・Theatre Reviews - Mark Ronan:Werther, Royal Opera, ROH, Covent Garden
 (Mark Ronanさんも書いてますがアルベールがメトのカウフマンの「ウェルテル」と同じバリトンなんですよ。メトの映像はWOWOWで見ましたが、私のアルベールのイメージと違っていて、なんか落ち着かなかった......今までに見たのがこういうもっさりしたタイプではなくてスマートなアルベールだったので....新国(2002年)ではナターレ・デ・カロリス、DVDで見たマルちゃんとガランチャの「ウェルテル」は、アドリアン・エレード、先日見た新国の「ウェルテル」もアドリアン・エレードだったし、二人とも似たタイプなので、それが刷り込まれているんですよ。)

・WhatsOnStage:Werther (Royal Opera House) / Mark Valencia ★★★★☆
・The Times:Opera: Werther at Covent Garden / Anna Picard ★★★★☆
・THE STAGE::Werther review at ROH – ‘outstanding singing’ / Edward Bhesania ★★★★☆
・Independent:'Tremendous production...'/ Michael Church ★★★★☆
・Telegraph: star power ignites revival of Massenet’s ... / Rupert Christiansen ★★★★☆
・Express:Werther at the Royal Opera House / William Hartston ★★★★☆
・The Guardian:Massenet’s dark emotions evoked with passion / George Hall ★★★★☆
・Opera Britannia:Massenet : Werther / Royal Opera / Stephen Jay-Taylor ★★★1/2
・Classical Source:The Royal Opera – Benoît Jacquot’s production... / Peter Ree ★★★★☆
・Bachtrack:Grigolo and DiDonato light up... / David Karlin ★★★☆☆
・FT:Werther, ROH —‘The air sizzles’. / Richard Fairman ★★★★☆
・Music OMH:Grigòlo and DiDonato are outstanding as Werther.... / Sam Smith ★★★★☆
・Dailymail:Bravo Grigolo... but do get over yourself!... / David Mellor ★★★★★
・Seen and Heard:Wonderful Singing Makes... / Jim Pritchard
・NewStatesMan:Joyce DiDonato and Vittorio Grigolo light up... / Alexandra Coghlan
・Theatre Reviews :Werther, Royal Opera, ROH, Covent Garden /Mark Ronan
・The Arts Desk :Massenet's lovers ill met by moonlight, ... /David Nice
・Forum Opéra :La métamorphose de Vittorio Grigolo /Jean Michel Pennetier

・ロンドンの椿姫さん:ウェルテル by Masnet 初日のグリゴーロは絶好調

舞台写真:
werther_roh2016-17.jpgwerther_roh2016-14.jpgwerther_roh2016-21.jpg
werther_roh2016-8.jpgwerther_roh2016-7.jpgwerther_roh2016-13.jpg
werther_roh2016-16.jpgwerther_roh2016-11.jpgwerther_roh2016-18.jpgwerther_roh2016-20.jpg
werther_roh2016-23.jpgwerther_roh2016-22.jpgwerther_roh2016-24.jpg
werther_roh2016-26.jpgwerther_roh2016-27.jpg
werther_roh2016-10.jpgwerther_roh2016-19.jpgwerther_roh2016-9.jpg
(2016.6.20)

*  *  *  *  *  *  

◎初日のカーテンコールの写真、Minjas Zugikさんってプロのカメラマン?
werther_roh2016-2.jpgwerther_roh2016-3.jpgwerther_roh2016-1.jpg
werther_roh2016-4.jpgwerther_roh2016-6.jpg
(2016.6.20)

*  *  *  *  *  *  

◎17日のゲネプロの写真、写真をクリックするとその他の写真も見られます。



(2016.6.18)

*  *  *  *  *  *  

◎下記の"Rai News 24"と同じ映像が 10日の午後4時半のTG1(Telegironale Uno)で放送されました。"Rai News 24"は、海外配信・国際衛星中継のニュース専用チャンネルで、TG1は、Rai1のニュース番組です。NHK地上波のニュースのようなものです。同じ映像ですが、イタリア国内の一般の視聴者の目に触れる機会が多いと思います。削除されるかもしれませんが、グリゴーロの部分だけyoutubeにアップしてみました。

(2016.6.15)

