So-net無料ブログ作成
検索選択

マスタークラス:サンタモニカ・カレッジ (2017.3.14) ☆ AVA (2017.4.11 & 12 LA) [その他]

◎Vittorio Grigolo Master Class 3月14日10〜12AM
会場は、Santa Monica college の Performing Arts CenterのThe Edye(舞台のない広いスペース)
情報は、SMCオペラ劇場演出部副会長のGail R. Gordonさんのfacebookからgri_ava2.jpg

AVA Grigòlo Master Class 4月11、12日 Los Angeles で
 Angels Vocal Art では昨年、夏期講習でヴィットリオ・グリゴーロの
マスタークラス(6/27-7/24のいつか)を行っています。

*ホフマン物語(3月25, 30日/ 4月2, 6, 9, 15日)の公演の合間にやるんですね。



多分その時の写真:
gri_AVA_master_class2017.jpggri_ava1.jpggri_ava3.jpg
(2017.3.14)

◎AVAのマスタークラスの様子(多分昨年の夏の)がYouTubeにアップされました。


"Don Pasquale"からノリーナのアリア"So anch'io la virtù magica"
(2017.3.17)
=  =  =  =  =  =  = 


☆グリゴーロは機会があれば公開レッスンをしています。東京での公開レッスンは本当に面白かった!
関連記事:
「ロメオとジュリエット」の合間にパフォーミングアーツ専門学校でレクチャー(2011.11)

マーマン・スクールの子供たちと....合唱の指導も(2013.10.24)

グリゴーロの公開レッスン:3時間休憩無しの熱血指導 天真爛漫お茶目ぶりも発揮 (2015.4.7 東京)

・ローマのサンタチェチリアでマスタークラス(2016.4.5)グリゴーロのfacebook ブログ記事無し

夏の予定: ☆ AVA夏期講習のマスタークラス(2016.7)

gri_La_school_2011.jpg
Vittorio Grigolo at Ramon C. Cortines School of Visual and Perfor (2011.11.14)

gri_mirman2013_10.jpg
Tenor Vittorio Grigolo at Mirman School (2013.10.24)

gri_lesson_tokyo_2.jpg
昭和音大のテアトロ・ジーリオ・ショウワで公開レッスン(2015.4.7)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

メトの楽屋でファンサービス ☆ コカコーラは喉にいい.....(グリゴーロの持論) [その他]

 Layla ちゃんのグリゴーロ楽屋訪問。あんまり可愛いので(どっちも)、ビデオをリンクします。多分3月4日の「ウェルテル」の後。

ビデオにリンク

 Coca-Colaは、グリゴーロの楽屋の必須アイテム。

「僕は公演中、氷入りのコークを飲むことが多いです。コークは余分な粘液を落としてくれる効果があり、氷は炎症をおさえます。」雑誌 Opera News主催の"The Singers' Studio- Vittorio Grigolo"のレクチャーから

 あなたの楽屋に必ずあるものは何ですか? 「僕の “守護者たち”の写真、氷入りのコカコーラとコーヒーと水とバナナ1本」GBOperaのインタビュー “Senza trucco!”… Vittorio Grigoloから


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

メンズウェア"Caruso" のショートフィルム第3作目"La magia di Napoli" (2017.1.13公開) ☆ 試写会(2016.12.13頃) [その他]

(2017.1.14)


◎"The Good Italian III" 明日13日公開です。
(2017.1.12)
=  =  =  =  =  =  =  =

◎"The Good Italian"シリーズの3作目のタイトルは、"La magia di Napoli" ナポリとソラーニャ(パルマにある小さな町でカルーゾの縫製工場がある)で撮影、イタリアの古典的精神のベルカントと愛がテーマ。公開は、2017年、ミラノのファッションウィークの期間中(2017.1.13)に公開されるそうです。

caruso-2.jpgcaruso-3.jpgCaruso.jpg

 どんな音楽が使われるのか......ちなみに2作目の "The Prince goes to Milan" は、ヴェルディの「ロンバルディの第一次十字軍」のオロンテのアリア"La mia latizia infondere"が使われていました。歌っているのはマッシモ・ジョルダーノ (Massimo Giordano)、懐かしい...第一ブログにたくさん記事があります。このアリアがどういう場面で歌われているのかは、こちらの記事「《ロンバルディ》4人のテノールとソプラノが歌うアリアMP3」に。

 カルーゾのCEOウンベルト・アンジェローニ氏は、11月24日に六本木で講演をされているんですね。ファッション業界では著名な方のようです。講演の記事
(2016.12.21)
=  =  =  =  =  =


 今年の夏、ツァー "Italia, Un sogno"の前に、ナポリで俳優のジャンカルロ・ジャンニーニGiancarlo Gianniniと何かの撮影をしていましたが、メンズウェア "Caruso" のトレイラーだったようです。先日、その試写会が行われた模様。"The Good Italian"シリーズの3作目"The Good Italian III" だそうです。いずれ私たちも見られると思います。
gri_carusomenswear2016_2.jpggri_carusomenswear2016_3.jpggri_carusomenswear2016_1.jpg

 写真は、インスタグラムから、CEOのUmberto Angeloni氏も同席しています。素敵なCEOですね。
 ちなみに、前回の"The Good Italian II "は、 The Prince goes to Milan で、プリンスはジャンカルロ・ジャンニーニ 、今回は The Prince goes to Napoliってことでしょうか。
=   =   =   =   =   =   =   =   

 スティング夫妻のレブロン・コンサートで着ていたコートとジャケットは"Caruso"のだそうです。"The Good Italian Ⅲ"は、1月13日にネットで公開される予定です。

gri_carusomenswear2016_5.jpggri_carusomenswear2016_4.jpgcaruso-4.jpg
caruso-5.jpgcaruso-6.jpgcaruso-7.jpg
caruso-9.jpg
(2017.1.8 12)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

News!第45回プッチーニ賞 Premio Puccini にヴィットリオ・グリゴーロ (2016.11.28発表) ☆ 受賞歴一覧 [その他]

