So-net無料ブログ作成
検索選択

オランジュ音楽祭の「ボエーム」ソウルで公演 (2012.8.28と9.1) 延世大露天(野外)劇場でマイク無し!の公演を実行:ゲオルギュー&グリゴーロ [今後のスケジュール追加・変更]

グリゴーロの公式サイトでも発表されました。8月28日と9月1日に出演です。(2012.6.21追記)

◎グリゴーロの公式サイトでは発表されていませんが、アンジェラ・ゲオルギューの公式HPFacebookにスケジュールが発表されました。その中に"Angela Gheorghiu and Vittorio Grigolo (August 28 and September 1, 2012)" とあります。メモ:Considered the opera event of the Summer in Korea, "La Boheme" starring Angela Gheorghiu and Vittorio Grigolo (August 28 and September 1, 2012) will be staged at the Amphitheater of the Yonsei University in Seoul. Maestro Chung Myung-whun will conduct Seoul Philharmonic Orchestra. The direction is signed by Nadine Duffaut and her production team from Orange Opera Festival in France. This ambitious project aims to bring foreign opera productions and stage them in big venues in Korea.(2012.6.17追記)

 今年の夏のオランジュ音楽祭は、「ボエーム」で開幕(7月7,10日)となりますが、ソウルの延世大学校(Yonsei University)の円形露天(野外)劇場でのオペラ初上演に参加協力、演出、舞台美術、音響、照明の技術陣をソウルに派遣します。

 情報源は、アリアンTVのジャーナリストJiwon Parkさんのツイッターの写真付きコメント、ハングルを機械翻訳すると
「国内初の野外円形劇場オペラ「ラ·ボエーム」公演!チョン·ミョンフンが指揮を執って、世界的な声楽家Angela GheorghiuとVittorio Grigoloが出演する。延世大学校(Yonsei University)露天劇場、8月28,30/9月1,2日」
 

続きを読む(クリック)


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

La Barcaccia (Radio 3 - Rai.it) ミュンヘンのコンサート後のインタビュー(2012.6.12放送) ☆ グリゴーロ?グリゴロ?論争 [インタビュー&記事]

 イタリアRAI のradio3のラジオ番組"La Barcaccia"で、ヴィットリオ・グリゴーロのインタビューが放送されました。ミュンヘンのコンサートの後に収録したもので、コンサートの模様も録音されています。会場の音響のせいか声が響き過ぎて聞きづらいですが、まあ雰囲気は伝わってきます。25分と長いので、このブログの音声ファイルでは無理ですので、YouTubeにアップしました(下)。番組全部を聞きたい方は、こちらのPodcastで視聴できます。


挿入されている曲
(1)Roméo et Juliette "Ah! Lève-toi, soleil!" (2)La Bohème "Che gelida manina."
(3)Chitarra romana (4)Il corsaro"Tutto parea sorridere" (5)L'elisir d'amore "Una furtiva lagrima"


続きを読む(クリック)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Vittorio Grigolo "The Italian Tenor Tour" :ベルリン6/5 ミュンヘン6/9 ケルン6/12 [コンサート]

 6月5日のベルリン・フィルハーモニー(Berliner Philharmonie)を皮切りに9日ミュンヘンのフィルハーモニー・ガスタイク、12日ケルンのKolner Philharmonieでのコンサートつつがなく終わりました。
 3公演とも指揮は、1983年生まれのダニエレ・ルスティオーニ Daniele Rustioni、ベルリンとミュンヘンは南アフリカ出身のソプラノのプリティ・イェンデ Pretty Yende (1985年生)がゲスト出演、ケルンはイェンデが急病だったのかは不明ですが、グリゴーロの十代からのヴォーカルコーチ、ダニロ・リゴーザ(バス)が助っ人出演しました。コンサート自体は好評で観客の皆さんはとても楽しんだようですが、残念なことに客の入りが良くなかったようです。会場が大き過ぎか、世界的不景気のせいか、宣伝不足か.....他のクラシック系コンサートはどうなんでしょう....
参考:6月12日のアンジェラ・ゲオルギューとサイミール・ピルグのコンサートのレビューに「平土間はほぼ埋まっていたが、ボックス席と天井桟敷席は空っぽ」という記載がありました。会場はフィレンツェのペルゴラ劇場で席数は999 (platea 432, palchi 310, galleria 257)だそうです。これは厳しい.....多分、上の方の安い席を買った人たちも一階の平土間に移動したんでしょうね。

各公演のレビューをリンクします。

続きを読む(クリック)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヴィットリオ・グリゴーロのマントヴァ公爵「リゴレット」ハイライト(ROH公演2012.4.17 [リゴレット/ROH/2012]

 イギリスBBC Radio 3/Opera on 3のブロードキャスト「リゴレット」のオンデマンドの放送も今日で終わりました。今回は運良く、4月17日のCinemaLiveが全編見られました。そこからグリゴーロのマントヴァ公爵だけのハイライトを作りました。Opera on 3の放送でグリゴーロが「公爵」の人物像について語っていますので、それも付け加えました。

