So-net無料ブログ作成

雑誌「ルオーモ・ヴォーグ L'Uomo Vogue イタリア版」2012年11月号にグリゴーロの記事 [インタビュー&記事]

 雑誌「ヴォーグ」のイタリア版男性モード情報誌 "L'Uomo Vogue" に写真と記事が掲載されました。ネットで全文読めます。"Vittorio Grigolo"

 私には目新しくない、ほとんど経歴の紹介ですが、18才で、はじめてオペラの舞台、「イタリアのトルコ人」のナルチーゾ役で立った時、どうしていいか分からないし足は震えるし、今でも忘れられない....なんて話しもしています。

「ヴォーグ」関連記事:
VogueイタリアのConvivio 2012:ヴィットリオ・グリゴーロのサプライズ・プレゼント
ファッション誌 "Vogue" (2011.10 US版) 囲み記事 "Pitch Perfect"
VOGUE ITALIA 5月号(2011.5.6 発売):"Il moderno in scena" Vittorio Grigolo
ヴォーグ"Opera’s Rising Star: Vittorio Grigolo”

メモ:音楽・オペラ以外の雑誌の記事
雑誌 Vanity Fair (イタリア) 2005年と2007年
schweizer_illustrierte(スイス画報)2008.10.27"駅の伊達男 ヴィットリオ・グリゴーロ"
シカゴのイタリア系アメリカ人向け季刊誌 "AMICI Journal" Vittorio Grigolo の独占インタビュー
AMICI Journal" 2010夏号 カバーストーリー Vittorio Grigolo
ヴォーグ(2010.11)"Opera’s Rising Star: Vittorio Grigolo
"Preferred"カナダの雑誌(2011年1月発行)
VOGUE ITALIA 5月号(2011.5.6 発売):"Il moderno in scena" Vittorio Grigolo
Corriere della Seraの男性誌 "STYLE" 9月号
ファッション誌 "Vogue" (2011.10 US版) 囲み記事 "Pitch Perfect"
雑誌「ルオーモ・ヴォーグ L'Uomo Vogue イタリア版」2012年11月号にグリゴーロの記事

 私が発見できたものだけですので、他にもあるかもしれません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ミラノ・スカラ座 ドゥダメル指揮「リゴレット」(2012.11.6〜17) 公爵はグリゴーロ ☆ レビューと舞台写真 [リゴレット]

 舞台写真とレビュー、スカラ座のサイトにも数枚舞台写真が掲載されていますが、小さ過ぎなので、転載しませんが.....これでzoomって.....サービス悪!
 初日を見た方のレポートによれば、「いつもより緊張しているようだった.....」とのことですが、グリゴーロ自身も、facebookで、「スカラ座のプレミエは特別....頑張るぞ!」みたいなことをコメントしています。

レビュー:
☆GBOpera:Milano, Teatro alla Scala: “Rigoletto”/novembre 10, 2012
/Andrea Dellabianca

 ヴィットリオ・グリゴーロは、豊かな声を持ち、しかもすばらしく人を惹きつける力を持った美しい公爵だ。非常にのびのびと自然に「女心の唄」を歌い、的確な高音で幸福に浸らせてくれる(非常に美しいSiで締めくくる).....
☆OperaClick:Milano - Teatro alla Scala: Rigoletto/Ugo Malasoma
 公爵の役は、とりわけ声を持っていなければならないが、ヴィットリオ・グリゴーロはそれを持っているししかも美しい。彼の公爵は、外向的で、ちょっと"モノクロ"な人物だ......
(2012.11.13追記)
☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 

◎以下2012.11.06記載
 グリゴーロは、「ボエーム」に続き、11月6日から「リゴレット」で、ミラノ・スカラ座に再びおめみえです。今公演の「リゴレット」は、新演出のはずが、Luc Bondyの辞退で今までのGilbert Defloの旧演出に逆戻り.....ジルダもニーノ・マチャイゼが早々と辞退してエレーナ・モシュクに.....

 本日初日ですが、雑誌l'operaのサイトに写真が掲載されましたので、グリゴーロのだけもらってきました......(おやBキャストの公爵が、Stefan PopからPiero Prettiに変更になっていますよ).....

 ケテワン・ケモクリーゼ(右写真)、1982年グルジア生まれの美人メゾソプラノがマッダレーナなんですけど、マッダレーナって、けっこう年配のメゾさんがやることが多いので、若くて美人ってめずらしい。

Rigoletto :
Produzione Teatro alla Scala
2012.11.6〜17

Direttore:Gustavo Dudamel
Regia:Gilbert Deflo
Scene: Ezio Frigerio
Costumi:Franca Squarciapino
キャスト
Il Duca di Mantova:Vittorio Grigolo (6, 10, 13, 17)/ Piero Pretti (8, 11, 15)
Rigoletto :George Gagnidze (6, 10, 13, 17)/ Zeljko Lucic
Gilda:Elena Mosuc (6, 10, 13, 17) / Valentina Nafornită(8, 11, 15)
Sparafucile:Alexander Tsymbalyuk
Maddalena: Ketevan Kemoklidze
ORCHESTRA E CORO DEL TEATRO ALLA SCALA
Maestro del Coro BRUNO CASONI


