So-net無料ブログ作成
検索選択

バーリで《ボエーム》2010年1月16,18,20日☆ベッリーニ大劇場の《ファウスト》はキャンセル [今後のスケジュール追加・変更]

◎カターニャのベッリーニ大劇場のキャストが変わりました。ヴィットリオ・グリゴーロだけでなくなぜかメフィストのジャコモ・プレスティアまで降板....なんかめちゃくちゃですね。更に、おっとっと....なのは、メフィストに、ここ界隈では話題のヴィノグラドフが......なにはともあれ、オペラのお仕事でしかも大きな役は喜ばしいことですね。 (2009.12.30)

 南イタリアのバーリのTeatro Petruzzelliの《ボエーム》にヴィットリオ・グリゴーロが出演することになったようです。
 ところが、日程をみますと、2010年1月16,18,20日ですが、完璧に重なっています.....カターニャのベッリーニ大劇場の《ファウスト》と。こちらは、2009年11月15日の発表のまま、ファウストは未だにヴィットリオ・グリゴーロになっています。
 こういう場合は、普通に考えれば、後に発表された方に出演なんでしょうが、現時点では、両方の劇場に"Vittorio Grigolo"の名前が掲載されています。こういうのって、ひっぱりだこって言うのかしら......本人のホームページにはどちらも載ってません。

 ペトルッツェリ劇場のミミは、ドナータ・ダヌンツィオ・ロンバルディ Donata D’Annunzio Lombardi、なかなかの美人......マルチェッロは、ダリボール・イエニスDalibor Jenis、れいのラ・スカラのロドリゴさんですね。ムゼッタのマヌエラ・ビシェリエ Manuela Bisceglie(1980年南イタリアのマテーラ出身)も若くて魅力的...2006年ベッリーニ大劇場の引越し公演で来日しているようです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Gastspiel: La bohème ミュンヘンからパリのシャンゼリゼ....一日だけの出張公演 [ボエーム La Bohème]

◎「篠の風さんの日記」に演奏会の記事がアップされました。客の入りも良く、観客の反応も上々だったそうです。2009年12月15/ Bohème (パリ・シャンゼリゼ劇場)(2009.12.17追記)

ラジオ・フランスの朝の番組"Musique Matin"で今晩シャンゼリゼ劇場で演奏される《ボエーム》のお知らせをしています。右の音声ファイルは、パヴァロッティの"Che gelida manina" それから、ヴィットリオ・グリゴーロの紹介とトーク(コメントに日本語訳があります)、"De miei bollenti spiriti"と続きます。(2009.12.16追記)


★2009年12月15日 シャンゼリゼ劇場《ボエーム》演奏会形式 バイエルン国立歌劇場出張公演
AnjaHarteros.jpg 指揮:Asher Fisch
Mimi: Anja Harteros
Musetta :Elena Tsallagova
Rodolfo: Vittorio Grigolo
Marcello: Levente Molnár
Schaunard: Christian Rieger
Colline: Christian Van Horn
Parpignol: Nam Won Huh
Benoît: Alfred Kuhn
Alcindoro: Rüdiger Trebes
Bayerisches Staatsorchester
Chor der Bayerischen Staatsoper
gri_15.jpg

 バイエルン国立歌劇場では、12月15,19,22,27,30日に《ボエーム》を上演しますが、15日は、オーケストラ、合唱団を引き連れての大移動強行軍、花の都パリのThéâtre des Champs-Elyséeで演奏します。なぜ、わざわざこんなことをするのか......謎....団員の方たちはパリに一泊するそうですが、赤字にならないんでしょうか?

 篠の風さんの日記によりますと、13日には、オーケストラ合わせにヴィットリオ・グリゴーロもミュンヘンに来たそうです。ミミは、アニヤ・ハルテロス(1972.7.23生)、新国の2005/2006シーズン開幕公演の《ニュルンベルクのマイスタージンガー》でエーファを歌っています。スーパーモデルのように背が高くて、品のいいお嬢さんという雰囲気でした。最近では、ドミンゴの《シモン・ボッカネグラ》でのアメリアとか、ヨナス・カウフマンのアヒルを抱えた大工の《ローエングリン》のエルザを歌い話題になりました。

 グリゴーロは、シャンゼリゼの公演だけで、後のミュンヘンでの公演はマッシモ・ジョルダーノです。なぜ一日だけシャンゼリゼがグリゴーロなのかは、多分マッシモ・ジョルダーノは、パリ・オペラ座で11月29日までロドルフォを歌っているからではないかと思います。いくらなんでも集客が難しくなると思いますから......しかし、そこまでしてパリで《ボエーム》をやるのはなぜでしょう......謎は深まります。

 採算がとれるのか気になりましたが、シャンゼリゼ劇場は、2000席もあるんですね。チケット料金は125€〜5€、これなら客の入りがそこそこであれば充分採算がとれると思います。ということはこれは「出稼ぎ」ということなんでしょうね.....

