So-net無料ブログ作成
検索選択

ヴィットリオ.グリゴーロのインタビュー(2011.1.24) グラディエーターと同じ....最後に観衆が親指を立てるか、下げるか... [インタビュー&記事]

 ドイツ国内ツァーも中休み、次は2月12日、チューリヒで《リゴレット》、共演はヌッチとモシュク、その後、チューリヒ、ベルン、ベルリンとコンサート、その後3ヶ月舞台の予定はないようです。6月スカラ座の《ロメオとジュリエット》の勉強に集中でしょうか、2枚目のCDの準備もあるのかな.....けっこうゆったりしたスケジュールだと思います。

 ドイツでのインタビューもいろいろ紹介しましたが、ちょっと今までとは違った趣向のインタビュー記事が掲載されました。5年間バチカンで初等教育を受けただけあって、当然ですが、考え方がカトリック的ですし、才能は神から与えられたもので「能ある鷹は爪を隠す」という発想はないので、このあたりが謙虚さがない...とか批判されるのかもしれません。「声のために気をつけていることは...」に対して、マリオ・デル・モナコ同様におしゃべりを自粛しているそうですが、電話はSMSというのが、なるほど....ですし、「オペラに外見は必要ですか....」という質問も、グリゴーロならではですし、最後の「典型的なイタリア人と違うところがありますか」という質問に「以前はいつも遅刻していたし、明日やればいい、と思っていたけど.....」なんて言ってます。そういえば、チューリヒの中央駅の《椿姫》のリハーサルでも、グリゴーロだけがなかなか来なくて、スタッフがペレイラ氏に確認の電話をしてましたけど、最近は時間厳守しているって本人は言ってますが、確かハンブルグのインタビューでは、遅刻してますけどね。

 外見といえば、グリゴーロも言っているように観客は30メートルも先にいるので、顔の細かい造作は関係ないかもしれませんが、体格、体型は重要だと思います。太っていないだけの歌手は、ゴロゴロいますが、グリゴーロのようにモデル並みの体型の歌手はなかなかいません。特にテノールにピッタリの体型といえます。背も高すぎず低すぎずですし。このモデル並のスタイルは、どんな衣装も着こなせますし、遠目にもかっこ良くみえる効果もありますし、舞台人としては重要だと思います。

★インタビュー
Vittorio Grigolo:Eine Oper ist wie ein Tennismatch. 「オペラはテニスマッチと同じようなものだ」
Interview: Jakob Buhre
10時45分ですが、この時間、あなたの声はどうですか。朝でも歌えますか。
はい。声は常に準備万端です。ウォーミングアップは必要ないです。

続きを読む(クリック)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

"The Italian Tenor" 国内盤CD発売 「ジ・イタリアン・テナー」ですか..... [CD/DVD/映画]

 ヴィットリオ・グリゴーロの初オペラアリアCD国内盤「"The Italian Tenor" ジ・イタリアン・テナー」が発売されました。私はグリゴーロ・コレクターですから、もちろん購入しました。
gri_kokunaibann.jpg

 しかし「ジ」というのは、なんか抵抗があります。私が中学生の時に、"the"が「ジ」と習ったという記憶はない...ちょっと調べてみましたら母音の前は「ジ」、子音の前は「ザ」なんだそうです。どうしてもカタカナに置換えたいのなら「ディ」じゃないかと思いますけど。日本人相手に販売するわけですから、"the"なんか省いて、あともごちゃまぜで、「イタリアン・テノール」じゃダメなのかしら。日本では、テナーよりテノールの方が、認知度が高いし。過去記事でも「テナー」ではディナーみたい...なんて書いてますが、この時は、「ザ・イタリアン・テナー」にしていたようです。「ザ」の方がいいと思いますけど.....アメリカとかイギリスの放送ではどちらかというと「ザ」に聞こえますし。

