So-net無料ブログ作成
検索選択

チューリヒ歌劇場《海賊 IL CORSARO》紹介のビデオクリップ [ヴェルディIl Corsaro 海賊]

 チューリヒ歌劇場の"Opernhaus TV"に《海賊 IL CORSARO》のビデオクリップがアップされました。

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

海賊コッラードはバイロン自身:ダミアーノ・ミキエレット演出 [ヴェルディIl Corsaro 海賊]

 チューリヒ歌劇場の《海賊 Il Corsaro》の舞台写真を眺めながら、この海賊の首領コッラードはもしかしたら、原作者のバイロン自身ではないかと直感したのですが、当たってました。バイロン自身がまさにコッラードのような人物だったようですし、オペラでは、コッラードがなぜ海賊になったのもわかりませんし、いまいちコッラードの行動に説得力がないので、かえってバイロン自身にした方が納得の部分もあるような気もします。
gri_corsaro108_1.jpg

以下、チューリヒ歌劇場のサイトにアップされている解説から演出に関する部分の抜粋です。


 『前シーズンの《ルチア》の成功の後、イタリア人の若手演出家ダミアーノ・ミキエレットは、舞台装置家パオロ・ファンティンと衣装のカーラ・テーティと共にチューリッヒ歌劇場で2度目の仕事をする。

 ダミアーノ・ミキエレットは海賊オペラとして《Il Corsaro》を単純に演出することは、現代の演出家として《The Black Swan》や《パイレーツ・オブ・カリビアン Pirates of the Caribbean》といった映画との不本意な競争させられる事になると思った。原作の著者であるバイロン卿と関連づけたらより面白いと思った。バイロンの物語は19世紀のロマン派の英雄伝説を思わせる。そして、主人公は著者自身にするのがもっとも良い。まさしく謎に満ちた、漂白の詩人であるコッラードではないか。

 ダミアーノ・ミキエレットにとって、コッラードは誇り高い一匹狼であり、反抗者(アンチ順応主義者)であり追放された者である。文学的聖像、青ざめた美と歪みの間、若さとはかなさの間で揺れている、コッラードはバイロンの似姿である。孤独を好み、深い厭世観にさいなまれ、二人の女性の愛を拒否し、自分の生命を顧みず市民社会の偽善に反抗する、社会や結婚の規範に反抗する。海賊であることは、彼ににとって、勝者が作った社会の外、ルールの外に位置することを意味する。決して挫けることのない闘士、全てに抵抗する者、英雄的かつロマンチックな敗者、19世紀の産物。しかし、今は、歴史的事実よりもバイロンのロマン主義的神話の意味を探ることのほうが重要だ。

 海はこのオペラの中心的要素で、台本の中で、主要登場人物たちが頻繁に口にするだけでなく、ヴェルディ自身も繰り返し指摘している。この演出では、海は存在に対する不安、遠い見知らぬ異郷、異民族、謎に満ちた不可解な世界、確かさの欠如、確かな寄りどころの無さなどの象徴だが、孤独と家庭を持って日々の日常を過ごすという小市民的な人並みの人生を送ることが不可能であることの隠喩でもある。

 パオロ・ファンティンの舞台装置には、海がある。実際に常に海がそこにあるわけではないが主要登場人物たちはその海に駆り立てられる巨大な舞台装置。舞台の大量の水と動かせる島は、舞台技術と舞台装置作製現場に大きな挑戦を迫るものだ。

 海賊がトルコと戦うところでは、物語とは違って、ダミアーノ・ミキエレットはコッラードに、社会、ルール、家族のしきたりや性的慣習、利益追求主義者といった海にないものに対して反抗させようとしている。グルナーラにとって、人生は牢獄である。彼女はそこの男を憎んでいる。コッラードによって正反対のもの、秩序を破壊しようとする自由な反乱する精神に出会った。そして、グルナーラに絶望的に思えた状況から逃げ出す道を指し示した。彼女は一瞬にして、彼女自身がやりたいと夢みていたことを、大胆不敵にも成し遂げようとする、無鉄砲な英雄に恋をする。コッラードは、ロマン主義的激情を持って、小市民的社会の根幹に立ち向かう。これこそ愛すべき敗者の為すべきことである。』


