So-net無料ブログ作成
検索選択

グリゴーロの "Roméo et Juliette" 公演記録....スカラ座(2011年6月) LA Opera(2011年11月)Arena di Verona (2014年8〜9月) [グノー:ロメオとジュリエット]

 グリゴーロのロメオ、どれも好評でしたが、LA Operaの放送があっただけで、あとは写真とか短いビデオクリップだけ、今度のメトの公演のHD上映は、非常に嬉しいことです。
 5年前のスカラ座の公演は、なんと77年ぶりの公演だったのですが、見た目もロメオとジュリエットということも評判でしたし、同じ年のLA Operaも総裁のプラシド・ドミンゴが、ふさわしい歌手が現れるのを待っていた....と言っているように同じカップルでした。スカラ座のバートレット・シェールの演出は、2008年ザルツブルグのものでビリャソンとマチャイゼ(ネトレプコ妊娠降板)、LAオペラは、2005年の再演で、初演は、ビリャソンとネトレプコのカップルでした。
 今度のメトは、グリゴーロとダムラウのカップル、年齢的にはぐっと上がりますが、「僕たちは相性がいいのでマノン同様に素晴らしいロメオとジュリエットになるよ...」と言っています。ダムラウは、ロールデビューだそうです。

☆ミラノ・スカラ座 :2011年6月6〜23日 (6公演
☆LAopera :2011年11月6〜26日 (6公演)
☆Arena di Verona:2014年8月23〜9月6日 (3公演)

☆メト:2016年12月31/1月4,7,10,14,17,21(HD),25,28 (9公演)

youtubeにアップされている動画をいろいろ拾ってみました。
◎ロメオとジュリエット、出会いの二重唱 (2011年6月スカラ座の公演、膝上録画)


◎ロメオとジュリエット、出会いの二重唱 (2011年11月 LA Opera 写真+録音)


◎アリア "Ah, leve-toi soleil ああ、太陽よ昇れ"  (2011年6月スカラ座、バックステージからの録画)


◎アリア "Ah, leve-toi soleil ああ、太陽よ昇れ" (2011年6月スカラ座、写真と膝上録音)


◎バルコニーシーン 二重唱 一部 "O Nuit Divine! " (2011年6月スカラ座、膝上録画)


◎結婚式の場面 (2011年6月スカラ座の公演、膝上録画)


◎婚礼の夜のデュエット Nuit d'hyménée... (2011年11月 LA Opera 写真+録音)


◎キャピュレット家の霊廟 "Salut! tombeau!" (2011年11月 LA Opera 写真+録音)


関連記事:
◎2011年6月ミラノ・スカラ座
スカラ座で77年ぶりにグノーの「ロメオとジュリエットRoméo et Juliette」2011.6.6〜23
若者トリオ Machaidze e Grigolo,Nezet-Sequinの"Romeo et Juliette"はじまる☆レビュー

◎2011年11月 LA Opera 2005年(ビリャソン&ネトレプコ)の再演
LAオペラ「ロメオとジュリエット」リハーサル中:ヴィットリオ・グリゴーロに10 Questions
LAオペラ「ロメオとジュリエット」Video Clip
Classical KUSCでライブ放送 (日本時間:10日お昼12:30
LAオペラ「ロメオとジュリエットの舞台裏」☆ デュエット"Ange adorable"
LAオペラ「ロメオとジュリエット」レビューいろいろ

◎2014年8〜9月 ヴェローナ野外劇場
Arena di Verona:ロメオとジュリエット(2014.8.23,28/9.6) ☆ インタビュー ☆ 舞台写真 ☆ レビュー ☆ ビデオ:ジュリエットを抱いて走るロメオ

トレーラーとかメイキングのビデオ
・2011年6月スカラ座


・2011年6月スカラ座 インタビュー


・LA Opera 2011年11月


・LA Opera 2011年11月


・Arena di Verona 2014年8〜9月


・2016年12月31日〜 メト


メモ:
Diana Damrau (1971.5.31 - )
Anna Netrebko (1971.9.18 - )
Nino Machaidze (1983.3.8 - )
Lana Kos (1984.9.25 - )
Rolando Villazón (1972.2.22 - )
Vittorio Grigolo (1977.2.19 - )

nice!(0)  コメント(14)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

グリゴーロ君のカラオケ初体験...... [その他]

 グリゴーロのインスタグラムfacebookにグリゴーロのカラオケ初体験のビデオクリップがアップされました。難しいなんて言ってますが、オペラ歌手には、機械的な伴奏に合わせるってのは初体験ってことなんでしょうね。下の画像をクリックするとビデオにリンクしています。



 ロンドンの「ホフマン物語」の合間にでも行ったのかしら。
 グリゴーロは自分のアルバムの曲がカラオケのCDで発売されているの知ってるのかなぁ....このCDけっこう昔からあるんですけどグリゴーロもパトリツィオ・ブアンネも歌ってないのに....タイトルに使っていいのかなぁ.....