◎ヴィットリオ・グリゴーロのロドルフォ・ハイライトYouTube再生リスト:La Bohème-WNO2007 - Vittorio Grigolo

関連記事:
ヴィットリオ・グリゴーロ 今後のスケジュール追加・変更(2009.9.15)
[ボエーム La Bohème]

メモ:音声ファイルの内容
8h08 - Musique Matin. Seconde partie/Avec Vittorio Grigolo, Kirill Karabits et Jordi Savall
1.CD - Giacomo Puccini/La Bohème/Acte I - "Che gelida manina"/Luciano Pavarotti, ténor /Orchestre philharmonique de Vienne, dir.Herbert von Karajan/Decca 421 049-2 (1972)
2.Vittorio Grigoloのトーク
3. Giuseppe Verdi/La Traviata/Acte II - "De miei bollenti spiriti"/Vittorio Grigolo, ténor/Orchestre philharmonique de Radio France, dir.Myung Whun Chung/Bande non commercialisée (Orange, 11 juillet)


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

《IL CORSARO》レビュー:声は若きコレッリ、外見はホンブルク皇子のジェラール・フィリップ [ヴェルディIl Corsaro 海賊]

◎IL CORSAROの公演は一旦中断、次回は29日です。15日にはシャンゼリゼで《ボエーム》を歌います。
もう一つレポートが出ました.... 「.....声の力強さにもかかわらず、すばらしく洗練された弱音歌唱が繰り返し聴けた。すばらしい!」もう少し詳しい内容を本文に追記しました。(2009.12.8)

◎もう1件.... 「ヴィットリオ・グリゴーロはすばらしく美しい、明るい響きの力強い声でセンセーショナルな成功をおさめ.....自然な表現性の強い人物造型で際立っていた....大掛かりな舞台装置と良い配役のためだけでチューリヒに行く価値がある....」もう少し詳しい内容を本文に追記しました。(2009.12.1)

◎レビューを2件追記しました。グリゴーロに関して共通しているのは、美しい響きの声と情熱的で興奮を呼ぶ舞台...ということでしょうか。(2009.11.27)


 いろいろレビューが出ています。演出舞台も絶賛されているようで公演は大成功、コッラードのヴィットリオ・グリゴーロも好調、好評.....この役は、マイナーなオペラですので、もともとレパートリーではありませんでしたが、今年の3月頃に急にこのオペラを歌う話しが持ち上がって、勉強をはじめたようです。5月末の雑誌のインタビューで、『チューリヒで、はじめて《Il Corsaro 海賊》をやるのを、もの凄く楽しみにしています。これがうまくいったら、一生海賊だけやってもいいです。』と意欲満々で語っています。どうやら大成功のようですから、このプロダクションをひっさげて世界ツァーなんてのもいいんじゃないでしょうか。

Für Verdi die Bühne geflutet
Von Thomas Meyer. Aktualisiert am 24.11.2009
Ein junges Team frischt am Opernhaus Zürich mit viel Wasser die Verdi-Rarität «Il Corsaro» auf.

ヴィットリオ・グリゴーロはコッラード役になりきっていた。活発で情熱的だった。そのとき、あまりにも行き過ぎたテノール的軽薄さに陥らないように注意すべきだ。実際、彼は元気一杯の海賊ではない。むしろ、葛藤するハムレット的芸術家タイプである。彼は二人の強い女に囲まれている。エレーナ・モシュクの感情豊なメドーラ、苦悩し死を選ぶ、エネルギッシュな表現。正反対の、最後にはより傷つくが、まだ若くて希望にあふれたカルメン・ジャンナタッシオのグルナーラ。この三人の歌手たちが、上演を支配した。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コッラード(ホセ・クーラ)・ハイライトVideoClip&ちょっとあらすじ [ヴェルディIl Corsaro 海賊]

 ヴェルディの《海賊 IL CORSARO》は、めったに上演されないオペラとして有名です。ちなみになんでも歌っているドミンゴも歌ってないということは、そのマイナー度が半端じゃないということに他なりません。
 ところで、もう一つベッリーニ作曲の《海賊 IL PIRATA》があります。日本語だと同じに「海賊」になってしまいますが、イタリア語では"pirata"と"corsaro"と二種類の「海賊」がいるということです。違いは、"pirata"が普通の「海賊」で、"corsaro"は大義名分を持った、つまりバックに国家とかがついている公認の「海賊」なんだそうです。
 私も今まで聞いたことがなかったので、これをチャンスに聞いてみましたが、こりゃやっぱり面白くないからマイナーなんだ...とは思いませんでした。話しとしてもオペラチックで面白いし、音楽もまさにヴェルディ!なんです。音楽は《ロンバルディ》と非常に良く似ていて、そっくりな部分も数カ所あります。美しい重唱、アリア満載で、私はとても気に入りました。《ロンバルディ》のように話しも複雑じゃないのもいいと思いますし.....なぜマイナーなのか分かりませんが、考えられる理由を思いつくまま列記してみます。

1.やっつけ仕事だったと言われている
2.そのせいか1時間半と短く興行的に中途半端
3.同程度のソプラノが二人必要
4.エキストラ(殺陣のできる人も)が多数必要
5.主役のコッラードとメドーラの素性が謎


続きを読む


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