◎11月30日、ミラノでプッチーニ音楽祭財団の理事長で指揮者のアルベルト・ヴェロネージ(Alberto Veronesi) から2016年第45回プッチーニ賞を授与されました。おめでとうございます。グリゴーロも Grazie mia cara dolce Italia ! と喜びを述べています。

gri_premio_puccini_4.jpg
gri_premio_puccini_1.jpggri_premio_puccini_2.jpggri_premio_puccini_3.jpg
gri_premio_puccini_5.jpggri_premio_puccini_6.jpgIMG_9885-796x530.jpg
(2016.1130)


 Premio Puccini については、第一ブログでも記事にしましたが、第45回プッチーニ賞の発表が11月28日にありました。授賞式は、11月30日にミラノで行われるそうです。
E’ Vittorio Grigolo la voce pucciniana 2016, .....
MUSICA: AL TENORE VITTORIO GRIGOLO IL QUARANTACINQUESIMO PREMIO PUCCINI
(2016.11.28)

☆グリゴーロの受賞歴 (2016.11.30まで)関連記事:
EBBA 2007 グリゴーロ受賞(2007.1.21)
"エコー・クラシック(Echo Klassik)賞 2011"声楽部門新人賞受賞
雑誌 l'operaの"OPERA AWARD 2011"テノール部門優勝(2011.7.28)
2012年イスキア国際映画&音楽祭2012 "Italian Worldwide Award" 授賞
イジンバルディ賞 Premio Isimbardi 2014 (2014.6.20 ミラノ)
ソレントの “Premio Caruso” 2015
ティベリーニ金賞受賞 (2015.10.18)
Atlantic Council (大西洋評議会) " Distinguished Leadership Awards" 受賞 (2016.4.29発表)
第45回プッチーニ賞 Premio Puccini (2016.11.28発表)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

グリゴーロ君のカラオケ初体験...... [その他]

 グリゴーロのインスタグラムfacebookにグリゴーロのカラオケ初体験のビデオクリップがアップされました。難しいなんて言ってますが、オペラ歌手には、機械的な伴奏に合わせるってのは初体験ってことなんでしょうね。下の画像をクリックするとビデオにリンクしています。



 ロンドンの「ホフマン物語」の合間にでも行ったのかしら。
 グリゴーロは自分のアルバムの曲がカラオケのCDで発売されているの知ってるのかなぁ....このCDけっこう昔からあるんですけどグリゴーロもパトリツィオ・ブアンネも歌ってないのに....タイトルに使っていいのかなぁ.....






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

グリゴーロとテニス (2016.11.10) [その他]

gri_insta201611Wimbledon.jpgグリゴーロのインスタグラムに「ウィンブルドンのテニスコートでテニスをしたヨ」と、写真が掲載されました。
 グリゴーロは7才でテニスをはじめて、その気で訓練すればテニス選手になれると言われた腕前だとか。
 指揮者のエヴェリーノ・ピドは、18歳以下全イタリアテニス選手権の準優勝者だったそうです。

 オペラ歌手のテニス好きとしては、ファン・ディエゴ・フィローレスも有名です。2015年3月、メトでグリゴーロは「マノン」、フローレスは「湖上の女」に出演中、公演の合間に、下の写真のようにテニスを楽しんだようです。


☆今までの「テニス」関連の写真と記事

gri_florez2015.jpg
フローレスと

フェデラーと
ローマのレストランで



Roger Federer と Vittorio Grigolo
Novak Djokovic と Vittorio Grigolo

Nicola Pietrangeli と Vittorio Grigolo

gri_Gulbis_vienna.jpg

関連記事:
メト公演の合間にテニス:グリゴーロとフローレス

スポーツとオペラ:テノールのフェデラー...ヴィットリオ・グリゴーロ(2010.7.6記事)☆ エルネスツ・ガルビスと...(2013.5)

グリゴーロはローマでレコーディング中......フェデラーはテニス=ローマ大会で試合中

ROH"ファウスト" リハーサル中のインタビュー:オペラは、ボクシングやフォーミュラ・ワンのように危険なもの

ヴィットリオ.グリゴーロのインタビュー(2011.1.24) グラディエーターと同じ....最後に観衆が親指を立てるか、下げるか...

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

バーリのTeatro Petruzzelli [その他]

"Italia. Un sogno" ツァー、ヴェローナ(9/10)、パヴィア(9/13)の次は南イタリアのバーリ(9/18)、グリゴーロは、テアトロ・ペトゥルッツェッリで2010年1月に「ボエーム」を歌っています。



 このビデオはイタリアのテレビ"RAINEWS24"で放送されたもので、ほんのちょっとですが、グリゴーロの "Che gelida manina...冷たい手" の一部が視聴できます。しかし、写真で舞台を覆うのはなぜ?......邪魔...それに一番の聞かせどころで、アナウンスがかぶるのって...邪魔...邪魔...邪魔

 過去記事「18年目にやっと修復再開したTeatro Petruzzelliで《ボエーム》」に、劇場のこともちょっと書いています。
 リハーサルとゲネプロ、舞台写真が、もういいよって言うくらいあります。興味のある方はどうぞ! [ボエーム/ Petruzzelli - 2010]

 グリゴーロは出てきませんが......





