So-net無料ブログ作成

プッチーニ・ガラコンサート: Teatro Pérez Galdós(2008.12.16〜) [コンサート]





★《妖精ヴィッリ》のアリアがYouTubeにアップされました。Le Villi :“Torna ai felici dì"
なるほど、コンサートでも演技が入ってますね。自然に身体が動いてしまうということでしょう。下に動画の静止画を掲載しました。後ろを向いたり膝をついたり、まさにパフォーマンスです。心に迫る歌唱です.....

★コンサートで、妖精ヴィッリ Le Villiの"Torna ai felici dì"を歌っている様子。最初は、後ろ向きではじまります......ビデオクリップを見た時は、どっちが客席?と思いました....(2009.6.22追記)

(Ecco la casa... dio, che orrenda notte! Strane voci m'inseguono. Le villi...evvia!... Son fole!...)
(No, delle villi ~ me non perseguita la vendetta fatal! Tu sol m'insegui, ~ rimorso!... Vipera dal veleno infernal!)
Torna ai felici dì dolente il mio pensier...ridean del maggio i fior, fiorìa per me l'amor...Or tutto si coprì di lugubre mister ed io non ho nel cuor che tristezza e terror!.. (libretto:Le Villi)

※コンサートに行った方のレポートを見つけました。この写真は、やっぱり、《蝶々夫人》3幕の"Addio Fiorito Asil"のようです。記事にレポートの要約を追加しました。(2009.2.8)

Concerts tribute to Puccini ペレス・ガルドス劇場 2008年12月16,18,20日 全3公演gri_puccini1.jpg
ピエル・ジョルジョ・モランディ指揮
グラン・カナリア・フィルハーモニカ管弦楽団、合唱団
司会:Elu Arroyo
テノール:
マリオ・マラニーニ Mario Malagnini
ヨゼフ・カレヤ Joseph Calleja
ヴァルター・ボリン Valter Borin
ヴィットリオ・グリゴーロ

プログラムが分かった時点で記事にするつもりでしたが、未だにわかりません。右の写真は、ペレス・ガルドス劇場のホームページに掲載されましたが、なんの説明もありません。左の深刻そうな顔でたたずんでいる男がなにものなのかもわかりませんし、グリゴーロがなにを歌っているのかもわかりません。プッチーニのアリアでこういう場面のあるオペラはなんでしょうか.....思いつきません、なんだろう、気になる....どうやら《蝶々夫人》3幕の"Addio Fiorito Asil"のようです(2009.2.8)

続きを読む


nice!(0)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

WNO《ルクレツィア・ボルジア》出演者の写真&カーテンコールのビデオクリップ  [ルクレツィア・ボルジア]

◎7月11日オランジュ音楽祭《椿姫》France2でTV放送決定!した模様(2009.6.17追記)


  ↑写真をクリックするとビデオクリップにリンク
  ←WNOパーティー

 左上の写真は、WNOのパンプレットに掲載されている写真の中の一つです。昨年11月ワシントン・ナショナル・オペラで大評判だった《ルクレツィア・ボルジア》の関係者たちのパーティーで、ライモンディとグリゴーロが写っているということで同好の方がくださいました。私にとっては、二人が一緒に写っているというとても嬉しい写真です。

右上の写真は、《ルクレツィア・ボルジア》のカーテンコールの様子です。 YouTubeにアップされていたものですが、グリゴーロがシャツを脱いでいない日のものです。この公演を見に行った、ライモンディファンの報告でも、「今日は、グリゴーロがタンクトップを着たままだった....公演後の『アーティストQ&A』も欠席だったので、体調を気づかったんだろう....」というような報告がありました。YouTubeの動画は、早くて見づらいので、グリゴーロの部分だけカットして、ちょっとゆっくりめに作り直してみました。写真をクリックするとビデオクリップにリンクしています。

関連記事:[ルクレツィア・ボルジア]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アヴィニヨンの《ルチア》舞台写真:デジレ・ランカトーレ&ヴィットリオ・グリゴーロ [ランメルモールのルチア]

アヴィニヨン歌劇場の《ランメルモールのルチア》の舞台写真が、ヴィットリオ・グリゴーロのFoto galleryにたくさんアップされましたので、もらってきました。一枚一枚クリックして見るのも面倒ですので、スライドショーにしました。写真をクリックするとリンクしています。約3分です。
Alain Guingal,Frédéric Bélier-Garcia,Désirée Rancatore,Vittorio Grigolo,Marzio Giossi

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

iPodとかiPhoneには最高に便利!Firefox用のDownloadHelper [その他]

 あらま、新しいiPhoneが発売になるんですね。iPhone3GS、Sは、スピードのSでウェブページの表示が今までの2倍、かつてない最速のスピードだそうです。発売日は6月26日。

 さて、本題にいきます。DownloadHelperをご存知ですか。最近、けっこう便利だということを発見。今までは、赤青黄色のマークが、くるくる回って目障り〜インストールするんじゃなかった〜なんて煩わしく思っていました。しかし、先日iPhoneを買ったのですが、iPhoneにYouTubeの動画を同期させて楽しむためには、このDownloadHelperが、とても便利。
sanko1.jpg→ → ダウンロードできるものがある
ページに行くと色がついて回る → →
sanko2.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アヴィニヨンの《ルチア》グリゴーロ好評! オペラ界のNew ジェラール・フィリップ... [ランメルモールのルチア]

★フランスのオペラフォーラムでもこの公演のスレッドがたっています。全キャストのレポートを書いている人がいますが、グリゴーロについては、非常にほめています....。(2009.6.8追記)

レビューが出ました。
Lucia di Lammermoor/[Avignon] Lucia... sans Lucia !