*残念ながら、youtubeのビデオはブロックされました。
各劇場で方針が異なりますが、ROHは基本的に録画のアップはブロックされます。
舞台写真に録音をくっつけたビデオは今のところOKです。


Giuseppe Verd : Rigoletto(17 April 2012)
Atto1 - Scena1~5
"De la mia bella incognita borghese"(Duca/Borsa) 1:35
"Questa o quella per me pari sono"Ballata(Duca) 1:48
"Partite?... crudele!..."" (Duca/Contessa) 3:51
Atto1 - Scena12
"T'amo ripetilo ~ sì caro accento," (Duca/Gilda) 4:54
"E il sol dell'anima" (Duca/Gilda) 6:12
"Che m'ami, deh ripetimi..." (Duca/Gilda) 10:15
"Addio... speranza ed anima" (Duca/Gilda) 11:10
Atto2 - Scena1,2
"Ella mi fu rapita!"(Duca) 12:38
"Parmi veder le lagrime"(Duca) 14:51
"Duca, duca?"" (Duca/Tutti) 18:06 "Possente amor mi chiama,"(Duca) 20:38
Atto3 - Scena1~5
"La donna è mobile qual piuma al vento,"(Duca) 22:30
"Un dì, si ben rammentomi,..."(Duca/Maddalena/Gilda/Rigoletto) 25:11
"Bella figlia dell'amore, " (Duca/Maddalena/Gilda/Rigoletto) 26:45
"Maddalena?..." (Duca/Sparafucile/Maddalena) 31:20

Curtain call 34:13 

Duke Of Mantua.....Vittorio Grigolo (Tenor)
Rigoletto.....Dimitri Platanias (Baritone)
Gilda.....Ekaterina Siurina (Soprano)
Maddalena.....Christine Rice (Mezzo-Soprano)
Sparafucile.....Matthew Rose (Bass)
Giovanna.....Elizabeth Sikora (Mezzo-Soprano)
Monterone.....Gianfranco Montresor (Baritone)
Marullo.....Zheng Zhou (Baritone)
Borsa.....Pablo Bemsch (Tenor)
Count Ceprano.....Jihoon Kim (Bass Baritone)
Countess Ceprano.....Susana Gaspar (Soprano)
Usher.....Nigel Cliffe (Tenor)
Page.....Andrea Hazell (Mezzo-Soprano)
Orchestra and Chorus of the Royal Opera
Conductor.....John Eliot Gardiner

関連記事:
出た出た ROHリゴレット ライヴシネマ版全編
ROH「リゴレット」(2012.3.30〜4.21)の合間のサイン会 左手の手袋 ☆ カーテンコールのまとめ動画と写真
ROH リゴレット Live Cinema のビデオ:☆パッパーノの解説 ☆ヴィットリオ・グリゴーロの公爵とインタビュー
ROH「リゴレット」レビュー:グリゴーロの公爵は賛否いろいろ ☆カーテンコールの動画
ROHマクヴィカー演出ごきぶり「リゴレット」 (2012.3.30〜4.21) ☆舞台写真
[リゴレット]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

VogueイタリアのConvivio 2012:ヴィットリオ・グリゴーロのサプライズ・プレゼント(2012.6.8) [イベント、TV、ラジオ]

 ヴォーグ・イタリアの"Convivio2012" がミラノで開催されています。ファッション界にはうといのでなんなのかよくわかりませんが、今年は6月7日から12日まで、エイズと先頃の地震の支援のチャリティーも兼ねているイベントのようです。ヴィットリオ・グリゴーロは、ドイツコンサートツァーの最中ですが、その合間、8日の"tavoli di Convivio"のパーティーに招待されて、ベルリンからミラノに.....そこで、突然ヴォーグの編集長Franca Sozzaniにカヴァレリア・ルスティカーナのアリアをプレゼントして、招待客たちを驚かせた....と話題になりました。


続きを読む(クリック)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アレーナ・ディ・ヴェローナ 2012 “LO SPETTACOLO STA PER INIZIARE”(2012.6.2) グリゴーロ出演 ☆ オペラ&ポップ演奏のまとめ(演奏YouTubeリンク) [コンサート]

 6月9日、RaiUno放送のストリーミングはイタリア国内限定でしたが、録画がYouTubeに次々アップされています。一週間オンデマンドでも視聴できますが、これもイタリア国内からの接続に限られるようです。YouTubeからオペラ関係だけ集めました。司会はアントネッラ・クレリチ Antonella Clerici 。アレーナでの音楽祭は今年で90回だそうです...はじまったのは1913年なので(戦争中数回抜けている)もう100年近くの伝統があるわけですから、さすがにりっぱですね。
 ヴィットリオ・グリゴーロは、「カルーゾ」とトスカから「星は光りぬ」、複数アップされていますが、両方まとめてアップしました。La lucevan le stelleは2回歌っちゃってます......↓