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

オランジュの教会で.....(2011.7.1) [その他]

 2011年7月1日の写真が出てきました。オランジュの教会のミサの後 l'Association APROOR主催のレセプションがあったようです。グリゴーロは、2011年のオランジュ音楽祭(Chorégies d'Orange)でヌッチ、チョーフィと「リゴレット」(2011年7月30,8月2日) に出演しています。

DSC_0483.jpg
DSC_0479.jpgDSC_0486.jpgDSC_0514.jpg

写真左)ミサでシューベルトの"Ave Maria" を歌う (後ろにちょっと見える横顔はお父さんかなぁ)
写真中)オランジュ音楽祭マネージャーのレイモンド・デュフォー氏と
写真右)Association APROOR主催のレセプションの後の記念写真、合唱団と

関連記事:「リゴレット」オランジュ音楽祭(Chorégies d'Orange)2011

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ミラノEXPO 2015 "Museo Kartell" 閉館式 (2015.10.20) グリゴーロの特別演奏 [その他]

 イタリアの家具ブランドのカルテル(Kartell)の "Museo Kartell" 閉館式でグリゴーロの演奏があった模様。
gri_kartell2015-2.jpggri_kartell2015-4.jpggri_kartell2015-3.jpg
Special performance of the italian tenor Vittorio Grigolo as a perfect closure of this night of art and design at kartellmuseo

参考記事:
Arte e design al Museo Kartell
A special night at Kartell Museo | The Party

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

トリノ王立歌劇場 フリードキン監督の豪華で伝統的な「アイーダ」で開幕 (2015.10.14) [その他]

 10月14日は、トリノのテアトロ・レージョ(Teatro Regio di Torino)の開幕公演でした。あのフリードキン監督が演出した「アイーダ」、かなり豪華な舞台だったようです。しかも来賓としてアメリカのVipがたくさんやってきたとか....ロスチャイルドとかキャンディス・バーゲンとか.....なぜかそのなかにグリゴーロも。下の写真の説明が"La famiglia Rothschild"....(グリゴーロのことを知らない人が書いたのね)

torino_aida.jpggri_Rothschild_torino.jpgtorino_Candice Bergen.jpg
Teatro Regio di Torino
2015年10月14日開幕公演
ロスチャイルドとグリゴーロ
フリードキン監督の奥様と
キャンディス・バーゲン

参考記事:
・LA STAMPA Torino:I Rothschild al Regio applaudono Aida Fra gli invitati anche il tenore Vittorio Grigolo, ....
・Repubblica.it Torino:Prima del Regio, una notte americana per Torino
・ANSA.it:Aida,regia di Friedkin apre Regio Torino / Sontuosa e tradizionale. Dirige Noseda. Tra i vip 50 americani


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

サンタモニカ・カトリック教会の日曜日のミサで "Ave Maria" ....(2015.7.19) [その他]

 前夜は、The Broad Stageでコンサートでしたが、翌日曜日のミサに出席、"Ave Maria"を歌いました。
 "Ave Maria" sung by Vittorio Grigolo:最初の3分くらいで、あとは聖体拝領が続きます。



 ミサもライブストリーミングの時代なんですね.....St. Monica Sunday 530pm Mass
 この動画はグリゴーロが歌ったから配信されたのではなく、毎回ミサをライヴ配信しているようです。グリゴーロは、このあたりでお仕事の時は、この教会(ミサ)に行って歌っているようです。数年前に、信者の方から、素晴らしい歌をありがとう....というコメントがありましたし、オランジュ音楽祭の時も近くの教会(ミサ)で歌ったというレポートがありました。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

指揮者のルスティオーニ結婚式:グリゴーロ披露宴で歌を....(2015.6.30) [その他]

 指揮者のダニエレ・ルスティオーニ Daniele Rustioniとバイオリン奏者のフランチェスカ・デゴFrancesca Degoが、6月30日にコモの近くのチェルノッビオで結婚式をあげました。この二人、2004年から婚約してるんだそうです。ということはフランチェスカさん15才.....

 グリゴーロが披露宴でお祝いに歌を歌ったそうです。第1部ブログにも記事を書きました。

gri_dego_rustioni.jpg
 
グリゴーロとルスティオーニとの共演:
ROH「愛の妙薬」(2014.11.18〜12.13)
スカラ座「ボエーム」(2012.9.26〜10.26) ゼッフィレッリも姿を見せる....
Vittorio Grigolo "The Italian Tenor Tour" :ベルリン6/5 ミュンヘン6/9 ケルン6/12

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

メト公演の合間にテニス:グリゴーロとフローレス [その他]

gri_florez2015.jpg ヴィットリオ・グリゴーロもファン・ディエゴ・フローレスもテニス好きで知られていますが、ちょうど同時期、メトでグリゴーロは「マノン」、フローレスは「湖上の女」に出演中、メトのfacebookに右の写真がアップされました。

 フローレスは、インタビューで「楽屋にはいつもテニスのラケットを持って行く....」と話しているようにテニス好き、グリゴーロも7才の時からテニスをはじめて、かなりの腕前らしいし、「オペラの舞台とテニスマッチは同じ....」と語るくらいのテニス好きなんです。どっちが勝ったんでしょうね。

過去のインタビューから:
☆オペラもテニスやボクシングやフォムミュラ1と同じようなプレッシャーがある、ボエームでハイCを失敗したら、全体がどんなに良くてもダメ....

☆精神的に強くないといけません。テニスの試合と同じです。オペラは試合のようなものです。すべてをマスターした上、終わりにもはじめと同じように元気でな ければならないのです。オペラは3時間続くのです。音をひとつはずしたら、終わりにはブーイングを浴びせられます。オペラの舞台の上にいるってのは、闘技 場のグラディエーターみたいなものです。最後に観衆が親指を立てるか、下げるかなのです。

☆歌うためには、すべてのエネルギーを歌に注がなければなりません。テニスの試合をするとしたら動きに集中するように。それぞれの音符は、パスと同じようだし、それぞれの幕はセット....同じように5セットあるので、声の適切な配分を考える必要があります。

☆グリゴーロは歌は4才で、テニスは7才からはじめた。「ニコラ・ピエトランジェリ(写真右)のサインのある木製のマキシマを使っていましたが、その後、全仏オープンで彼に会いました。やっぱり、僕もまたグ ランドスラムのように劇場に出演しています。つまりパリ・オペラ座、ニューヨークのメト、それから、ここロンドンのロイヤル・オペラハウスは、ウィンブルドンと同じように素晴らしいです。コヴェントガーデンで観客の皆が、僕に拍手するために立ち上がった時、ないのは優勝カップだけだな...と思いました。

関連記事:
スポーツとオペラ:テノールのフェデラー...ヴィットリオ・グリゴーロ(2010.7.6記事)☆ エルネスツ・ガルビスと...(2013.5)
グリゴーロはローマでレコーディング中......フェデラーはテニス=ローマ大会で試合中
ROH"ファウスト" リハーサル中のインタビュー:オペラは、ボクシングやフォーミュラ・ワンのように危険なもの

ヴィットリオ.グリゴーロのインタビュー(2011.1.24) グラディエーターと同じ....最後に観衆が親指を立てるか、下げるか...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ロシアの新年の歌:メトのリハーサル室から Hibla Gerzmava & Vittorio Grigolo [その他]

明けましておめでとうございます。

 1月12日からはじまる「ホフマン物語」で共演するヒブラ・ゲルズマーワ Hibla Gerzmava(1970.1.6 - ) と一緒に、ロシアの新年の歌を.....