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

"Rigoletto a Mantova (2010)" DVD発売(2016.11.22) [CD/DVD/映画]

 2010年マントヴァで撮影された「再現リゴレット」のDVDがリリースされました。といっても再現三作品 Tosca (Roma,1992) La Traviata (Parigi, 2000) Rigoletto (Mantova, 2010)のセット販売です。私は、さっさとドイツ・アマゾンで予約しましたので、昨日、届きました。
 はい、こんなかんじ。

rigoletto_mantova7.JPG

 詳しくは第一ブログの記事「News! 再現3作品のDVD発売: Tosca (Roma,1992) La Traviata (Parigi, 2000) Rigoletto (Mantova, 2010)」をどうぞ。
 全作品、すでにテレビで放送されていますし、残念ながら日本語字幕だけいつも通りはずされていますが、ボーナス・ディスクがついていて、メイキングが収録されているのに価値があるかな.....

 ドミンゴがリゴレットを歌ったとか、ライモンディのスパラフチレも話題でしたが、公爵のヴィットリオ・グリゴーロ(Vittorio Grigolo 1977.2.17)、ジルダのユリア・ノヴィコヴァ(Julia Novikova 1983 -)、マッダレーナのニーノ・スルグラーゼ (Nino Surguladze1977.10.12)の若い三人がいい.....リブレットの写真をどうぞ。
rigoletto_mantova1.jpg

rigoletto_mantova2.jpg

 リブレットには撮影場所の建物とか絵画とかの紹介等がイタリア語と英語で書かれています。

関連記事:[リゴレットa Mantova]



nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

雑誌 Opera News (2016.12月号 Vol. 81, No. 6):VITTORIO GRIGOLO: THE MET'S NEW ROMÉO [インタビュー&記事]

gri_operanews201612_7.jpg ただ今、ロンドンで「ホフマン物語」の真っ最中。12月はニューヨークで「ロメオとジュリエット」、プレミエは大晦日の31日ですが、11月末か12月早々にはリハーサルのためニューヨークに移動ですね。
 ネット上でも来年のHD上映の宣伝が目に付きますが、NEW ROMÉOとして、グリゴーロが、メトの関連雑誌 "Opera News" の12月号の表紙を飾っています。記事の内容はオペラのことですが、グリゴーロが、アルマーニ、フェラガモ、グッチとかブルックス ブラザーズ をかっこよく着こなした写真がレイアウトされていて、まるでファッション誌のようです。ベージュの上着はCarusoというブランドでグリゴーロのデザインって書いてありますよ。そういえば、Caruso は、俳優のGiancarlo Giannini を起用して宣伝用のビデオを制作していますが、グリゴーロもビデオに出たみたい....まだ公開されていませんが。

Bravura Style

 グリゴーロのファンとしては、目新しくはないのですが、今後の予定として、「トスカ」とか「仮面舞踏会」を歌うと言っています。
 また、バーンスタインの素晴らしいオペラ・ミュージック "West Side Story" をメトでやりたいので、ゲルプに話してみるって言っています。スカラ座では「ウェストサイド・ストーリー」を上演していますが、メトではやったことがないようです。メトではオペラとミュージカルの厳格な壁があるってことなんでしょうか。グリゴーロのトニー役が実現すれば、素晴らしいですね....レナード・バーンスタイン (Leonard Bernstein、1918.8.25 - 1990.10.14)生誕とか没後何周年記念とか有りかも知れませんよ。

gri_operanews201612_5.jpg

gri_operanews201612_4.jpggri_operanews201612_3.jpggri_operanews201612_1.jpg

gri_operanews201612_2.jpg


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BBC Radio2 "Graham Norton"の番組にゲスト出演 (2016.11.12 ) 1ヶ月間オンデマンド [イベント、TV、ラジオ]

