So-net無料ブログ作成
検索選択

悪趣味!たいくつさせない独創的な『ワルプルギスの夜』...マクヴィカー演出 [ファウスト]

★3月には出すと約束した"new アルバム"はどうなってるの...というpOperaファンの詰問に対してグリゴーロのコメントが出ました。期待されるのもつらいわね....オペラアリア集も出して下さい!この方が簡単でしょ。(2009.3.29)

★CD発売のニュースもないし、グリゴーロもどこでなにをしているやら...というのでファン・フォーラムの常連さんたち、しびれをきらしているようですが、昨日フォーラムにメッセージがありました。CDについてはなにも言及していませんが、《海賊 il Corsaro》、ベッリーニの《海賊 il Pirata》ではなくてヴェルディの《海賊》をお勉強中だそうです。恐らく2、3年後にどこかで歌う予定なんでしょうね。来シーズンはチューリヒで《ルイザ・ミラー》もありますし....(2009.3.28追記)

 グノーの《ファウスト》の5幕前半の『ワルプルギスの夜』というバレエはカットされる場合も多いようです。普通は次々と美女、クレオパトラとかトロイのヘレン、フリネが登場して官能的な踊りでファウストを誘惑するという趣向で、7曲もあって、続けて演奏されますが、その都度、拍手もあったりしますので、約20分くらいかかります。はっきり言って、けっこうたいくつなものなので、カットすることも多いということなんでしょう。

↑写真をクリックするとYouTubeにリンクしています。ここまでは、バレリーナも皆可愛らしい....
最初のメフィストと合唱の「夜が明けるまでは」が好きです。
 バレンシアでグリゴーロが歌った《ファウスト》は、2004年にコヴェントガーデンで上演されたマクヴィカー演出のものですが、この『ワルプルギスの夜』が、実にユニーク。マクヴィカーは、若返ったファウストがやってきたことをこのバレエで再現、最初は、かわいらしいバレリーナたちが優雅に踊ってますが、そこに大きなお腹をかかえた臨月の踊り子登場.....皆に笑い者にされ、いじめられます。次にファウストが殺したヴァレンティン登場、またまた踊り子たちにからかわれ刺されます。その後は、踊り子と見物客の男たちが、ハチャメチャ乱痴気騒ぎ...はい、いつものマクヴィカー調の悪趣味だけどたいくつじゃないユニークな『ワルプルギスの夜』なんです。それから、メフィストはクレオパトラとかの美女に混ざって、「美女」になってます。コヴェントガーデンでは、ブリン・ターフェル、バレンシアではシュロットが女装を披露しています。
 バレンシアの劇場のサイトに写真がたくさんダウンロードできるようになっていますので、せっかくですから、写真をつなぎあわせて音楽をつけてみました。グリゴーロ&シュロットのは残念なことに手に入りませんので、2004年のアラーニャ&ターフェルのを使わせてもらいました、ターフェルのゲテもの「そのまんま女装」も捨て難いので、最初にちょっと残しておきました。みとれちゃいますよ。

↑写真をクリックするとYouTubeにリンクしています。
ここからマクヴィカーお得意の悪趣味のはじまり、はじまり〜ファウスト君もいやがってます。

 コヴェントガーデンとバレンシアで、違うところを発見。最後にマルガレーテが赤ちゃん(人形)をかかえて出て来て、バレリーナさんたちが、奪ってくちゃくちゃにするんですけど、バレンシアでは、マルガレーテが抱いている赤ちゃんもきれいな白い布でくるんでましたし、その赤ちゃん(人形)を小さな棺に入れます。それから、お約束のマルガレーテの首の赤い紐がなぜかROHの初演ではしていませんでしたが、バレンシアでは首に赤いリボンをしてました。これはフィナーレの牢の場面でも同様でしたが、まさかマルガレーテ役のゲオルギューの衣装係さんが忘れた...なんてことはないですよね。すでにROHでは再演しているようですが、どうだったんでしょう。アラーニャとグリゴーロを比べると、アラーニャが子供体型で年をくってるのにカワイイです。グリゴーロはスタイルがいいですね。

バレエは、以下の7曲ですが、マクヴィカー演出では、多分2番目の曲をカットしています。あんまり長いと、やり過ぎになっちゃいますから、その方がいいでしょう。
1.ヌビア人の踊り
2.クレオパトラと黄金の杯
3.ヌビア奴隷の踊り
4.クレオパトラとその奴隷たちの踊り
5.トロイの娘たちの踊り
6.鏡の踊り
7.フリネの踊り