Happy New Year from Hibla Gerzmava and Vittorio Grigolo ! С Новым годом друзья! ロシアの新年の歌で Christmas tree (Ёлочка)と説明があります......どういう歌詞なんでしょう....

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヴィンチェンツォ・スカレーラ Vincenzo Scalera (2014.9.22)☆ Salone del Mobile di Milano ミラノサローネ国際家具見本市2014の記者会見(2014.2.12) [その他]

gri_scalera2014.jpg 9月22日はピアノ奏者のヴィンチェンツォ・スカレーラ Vincenzo Scaleraの誕生日だそうです。グリゴーロのfacebookに"Happy Birthday Vinnie! "のメッセージが掲載されています。
 スカレーラは2013年1月9日のスカラ座でのソロコンサート以来のピアノ伴奏者ですが、オペラ好きには、よく知られた伴奏者なので、グリゴーロの伴奏者なのは嬉しいですね。私は、ヴィンチェンツォ・スカレーラ というとホセ・カレーラスを連想しますが、スカラ座と関係が深い(1980年にミラノ・スカラ座の音楽スタッフとなりクラウディオ・アバド、リッカルド・シャイー、カルロス・クライバーなどの助手を務めた)こともあって、多くの有名なオペラ歌手の伴奏をしています。 Carlo Bergonzi, Montserrat Caballé, José Carreras, Leyla Gencer, Sumi Jo, Raina Kabaivanska, Katia Ricciarelli, Juan Diego Florez, Maria Guleghina, Renata Scotto, Cesare Siepi, Lucia Valentini Terrani.....等々。いかにもイタリア人の名前ですが、米国ニュージャージー州生まれ、 イタリア系アメリカ人なんですね。

*  *  *  *  *  *  *  *

☆Salone del Mobile di Milano ミラノ・サローネ国際家具見本市2014の記者会見会場で....(2014.2.12)
 今年の2月のことなのですが、下書きに入れたままの記事がありましたので、これもヴィンチェンツォ・スカレーラ氏がつきあっていますのでついでにアップします。
 YouTubeでなんか訳の分からない動画を見つけましたが、2014年の4月8日〜14日まで開催される第53回ミラノサローネ国際家具見本市について2月12日に行われた記者会見の会場に、スカラ座の「ルチア」に出演中だったグリゴーロがなぜか突然現れて一曲 "O Paese d'o Sole" を披露した時の動画です。グリゴーロは、建築家で家具のデザイナーでもあるマリオ・ベリーニMario Belliniとも親しいんだそうですが、ミラノ関係のイベントには協力することにしているようです....来年のミラノEXPO2015でもオペラ(ボエーム、愛の妙薬)だけでなく、なにか作品を展示するようなことを言ってましたし。



ピアノ伴奏者ヴィンチェンツォ・スカレーラ Vincenzo Scalera関連記事:
Vittorio Grigolo ミラノ・スカラ座リサイタル(2013.1.7) 
・ミラノ・サローネ国際家具見本市2014のカンファレンス会場で...(2014.2.12)(上の記事)
スカラ座で開催されるミラノ・ファッション・ウィークの音楽イベントで.... (2013.9.18)
メトでソロ・リサイタル(2014.3.9) :イタリア人テノールではパヴァロッティ以来二人目
マッシモ・ラニエリのライヴショー "Sogno e son desto 2"にゲスト出演(2014.9.20)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ブロガーさんのインタビュービデオ(2014.9.2) おまけに歌も"Un Amor/Gipsy Kings"と"Tu sì 'na cosa grande" [その他]

 ブログMTG LIRICA の管理人Maria Teresa Giovagnoli さんのインタビュービデオがブログとYouTubeにアップされました。今までにカルメン歌手のアニタ・ラチヴェリシェヴィリ(Anita Rachvelishvili)と指揮者のアンドレア・バッティストーニ(Andrea Battistoni)にもインタビューしています。ということはヴェローナ在住のブロガーで、ヴェローナ音楽祭の出演者にインタビューしたってことですね。
 グリゴーロは盟友のギタリストDaniele Bonaviriの伴奏で歌も披露しています。

1.インタビュー




2.歌:ジプシー・キングス(Gipsy Kings)の"Un Amor"



3.歌:"Tu sì 'na cosa grande" 素敵なあなた(R.Gigli - D.Modugno)



このカンツォーネは、ルッジェーロ・ライモンディのポップアルバム"The Songs I Love vol.1"にも収録されていて大好きな曲です。私がアップしたんですけどYouTubeで聞けます。グリゴーロの情熱的なのもいいけど、ライモンディの暖かくしっとりもいいですね.......http://youtu.be/ppksKZKs9N8


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Premio Isimbardi 2014 受賞式に出席 (2014.6.20 ミラノ) [その他]

 グリゴーロは2014年6月20日に、ミラノのパラッツォ・イジンバルディ(県庁がある)で行われた、「イジンバルディ賞」の受賞式に出席、ミラノの知事のグイド・ポデスタから金のメダルと賞状を授与されました。



 スカラ座出演、ファッション関係のイベント、ミラノのイベントなど、なにかとミラノでの活躍が多いですからね....
Premio_Isimbardi_20_giugno_2014.jpggri_isimbardi2014.jpg