 マイナーなオペラですので、一応あらすじを超簡単に紹介します。gri_corsaro_201.jpg
『海賊コッラードのもとに、仇敵トルコの太守セイドを討つべき時が来たと知らせがくる。愛する妻メドーラを残し仲間とともに出発する。セイドの館に火を放ち戦いは優勢であったが、ハーレムの女奴隷たちを助けようと手間取り、首領のコッラードだけが捕まってしまう。セイド寵愛のグルナーラは、コッラードの命乞いをするが聞き入れられず、グルナーラはセイドを殺してしまう。コッラードはグルナーラと共に海賊の島に戻るが、時すでに遅く、そこには、コッラードが死んだのではないかと絶望したメドーラが、毒を仰ぎ瀕死の床にあったのだ。メドーラは、コッラードを救ってくれたグルナーラに感謝して息絶える。メドーラの死を嘆きコッラードは、岩場から海へ身を投げ、残されたグルナーラはその場に泣き崩れる。幕』

このオペラは、有名どころではホセ・クーラがレパートリーにしています。りょーさんのブログにもうちょっと詳しい解説があります。→ヴェルディの「海賊」Il Corsaro

メモ:ヴェルディ作曲/海賊(イル・コルサーロ)IL CORSARO/初演:1848年10月25日、トリエステ/台本:フランチェスコ・マーリア・ピアーヴェ/原作:バイロン「海賊」

関連記事:[ヴェルディIl Corsaro 海賊]

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

IL TRITTICO 《ジャンニ・スキッキ》スカラ座2008バックステージ [ジャンニ・スキッキ]

 ヴィットリオ・グリゴーロがリヌッチョを歌った2008年ミラノ・スカラ座《ジャンニ・スキッキ》のDVDがリリースされました。私は、ネットのお蔭で、ヨーロッパでTV中継されたものを見ていますが、バックステージの様子を収録したものがおまけについているということでしたので、買いました。

終了後の幕裏の出演者たち、グリゴーロもシャイーと握手

 昨日届きましたので、さっそくチェックしてみましたが、バックステージは三部作全体で約20分、《ジャンニ・スキッキ》は、そのうちの約6分、ヌッチ、指揮のシャイー、演出のロンコーニ、衣装のSilvia Aymonino、舞台美術のMargherita Palli のインタビューがあって、お目当てのグリゴーロは、メイク中の様子が一瞬写ります......ふざけてます.....カメラを向けると反射的に変な顔をするタイプみたいですね。あとは、舞台の様子がちょこっと、終了後の幕裏での様子もちょっと写っています。後ろの方で神妙にしてます。

インタビューでヌッチがジャンニ・スキッキは大好きな役だけど、最初は医者のSpinelloccioを歌った...と話してますが、この医者は、ボローニャ出身という設定なので、ボローニャ風に喋るというか歌うことになっているようです。ヌッチもボローニャの近くの出身なのでお手のものでしょうけど。ルッジェーロ・ライモンディは、正真正銘のボローニャ出身ですので、よくインタビュー記事にボローニャの喋り方が心地よい....とか書かれますが、鼻にかかったようなフワフワした耳障りのいい感じがボローニャっぽいんでしょうか。

 上の写真をクリックすると全編視聴できます。日本語字幕はないので英語字幕をつけたのをアップしました。せっかくですからグリゴーロが、メイク中にふざけておかしな顔をしているのをちょっとスローにして最初にくっつけてみました。6分程度ですので、どうぞお楽しみ下さい。[削除]

関連記事:[ジャンニ・スキッキ]
nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヴェルディ《海賊 Il Corsaro》舞台写真集 [ヴェルディIl Corsaro 海賊]

 11月22日プレミエの《 Il Corsaro》の舞台写真がチューリヒ歌劇場のサイトにアップされました。
 コッラードひきいる海賊たちは白、トルコの太守セイドたちは黒、ハーレムの女たちは赤......ユニークな舞台のようです。海賊にみえない....もしかしてバイロン....