★今まで視聴した(TVとかDVD)マクヴィカー演出のオペラ:
・シェーファー&M.アルバレスの《リゴレット》:
NHKが放送するのに、一部映像を差し替えたほどの場面がありました。(男の全裸?)
・フォン・オッターの《カルメン》:
インテリ然としたオッターがいやらしいオレンジの食べ方をしたり、妙な踊りを踊った。
・《魔笛》:
これは悪趣味な場面ってあったかしら?
・ザルツブルグ音楽祭《ホフマン物語》:
ホフマンが薬中毒の設定、ルッジェーロ・ライモンディが悪漢4役だったので、BSでの放送を期待したが、未だにされてない.....
《ドン・ジョヴァンニ》もありますが、すぐに思いつくのは以上の作品かな....
※最初の文章中でもリンクしていますが、交流ブログ”FOOD FOR SOUL"にマクヴィカーについての記事『売れっ子オペラ演出家、デイヴィッド・マクヴィカーについて』があります。

ついでに:
グノーの《ファウスト》のメフィストはバス歌手の重要なレパートリーですので、ルッジェーロ・ライモンディも若い時から歌っています。ロールデビューは、1966年(24才)フェニーチェ座、ピエロ・ファジョーニ演出で、大成功をおさめました。この「ワルプルギスの夜」は、カットされたり短縮されることが多いのですが、1971年のNYメトロポリタン歌劇場の公演の録音(inHousu)がありましたので、バレンシアの舞台写真のBGMにしてみました。写真もiMovieで動かしてみました。ほとんどシュロットですが、アップにしてもかなりの美女ぶりじゃないですか....YouTubeでご覧いただけます。
★NYメト,1971.10.4,Alain Lombard指揮,Domingo,Renata Scotto,R.Raimondi, Kostas Paskalis,Frederica von Stade
ライモンディのメフィストは、ミュンヘンでも大人気だったとか...YouTubeにちょうどこの場面がアップされていました。私も映像で見るのははじめてです。バレーのカット版です。Francisco Araiza sings FAUST Nuit de Walpurgisフランシスコ・アライサのファンのようです。簡単に誰でもビデオをアップできるようになって、貴重な映像が出て来ますね
★ミュンヘン,1988.1,Giuseppe Patane指揮,Pier-Luigi Pizzi,Francisco Araiza,Carol Vaness,,Ruggero Raimondi

 

バレンシアの《ファウスト》舞台写真:699枚も..... [ファウスト]

★5月1日と4日に北京で《ボエーム》に出演。他のキャストは中国人歌手ってことかな.....(2009.3.26)

★かんじんな場面の写真がない!と思っていましたが、ありました。グリゴーロが写っているのだけでも100枚近く見逃してました。もう、ありすぎ....疲れた...頑張って、追加でアップしました。(2009.3.24)

 すでにヴィットリオ・グリゴーロのホームページのフォトギャラリーには、《ファウスト》の舞台写真が掲載されていますが、劇場のサイトにも舞台写真のデータがダウンロードできるようになっています。違う写真もあるかも.....ということでダウンロードしました...というか完全にはダウンロードできてませんが.....とにかく半端じゃない枚数なんです...修学旅行の写真じゃないんだから(私たちの時代は写真屋さんが同行してたんです)....とにかくバチバチ撮りまくっているだけの写真みたいなんです。ダウンロードできただけでも699枚...zipで圧縮してあるんですが、解凍の途中で、「不正ななんたらが....」ということで、数回試みてみましたが、完全にはダウンロードできていないようです。どなたか、完全にダウンロードできた方がいらっしゃるかしら.....モンクはこのくらいにして、まあまあかな...という写真を紹介します。
※クリックすると拡大します。⊕マークが出る場合は、クリックすると更に大きくなります。
vittorio Grigolo,Erwin Schrott,Alexia Voulgaridou,Gabriele Viviani,Ekaterina Gubanova
まず、カーテンコールの写真。マクヴィカー演出の《ファウスト》は、最後に、老人に戻ってしまうという設定なんですが、この写真を眺めていると、いつものグリゴーロでしたら、カーテンコールは、元気に小走りに....ですが、よたよたとおぼつかない足取りで出て来たんでしょうね....なりきりグリゴーロ君、共演者の皆さん笑ってますよ。

楽譜を見てますから、ファウストは老音楽家。メフィストに魂を売って青春を取り戻す契約する。そして、若き日の思い出のつまった箱に入ると....