 写真右(受賞者)の左から、作曲家のルドヴィコ・エイナウディ、Cariplo基金の会長ジュゼッペ・グッゼッティの多分代理、テノールのヴィットリオ・グリゴーロ、知事、州警察のアレッサンドロ・マラゴーニ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

フランコ・ゼッフィレッリ(Franco Zeffirelli, 1923.2.12) 90歳の誕生日 ☆ ゼッフィレッリ関連記事一覧 [その他]

 昨年9月スカラ座の「ボエーム」には車椅子ながら元気な姿を見せたゼッフィレッリ、仕事は引退状態ですが、2月12日に90才の誕生日を迎えました。LA STAMPAにも"Zeffirelli, 90 anni tra palcoscenico e grande schermo"が掲載されました。ローマで、誕生日のパーティーが開かれ、グリゴーロもお祝いに駆けつけたそうです(facebook情報)。

Zeffirelli_90_1.jpg  ← 暗くてよく見えませんが、ゼッフィレッリが抱いているのはワンちゃんですね。ゼッフィレッリは、どこにでも愛犬数匹を連れて行くので有名です..... Zeffirelli_90_3.jpgZeffirelli_90_2.jpg
ゼッフィレッリ関連の過去記事:
2007年ローマ、ゼッフィレッリ《椿姫》のドタバタ舞台裏:ゲオルギューの相手役は...
 グリゴーロにとっては、はじめてのアルフレード役、劇場だけでなく、ゼッフィレッリの自宅でも講義やらリハーサルでしぼられたそうです。

MET ゼッフィレッリ演出《ボエーム》のロドルフォ & ミミ ☆ ゼッフィレッリとグリゴーロ
 カレーラスからグリゴーロまで舞台写真と公演記録

スカラ座「ボエーム」(2012.9.26〜10.26) ゼッフィレッリも姿を見せる....☆ レビューと舞台写真
 ゼッフィレッリとゲオルギューの写真あり

DOB「椿姫」(2012.1.29/2.3) ☆ La traviataの公演記録(2012.2.3まで)
 写真では元気そうですが、「椿姫」の舞台写真を広げて、思い出話でしょうか......グリゴーロはゼッフィレッリによって、アルフレードという人物に興味を持ったと次のように語っています.....

新国《アイーダ》鑑賞:2008.3.26
 ゼッフィレッリの《アイーダ》、 再々演ですが、やっと見ることができました。 10年前の初演は、ご存知クーラとグレギーナ、そりゃもう、クーラのかっこいいこと...舞台は見逃しましたが.....

ローマ歌劇場2009.12ゼッフィレッリの《椿姫》さえない再演(雑誌"l'opera 1月号")
 2009年末頃から問題発言・行動が多くなったようです....

ローマ歌劇場2010開幕公演は《ファルスタッフ》☆★ゼッフィレッリの影響力健在!

オルヴィエートの井戸 (昔・昔・昔のアルバム)★☆ゼッフィレッリの映画版《オテロ》
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

オペラの舞台お休み中のグリゴーロ:アルマーニのファッションショーとかリモコンヘリを飛ばしたり..... [その他]

 1月7日のスカラ座でのリサイタルが終わったら、翌日にはヘリコプターを飛ばしに.....チームの仲間がYouTubeにアップしてます。グリゴーロは子供の頃から何かものを作るのが大好きで、今は、このリモコンのヘリコプターに凝っているんだそうです。



 1月16日にはジョルジョ・アルマーニの2013-14‬秋/冬 メンズ・コレクションのファッションショーへ、最前列特等席「フロントロウ」に....イタリアVogueの編集長Franca Sozzaniとヴァイオリニストのレイ・チェン(Ray Chen 台湾生まれのオーストリア育ち)の間に座っているのがグリゴーロです。


Giorgio Armani Men's Collection Fall / Winter 2013-14‬

 1月19日雨だかみぞれだかの降る中で、ヘリコプターを飛ばしている写真がアップされています...寒そう....(フェイスブックから)

 イタリア生まれのデザイナー、ジャンバティスタ・ヴァリ Giambattista Valli の2013年春夏オートクチュールのショーが、1月21日パリで開催されて、そのディナーに招かれて歌をサービスしたようです。"Opera Star Vittorio Grigolo sings for his Supper at Giambattista Valli's Caviar Kaspia Fete"というタイトルの記事がありましたので。

 また、1月21日にはパリのアズディン・アライアAzzedine Alaiaのお店に立ち寄ったり.....(フェイスブックから)

 1月22日には、パリからどこかに飛行機で飛び立ったそうですが、どこに行ったかは今のところ不明。その時、財布をどこかのお店に置き忘れて飛行機に乗り損なうところだったけど、エアフランスの親切なアテンダントのお陰で滑り込みセーフで乗れたんだそうです.....(フェイスブックから)

 2月1日にはドレスデンのオペランバルにゲスト出演する予定です。オペラの舞台は3月9,12日のロンドン・コヴェントガーデンの「ボエーム」までおあずけです。そのあとは4月にニューヨークのメトで「リゴレット」5月にはウィーンで「椿姫」、こうしてみると忙しそうですけど、他のテノールさんたちに比べると....ね、でもこの程度のスケジュールがいいとは思いますけど。それにしてもアルバムの発売はどうなってるんでしょう。過去にエージェントとレコード会社がもめて発売されなかった幻のCDアルバムもあるので、グリゴーロは、こういうことは言わないようにしているみたいですけど。
gri_Ray Chen_armani2013_01.jpg
Ray Chenと
gri_armani2013_01.jpg
Roberta Armaniと
gri_flyteamMilan_2013.jpg
リモコンヘリを飛ばしに
gri_GiambattistaValli20130122.jpg
Giambattista Valli(パリ)
 
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

‪ブルース・ウェバー‬のWeb Film:ヴィットリオ・グリゴーロの"The Bad Boy of Opera‬" feat. Vittorio Grigolo [その他]

トゥルーへの手紙 [DVD]
 面白いビデオがインターネットにアップされました。YouTubeをリンクしますが、vimeoでも見られます。
 写真家のブルース・ウェバー Bruce WeberのWeb Filmにグリゴーロ登場、プロが作成したフィルムです。ブルース・ウェバーはファッション雑誌の写真家として有名で、このフィルムも雑誌 VANITY FAIR イタリアが関係しているようです。
 そして、左の写真のように映画「トゥルーへの手紙」の写真家なんですね。数年前にwowowで見ました......

