So-net無料ブログ作成
検索選択

Baalbeck 2009《椿姫》に出演:バールベックってどこよ? [La Traviata 椿姫]

 バールベック.....どこ、どこ....検索、検索....この写真のアラビア文字....やっぱり中東か! レバノンにある古代ローマ遺跡のある都市で、国内外からトップレベルの歌手や舞踊グループが出演する『Baalbek International Festival バールベック国際フェスティバル(FIB)』が、毎年開催されているんだそうです。北京に続いて中東だって...なんと国際的な.....こういう所には行ってほしくないけど....


続きを読む


雑誌 Vanity Fair (イタリア) 2005年と2007年 [インタビュー&記事]

Vanity Fair(イタリア) 2007年11月号に掲載されたヴィットリオ・グリゴーロ

↑写真をクリックすると全体が表示されます

続きを読む


カレーラスのオペラ引退報道と今後の有力テノール(ビリャソン、フローレス、カウフマン、リチートラ、グリゴーロ) [インタビュー&記事]


急な代役を引き受けて、チャレンジだ!と張り切るグリゴーロ
2月28日にバイエルン国立歌劇場のLucrezia Borgiaに出演
 5月8日に英タイムズは、ホセ・カレーラス(1946.12.5)が、オペラからの引退を宣言した、と報じましたが、カレーラスのコメントが誤って解釈されたとして、「ホセ・カレーラス国際白血病財団(The Jose Carreras International Leukemia Foundation)」は、この報道を正式に否定する声明を発表しました。英語が母国語じゃないから誤解が生じたのかしら.....インタビューでちゃんとダメオシしなかったのかしら。
 オペラ歌手は、健康上の理由がある場合は別として、引退宣言はしなくていいと思いますし、そういう習慣もないでしょう。自然に....でいいんじゃないでしょうか。人気商売ですから。カレーラスは、実際には、すでにコンサートがメインでオペラにはほとんど出てないと思います。

 このカレーラスのオペラ引退宣言誤報に絡んでの"Los tenores que sucederán a Carreras, Pavarotti y Domingo"という記事に、毎度お馴染みの三大テノール(カレーラス、パヴァロッティ、ドミンゴ)に続くテノールは.....ということで、ヴィットリオ・グリゴーロの名前が挙げられています。スペイン語なので、こんなことが書いてあるかな...という程度なんですが、ちょっと紹介してみましょうか。アルバレス、クーラ、アラーニャより若い世代のテノールに関してです。

続きを読む


速報!チューリヒ2009/2010シーズン [今後のスケジュール追加・変更]

 チューリヒ2009/2010シーズンのスケジュールが、発表されました。
 ヴィットリオ・グリゴーロは新演出の《海賊 Il Corsaro》と《ホフマン物語》、再演の《ボエーム》ミミは、ゲオルギューです。《ルイザ・ミラー》に出演という話でしたが、代わりに《海賊 Il Corsaro》になったということですね。グリゴーロがファン・フォーラムに「今、海賊の勉強中でとても忙しい!.....」と3月末にコメントしていました。

全体的にチェックしてみました。

続きを読む


《艺术家生涯》"外援"グリゴーロ 紹介記事、リハーサル写真、公演レビュー [北京2009-ボエーム]

★レビューらしきものがでました。国の行事ですから、いいことしか書かないのは当然ですけど、グリゴーロは、“意大利国宝级男高音”、そう、その通りです。(2009.5.3)

★公演後の記事で、写真付きのもの:《艺术家生涯》大剧院首演(图) 《艺术家生涯》 爱在798  5月1日はメーデーですから休日なので、中国でも三日間の連休なんですね。(2009.5.2)

 北京と日本は時差−1時間だそうですから、第一日目は、すでに終わっています。いつものように大成功だと思います。
 しかし、オペラの本場イタリアからはるばる駆けつけたヴィットリオ・グリゴーロに関する記事が全然ないって、いくらなんでもおかしいと思っていましたが、写真も記事もいろいろありました。私が探せなかっただけでした。中国語の検索は、難しい! 24日頃からリハーサルもはじまっていて、あちらのネット新聞等にもたくさん記事がありますし、グリゴーロの歌う場面ではありませんが、ビデオクリップもありました。

Vittorio Grigoloの紹介記事
リハーサルのビデオクリップ
第一幕:鲁道夫演唱《冰凉的小手》

続きを読む


《艺术家生涯》《藝術家生涯》メモ★☆いつものグリゴーロからのメッセージも出ました! [北京2009-ボエーム]

★いつものように、グリゴーロの公演直前メッセージが出ました! 世界各国いろいろツァー経験のあるグリゴーロですが、やっぱり、ちょっとカルチャー・ショックかな.....文化の違いもさることながら、なんたって共産主義の国だもの....グリゴーロのロドルフォの写真もフォーラムに掲載されました。いつものグリゴーロです。(2009.5.1午後3時頃)
gri_cina.jpg
 今日から『北京ボエーム』のはじまり、はじまり、ほとんど情報がないのですが、1日と3日がロドルフォとミミに本場イタリアから歌手を迎えての公演、(あれれ、1日と4日だったはずですけど......) 。
 中国人キャストが衣装を着た写真がありましたが、ミミは、半世紀前の日本の歌謡ショーの歌手の衣装みたいです。ロドルフォは、あの絵の通りみたいで、中国人キャストの莫华伦さんの写真がありましたが、化粧が京劇っぽかった.....グリゴーロも京劇風メイクにされちゃうのかな......大丈夫でした→
 日本でも、イタリアに作らせた衣装と日本で作った衣装では、かなり違いますからね。中国が自前で作るとああなっちゃうんですね。

★キャスト表:
剧中人物
鲁道夫 Rodolfo 

咪 咪 Mimi

穆塞塔 Musetta
玛切洛 Marcello
饰演者
维多利奥•格里戈洛 Vittorio Grigòlo(5月1,3日演出)
莫华伦 Warren Mok (5月2,4日演出)
卡拉•塔伊基 Chiara Taigi (5月1,3日演出)
么红 Yao Hong (5月2,4日演出)
马梅 Ma Mei
孙砾 Sun Li