 ヴィットリオ・グリゴーロの「マントヴァ公爵」デビューは、2005年9月ハンブルグでしたが、その後、Popera活動でオペラはちょっとお休み、それからオペラに専念宣言をしてから、2010年7月イスラエル・フィルと演奏会形式で、2010年9月には、マントヴァから世界に衛星中継され、ドミンゴのリゴレットで話題になった「再現リゴレット」2011年7月のオランジュ音楽祭2012年3月ロンドン・コヴェントガーデン、いずれも成功、話題になった公演ばかりです。そして、2012年11月ミラノ・スカラ座2013年4月NYメトと続きます。

関連記事:
リゴレット
《リゴレット》マントヴァ公爵(2005.9.30〜):ヴィットリオ・グリゴーロ旋風巻き起こる
イスラエル・フィル《リゴレット》演奏会形式(2010.7.22〜31)でマントヴァ公爵
オランジュ音楽祭リゴレット
ROHマクヴィカー演出ごきぶり「リゴレット」 (2012.3.30〜4.21)
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

スペインのアンダルシアで第一回プラシド・ドミンゴ音楽祭 (2012.10.25〜11.3) グリゴーロもオペラ・ガラに... [コンサート]

 26日のドミンゴ・フェスティバル・ガラコンサート、ソプラノのアナ・マリア・マルティネス Ana María Martínezは欠席、Michaëla Oeste とAngel Blueが代わりに歌いました。こちらのサイトにグリゴーロのアンコールの模様がアップされていましたので、埋め込ませていただきました。"TORERO, TORERO: ¡VIVA VITTORIO!"というタイトルのように、いつもながらの元気なグリゴーロです。



FESTIVAL PLÁCIDO DOMINGO/GALA DEL FESTIVAL PLÁCIDO DOMINGO (2012.10.26)
プログラム:
第一部
Rossini :Il barbiere di Siviglia obertura
Rossini :    ‘Una voce poco fa’
Donizetti : L’elisir d’amore ‘Una furtiva lagrima’
Donizetti :    ‘Chiedi all’aura lusinghiera’
Gounod : Faust ‘Kermesse vals’
Gounod : Romeo et Juliette ‘Ah, lève-toi, soleil’
Gounod:     ‘Va, je t’ai pardoné’


第2部
Granados : Goyescas intermezzo
Rodrigo: Concierto de Aranjuez
M.Torroba :Maravilla ‘Amor, vida de mi vida’
Chapí : Las hijas del Zebedeo ‘Carceleras’
M.Torroba :Luisa Fernanda ‘En mi tierra extremeña’’
Puccini : Tosca ‘E lucevan le stelle’
Catalani : La Wally ‘Ebben, ne andrò lontana’
Puccini : La bohéme ‘O soave fanciulla’
Plácido Domingo(指揮と歌),Eugene Kohn(指揮),Vittorio Grigolo(テノール),Michaëla Oeste(ソプラノ)
 Angel Blue(ソプラノ),Ángel Romero(ギター)

◎メモ:PLÁCIDO DOMINGO: MÁS QUE BRAVO, ¡BRAVÍSIMO!
    PLACIDAMENTE en el Cervantes
    El Festival Plácido Domingo en una Málaga letárgica(2012.11.3追加)
「....このコンサートの一番の勝者はグリゴーロだった。その熱意と親しみやすさと寛大さは、最初から聴衆の心をつかんだ。.....」
(2012.10.27追記)
☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 

◎以下2012.9.27記載
 10月25日から11月3日、スペインのアンダルシア(セビリアとかマラガ)で、Plácido Domingo Festivalが開催されることが、9月24日にドミンゴとIMGアーティストのBarrett Wissmanが発表しました。
 ヴィットリオ・グリゴーロも26日のオペラ・ガラに出演します。ドミンゴはこのガラの指揮と3公演行われるマスネの「タイス」に出演、バリトン役のアタナエルを歌います。音楽祭参加のアーティストはドミンゴの人脈とIMGおかかえのアーティストを揃えているようです。
 主な出演者は、歌手は、Vittorio Grigolo,Nino Machaidze,Danielle de Niese,Ana María Martínez ,Micaëla Oeste's,Angel Blue、ピアニストのJoaquín achúcarro ホアキン・アチューカロとIvo Pogorelich イーヴォ・ポゴレリチ、マラガ生まれのギタリストのÁngel Romero、ヴァイオリンのPinchas Zukerman ピンカス・ズーカーマン、チェリストのNina Kotova。

 IMGは、元々スポーツ・エージェントだったそうですが、今ではCAMIと並ぶ主要クラッシック・巨大エージェントで、オペラ歌手もたくさんかかえています。歌手もスポーツ選手並みの扱いみたいな感じがしなくもない.....なので、あちこちでフェスティヴァルを開催して稼いでいるわけですが、有名なのは、"Tuscan Sun Festival"、2003年頃からイタリア、コルトナではじまった有名アーティストが出演する音楽祭ですが、今ではカリフォルニアとかシンガポールとかでもやっているようです。ドミンゴとタッグを組んで、自分とこのアーティストを売り込もうということでしょう。
 全体のプログラムは、右の画像をクリックすると見られます。

◎ヴィットリオ・グリゴーロ出演のガラコンサート:Festival Gala
10月26日金曜日 21:00 -  マラガのTeatro Cervantes
Plácido Domingo, 指揮 / Ana María Martínez, ソプラノ / Vittorio Grigolo, テノール/ Ángel Romero, ギター/ Orquesta Filarmónica de Málaga
*このガラコンサート出演は、グリゴーロのHPでも発表されていますので、確定です。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