◎1ヶ月間オンデマンドで聞けます。グリゴーロは1:34くらいからです。下の方にゲストのクリップがあって、そこから各ゲストの放送が聞けるようになっていますが、今のところ私のは動作しません。全体のは聞くことができます。
 それにしてもあちらの放送局は親切、NHKは、なぜこういうことができないのかしら。番組の中で流された曲も別に聞けるようになっています。グリゴーロは、La Bohème, Act I: Che gelida manina とManon Lescaut, Act I: Donna non vidi mai。
gri_Graham Norton2016_2.jpggri_Graham Norton2016_3.jpg

 グリゴーロにとっては、クラシックじゃない番組に出ることに意味があるんでしょうね。

☆グリゴーロのおしゃべりの部分だけ:Vittorio Grigòlo / Opera star Vittorio chats to Graham about The Royal Opera's 'The Tales of Hoffman'.

☆番組全体:Graham Norton:With Vittorio Grigòlo, James Newton Howard and Aaron Staton
(2016.11.13)


 2016年11月12日現地時間午前10:00(日本時間午後7時)からのBBC Radio2の番組に出演。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

グリゴーロとテニス (2016.11.10) [その他]

gri_insta201611Wimbledon.jpgグリゴーロのインスタグラムに「ウィンブルドンのテニスコートでテニスをしたヨ」と、写真が掲載されました。
 グリゴーロは7才でテニスをはじめて、その気で訓練すればテニス選手になれると言われた腕前だとか。
 指揮者のエヴェリーノ・ピドは、18歳以下全イタリアテニス選手権の準優勝者だったそうです。

 オペラ歌手のテニス好きとしては、ファン・ディエゴ・フィローレスも有名です。2015年3月、メトでグリゴーロは「マノン」、フローレスは「湖上の女」に出演中、公演の合間に、下の写真のようにテニスを楽しんだようです。


☆今までの「テニス」関連の写真と記事

gri_florez2015.jpg
フローレスと

フェデラーと
ローマのレストランで



Roger Federer と Vittorio Grigolo
Novak Djokovic と Vittorio Grigolo

Nicola Pietrangeli と Vittorio Grigolo

gri_Gulbis_vienna.jpg

関連記事:
メト公演の合間にテニス:グリゴーロとフローレス

スポーツとオペラ:テノールのフェデラー...ヴィットリオ・グリゴーロ(2010.7.6記事)☆ エルネスツ・ガルビスと...(2013.5)

グリゴーロはローマでレコーディング中......フェデラーはテニス=ローマ大会で試合中

ROH"ファウスト" リハーサル中のインタビュー:オペラは、ボクシングやフォーミュラ・ワンのように危険なもの

ヴィットリオ.グリゴーロのインタビュー(2011.1.24) グラディエーターと同じ....最後に観衆が親指を立てるか、下げるか...

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Sunday Times Driving グリゴーロのインタビュー記事(2016.11.7) [インタビュー&記事]

 いよいよROH「ホフマン物語」初日です。昨日(2016.11.6)The Sunday Times (The Timesの日曜版)のDrivingの記事を紹介しましたが、また今日も同様の記事が掲載されました。グリゴーロの写真が追加されて、見出しがちょっと長くなっているだけで、内容は同じです...よね。
Me and My Motor: Vittorio Grigolo, the tenor singer who almost made it to F1
    Published 07 November 2016 By Emma Smith
gri_2016sundaytimes2.jpg

gri_2016sundaytimes1.jpg この記事にも書いてありますが、グリゴーロはオペラ歌手兼レーサー (ColoniチームのF.3000のレーサー)だった時期があります。しかし、事故で、肋骨を傷めた時に、どちらかの道を選ばなければならないと判断して、レーシングカーを売り払って歌手の道に専念するを決心したそうです。今でもスピード狂で車好きであることは変わりなく、車の話になると止まらなくなるようです。エコノミスト(2014.8.5)のインタビューでも、「インディアナポリス500とル・マン24時間レースに出たい....」なんて言っています。写真の車は、グリゴーロの "My dream car Ferrari LaFerrari"

車のことをお喋りしているインタビュー:
ドイツ・ハノーファ の雑誌 "Nobilis" インタビュー記事 "Hannover- Debüt" (2013年11月号)
オペラは、ボクシングやフォーミュラ・ワンのように危険なもの
Q&A: Vittorio Grigolo / Arias and graces エコノミスト(2014.8.5)
2足のわらじ....ほんもののテノール歌手ヴィットリオ・グリゴーロ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