So-net無料ブログ作成
検索選択
コジ・ファン・トゥッテ ブログトップ

《コジ・ファン・トゥッテ》フェランド★☆写真集 [コジ・ファン・トゥッテ]

★写真集を追加しました。(2008.8.27)

モーツァルト作曲《コジ・ファン・トゥッテ》ローマ歌劇場 2005年5月3日〜
指揮:ジャンルイジ・ジェルメッティ
演出:マウリツィオ・ヴァラモ (新演出)
衣裳:アンナ・ヴィアジョッティ
舞台装置:アルフォンソ・パガニーニ
照明:パトリツィア・マッジ

キャスト:
フィオルディリージ:アンナ・リタ・タリエント
ドラベッラ:ラウラ・ポルヴェレッリ
デスピーナ:ウラ・ケリチ
フェランド:ヴィットリオ・グリゴーロ
グリエルモ:マッシミリアーノ・ガリアルド
ドン・アルフォンソ:ブルーノ・プラティコ
ローマ歌劇場管弦楽団、合唱団

※この公演は、観客とメディアにも非常に好評で、国際的なレベルでの大成功をおさめたということです。

★レビューCosì tutti lo fanno con tutti(2005.5.3):
より優れていたのは、ヴィットリオ・グリゴーロ(フェランド)だ。このうえなく素晴らしく美しい「恋のそよ風 Un'aura amorosa」、それは、すっごく純粋で澄みきった音色・響きですべてのフレーズを歌ったし、カデンツァでは、エレガントなコロラトゥーラを聞かせた。

★ レビューL'OPERA"Ultimi giorni a Pompei: Così fan tutte"(2005.5.3):
ヴィットリオ・グリゴーロの美しいテノールの声、完璧な発声法と確かなテクニックを持った本当に最高クラスのフェランドだった。アリア「恋のそよ風 Un'aura amorosa」の彼の演奏は、特に注目に値する素晴しさだった。
これだけ褒められてるフェランドって知らないな。

参考:Youtubeに第1幕のグリエルモのアリア 「恥じらわずに、可愛い目で Cosi fan tutte: Non siate ritrosi ...」がアップされています。バリトンのMassimiliano Gagliardoの関係者が撮影したんだとおもいます。残念ながらグリゴーロのフェランドは、そこにいるだけなんですけど.....最後の方で、ほんのちょっと歌ってますけど。「恋のそよ風 Un'aura amorosa」聞きたかった! ご覧のように、時代的に古代ローマか「ポンペイ最後の日」に置き変え演出のようです。



写真集:ヴィットリオ・グリゴーロのフェランド(クリックすると拡大します)
gri_cosi_2.jpggri_cosi_1.jpggri_cosi_6.jpg
gri_cosi_5.jpggri_cosi_3.jpggri_cosi_7.jpg
gri_cosi_4.jpgcosifantutte_ferrando.jpg※このプロダクションは、2007年11月に再演されました。当初の発表では好評だった2005年プレミエと同じキャストでしたが、グリゴーロ(フェランド)はキャンセル、あとデスピーナとドン・アルフォンも変更になっています。
グリゴーロは、おそらく《ウエストサイド・ストーリー》のCD録音とかポップ活動のために出演できなかった(しなかった)のではないかと思います。
Mozart a Pompei?(2007.11.9)←リンク先で、舞台写真が見られます。


nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
コジ・ファン・トゥッテ ブログトップ