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

グリゴーロはローマでレコーディング中......フェデラーはテニス=ローマ大会で試合中 ☆ チューリッヒ歌劇場「ポリウート」 [その他]

 ロンドン、コヴェントガーデンの「リゴレット」が4月21日に終わり、アメリカに飛んで、4月23日ニューヨーク4月30日ロサンゼルス5月7日再びニューヨークのイヴェントに出演.....その後、6月5日からベルリンを皮切りに、ミュンヘン、ケルンと回るドイツ国内ツァーまで、バカンスかと思いましたが、ローマで3枚目のニューアルバムの録音中のようです。今まではパルマでしたが、ローマということは、もしかしてポペラかな......
 折しも、ロジャー・フェデラーはテニス=ローマ大会に出場でローマに滞在中....で右の写真のように、一緒にご飯食べようよ....ということになったようです。グリゴーロは7才でテニスをはじめて、その気で訓練すればテニス選手になれると言われた腕前だそうです。 詳細は、過去記事「スポーツとオペラ:テノールのフェデラー...ヴィットリオ・グリゴーロ」をどうぞ。.
.
 チューリッヒ歌劇場のシーズン発表では、この時期、グリゴーロはドニゼッティの「ポリウート」に出演予定でしたが、いつの間にかキャンセルしていました。理由は何も言われてませんが、直前のROH「リゴレット」との間が詰まり過ぎだし、5月6〜6月9日までと長期間の公演だし、無理ではないか...とは思っていましたが、めずらしいオペラですし、ちょっと残念でした.....でも、「グリゴーロは出てないし、すごくたいくつなオペラだった......」というレポートを見て、劇場がアップした紹介ビデオ「POLIUTO - DONIZETTI」を見てみましたが.......演出もグリゴーロ向きではないし、音楽もぜんぜんピンと来ない...キャンセルして正解だったかも知れないな....と思いました。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「ロメオとジュリエット」の合間にパフォーミングアーツ専門学校でレクチャー [その他]

 ヴィットリオ・グリゴーロは、舞台の合間に"Ramon C. Cortines School of Visual and Performing Arts"を訪問して、合唱のレクチャー.........下の真ん中の写真を見ると、絵を書いて説明していますが、何の絵なんでしょう?? グリゴーロは、合唱の指導は、得意のはずですね。LAオペラは、学生をリハーサルに招待したり、歌手を派遣したり.......こういうことも若手の育成とか集客につながるということだと思います。

*LA Opera作成: Cortines School of Visual and Performing Arts College and Counseling Cornerで撮影
その他の写真はこちら
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「ヴィットリオ・グリゴーロとサルヴァトーレ・リチートラ」思い出の写真 [その他]

 ヴィットリオ・グリゴーロは、18日からはじまるROHの「ファウスト」のリハーサル中で、ロンドンに滞在中ですが、リチートラ(1968.8.10 - 2011.9.5)との「思い出の写真」とお悔やみの言葉をfacebookにアップしました。年齢も違うし、おなじテノールなので、公演での接点はなかったと思いますが、イタリア人同士の先輩・同僚として、やはり知り合いなんですね。写真に説明がないのですが、わりと最近のものだと思います。左の人は誰でしょう....どこかで見たことがあるような.....


 第1ブログのサルヴァトーレ・リチートラの訃報でも書きましたが、9月5日に脳死宣告され、家族の同意によって臓器提供され、すでに三人に移植されました。肝臓は53才の患者に、左の腎臓は57才の患者に、右の腎臓は37の患者に移植され、角膜は、パレルモのアイバンクに提供されました。詳細はこちら。肺と心臓は、移植できる状態ではなかったそうです。リチートラの遺体は、カターニアのテアトロ・ベッリーニのロビーに安置され、最後のお別れのため6日と7日に一般に開放されます。その後、ミラノ近郊のVedano Al Lambroの家族のもとに移送され、8日の木曜日に告別式が行われるそうです。

関連記事:
ニューヨーク・タイムズにヴィットリオ・グリゴーロの(センセーショナルな)紹介記事(2010.10.14)
今後の有力テノール(ビリャソン、フローレス、カウフマン、リチートラ、グリゴーロ)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

雑誌 l'operaの"OPERA AWARD 2011"の各部門の優勝者発表(2011.7.28) [その他]

 2011年2月から3月末まで、読者投票も行われその結果もふまえて専門家による選考の結果が、7/8月号で発表されました。各部門3名(公演)づつノミネートされた中からの最優秀賞(赤で表示)となります。
 歌手は、それぞれ誰が選ばれるのかちょっと予想できませんでした.....特にテノールは.....なにはともあれグリゴーロが選ばれて良かったです。過去には盛大な授賞式をやったようですが、今回はどうなんでしょうか。

オペラ公演部門
スカラ座《ルル》
ペーザロ音楽祭《シジズモンド》
フェニーチェ《ドン・ジョヴァンニ》

演出部門
ROBERT LEPAGE:メト《ラインの黄金》、エクサンプロヴァンス音楽祭《Rossignol》
DAMIANO MICHIELETTO:ペーザロ音楽祭《シジズモンド》、フェニーチェ《ドン・ジョヴァンニ》
DAVID McVICAR:ROHとバレンシア共同制作の《アイーダ》

舞台美術部門
PAOLO FANTIN: ペーザロ音楽祭《シジズモンド》、フェニーチェ《ドン・ジョヴァンニ》
CARL FILLION :メト《ラインの黄金》、エクサンプロヴァンス音楽祭《Rossignol》
JEAN-MARC PUISSANT:ROHとバレンシア共同制作の《アイーダ》

