So-net無料ブログ作成
検索選択

Royal Opera House 2012-2013シーズン発表(2012.3.14) ☆Live Cinemaの予定も [今後のスケジュール追加・変更]

◎ROHから「つばめ」のキャストチェンジの発表がありました。グリゴーロは出ません....多分ヴェローナ音楽祭Gala Verdiと重なったためなんでしょう。
 もう一つROHのマラソン「ボエーム」もキャストチェンジの発表....2013年3月はグリゴーロ&フリットリのはずでしたが、フリットリがキャンセル、ミミは、ロシアのお姉さんヒブラ・ゲルズマーワ Hibla Gerzmava(1970.1.6-)になっちゃいました。フリットリのキャンセルの理由は、最近気づきましたが、メトの「ドン・カルロ」に出演することにしたためでだったんですね。2月のシーズン発表では、エリザベッタは、ラドヴァノフスキーでしたが、突然5月末に代わっちゃったようです。そりゃ、たった2回のROHの公演より、7公演もある「ドン・カルロ」に乗り換えるでしょうね。フリットリは最近メト出演が多いですし…それにしてもシーズン発表って当てになりませんね。(2012.12.25追記)

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   

ヨーロッパの各劇場が次々来シーズンの発表をしています。グリゴーロは、コヴェントガーデンには、今シーズンに引き続き、来シーズンも連続での登場となります。「ボエーム」と「つばめ」、「つばめ」はロールデビューです。インタビューで、チューリッヒからロンドンのチェルシーに住まいを移した...と言うことは、ロンドンでの舞台のためのようですが、今後も継続的にロンドンに出演の可能性があるんでしょうか。
 ところで「つばめ」は、2002年のプレミエ、2004年の再演共にマグダはゲオルギュー、ルッジェーロは、2001年アラーニャ、2004年カウフマン....で2013年グリゴーロ....多分これでゲオルギューのマグダは最後でしょうね。

 来シーズンからカスパー・ホルテンがROHの新ディレクターだそうですが、歌手に関しては、人気歌手、ベテラン歌手、若手注目歌手...と充実のラインナップでそれほど変化がないようです。今までの契約を引き継いでいるのだと思いますが.....チューリッヒ歌劇場の場合は、かなり変化が有り、たとえば指揮者28人中そのまま継続はたったの二人というようなこともあったりしますので。
 それにしてもドミンゴのバリトンロールは、もうどうにも止らない....今度はナブッコです。レオ・ヌッチとダブルキャストですが "Live Cinema"にも登場、さすがにライヴは避けているようですが.....

Royal Opera House 2012-2013シーズン:
*キャスト詳細→ 2012/13 season announced
 ★新演出 6/41公演、★再演 12/88公演
 ★LiveCinema:5演目(日程は赤字で表示)

続きを読む(クリック)


‪ブルース・ウェバー‬のWeb Film:ヴィットリオ・グリゴーロの"The Bad Boy of Opera‬" feat. Vittorio Grigolo [その他]

トゥルーへの手紙 [DVD]
 面白いビデオがインターネットにアップされました。YouTubeをリンクしますが、vimeoでも見られます。
 写真家のブルース・ウェバー Bruce WeberのWeb Filmにグリゴーロ登場、プロが作成したフィルムです。ブルース・ウェバーはファッション雑誌の写真家として有名で、このフィルムも雑誌 VANITY FAIR イタリアが関係しているようです。
 そして、左の写真のように映画「トゥルーへの手紙」の写真家なんですね。数年前にwowowで見ました......

バイエルン「ボエーム」(2012.12.6〜14)  ☆ アーティスト・トーク(2012.12.7) [ボエーム La Bohème]

La bohème:バイエルン国立歌劇場2012年12月6.11.14日全3公演
Musikalische Leitung Paolo Carignani
Inszenierung Otto Schenk
Bühne und Kostüme Rudolf Heinrich
Chöre Stellario Fagone
BESETZUNG
Mimì Ana María Martínez
Musetta Anna Virovlansky
Rodolfo, Dichter Vittorio Grigòlo
Marcello, Maler Levente Molnár
Schaunard, Musiker Simone Del Savio
Colline, Philosoph Goran Jurić
Parpignol, ein Händler Joshua Stewart
Benoît, Hausherr Alfred Kuhn
Alcindoro, Staatsrat Tareq Nazmi
Bayerisches Staatsorchester
Chor der Bayerischen Staatsoper
Kinderchor der Bayerischen Staatsoper
 このところロドルフォばっかりですが、毎回情熱的に全力投球で歌っているようです。バイエルンには、2009年に急な代役でグルベローヴァの「ルクレツィア・ボルジア」に出演、2010年12月にはバイエルン国立歌劇場パリ出張公演のボエーム(コンサート形式)に出演、この時も、元々はジョセフ・カレヤが出る予定でしたので、今回が、正式な劇場デビューということなんでしょうか.....ミュンヘンの観客にも受け入れられ好調、レビューでもグリゴーロのロドルフォは好評です。
◎crescendo:Zum Weinen schön/Vittorio Grigolo singt Rodolfo an der Bayerischen Staatsoper.
◎neue-merker:MÜNCHEN, Bayerische Staatsoper, Giacomo Puccini, “LA BOHÈME”



★2012年12月7日:
Künstlergespräch mit Vittorio Grigolo/Bayerische Staatsoper(アーティストトーク:ヴィットリオ・グリゴーロ)

関連記事:
シャンゼリゼ劇場《ボエーム》の写真とレポート
Gastspiel: La bohème ミュンヘンからパリのシャンゼリゼ....一日だけの出張公演
グルベローヴァの《ルクレツィア・ボルジア》に急な代役:グリゴーロのジェンナーロ