So-net無料ブログ作成

バレンシアの《ファウスト》のレビュー★☆ギャラリーMisaelのHPにグリゴーロの作品の写真アップ [ファウスト]

 昨年の11月13日の記事 『ミラノのギャラリーでグリゴーロの作品を展示』で紹介したギャラリーのホームページにグリゴーロの作品のスライドショー(6枚)がアップされています。
 アーティスト=グリゴーロのポートレートもありますが、なぜかバレンシアの《ファウスト》の老人メイクの写真も.......グリゴーロのお気に入りの写真なのか.....。右の写真をクリックするとリンクしています。この写真いいですね、絵になってます......

 バレンシアの《ファウスト》は、すでにいくつかレビューを紹介しましたが、イタリアのオペラ雑誌にもレビューが掲載されていました。他のレビュー同様、大成功だったと書かれています。

『ファウストとしてヴィットリオ・グリゴーロは大成功をおさめた。若いテノールは、もっと慎重な用心深さをもって情熱を注ぎ込むことが必要かもしれないが、実際にとにかくすごく注目に値するものを持っている。中音域は、柔軟で情熱的で力強いが、一方、中音域から低音域への下降では、美しく練られた声が、多分、高音で《押す》歌手の癖で、粉状になる傾向があるように感じた。才能豊かなテノールが、どんなに才能があったとしても、この分野のレパートリーに取り組む時、曲の作風と様式にも気を配るように忠告したくなる。ファウストは、トゥリドゥではないが、ニュアンス、陰影、弱音のより優れた探求は、間違いなく正当で適切なもので、マルゲリータとの二重唱では、実にうまくその成果を引き出した。このことは、注目に値する試みだった。』
『シュロットとグリゴーロは、この公演を成功させ、カーテンコールでは、拍手喝采を受けた.....』と締めくくられています。

 グリゴーロの歌唱について、トリッドゥじゃないという表現を見かけますが、これは、ヴェリズモじゃないんだから、もっとその曲の時代の様式に従って歌え..ということなんでしょうか。グリゴーロは、才能がありすぎて、いろいろやっちゃうってことなのかなぁ....いずれにしろ実力は充分あって、しかも並ではない普通の物差しでは測れないタイプのテノールなんでしょう.....
gri_art.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヴィットリオ・グリゴーロ、中国初のオペラ・フェスティヴァルで《艺术家生涯 La Bohème 芸術家の生活》に出演 [北京2009-ボエーム]

★ミミはChiara Taigi(ローマ出身)に変更,4月17日発表(2009.4.27)
★ミミは、2007年にワシントン・ナショナルオペラで共演したアドリアーナ・ダマートだそうです。中国人キャストは、Yao Hong とWarren Mok。CHINA DAILY > Beijing Weekend Guide(2009.4.11)

 5月1日と4日に北京の中国国家大劇院 (National Center for the Performing Arts)で《ボエーム》に出演することが、3月26日に、ヴィットリオ・グリゴーロのホームページで発表されました。全く予定に入っていませんでしたから、なにかしがらみのある公演なんでしょうか。NCPAのサイトでは、現時点で、グリゴーロの名前もその他のキャストも発表されてません。
 

続きを読む


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヴィットリオ・グリゴーロのカッシオ・ハイライト(3) & カーテンコール [オテロ]

『たくましい身体と最高にフレッシュな声のカッシオ、ヴィットリオ・グリゴーロは、最良の発声と魅力的な響き(音色)によってこの役の可能性をすべて引き出した。......2006.3 L'operaレビュー』
*写真をクリックするとビデオクリップにリンクしています。

3幕:ヴェネツィアの使節ロドヴィーゴが、本国の総督からの書簡を手渡す......


4幕:ついにオテロはデズデーモナを殺してしまう.....+カーテンコール

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヨナス・カウフマンとヴィットリオ・グリゴーロのカッシオ [オテロ]

News!Deutsche Oper Berlin来シーズン2010年2月20,26日.La Traviata出演 (2009.4.23)

 ヴィットリオ・グリゴーロのカッシオ・ハイライト、まだ続きますが、ちょっと休憩。この時のイタリアのオペラ雑誌をひっぱりだしてみたところ、普通は、カッシオ程度の役ですと、「誰それがカッシオ」と書いてあるだけがほとんどだと思いますが、グリゴーロのカッシオについては、「こんな偉丈夫で、声も歌唱も魅力的なカッシオは、見たことない....」みたいに、ちゃんと絶賛されてました。
 カッシオは、主役級の歌う役ではありませんが、巷で人気の高いヨナス・カウフマンは好んで?歌っているようです。なぜかは分かりません....気が楽だから?それとも将来オテロを歌うため? カウフマンは、ミュンヘン出身のドイツ人ですが、イタリアオペラの方が好き!なんだそうです。そろそろ歌うことにしたようですが、ワーグナーとかは極力避けているようですから、イタリアオペラなら端役でもなんでも歌いますってことかもしれません。カウフマンとグリゴーロの「ハンカチの歌 "Miracolo vago dell'aspo e dell'ago"」のビデオクリップを作ってみました。
*下の写真をクリックするとリンクしています。↓


