So-net無料ブログ作成
ドン・カルロ ブログトップ

ヴェルビエ音楽祭2014:ハーディング指揮「外套」と「ドン・カルロ3幕/4幕」 (2014.7.27) Medici.tv で生中継 [ドン・カルロ]

◎レビュー:«Don Carlo» aux voix éloquentes

 Medici.tv のチャンネルに宣伝用のビデオクリップがアップされました。全曲見てね!ということで「概要」にリンクしています。親切ですね。




 私がアップしたグリゴーロの抜粋版(下の動画)は、Believe Musicとかが「映像と音声のコンテンツ 管理者」として著作権を主張してきましたが、全体ではなく19:09からなので、この部分に関して、Verbier Festival あるいは、Medici.tvから著作権を得ているということなんでしょう。なので、私が作った動画にも宣伝が入ることになります。(2014.7.30)

◎全曲ご覧頂けます......http://www.medici.tv/#!/daniel-harding-il-tabarro-don-carlo-verbier-festival  (201407.29)

◎ グリゴーロのドン・カルロの部分だけの動画を作りました。4幕イタリア語版の3、4幕ですので、フィリッポもロドリーゴもエボリもエリザベッタもすてきな長いアリアがありますが、カルロはなにも無し.....

チャンネル削除のため視聴できなくなりました


 アルメニアのソプラノ、Lianna Haroutounianは、ここ数年大劇場で活躍をはじめたようですが、年齢不明、見た目は40過ぎっぽい.....フリットリの方が華がある....経歴には年齢のわかる情報を意図的に隠しているかんじがします。唯一年齢を推測できる情報は、小さい時からオペラを聞いて育ち、14才でゼッフィレッリの映画版「La traviata」を見て歌手の道に進んだとか....そうすると1982年に見たとすると1968年生まれってことだけど.....公開時に見たとは限りませんが、当たらずとも遠からずかな。(2014.7.28)
*Lianna Harutyunyanで検索したら1975年生まれと記載しているサイトがありました。アルメニアってアルメニア文字で独自のものなんですね......最近本人がアルファベートの表記を変えたみたいです。

◎キャスト変更です。バリトンのアレクセイ・マルコフAlexei Markov(1979.5.26 )が健康上の理由で降板、ベテランのルーチョ・ガッロ Lucio Gallo (1959.7.9)に代わりました。ガッロは、新国で何度も聞いていますし、若手のアレクセイ・マルコフを聞いてみたかったような.....(2014.7.26)

 「ヴェルビエ音楽祭2014」7月27日午後7:00、日本では7月28日午前2:00からのコンサートが、Medici.tv でライブ放送されます。グリゴーロはイタリア語4幕版「ドン・カルロ」の3幕/4幕に出演しますが、この役は、2008年に歌っていて、公演も大成功で、評価も高かったのですが、「まだ、声に合わない」とかで一旦レパートリーからはずして、6年振りの「ドン・カルロ」になります。また、プッチーニの三部作の「修道女アンジェリカ」では定評のあるバルバラ・フリットリですが、このコンサートでは「外套」のジョルジェッタ.....もしかしたらロールデビューですか? もともとはEva-Maria Westbroekでした.....フリットリならエリザベッタも歌って欲しいところです.....ミケーレとロドリゴは同じバリトンさんなんだから。まあ、最初から決まっていた人をクビにはできませんよね。Lianna Haroutounianは、ロンドンでもハルテロスの代役で歌ったことがあるんですね。ロンドンの椿姫さんのブログに「ドンカルロの代役ソプラノ速報」という記事があります。

verbie.jpg
 ダニエル・ハーディング指揮によるプッチーニ(外套)とヴェルディ(ドン・カルロ)-アレクセイ・マルコフ ルーチョ・ガッロ(ミケーレ/ロドリーゴ)、バルバラ・フリットリ(ジョルジェッタ)、ヴィットリオ・グリゴーロ(ドン・カルロ)