衣装部門
MARA GOTTLER:エクサンプロヴァンス音楽祭《Rossignol》
MORITZ JUNGE :ROHとバレンシア共同制作の《アイーダ》
CARLA TETI :ペーザロ音楽祭《シジズモンド》、フェニーチェ《ドン・ジョヴァンニ》

指揮者部門
DANIEL BARENBOIM:スカラの《ワルキューレ》
MICHELE MARIOTTI :スカラとパレルモ大劇場の《セビリアの理髪師》
ANTONIO PAPPANO: ROHの《マノン》とサンタ・チェチリアの《ウィリアム・テル》

ソプラノ部門
MARIELLA DEVIA :《マリア・ストゥアルダ》ナポリ・サンカルロ劇場と Teatri del Circuito Emiliano
ANNA NETREBKO:ROHの《マノン》、メトの《ホフマン物語》
NINNA STEMME:スカラの《ワルキューレ》

テノール部門
JONAS KAUFMANN :バスティーユの《ウェルテル》 バイロイト音楽祭の《ローエングリン》
VITTORIO GRIGOLO: ROHの《マノン》
JUAN DIEGO FLOREZ:ガルニエの《湖上の女》

メゾソプラノ部門
DANIELA BARCELLONA: ペーザロ・ロッシーニ音楽祭の《SIGISMONDO》、バレンシアの《アイーダ》
JOYCE DI DONATO :ガルニエの《湖上の女》、スカラ座の《セビリアの理髪師》
ELINA GARANCA :メトとバレンシアの《カルメン》

バリトン部門
GERALD FINLEY : サンタ・チェチリアの《ウィリアム・テル》
DMITRI HVOROSTOVSKY:アレーナ・ディ・ヴェローナ《トロヴァトーレ》
SIMON KEENLYSIDE:メトの《ハムレット》

バス部門
ILDEBRANDO D'ARCANGELO:ベルリン・ドイツ・オペラの《ドン・ジョヴァンニ》
ALEX ESPOSITO:スカラ、DOB、フェニーチェの《ドン・ジョヴァンニ》(Leporello)
ERWIN SCHROTT :スカラの《ドン・ジョヴァンニ》とザルツブルグ音楽祭の《ドン・ジョヴァンニ》(Leporello)

カウンターテノール部門
FRANCO FAGIOLI:マルティナ・フランカ音楽祭《Rodelinda》
PHILIPPE JAROUSSKY:マドリードの《ポッペアの戴冠》
LAWRENCE ZAZZO: ENOの《Radamisto》、シャンゼリゼ劇場《La calisto》

関連記事:OPERA AWARD 2011:雑誌 l'operaの読者投票 皆さんもクリックしてみませんか
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アルマーニ2012春夏メンズコレクションのショーにグリゴーロが.....(2011.6.19) [その他]

gri_armani_1.jpg グリゴーロ、ついにアルマーニのファッションショーに出ちゃったの.....と思いましたが、見に来ていただけでした、奥さん同伴で。ジョルジョ・アルマーニのファッションブランドの1つ、エンポリオ・アルマーニのファッションショー 'Emporio Armani Spring-Summer 2012' が,19日にミラノで開催され、そこにグリゴーロもいたというニュース記事"Front Row at Emporio Armani"が配信されています。

 『イギリス人俳優のオリヴァー・ジャクソン=コーエンOliver Jackson-Cohen、中国と香港のエンポリオの広告に起用されている日本ー台湾の俳優の金城武Takeshi Kaneshiro、そして、スカラ座でグノー作曲の「ロメオとジュリエット」に主演しているテノールのヴィットリオ・グリゴーロVittorio Grigoloもショーを見物した......』ということです。類似の記事や写真がネット上のあちこちにアップされていますが、こちらに写真がいろいろあります。右の写真はアルマーニ(1934.7.11)とグリゴーロ。

 そういえば、グリゴーロとアルマーニと言えば、インタビューにもありました。グリゴーロ自身は、自分は普通の体型....と言っていますが、スマートなだけでなく均整のとれた体格のオペラ歌手は、なかなかいませんから、インタビュアーもちょっと質問してみたくなるんでしょうね。

続きを読む(クリック)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アンジェラ・ゲオルギューのコンサートにお祝いのビデオ・メッセージ:ヨナス・カウフマンとヴィットリオ・グリゴーロ [その他]

 昨年末(2010.12.30)のアンジェラ・ゲオルギューのブカレストでのコンサート"Angela, te iubim!" で流された友人と仕事仲間たちのお祝いのビデオ・メッセージの部分がYouTubeにアップされています。ルーマニアのテレビ放送の録画だと思いますが、ヴィットリオ・グリゴーロとヨナス・カウフマンのメセージもありましたので、その部分だけもらって再アップしました。



 カウフマンは「チャオ アンジェラ、ヨナだよ.....6年前にロンドンで会ったときは、とても嬉しかった.....」とイタリア語です。メッセージでも言ってますが、ゲオルギューとのはじめての共演は、6年前の2004年ロンドンで「つばめ」、その後、2006年メト、2007年スカラ座で「椿姫」、2008年には「蝶々夫人」の録音、2009年は、アラブのアブダビでガラコン、ミュンヘンで「椿姫」、2010年は、ベルリンとロンドンでアドリアナ・ルクヴルールとかなり頻繁に共演しています。カウフマンが、大好きなイタオペで大劇場に出演できたのは、ゲオルギューのお陰......イタリアオペラが歌いたくてもドイツ人テノールということでドイツものしかオファーが来なかったそうですが、ゲオルギューが目を付けて相手役に選んでくれたお陰で、なかずとばすから抜け出すことができたとか.....なるほど、確かにそうですね。