YouTubeにリンクしていますのでお楽しみ下さい。
オペラ関係:
☆プラシド・ドミンゴとジェラルディーヌ・ショベ:La ci darem la mano
☆プラシド・ドミンゴ:‪Maravilla‬から"Amor, vida de mi vida"
 フェデリコ・モレノ・トローバ作のサルスエラ
☆イルデブランド・ダルカンジェロ:‪Deh vieni alla finestra‬
 昨今こういう豪華な衣装は見られませんね。司会のAntonella Clericiとの会話も楽しい.....
☆アルベルト・マストロマリーノ:‪トスカから"Te Deum‬"
☆クラウディオ・スグーラ:カルメンから‪Toreador‬
☆ファビオ・サルトリ(ドミンゴ指揮):トゥーランドットから"‪Nessun dorma‬"
☆カルメン・ジャンナッタージォ:トーランドットからリューの‪"Tu che di gel sei cinta‬"
☆アイーダ・ガリフッリーナ ‪Aida Garifullina‬:グノーの「ロメオとジュリエット」から"‪Je veux vivre‬"
 イタリア人かと思いましたがタタールスタンの首都カザン出身、1987年9月30日生まれの24才。
☆アイーダ:"‪Vieni, o guerriero‬"
 馬がおじぎをします....アレーナならではの大スペクタクル
☆カルメン:4幕のバレーと合唱
 1万3千人の観客もハンカチを振って参加.....壮観です。

ポップ関係:
☆アントネッロ・ヴェンディッティ Antonello Venditti(カンタウトーレ):‪Che fantastica storia è la vita‬
☆ミゲル・アンヘル・ベルナMiguel Angel Berna:カスタネット、フラメンコ
☆ルカ・コロンボ ‪Luca Colombo‬(ギタリスト):Nessun Dorma
☆アレッサンドロ・アモローゾ ‪Alessandra Amoroso‬:‪Urlo e non mi senti‬ / Ciao‬
☆エンマ ‪Emma Marrone‬:‪Cercavo amore
‬☆イル・ヴォーロ Il Volo‬(イタリア人男声トリオ):Un amore così grande
☆ジャスティン・ビーバー Justin Bieber‬(カナダ人10代アイドル):Boyfriend

(以上2012.6.9追記)

続きを読む(クリック)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Gala lirico-pop “Arena di Verona 2012” ドミンゴ、グリゴーロ、ダルカンジェロ他 RaiUnoでTV放送 [今後のスケジュール追加・変更]

◎やっとグリゴーロから、6月2日〔土)20:30、Rai主催の"TV's Family Gala of Opera and Pop music"にドミンゴやアタスターシャと一緒に出るからテレビを見てね.....とコメントがありました。5月31日の記事"Sabato in Arena torna grande show pop-lirica"には、6月7日にRaiUnoで録画が放送されると記載されています。2日の生中継はないようです。(2012.5.31)

 6月2日、ヴェローナの町の中心部、アレーナ前のPiazza Bra Arena di Veronaで「オペラとポップのガラコンサート」が開催されます。
 司会は、Antonella Clerici、オペラ界からは、プラシド・ドミンゴPlacido Domingo、ヴィットリオ・グリゴーロ Vittorio Grigolo、ファビオ・サルトリ Fabio Sartori、イルデブランド・ダルカンジェロ Ildebrando D’Arcangelo、ジェラルディーヌ・ショベ Geraldine Chauvet、カルメン・ジャンナッタジョ Carmen Giannatasio、アルベルト・マストロマリーノ Alberto Mastromarino、クラウディオ・スグーラ Claudio Sgura他。ポップ界からは、カナダのティーンエイジャーのアイドル歌手ジャスティン・ビーバーJustin Bieber、アメリカのアナスタシアAnastacia他。
 このコンサートは、6月22日から9月2日まで開催される「第90回アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭」のオペラ公演を多くの人たちに見に来てもらうための宣伝も兼ねていて、ドン・ジョヴァンニ、カルメン、ロメオとジュリエット、トゥーランドット、トスカ、アイーダのハイライトの演奏もあります。このようなコンサートは2010年、2011年にも開催されていて効果をあげているようです。RaiUnoのテレビとラジオで中継され、6月7日(木)に放送される予定です。

 グリゴーロは今年も去年も「アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭」のシーズン発表では、出演予定に名前が出るのですが、本人のスケジュールに載ったことはありません。忙しいのは嫌いなので、夏は「オランジュ音楽祭」を優先させているんだと思いますが......最初の発表は、けっこう適当なんですよね。

現時点では、グリゴーロからの公式発表はありませんので出演するかどうかは確実ではありません。5日からベルリンを皮切りにコンサートツァーが始まりますし....
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