 Medici.tv で生中継ということですが、日本語?のサイトがありますが、なんだかわけの分からんMedici.tv なので、音楽祭第一日目をお試し視聴してみましたので、分かったことを参考までにご報告します。

◎ Medici.tv について:
 27日にそなえて Medici.tv を視聴してみました。日本語のサイトがありますが、中途半端だし、首をかしげるような日本語もあったり、「ちゃんとした」日本人を雇ってないのは明らかで、とにかく説明不足で試してみなきゃわからん状態です。結論から言いますと、ヴェルビエ音楽祭第一日目のライヴ「シャルル・デュトワ指揮によるラヴェル、チャイコフスキー、ブラームス-マルタ・アルゲリッチ」は、無料で全編視聴できました。しかも、今現在オンデマンドで見られますが、いつまで視聴できるのかはどこにも書いてないような....見当たりません。なので、27日の演奏も多分見られるはずだと思います。オンデマンド可能になるかどうかは分かりません......ほんと、説明不足!
 とりあえず無料登録はしたほうがいいと思います。登録してログインしないとポップアップで「無料登録」勧誘の画面が出てきますし。その画面には「無料登録をして、クラシック音楽における最も素晴らしいイベントから生中継でお届けする年間 100本のライブイベントをお楽しみください。」と書いてありますから、「生中継でお届けする年間 100本のライブイベント」は無料で見られるって解釈できますよね。
 ちなみにコンサート、オペラ、ドキュメンタリー等たくさんのビデオがありますが、これは、「無料登録」では数分の抜粋しか見られませんので、有料会員になる必要があります。iPad、Phoneでも見られますから、テレビにつなげば、大画面で楽しめますし、見たいものがあればお金払ってもいいと思います。
 なんの説明もないですから、もしかしたら、「無料登録」の場合は、一本だけ見られるとか、数日だけとか規制があるかも...という不安はありますが、27日、楽しみにしてます。

Verbier Festival:Sunday 27 July 2014, 19:00 | Salle des Combins
Daniel Harding | Conductor
 Giacomo Puccini : Il tabarro
 Alexey Markov Lucio Gallo (Michele)
 Barbara Frittoli(Giorgetta)
 Thiago Arancam (Luigi)
 Ekaterina Semenchuk (La Frugola)   

 Verbier Festival Orchestra
Giuseppe Verdi :Don Carlo, actes III et IV  
Vittorio Grigolo (Don Carlo)
Lianna Haroutounian (Elisabetta)
Daniela Barcellona (Eboli)
Alexey Markov Lucio Gallo(Rodrigo)
ldar Abdrazakov (Filippo II)
Mikhail Petrenko (L'Inquisitore)

2008年6月26日のジュネーヴ大劇場の「ドン・カルロ」の"Don Carlo Highlights"をyoutubeにアップしました。音源は2008年9月6日に放送されたものです。

チャンネル削除のため視聴できなくなりました


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ジュネーヴ大劇場《ドン・カルロ》:グリゴーロ無しの初日レビュー [ドン・カルロ]

  定期購読しているオペラ雑誌(l'opera)の10月号がやっと届きました。数年前からスイスの代理店を通して定期購読していましたので、早くて安かったのですが、うまく継続更新できなかったので、日本の代理店に替えたのですが、遅くて高い(確実性が取り得).... ということで、今頃10月号なんです。
 そして、今月号にやっとジュネーヴ大劇場の《ドン・カルロ》のレビューが掲載されました。この雑誌は、レビューが早いのが特徴ですが、イタリアらしく月刊誌にも夏休みがあるので、遅くなったようです。しかも、やっぱりそうか.....なんですが、グリゴーロが出演した日のレビューではありませんでした。基本的に、初日のレビューを掲載するのが原則のようです。ヴィットリオ・グリゴーロは喉頭炎のため、初日の6月16日と19日の公演は、キャンセルで、22,24,26,28日は、回復して出演したんですけど。ということで、ドン・カルロは、代役のマリオ・マラニーニ(1958.6.12 イタリア)についてのレビューとなっています。

