So-net無料ブログ作成

メト2012-13シーズン「リゴレット」の合間にオペラ・ギルド主催の公開インタビュー (2012.4.17) [今後のスケジュール追加・変更]

‪ 2012-13シーズンのオペラ・ギルド主催の公開インタビューシリーズのプログラム」が発表されました。グリゴーロも「リゴレット」の公演(4月13, 16, 20, 24, 27日/5月1日)の合間、4月17日に、このイベントに出席予定です。このインタビューは、オペラ・ギルド発行の雑誌"Opera News"にも掲載されると思います。
 多忙につきブログ更新お休み中のMadokakipさんが「メトのopera guildのSingers' studioのイベントにグリゴーロ君が登場するようです!‬」と知らせて下さいました。ありがとうございます。

2012-13 Season Tickets Now On Sale!
OPERA NEWS presents
The Singers’ Studio: 
Candid and Casual Conversations
Matthew Polenzani (October 2, 2012)
Kate Royal (October 16, 2012)
Erwin Schrott (December 6, 2012)
Kristine Opolais and Giuseppe Filianoti (January 24, 2013)
Nathan and Julie Gunn (January 27, 2013)
Peter Mattei (February 19, 2013)
Eva-Maria Westbroek and Marcello Giordani (March 20, 2013)
Vittorio Grigolo (April 17, 2013)
Alice Coote (May 1, 2013)

(Vittorio Grigolo sings the Duke of Mantua this season in a new production of Rigoletto set in 1960's Las Vegas. Opera News Managing Editor Oussama Zahr joins Grigolo for a discussion of the tenor’s career)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

グリゴーロとゲオルギュー:ソウル 延世大学校(Yonsei University) 野外円形劇場で「ボエーム」(2012.8.28と9.1) ☆台風上陸で28日の公演は30日に延期 ☆ また雨で延期 9月1日と2日に...☆ 2公演とも無事終了 [ボエーム La Bohème]

◎KBS News のサイトに動画がありましたのでYouTubeにアップしました。Nanakoさん、情報ありがとうございます。(2012.9.19)

◎グリゴーロとゲオルギューのソウルでの初野外劇場での「ボエーム」、紆余曲折ありましたが、2公演とも無事終わりました。KoreaHeraldのレビュー"Outdoor opera ‘La Boheme’ a half success" のグリゴーロの部分の抜粋、"The 34-year-old tenor nicknamed “Little Pavarotti” earned an instant response from the Korean audience ― despite it being his first performance in Korea ― with his portrayal of the poor young poet Rodolfo, who is blinded by love.
Maybe he is everything that Korean audiences look for in an opera star: a witty, vivacious and energetic tenor."
 韓国の若い女性のレポート、写真もあります。「長崎カステラ」の意味がよくわかりませんけど.....オペラ初体験かな? 感激したそうです。他のキャストは誰だったんだろう...と思っていましたが、意外や意外、なんとムゼッタがラウラ・ジョルダーノだったとは.....もう何年も前のことですが、新国をドタキャンしたあのラウラちゃんですよ。記事はこちら「なめられた新国:再度ラウラ・ジョルダーノのキャンセルについて
미미(ミミ):안젤라 게오르규 (Angela Gheorghiu)
로돌프(ロドルフォ) : 비토리오 그리골로(Vittorio Grigolo)
마르첼로 (マルチェッロ): 마르코 카리아(Marco Caria)
무제타(ムゼッタ) : 라우라 죠르다노(Laura Giordano)
쇼나르(ショナール) : 토비 스테포드 알렌(Toby Stafford-Allen)
콜리네(コリーネ) : 비탈리 코발로프(Vitalij Kowalijow)
(2012.9.5追記)

◎悪い方、悪い方に転がって行ってます....一度ケチがつくとこんなもんでしょうか。本日30日は、残念ながらソウルは雨です。9月1日がプレミエ、2日に2回目の公演をすることになったそうです。(つまり、30日の公演は9月2日に延期、9月1日の公演はそのまま、要するに28日=30日のチケットを持っている人は9月2日ということです) 天気予報(右の画像)では、「晴れ時々雨」ですけど大丈夫かな.....グリゴーロとゲオルギュー、待ちくたびれて体調不良なんてことにならないように....(2012.8.30)

☆チケット販売不振のため4公演からグリゴーロ&ゲオルギュー組のみの公演に変更を余儀なくされたところに更なる追い打ち.....台風の影響で、28日の初日は30日木曜日に延期されました。9月1日は予定通り行う予定だそうです。Outdoor opera ‘La Boheme’ postponed due to typhoon
 下の写真(ゲオルギューが傘をさしている)のようにリハーサルも大雨の日もあったようです。ゲオルギューのfacebookにたくさん写真があります。
(2012.8.28追記)

 チョン・ミュンフン、ゲオルギュー、グリゴーロ、スタッフの皆さんすでに現地入りして、準備をすすめているようです。22日、水曜日には記者会見があり、その記事が The korea Heraldに掲載 ("Star-studded outdoor opera put to test" )されています。
 招聘側からの発表によれば、チケット販売の不振で、もう一組のフィオレンツァ・チェドリンス&マルチェッロ・ジョルダーニ組の「ボエーム」は中止という決断をくだしたとか.....韓国も日本以上に景気よくないとか言われているようですし....チケットは、3万(2100円)〜57万ウォン(39900円)だそうです。(1円=0.07ウォンで計算)

gri_Gheorghui_2012corea.jpg
 グリゴーロのfacebookにも写真が数枚、ゲオルギューのfacebookには写真が山ほどあります。
 オランジュ音楽祭の「ボエーム」もご覧になったkagatorakoさんが見に行きますよ...とおっしゃっていますので、コメント楽しみにしています。

メモ:ルーマニアの記事Angela Gheorghiu, poveste de dragoste cu Vittorio Grigolo in Coreea de Sud (アンジェラ・ゲオルギュー、韓国でヴィットリオ・グリゴーロと愛の物語)

関連記事:
オランジュ音楽祭の「ボエーム」ソウルで公演 (2012.8.28と9.1) 延世大露天(野外)劇場でマイク無し!の公演を実行:ゲオルギュー&グリゴーロ
2012年オランジュ音楽祭「ボエーム」まとめ (テレビ放送とレビュー)

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