★舞台写真:Vittorio Grigolo,Elena Mosuc (白い衣装),Carmen Giannattasio (赤い衣装),Juan Pons





gri_corsaro101s.jpggri_corsaro107s.jpg
※クリックするとかなり拡大します。
その他の写真はFoto-Datenbank: Il Corsaroにあります。
だいたいどの場面か見当がつきますが、上段右端の写真は、紙幣を燃やしているのかしら?

★1幕は、かっこいい歌があります。ホセ・クーラでどうぞ.....
Tutto parea sorridere - Si, de' corsari il fulmine


関連記事:ヴェルディ《海賊 Il Corsaro》リハーサル写真
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヴェルディ《海賊 Il Corsaro》リハーサル写真 [ヴェルディIl Corsaro 海賊]

 チューリヒ歌劇場、11月22日プレミエのヴェルディ作曲《イル・コルサロ》のリハーサル写真がPDFファイル"Weitere Informationen 詳細情報"で紹介されました。

2009年11月22,24,26,28日/12月1,3,6,29日/1月1日

指揮:Eivind Gullberg Jensen
演出:Damiano Michieletto
舞台:Paolo Fantin
衣装:Carla Teti
照明:Martin Gebhardt

ソリスト:
Carmen Giannattasio (Gulnara)
Elena Mosuc (Medora)
Vittorio Grigolo (Corrado)
Giuseppe Scorsin (Giovanni)
Juan Pons (Seid)
Simon Wallfisch (Eunuco)
Pablo Ricardo Bemsch (un schiavo)
北嶋 信也 Shinya Kitajima (Selimo)

 2008年の《ランメルモールのルチア》と同じ、ダミアーノ・ミキエレットのチームによる演出・舞台・衣裳です。リハーサル写真では、どのような演出舞台なのか見当もつきませんが、伝統的と言われるような舞台ではないようです。そういえば、この演出グループは、2011年5月に新国で《コジ・ファン・トゥッテ》の演出をする予定みたいです。

★Weitere InformationenPDFファイルから(クリック拡大)


メモ:
エイヴィン・グルベルグ・イェンセン Eivind Gullberg Jensen:ノルウェー出身、1972年生まれ
カルメン・ジャンナタッシオ Carmen Giannattasio:南イタリアのアヴェリーAvellino出身 2002年ドミンゴ主催OPERALIA優勝
北嶋 信也 Shinya Kitajima:秋田県出身、テノール 二期会blog「オペラの散歩道」に詳しい経歴

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2006 プロムス BBC PROMS :最終日ロンドン・ハイドパーク(2006.9.9) [イベント、TV、ラジオ]

◎写真追加(2009.11.16)

BBC Proms in the Park 2006 ハイドパーク ロンドン 2006.9.9

Sir Terry Wogan - presenter
Ken Bruce -presenter

アンジェラ・ゲオルギュー Angela Gheorghiu - soprano
ライオネル・リッチー Lionel Richie
ヴィットリオ・グリゴーロ Vittorio Grigolo
アリソン・バルソム Alison Balsom - trumpet
ロベルト・アラーニャ Roberto Alagna

Royal Choral Society
BBC Concert Orchestra
Carl Davis - conductor

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ベッリーニ大劇場 2010シーズン開幕はヴィットリオ・グリゴーロ主演の《ファウスト》 [今後のスケジュール追加・変更]

 11月14日に、ベッリーニ大劇場の2010年シーズン(1月16日〜12月10まで)発表がありました。
すでにオペラ雑誌"DAS OPERNGLAS"のスケジュールで、グリゴーロが1月にファウストを歌うことが掲載されていましたが、これで正式に決まったことになります。
 ベッリーニ大劇場では、グノーの《ファウスト》は、1988年以来だそうです。1月16日から24日まで7公演で、詳しい日程はまだ発表されていませんが(追記しました)、9日間で7公演ということは、いくらなんでもダブルキャストということでしょうね。演出は誰でしょう? 書き忘れかしら....
 発表されている指揮者とキャストは、下記の通りです。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