前置きが長くなりましたが、全体的に、演出も音楽も非常に素晴らしいもので、歌手にもあながなかった....というレビューでした。代役のマリオ・マラニーニは、年齢的にはいくらなんでも18才のドン・カルロには見えませんが、スカラ座の「無益な用心」としか考えられないドタバタ劇で第2キャストから突如第一キャストになっちゃったスチュアート・ニールとは大違い、体型は、グリゴーロと同様スマートです。急な代役なので、衣裳が合うということも考慮に入れて捜したのでしょうか。しかも歌も良かったようです。このプロダクションも他のキャストも好評です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ジュネーヴ大劇場 4幕イタリア語版《ドン・カルロ》のカルロ完全版ハイライト★☆MP3 [ドン・カルロ]

9月6日に"espce2"で放送された《ドン・カルロ》のドン・カルロ(=ヴィットリオ・グリゴーロ)の部分の音声ファイルをアップします。21世紀の新しいタイプのドン・カルロ、レビューも上々、好評でした。

4幕イタリア語版《ドン・カルロ》ジュネーヴ大劇場 2008年6月26日ライヴ
ロベルト・リッツィ・ブリニョーリ指揮
スイス・ロマンド管弦楽団、ジュネーヴ大劇場合唱団
Enrico De Feo演出
キャスト:
フィリッポ II:オルリン・アナスタソフ
ドン・カルロ:ヴィットリオ・グリゴーロ
ロドリーゴ:アンソニー・マイケルズ・ムーア
大審問官:クリスティン・ジグムンドソン
僧:Nicolas Testé
エリザベッタ:ミッシェル・カパルボ
エボリ:シルヴィー・ブルネット
テバルド:Teodora Gheorghiu
天の声:Svetlana Doneva
詳細は劇場サイト→ Grand Théâtre de Genève

アメリカのオペラフォーラムに26日の公演を見たレポートがありました。
『ヴィットリオ・グリゴーロは、申し分のないドン・カルロだった。高音もなんの問題もなかったし、エリザベッタとの最初の二重唱は横になって歌ったが、立派な歌唱だった。決してオーケストラにかき消されることのない魅力的な心地の良い声をしている。グリゴーロは、とても若くて、細く見えたが、それは、彼を傷つき易く弱々しく見せた。』まさに理想のドン・カルロじゃないですか。

続きを読む


nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

ジュネーヴ大劇場《ドン・カルロ》ORFで放送:グリゴーロの"カルロ"ハイライト版 MP3 [ドン・カルロ]

祝♪Espace2での放送、やっと正式発表!9月6日(土)19:00〜 ★日本時間:9月7日(日)2:00〜(2008.9.2追記)
************************************************************
※おまけの音声ファイルアップしました。同時期のロンドン、コヴェントガーデンの公演です。(2008.9.2)
 スイスの放送局Espace2で、9月6日に全曲放送がある予定ですが、一足先にオーストリアの放送局ORFが、ハイライト放送してくれました。
 Michael Bleesの"Apropos Oper"という音楽番組で放送枠は1時間半ですが、もう一つ、2007年デンマーク王立劇場の《ドン・カルロ》も同時に放送しましたので、かなりの抜粋版でした。しかし、嬉しいことにジュネーヴ大劇場《ドン・カルロ》に関しては、ドン・カルロのハイライト版というおもむきでした。右の写真をクリックするとプログラムにリンクしています。
 《ドン・カルロ》のドン・カルロはタイトルロールとはいえ、歌唱的には影が薄い役です。しかし、今回の放送は、どうやらドン・カルロをメインに抜粋したようなかんじでした。ヴィットリオ・グリゴーロの祝!初役ということだったのかしら.....粋な計らい....
 私の場合、《ドン・カルロ》は、ルッジェーロ・ライモンディが、弱冠26才でフィリッポを歌い、その後も主要なレパートリーにしていましたので、けっこういろいろ聞いていますが、ドン・カルロをメインで聞くのは、はじめてかもしません。音声ファイルをアップしますので、お楽しみ下さい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(12)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

