So-net無料ブログ作成
メリー・ウィドウ(伊語) ブログトップ

《メリー・ウィドウ》2005年第36回トリエステ 国際オペレッタ音楽祭&ヴェローナのTeatro Filarmonico [メリー・ウィドウ(伊語)]

La vedova allegra:Teatro Lirico G. Verdi di Trieste 2005年7月19,21,23,26,27,29日全6公演
gri_vedova2005_1.jpg第36回トリエステ国際オペレッタフェスティバル
2005年6月30日から8月11日まで
詳細
Daniel Oren指揮
Gino Landi 演出・美術
Ivan Stefanutti 舞台装置
William Orlandi 衣装
ソリスト:
Fiorenza Cedolins/Amarilli Nizza(Hanna Glawari)
Miro Dworsky/Armando Ariostini(Conte Danilo)
Daniela Mazzucato/Paola Antonucci(Valencienne)
Marcello Lippi (Il Barone Mirko Zeta)
Vittorio Grigolo (Camille de Rosillon)

YouTubeにヴァランシエンヌとカミーユとのやりとりがアップされています。右の写真のヴァランシエンヌはDaniela Mazzucatoですが、このビデオのヴァランシエンヌはPaola Antonucci。
2007年ローマ歌劇場のリハーサルで"classico amante...."とグリゴーロが自分の役の説明をしていますが、人妻のヴァランシエンヌをなんとか口説き落とそうとしているわけです。



レビュー(雑誌 l'opera)
新進のヴィットリオ・グリゴーロのカミーユは、弱音の純粋な音色に関して優れたものを持っていることを証明した.......(全文

La vedova allegra:Teatro Filarmonico(ヴェローナ) 2005年2月15,17,20,22日全4公演
gri_verona2005_2.jpgKeri-Lynn Willson指揮
Teatro Verdi di Triesteのプロダクション
Gino Landi 演出・美術
Ivan Stefanutti 舞台装置
William Orlandi 衣装
ソリスト:
Amarilli Nizza(Hanna Glawari)
Luca Canonici(Conte Danilo)
Paola Antonucci (Valencienne)
Marcello Lippi (Il Barone Mirko Zeta)
Vittorio Grigolo (Camille de Rosillon)

レビュー(雑誌 l'opera3月号):Cento di questi anni, signora Glawari!
見事なヴィットリオ・グリゴーロ、カミーユにぴったり合っていて、声楽的にも最高の音色響きそしてニュアンスに富んでいる

レビュー(Operaclick):Verona - Teatro Filarmonico:Franz Lehar - LA VEDOVA ALLEGRA
Camille de Rosillon役の若いヴィットリオ・グリゴーロは、とても素晴らしい高音をもった心地よいテノーレ・レッジェーロで、また完璧にマッチした舞台姿で秀でていた。

★トリエステ国際オペレッタ・フェスティバルの舞台写真(クリック拡大) ※上段右端はヴェローナの舞台写真

関連記事:
《メリー・ウィドウ》イタリア語:カミーユ・ド・ロション☆写真+VideoClip ローマ歌劇場

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

《メリー・ウィドウ》イタリア語:カミーユ・ド・ロション☆写真+VideoClip [メリー・ウィドウ(伊語)]

フランツ・レハール作曲 "La vedova allegra メリー・ウィドウ" 2007年 12月20〜30 ローマ歌劇場

↑雑誌L'operaレビューにリンク
ダニエル・オーレン指揮
ヴィンチェンツォ・サレンメ演出 (Vincenzo SalemmeのHP)
ハンナ・グラヴァリ(裕福な未亡人):Fiorenza Cedolins
ツェータ男爵(ポンテヴェドロ国のパリ駐在公使):Marcello Lippi
ヴァランシエンヌ(ツェータ男爵の妻):Daniela Mazzucato
ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵(大使館の一等書記官):Manuel Lanza
カミーユ・ド・ロション(パリの伊達男):Vittorio Grigolo → 
カスカーダ子爵(公使館付随員):Armando Gabba
ラウール・ド・サンブリオシュ(パリの伊達男):Stefano Consolini
ニェーグシュ(大使館の書記官):Vincenzo Salemme

イタリア語だとオペレッタではなくてオペラに聞こえますね.....


オペラクリックのレビューと写真
彼については、『公演の勝利者はヴィットリオ・グリゴーロである。彼の演じるロション(よく性格的テノールに任せられる)は、声楽的にも演劇的にも充実したものであった。とても柔らかく優しいが声量豊かなレガートによって、情熱的で官能的な(特に"Wie eine Rosenknospe")ロションにふさわしく、また、第二幕の5重唱では、ずば抜けて素晴しいフレージングを聞かせた。』というように誉めています。

★舞台写真(グリゴーロのHPから):クリック拡大

★舞台写真(オペラクリックから):クリック拡大
Franz Lehar
Roma - Teatro dell’Opera: La vedova allegra
Operetta in tre atti Libretto di Victor Lèon e Lèon Stein
dalla commedia “L’attaché d’ambassade” di Henri Meilhac
Traduzione e libero adattamento di Vincenzo Salemme



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メリー・ウィドウ(伊語) ブログトップ