チューリヒ歌劇場 175周年ガラコンサート(2009.11.10) [コンサート]

★11月10日ガラコンサート"Gala zum 175 jährigen Bestehen des Zürcher Aktientheaters"
Vladimir Fedoseyev 指揮
出演歌手:
Baltsa, Magee, Mosuc, Rey, Hartelius, Schmid, Guo, Friedli;
Shicoff, Cura, Grigolo, Nucci, Pons, Volle, Salminen, Drole, Mayr, Zysset, Scorsin, Davidson
チューリヒ歌劇場1834年設立

 たまたま都合のつく歌手を集めたようなガラコンサートですが、なかなかのメンバーが集まっています。テノールは、シコフとクーラの国際的歌手と若手のヴィットリオ・グリゴーロ。シコフは、アグネス・バルツァと《カルメン》の4幕から、クーラは"Nessun dorma"をグリゴーロは《リゴレット》からアリアを2曲歌いました。

Glanzlichter und schöne Erinnerungen Eine Gala zum 175-Jahr-Jubiläum der Opernhaus AG
『アリアではグリゴーロが目立っていたと言える。この若いイタリア人テノールは、直近のシーズンには「ルチア」、まもなく「海賊」と「ホフマン物語」のタイトルロールが聴ける。「リゴレット」の«Questa o quella» と«La donna e mobile»に過剰なほど(圧力が高まりすぎて破裂しかねないほど)力一杯取り組んだが、彼の声の魅力的な張りと艶を損なっていなかった。この歌手は、有り余る声量と豊満さに叙情的な特徴を兼ね備えており、その声の特質を特に効果的に際立たせた。
最高に拍手喝采だったのは、名曲«Nessun dorma»だが、このアリアの最高の演奏というわけではなかった。これはホセ・クーラが、悲哀に満ちた陰りのあるテノールで歌った。』

★ブログ"Welt der Oper"
『ガラコンサートとはいえ、ヴィットリオ・グリゴーロは、力強いハイCを聞かせてくれた。今後が楽しみなテノール.....』

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

EBBA 2007 グリゴーロ受賞(2007.1.21) [オペラ以外の分野(ポップス、絵画)]

◎授賞式の写真とPDF(jpg)追加しました。ロベルト・アラーニャによれば、オペラ歌手のアルバムはよく売れて2万枚程度だそうですから、ヴィットリオ・グリゴーロのアルバムは破格ということになります。2枚目のアルバムも発売されれば、プロモーションツァーなしでも相当売れるとおもいますので、いい加減に発売に踏み切って欲しいです....永久にお蔵入りなんてこともあるのかしら...(2009.11.12)

★EBBA賞 2007授賞式:2007年1月21日 フランス カンヌのSalon des Ambassadeurs
★Corinne Bailey Rae - UK
 "Corinne Bailey Rae " Good Groove/EMI
★Blog 27 - Poland
 " LOL" Magic Rec/Kontor
★Celtic Woman - Ireland
 "Celtic Woman" Angel
★José Gonzalez - Sweden
 "Veneer" Imperial/Bonnier
Vittorio Grigolo - Italy →授賞式で歌う→
 "In the Hands of Love" Polydor/Universal
★Beatriz Luengo - Spain
 "Beatriz Luengo" AZ/Universal
★Ilona Mitrecey - France
 "Un Monde Parfait " Scorpio/Universal
★Helena Paparizou - Greece
 "My Number One" Columbia/Sony
★Gabriel Rios - Belgium
 "Ghostboy " Megadisc Recordings
★Tokio Hotel - Germany
 "Schrei" Island/Universal
"Border Breakers Awards": awards ceremony
※2005年9月1日〜2006年8月31日の売り上げでの評価ですが、グリゴーロのアルバムは2006年3月発売なのに受賞したんですね。