ジュネーヴ大劇場《ドン・カルロ》9月6日放送予定! [ドン・カルロ]

緊急のお知らせ!
《ドン・カルロ》放送 Ö1 Programm So, 31.08.2008:オーストリア現地時間:8月31日(日)15:06〜

日本時間:8月31日(日)22:06〜 抜粋みたいです(2008.8.31追記)

 6月16日からの《ドン・カルロ》、最初の2公演は、ヴィットリオ・グリゴーロが、喉頭炎で休演するという波乱の幕開けでしたが、あとの4公演は、つつがなく終了した模様です。
Espace2の1年前のプログラムでは、28日に放送されることになっていましたが、なぜか中止に。がっかりでしたが、どうやら9月6日に放送するようです。
Espace2:9月6日(土)ジュネーヴ大劇場《ドン・カルロ》午後7時〜放送(6月26日の公演)
右の画像をクリックするとプログラムが読める大きさになります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(16)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

グリゴーロ写真集:ジュネーヴ大劇場《ドン・カルロ》2008.6.22〜28 [ドン・カルロ]

4幕イタリア語版《ドン・カルロ》ジュネーヴ大劇場 2008年6月22〜28日 V.グリゴーロ写真集
ロベルト・リッツィ・ブリニョーリ指揮
スイス・ロマンド管弦楽団、ジュネーヴ大劇場合唱団
Enrico De Feo演出
キャスト:
フィリッポ II:オルリン・アナスタソフ
ドン・カルロ:ヴィットリオ・グリゴーロ
ロドリーゴ:アンソニー・マイケルズ・ムーア
大審問官:クリスティン・ジグムンドソン
僧:Nicolas Testé
エリザベッタ:ミッシェル・カパルボ
エボリ:シルヴィー・ブルネット
テバルド:Teodora Gheorghiu
天の声:Svetlana Doneva
詳細は劇場サイト→ Grand Théâtre de Genève
※下の写真はクリックすると拡大しますが、面倒な方は、右上の写真をクリックしてください。
↑ autodafèの場面、フランドルの使者を従えたドン・カルロ、絵になってます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

《ドン・カルロ》ロールデビュー:ジュネーヴ大劇場2008.6.22〜 [ドン・カルロ]

4幕イタリア語版《ドン・カルロ》ジュネーヴ大劇場 2008年6月16,19,22,24,26,28日
グリゴーロ(イタリア出身 31才)、アナスタソフ(ブルガリア出身 32才)、カパルボ(カナダ出身 年齢不明だが若い)と若者公演のようなキャストで、しかもグリゴーロとカパルボはロールデビューです。

ロベルト・リッツィ・ブリニョーリ指揮
スイス・ロマンド管弦楽団、ジュネーヴ大劇場合唱団
Enrico De Feo演出

キャスト:
フィリッポ II:オルリン・アナスタソフ
ドン・カルロ:ヴィットリオ・グリゴーロ
ロドリーゴ:アンソニー・マイケルズ・ムーア
大審問官:クリスティン・ジグムンドソン
僧:Nicolas Testé
エリザベッタ:ミッシェル・カパルボ
エボリ:シルヴィー・ブルネット
テバルド:Teodora Gheorghiu
天の声:Svetlana Doneva
詳細は劇場サイト→ Grand Théâtre de Genève
※昨年のシーズン発表の時は、ニコラ・ルイゾッティ指揮、エリザベッタは、クリスティナ・ガラルド・ドマスでしたが、その後、変更になった。
写真右上)初日の写真なので、グリゴーロはいないが、ドン・カルロ(代役)はいるのかな? スイスらしく小人症の人たちが活躍。
写真右下)グリゴーロのドン・カルロなんですが、リハーサルではなく本番の舞台です。それにしてはいつもの格好だわ。

DonCarlo_grigolo_geneve

続きを読む


nice!(0)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ドン・カルロ ブログトップ