*  *  *  *  *  *  

◎パッパーノのレクチャーyoutubeで見られます。Jean-François Borras (1975 - フランス)がウェルテルを歌っていましたが、カヴァーだそうです。ボラスは、バレンシアの「マノン」で代役を務めたことがあります。最近メトでボエームを歌いました。ゾフィー役のアメリカ人ソプラノのHeather Engebretsonも出ました。



 1:03:07のところに一瞬グリゴーロのリハーサルの様子が挿入されます。レパートリーを広げないグリゴーロ、久々の初役、どうでしょうね。
(2016.6.8)

*  *  *  *  *  *  

ROHのyoutubeチャンネルで、Werther live-streamed Insight event(7.15pm BST on 7 June 2016 / 日本時間 6月8日午前3:15 )
(2016.6.4)

*  *  *  *  *  *  

◎6月16日からのロンドンでの「ウェルテル」、リハーサル中です。Rai Newsにインタビューがアップされました。(画像をクリックするとリンクしています)

Vittorio Grigolo alla Royal Opera House
Il tenore impegnato in una delle opere più ardue, il Werther di Massenet
01 giugno 2016
Forte dei tanti successi degli ultimi anni, Vittorio Grigolo sta per debuttare a Londra nel Werther di Massenet, con la direzione di Antonio Pappano. Marco Varvello ha incontrato l'esuberante tenore durante le prove alla Royal Opera House
(2016.6.1)

関連記事:
「ウェルテル」ロールデビュー(DOBコンサート形式 2014.6.17,19) ☆ インタビュー

nice!(5)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ROH 「ウェルテル」(2016.6.19〜7.13) [ウェルテル]

 そろそろチケット発売、ということでROHから宣伝のビデオ。トークはグリゴーロ、舞台はビリャソンのですけど。
Watch: Vittorio Grigolo on singing Werther – ‘The most amazing feeling I’ve had in opera’

(2016.2.15)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「ウェルテル」ロールデビュー(DOBコンサート形式 2014.6.17,19) ☆ インタビュー [ウェルテル]

gri_DOB_werther_3.jpgJules Massenet :Werther konzertante Aufführung
 2014年6月17, 19日 ベルリン・フィルハーモニー

ORCHESTER DER DEUTSCHEN OPER BERLIN
DONALD RUNNICLES: Dirigent
VITTORIO GRIGOLO: Werther
Ekaterina Gubanova: Charlotte
John Chest:Albert
Siobhan Stagg :Sophie
Markus Brück :Der Amtmann
Jörg Schörner: Schmidt
Ben Wager:Johann
Stephen Bronk: Brühlmann
Jana Kurucová :Käthchen
Kinderchor der Deutschen Oper Berlin

 「ウェルテル」ロールデビューです。劇場の舞台ではなくベルリン・フィルハーモニーのコンサートホールで演奏されました。来々シーズンくらいに、ROHで「ウェルテル」を歌う予定もあるようです。
 ロールデビューということで注目度が高かったのかいろいろレビューが出ていました。ドイツ語なのでほとんど勘ですが、あまりいいレビューがなかったような感じです。グリゴーロによれば、初めての役は、そのまま置いておくだけでワインみたいに熟成して良くなるそうですから、舞台で歌う時には、良くなっているでしょう....楽しみにしておきましょう。

gri_DOB_werther_7.jpggri_DOB_werther_4.jpggri_DOB_werther_2jpg.jpg
gri_DOB_werther_6.jpggri_DOB_werther_5jpg.jpggri_DOB_werther_1.jpg

レビュー:
Vittorio Grigolo singt Massenets "Werther" : Gekommen, um zu leiden/ Frederik Hanssen
A strong and emotional Werther from the Deutsche Oper Berlin/Christie Franke
・Operaclick(イタリア語)Berlino: Philharmonie - Il Werther poco goethiano di Grigòlo/Fabio Tranchida

◎同時期のインタビュー:
「ウェルテル」の公演に合せたインタビュー、ドイツ語なので勘でしか分りませんが、ドイツ人のインタビューって、どういう格好をしているとか.....IWCの高級時計をしてるとか.....イタリア人にある種の憧れがあるような感じがする....グリゴーロは、いつものように「オペラの話は退屈でしょ...」とか言って自分の話したいことを話しちゃってるみたいです。模型のヘリコプターのこととか。
Die Welt 21.06.14/Tischgespräch/Vittorio Grigòlo:Der Operntenor verrät bei einer Brezel seine neue Geschäftsidee: die Produktion von ferngesteuerten Hubschraubern / Lucas Wiegelmann



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ウェルテル ブログトップ