 ヴィットリオ・グリゴーロのエドガルドについては、力強い声と完璧なティンブレ.....Raymond Duffaut氏は、オペラ界の新星ジェラール・フィリップとして歓迎した......とかなんとか。(間違ってましたらフォローお願いします)
 ジェラール・フィリップって、アラン・ドロンより2枚目と言われている俳優じゃないですか。これはまた、反発くらいそうな発言ですけど....これは似ているというのではなくて、こういうロマンチックな若者役にふさわしい、とても魅力的ってことを言ってるんですから....念のため....。
 このRaymond Duffaut氏は、2002年まで、アヴィニヨン歌劇場のゼネラルディレクターを務め、現在は、芸術相談役だそうです。こういう立場の人が言うことですから、相当魅力的ということですね。

続きを読む


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アヴィニヨン歌劇場《ランメルモールのルチア》公演記録★☆今後の予定は未定のスケジュール [ランメルモールのルチア]

アヴィニヨン歌劇場《Lucia di Lammermoor》2009年5月31、6月2日
Orchestre Lyrique de Région Avignon-Provence
Choeurs de l’Opéra-Théâtre d’Avignon et des Pays de Vaucluse
指揮 : Alain Guingal
合唱指揮 : Aurore Marchand
演出: Frédéric Bélier-Garcia
衣装 : Katia Duflot
キャスト
Lucia : Désirée Rancatore
Alisa : Muriel Tomao
Edgardo : Vittorio Grigolo
Enrico : Marzio Giossi
Raimondo : Mirco Palazzi
Arturo : Philippe Talbot
Normanno : Marc Larcher

詳細は Théâtre d’Avignon


ビデオクリップ:1幕の2重唱「ルチアとエドガルドはお互いに指輪を交換して結婚の約束をする。別れを惜しみながら、エドガルドはフランスへ旅立つ」場面。
関連記事:ランメルモールのルチア

★グリゴーロのエージェントの予定更新(2009年2月更新)
コヴェントガーデン:《椿姫》
メト:《ボエーム》《リゴレット》
チューリヒ:《ルイザ・ミラー》《ボエーム》《 IL CORSARO》《ホフマン物語》
フェニーチェ:《椿姫》
バレンシア:《ファウスト》《ホフマン物語》
オランジュ:《椿姫》《リゴレット》
*赤は劇場側発表済み  *青はすでに歌ったもの  *緑は劇場側発表済みだが、エージェントでは未発表
《ホフマン物語》は、劇場発表でチューリヒで歌うことになっているので、バレンシアでは歌わない可能性が高いと思う。《ルイザ・ミラー》の代わりに《 IL CORSARO》のなったのではないかと思われる。


 先日NHKBShiで、ヨナス・カウフマンのチューリヒ歌劇場制作のドキュメンタリーと《カルメン》が放送されましたが、これは2008年のもので、今年はホセ・クーラのドキュメンタリーがスイスのTV局SF1で放送されます。私の予想では、来年はヴィットリオ・グリゴーロの可能性があるのではないかと密かに期待しています。これが私の妄想ではなく、予想が的中することを祈っています。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

まだ見られます!《チューリヒ中央駅の椿姫》★パロディー《バーゼル駅のラ・カタストロファタ》 [チューリヒ中央駅の椿姫]

 昨年の9月30日にチューリヒ中央駅構内で演奏された《La Traviata im Hauptbahnhof》が、今でもスイスのテレビ局のサイトで、全編見られます。画質がかなり落としてありますので、これを見てDVDを買う人もいるのかもしれませんが、それにしてもすごく気前のいいサービスですね。
★予告編を3種類をまとめてYouTubeにアップしました。下の写真をクリックするとリンクしています。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アヴィニヨンの《ルチア》グリゴーロのエドガルドとデジレ・ランカトーレのルチア★☆YouTubeビデオクリップ [ランメルモールのルチア]

★1幕のルチアとエドガルドの2重唱とわが祖先の墓よ.....の場面がYouTubeにアップされました。再生リストに入れましたので、続けてご覧頂けます。(2009.6.4追記)

★個人のブログですが、6月3日の短い感想があります。エンリーコのMarzio Gozziもなかなかいいみたいですね。オランジュのパパ・ジェルモンも彼です。(2009.6.3追記)

5月31日と,6月2日のアヴィニョン歌劇場《ルチア》の写真、クリックするとかなり大きくなります。
狂乱の場のリハーサルのビデオクリップがYouTubeにアップされています。残念ながらエドガルドはいません。

続きを読む