ヨーロピアン・ボーダーブレーカーズ賞(European Border Breakers Awards=EBBA)は、EU加盟国内のアーティストまたはグループのオリジナル・デビューアルバムで、出身国以外の加盟国内でのこれまでの売り上げや過去1年間の総売り上げ、さらには本拠地内外でのライブツアー集客力に優れたアーティストに贈られるものです。2004年からはじまった賞ですが、ヴィットリオ・グリゴーロは2007年に最初のポップアルバム"In the Hands of Love"で受賞しました。


 ←  受賞者集合写真:クリック拡大
前列左端のよそ見をしているのがグリゴーロです。代理人が出席している受賞者もいるようです。グリゴーロは、やっぱりカジュアルにしていても、きちんとしたかんじがします。
上の写真のように歌を披露して受賞の感想のスピーチもしました。

 ★アルバム:"In the Hands of Love" (Vittorio)曲目一覧
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
Tu Sei :
Mio Miracolo :
Bedshaped (Cosi')
Magia de Amor :
In the Hands of Love :
All in Love Is Fair (Se l'Amore C'E)
Fuerte :
If You're Not the One (Se Tu Non Sei Lei) 
Querida:
Listen to the Bell (Chi Ci Ascoltera)
Roma Sogna :
Butterfly Forever :
You Are My Miracle :
Maria (West Side Story):
G.F. Pintus / R.Musumarra
G.F. Pintus /R.Musumarra
Keane/伊R.Musumarra
R.Musumarra/ L. Gimenez
R.Musumarra/C. Welsman
Stevie Wonder/伊Musumarra
R.Musumarra/ Luis Gomez Escolar
Daniel Bedingfield/伊R.Musumarra
R.Musumarra/ L. Gimenez/J. Berard
G.F. Pintus / R.Musumarra
G.F. Pintus / R.Musumarra
G.F. Pintus/R.Musumarra/Valerio Calisse
Welsman / R.Musumarra
Leonard Bernstein/Stephen Sondheim
※(13)の"You Are My Miracle"は、(2)の"Mio Miracolo"と同じ曲の英語バージョンでUK盤はキャサリン・ジェンキンス Katherine Jenkinsと、US盤は、プッシーキャット・ドールズのニコール・シャージンガー Nicole Scherzingerとのデュエット。
※(8)(10)はUK盤のみ

★授賞式写真とPDF(2009.11.12追加)

タグ:EBBA 2007
nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

チューリヒの《ボエーム》は、グリゴーロショー!だった....って....? [ボエーム La Bohème]

★11月10日ガラコンサート"Gala zum 175 jährigen Bestehen des Zürcher Aktientheaters"
出演歌手:Baltsa, Magee, Mosuc, Rey, Hartelius, Schmid, Guo, Friedli/Shicoff, Cura, Grigolo, Nucci, Pons, Volle, Salminen, Drole, Mayr, Zysset, Scorsin, Davidson"(2009.11.8)


 10月18日から11月3日までフリットリ&グリゴーロの《ボエーム》全4公演、無事終了しました。gri_rodolfo2009.jpg

 チューリヒでは毎シーズン上演しているプロダクションですし、お馴染みの演目のせいか、レビューがなかなか見つかりませんでしたが、やっと一つ見つけました。フランス語なのでパスしようかとも思いましたが、なんだか面白そうなことが書いてあるので、無謀を承知で訳してみました。「当たらずといえども遠からず」だろう.....なんて勝手に思っていますが、あんまりだったら教えて下さい....
.
 ヴィットリオ・グリゴーロのロドルフォは、かっこよすぎみたいです。また、演出なのか本人の意図なのかは分からないが、目立ち過ぎ、やり過ぎで、演出家がもっとコントロールしないとこういう青春群像劇には向いていない....フリットリお姉さんに学びなさい.....みたいな内容です。短いレビューですが、ロドルフォのことしか書いていない...というのもめずらしいと思います。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