 それにしても輸入盤に比べて、2520円は高すぎ、倍以上のお値段です。ちなみに輸入盤を2種類、初回限定デジパック盤と普通盤を買いましたが、送料込みで1800円程度なんですよ。国内盤も高くても税込み2000円以内でお願いしたいです。デジパック盤は、カラー写真もあってもっと豪華リブレット付きでしたから、対訳付きの歌詞と紹介文の日本語訳があるから価格が高いんだ....という言い訳はできないと思います。

関連記事:[CD/DVD]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ドミンゴの『リゴレット・イン・マントヴァ』 NHKオンデマンドで視聴できます! [リゴレットa Mantova]

 プレミアムシアターの『ライヴ・フィルム・プロジェクト2010 リゴレット・イン・マントヴァ』、ハイビジョンが見られない方、あるいは深夜でご覧になれなかった方に朗報! NHKオンデマンドで22日まで見ることができます。但し、22日までといっても、無料ではなく210円で購入後1日0時間(24時間のこと)有効ということです。

 NHKオンデマンドには全く関心がなかったのですが、試しに購入してみました。テレビでも見られるようですが、それには別にケーブルテレビだとかひかりテレビ等との契約が必要だそうですから、パソコンで視聴する人がメインのサービスだと思います。低・中・高画質と選択できるようになっていて、私は高画質で見ましたが、途切れることもなく快適です。「全画面」にするとやっぱり不鮮明になりますので、元の画面をもうちょっと大きくしてほしいです(下の写真をクリック)。簡単手軽に楽しめますのでお試しください。

★NHKオンデマンドで視聴するには
1.登録(名前、住所、生年月日、メールアドレス)
2.登録するとメールがきます。メールに表示されているメールアドレスにアクセスして登録完了
3.見たい番組を購入、支払いはクレジット、YahooウォレットでもOK
4.即視聴可能。番組によって期限が異なる 『リゴレット・イン・マントヴァ』は24時間

 良く知っているオペラでも日本語字幕があるのがいいです。なかなかいい日本語字幕がついていました。ただ、日本語ゆえの問題なんですが、公爵の一人称が、「私」「僕」「俺」が混在しています。3幕のマッダレーナ相手の時は「俺」もありかと思いますが、他の場面の「俺」は公爵という身分を考えるといただけません。マッダレーナが公爵のことを「兄さん」と言ってますが、これもどうなんだろう。

メモ:
Rai3 Libretto,score
Rainews24.it:Rigoletto, miracolo riuscito


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

NPRの"Top10 Classical albums of 2010"からオペラ歌手のCD ☆YouTube 事実上時間制限無しに! [その他]

 明けましておめでとうございます。イタリアヤフーで偶然見つけた「猫がウサギに変身」する動画を拝借して新年のご挨拶状を作りました。猫好きには特にお勧めの動画です。どうぞ→謹賀新年 - うさぎ猫

 さて、本題、アメリカの公共放送局NPR(National Public Radio)が選んだ「2010年クラシックアルバムベスト10」にヴィットリオ・グリゴーロの'The Italian Tenor'が選ばれました。その他オペラ歌手のアルバムは、ソンドラ・ラドヴァノフスキー Sondra Radvanovskyの'Verdi Arias'とジョイス・ディドナートJoyce DiDonatoの'Colbran, The Muse' 。
sondra.jpggri_cover.jpgdidonato.jpg
D'amor sull' ali rosee(Il Trovatore) - Torna ai felici di'(Le Villi) - D'Amor al dolce impero (Armida)

 「2010年は二人の前途有望なオペラ歌手、ラドヴァノフスキーとグリゴーロのデビューCDがリリースされた。アメリカ人ソプラノのラドヴァノフスキーは、テバルディ・タイプのリリコスピント、イタリア人テノールのグリゴーロのデビューアルバムは、次のパヴァロッティの出現を待つ人たちに希望を与える.....彼の声は、パヴァロッティの"ping"がある....」ということだそうです。上の写真をクリックすると3人のアリアにリンクしています。

★YouTubeについて

続きを読む(クリック)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