 一方、ヴィットリオ・グリゴーロは、2007年ローマ歌劇場でゼッフィレッリの「椿姫」で共演、Popera活動で一年くらいオペラから離れていて、久々のオペラ登場でしたが、ゲオルギューの相手役でプレミエ歌手、パパジェルモンはブルゾンでしたので、いろいろ話題になりました。今年の9月にはROHの《ファウスト》で共演の予定です。「カーラ アンジェラ、コンサートに参加したかった....あなたは素晴らしいアーティストで最高の演奏家です。一緒に歌った時、聞き惚れたことを思い出します。残念ながらあなたとそこにいることができない、僕はマノンでバレンシアにいるので。素晴らしいコンサートを心からお祈りします[黒ハート]」と言っているように後ろに見える建物は、バレンシアのホールですね。

 こうしてみるとゲオルギューって「あげまん」じゃないですか......アラーニャの場合も、いろいろありますが、やっぱり「あげまん」。ネトレプコは、ビリャソンつぶしちゃったし、シュロットもね......ネトレプコの旦那としか言われなくなったような....「さげまん」でしょうね。

その他、メトのピーター・ゲルブ、アンドレア・ボチェッリ、ホセ・カレーラス、ジェームス・ヴァレンティ、ヴァージニア・ゼアニ、ウィーン国立歌劇場のドミニク・メイエール、プラシド・ドミンゴ、パヴァロッティの2番目の奥さんのニコレッタ・マントヴァーニと娘のアリーチェ(大きくなってます)のメッセージもあります。全体は→http://youtu.be/6BVgNFG3c3g

関連記事:
《椿姫》アルフレード:ゲオルギュー+ブルゾン 
ヴィットリオ・グリゴーロとヨナス・カウフマン比較記事 ☆ ついでにゲオルギューとカウフマン

メモ:
アンジェラ・ゲオルギュー Angela Gheorghiu(1965.09.07- ルーマニア)
ロベルト・アラーニャ Roberto Alagna (1963.06.07- フランス )
ヨナス・カウフマン Jonas Kaufmann (1969.7.10-ドイツ)
ヴィットリオ・グリゴーロ Vittorio Grigolo (1977.2.19 - イタリア)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

OPERA AWARD 2011:雑誌 l'operaの読者投票 皆さんもクリックしてみませんか [その他]

 イタリアのオペラ雑誌が、2010年のオペラに関する各賞の受賞者を選んで春に授賞式を行うそうです。演出家、指揮者、歌手等各部門、専門家によって3名づつがノミネートされています。今現在、ネットでも読者投票が行われていますので、皆さんも投票してみてはいかがですか。
 3名から1名選ぶのは、迷いますが、この私のブログで"OPERA AWARD 2011"を取り上げるのは、もちろんテノール部門で、ヴィットリオ・グリゴーロがノミネートされているからです。

続きを読む(クリック)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

NPRの"Top10 Classical albums of 2010"からオペラ歌手のCD ☆YouTube 事実上時間制限無しに! [その他]

 明けましておめでとうございます。イタリアヤフーで偶然見つけた「猫がウサギに変身」する動画を拝借して新年のご挨拶状を作りました。猫好きには特にお勧めの動画です。どうぞ→謹賀新年 - うさぎ猫

 さて、本題、アメリカの公共放送局NPR(National Public Radio)が選んだ「2010年クラシックアルバムベスト10」にヴィットリオ・グリゴーロの'The Italian Tenor'が選ばれました。その他オペラ歌手のアルバムは、ソンドラ・ラドヴァノフスキー Sondra Radvanovskyの'Verdi Arias'とジョイス・ディドナートJoyce DiDonatoの'Colbran, The Muse' 。
sondra.jpggri_cover.jpgdidonato.jpg
D'amor sull' ali rosee(Il Trovatore) - Torna ai felici di'(Le Villi) - D'Amor al dolce impero (Armida)

 「2010年は二人の前途有望なオペラ歌手、ラドヴァノフスキーとグリゴーロのデビューCDがリリースされた。アメリカ人ソプラノのラドヴァノフスキーは、テバルディ・タイプのリリコスピント、イタリア人テノールのグリゴーロのデビューアルバムは、次のパヴァロッティの出現を待つ人たちに希望を与える.....彼の声は、パヴァロッティの"ping"がある....」ということだそうです。上の写真をクリックすると3人のアリアにリンクしています。

★YouTubeについて

続きを読む(クリック)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アンジェラ・ゲオルギュー 両手にアルフレード(Vittorio Grigolo & James Valenti ) [その他]

 アンジェラ・ゲオルギューのウェブサイトにこんな写真が......アンジェラ姉さん両手に花といいますか、両手に若いテノール君でご満悦。"With Vittorio Grigolo and James Valenti after the performance of Manon, ROH "と注釈が付いています。

 この写真は、7月8日からはじまる《椿姫》のヴィオレッタ&アルフレードのカップルが、《マノン》終了後のヴィットリオ・グリゴーロの楽屋を訪問したようです。グリゴーロは、まだ衣装のままですね。この三人、実は知らない仲ではないんです......グリゴーロは、ゲオルギューとは2006年プロムスのコンサートで出会ってますし、2007年ローマでゼッフィレッリ演出の《椿姫》でも共演、ジェイムズ・ヴァレンティとは2004年にジェノヴァ(カルロ・フェリーチェ)の《キャンディード》で共演しているんです。

続きを読む(クリック)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ドミンゴのインタビュー(2010.5.27:テアトロ・コロン新装オープン等) ついでに今後の有望テノールについても... [その他]

  全然知りませんでしたが、アルゼンチン、ブエノスアイレスのテアトロ・コロンが老朽化のため2006年10月から1億ドル(約90億円)をかけて行った約3年半の改修工事を終えて再オープン、5月24日にはオープン前夜祭で、約2700人が招待され、一般市民は劇場の外壁に映し出されたオペラ「ラ・ボエーム」やバレエ「白鳥の湖」などの映像を楽しんだそうです。
 どういう基準かは分かりませんが、「世界三大劇場」と言う場合には、パリのオペラ座、ミラノ・スカラ座、ブエノスアイレスのコロン劇場と言うらしい........

続きを読む(クリック)


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