So-net無料ブログ作成
検索選択
Romanza (Rendine) ブログトップ

セルジオ・レンディーネ《ロマンツァ》世界初演(2002.11.21〜28) [Romanza (Rendine)]

 セルジオ・レンディーネ(1954.9.7)作曲のオペラ「ロマンツァ」で、グリゴーロが歌ったアニエルのアリアの音声ファイルがアップされました。作曲家のレンディーネご自身がアップされたようです。元々は、ホセ・カレーラスが歌うはずだったのですが、当時25才のグリゴーロが歌いました。この抜擢は、グリゴーロにとって非常に重要なものだったそうです。




インタビューで次のように語っています。
『転換期はどんな時ですか?
二つの重要な転換期がありました。最初はローマで、マエストロ、セルジオ・レンディーネにオペラ劇場から委託された作品“Romanza”に主役で出演した時です。そのオペラは、もともとホセ・カレーラスのために書かれたものでした。セルジオ・レンディーネのお母さん、彼女は、すごく有名なナポリのカンツォーネ“La pansè” とか “Vurria”の作者レンディーネ(Furio Rendine1920–1987)の奥さんなんですけど、いつも僕に「ヴィットリオ、特別な声を大切にね」と言っていました。僕は、シニョーラ・レンディーネが大好きでしたし、何て言うのか、彼女は僕を守ってくれていました。そしてセルジオが、僕に主役をやってみないかと提案したんです。僕にとって、とても重要な機会でした。その役は、とてもよく書かれていましたが、残念なことに“Romanza”は、再演されていません。....』

記事全文:雑誌l’operaからINTERVISTA A VITTORIO GRIGOLO/22 settembre 2010

『セルジオ・レンディーネ作曲の新作オペラ《ロマンツァ》の世界初演で病気のカレーラスの代役に立ったことは、「僕に必要だった自信を与えてくれました。あの後、僕はトップになれると確信しました」.....』
記事全文PDF:Vittorio Grigolo interview for Manon - Telegraph.pdf

♪Sergio Rendine"Romanza" Teatro dell'opera di Roma(2002.11.21〜28)
3幕 - Aria di Aniel: Vittorio Grigolo(音源はここ)

☆    ☆    ☆

以下2009-01-20記載
 ヴィットリオ・グリゴーロは、レンディーネ作曲、チェローニ台本の3幕もののオペラ《ロマンツァ》の主要キャストに抜擢されます。ローマ歌劇場でのこの公演は世界初演で、当初のキャストはホセ・カレーラスでした。

★レンディーネ作曲オペラ《ロマンツァ》世界初演、ローマ歌劇場、2002年11月21〜28日 全7公演
Sergio Rendine(作曲)
Egale Cerroni(台本)
ウィル・ハンバーグ指揮
Franco Ripa di Meana演出
キャスト:
エイミー・スチュワート(Maria)
ヴィットリオ・グリゴーロ(Aniel)
チェスター・パットン(Jelel)
Cinzia De Mola(Donna Lina)
Luciano Di Pasquale
Francesco Musinu
Favete Linguis
Maurizio Trippitelli
2002年11月21,22,23,24,26,2728日 全7公演
★楽曲解説:《Romanza》una favola romana

(アニエルとイエレルは、映画《ベルリン天使の詩》のような天使で、おそろいの白い服を着ている。1978年の夏、ヨハネ・パウロ1世が選ばれた日に二人の天使はローマに降りてくる...で、天使アニエルがマリアに恋をして....33日で急逝した教皇ヨハネ・パウロ1世を下敷にしたお話のようです)

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
Romanza (Rendine) ブログトップ