 カウフマンはグリゴーロより、ずっと、ずっと前から知っていて、映像はほとんど見ていますが、興味はあるけど好きにはならないタイプかな。理由は、この声に魅力を感じないってことなんです。苦しくないんだろうけど、苦しそうに感じるのが好きじゃない。それから、ぱっと見カッコいいんですが、このビデオでも分かりますが(暗くてわからない?)、なぜか動きが決まらないというか、よく動くんですが、演劇的にピシっと決まらない、オペラチックじゃない....家庭も舞台上も同じなんじゃないのかな......というのも魅力半減。YouTubeで検索すると、同じプロダクションの「乾杯の歌」がアップされています。なかなかの酔っぱらいぶりで面白いんですが......ダボダボの白い軍服も格好良くない......し、グリゴーロの「乾杯の歌」と比べると.......普通のカッシオですね。

★パリ 2004.3,James Conlon指揮,Andrei Serban演出,Peter Pabst舞台,Graciela Galan衣装
 Vladimir Galouzine,Barbara Frittoli,Jean-Philippe Laffont,
Jonas Kaufmann
この演出にはクーラもグリゴーロも出て欲しくない....オテロは首狩り族の酋長なのか、エズルターテで、生首さげて出て来るって、悪ふざけがすぎます。

★バルセロナGran Teatre de Liceu,2006.2.9〜27 Antoni Ros-Marba指揮, Willy Decker演出
 José Cura ,Krassimira Stoyanova, Lado Ataneli,
Vittorio Grigolo

関連記事:チューリヒの三大若手テノール
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヴィットリオ・グリゴーロのカッシオ・ハイライト(2) リハーサルの写真 [オテロ]

 ヤーゴは、オテロが、カッシオとデズデーモナとの関係を疑うように仕向け、まんまと罠にはめる。

※参考Otello libretto  スコア

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヴィットリオ・グリゴーロのカッシオ・ハイライト(1) [オテロ]

 2006年2月9日から27日全7公演、バルセロナ・リセウ大歌劇場、ヴィリー・デッカー演出、ホセ・クーラ主演の《オテロ》にカッシオ役で出演。カッシオは、テノール歌手がデビュー間もない若いときによく歌う役です。ドミンゴも(クーラも)歌っています。グリゴーロの場合、若い(28〜29才)とはいえ、すでに《愛の妙薬》のネモリーノ、《コジ》のフェランド、《リゴレット》のマントヴァ公爵...というように主要キャストを歌うテノールに成長していましたし、2006年3月発売の"pOpera"のアルバム発売に向けての忙しい時期(プレミエ前日にロンドンでアルバム宣伝のためにTV出演している)でしたが、それでもこの公演に出演したのは、それだけ魅力的な《オテロ》だったということだと思います。
 カッシオの部分だけのハイライト版を作りました。下の写真をクリックするとビデオクリップにリンクしています。

1幕1場:ここは、最初にちょっと歌うだけですが、最後の最後までカッシオを目立たせる演出になってます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

チューリヒ中央駅の椿姫・メイキング・ハイライト [チューリヒ中央駅の椿姫]

前にも紹介した、メイキングの抜粋版、リハーサル風景とグリゴーロの短いインタビューをYouTubeにアップロードしました。最近は、ちゃんとHQ(高画質)してくれますので、かなりきれいです。
YouTubeの動画にリンク
↑写真をクリックするとリンクしています。前の記事の再生リストからも視聴できます

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヴィットリオ・グリゴーロのエドガルド・ハイライト 6重唱と怒り爆発!テーブル返し [ランメルモールのルチア]

先日エドガルドのハイライト版をYouTubeにアップロードしましたが、やっぱり、あの結婚式乱入の場面がないと.....ということで、作ってみました。この場面はチューリヒ歌劇場のサイトに"Video example"として、ほんの一部がビデオクリップでアップされていますので、それと舞台写真を利用してiMovieで作ってみました。本当に逆上しているエドガルドにはめったにお目にかかれませんが、これは、迫力満点!「テーブル返し」もありますし....


日本語字幕付き、イタリア語キャプション付きです。イタリア語のキャプションは、マークのところでオンにして下さい。パソコンの性能とネット環境によりますが、HQマークを赤(高画質)にしてご覧ください。

続きを読む


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヴィットリオ・グリゴーロ のアルフレード・ハイライト [チューリヒ中央駅の椿姫]

★4番目のクリップが絵と音声がズレズレ、理由はわかりませんが、こういう状態の時は、一から作り直さなければだめなんです。気持ち悪いので作り直してアップロードしましたが、ちゃんとシンクロしました。(2009.4.12)

YouTubeにアップした動画を「埋め込み」していますが、画面はデフォルトだと4:3なので、16:9に直しました。すっきりしていいでしょ。



イタリア語キャプション付き。イタリア語のキャプションは、マークのところでオンにして下さい。パソコンの性能とネット環境によりますが、HQマークを赤(高画質)にしてご覧ください。かなりきれいです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヴィットリオ・グリゴーロのエドガルド・ハイライト [ランメルモールのルチア]

チューリヒ歌劇場の舞台写真は、かなり解像度が高いので、iMovieで遊んでみました。写真の枚数が少ないので、ちょっと苦労しましたが、最後の場面は、けっこう泣けますよ。

日本語字幕付き、イタリア語キャプション付きです。イタリア語のキャプションは、マークのところでオンにして下さい。パソコンの性能とネット環境によりますが、HQマークを赤(高画質)にしてご覧ください。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