はい、若者になって、箱から元気よく飛び出して来ました。

2幕。メフィストは一同に酒をおごり、「マルガレーテのために」と乾杯する。ヴァレンティンは怒って剣で斬りつけるが、折れ、驚いた一同は去ってしまう。そこにファウストが現れ、「マルガレーテに会わせて欲しい」と頼む。ここで、ファウストは左上の写真(残念なことに後姿ですが)のように「ばい菌マン」のようなふざけた格好をして出て来ます。この写真ではすでに帽子は脱いでいるが、悪魔君の帽子をかぶって出てきて、メフィストもあきれ顔...という、ほんの数秒ですが、お笑いの場面なんです。(参考までに下にその「ばい菌マン」のファウストの写真を載せておきます)そして、最後の「ワルツと合唱」のシーンはキャバレーで、マルガレーテは、そこでウェイトレスをやっているという設定です。


有名なアリア「清らかな住まい」を歌っています。なんと17枚も写真がありました。歌があれば動画にできるのに....


ファウストの愛の告白にも「また明日...」とつれにない素振りでしたが、ついにファウストのものに、「宝石」と押しの一手で成功!...ほくそえむメフィスト

戦地から帰って来たマルガレータの兄ヴァレンティンは、ファウストの子を妊娠している妹の様子を見て激怒し、ファウストに決闘を挑む。ファウストは「怖いよ〜」としり込みするが、メフィストの力でファウストは決闘に勝ち、ヴァレンティンは妹を呪いながら息を引き取る。前の幕のさわやか好青年が一変して、生気を吸い取られた形相で、メフィストに操られていますね。

[ワルプルギスの夜」、かなりエログロなダンスが繰り広げられますが、その間、ファウストはずっとプロンプターボックスに座って見ています。かなりの枚数の写真がありますが、全部後ろ向き.....辛うじて横顔が見える写真がありました。グリゴーロもまじかでかなりえげつないシーンを見せられて辟易していたかも.......

女装のメフィスト.....ブリン・ターフェルの時は、女装してもターフェルでしたが、シュロットは、女に見えなくもない...かな。

気が狂って自分の子供を殺してしまったマルガレーテは、牢の中にいる。そこに自責の念にかられたファウストが会いにやってに来る。マルガレーテは、再会を喜び、「あなたのやさしい手が私を抱き寄せる」と過ぎ去ったたのしい日を夢見ながら歌う。

メフィストがやって来て、「夜が明けると破滅だぞ」と三人三様の三重唱となる。マルガレーテは、ファウストと一緒に行くことを拒否して、最終的にマルガレーテの魂は救われる.....マクヴィカーの演出は、「夢オチ」なので、ファウストは元の老人に戻るという結末のようです。↓↓↓↓


すごい枚数の写真でしたが、普通、こういう舞台写真は、ソリストがメインですが、合唱団、ダンサーたちの写真もたくさんありました。興味のある方は、2008-2009 SeasonのFaustでダウンロードできます。
しかし、写真だけでなく、歌の一部でもいいですからアップして欲しいです。グリゴーロの「この清らかな住まい」は、どのレビューも好評だったんですよ。聞きたい!です。

関連記事:バレンシア:グノー作曲《ファウスト》


ヴィットリオ・グリゴーロのエドガルドは(ある面では)パーフェクト!..... [ランメルモールのルチア]

★次のオペラ公演、5月31日と6月2日のアヴィニョン歌劇場での《ルチア》のルチアはデジレ・ランカトーレ(Désirée Rancatore 1977- )になりました。最初は、アニック・マシス、それからエカテリーナ・シウリナと発表されていました。(2009.3.14)

 イタリアのオペラ雑誌(2月号 N.234)に、今頃、チューリヒの《ランメルモールのルチア》のレビューが掲載されました。9月〜10月の公演ではなく、12月の公演です。表題役のエレーナ・モシュクは風邪でキャンセルで代役はJessica Pratt、1979年ブリストル生まれだそうです。
この写真、なんともいえない雰囲気がありますね。アンジェラ・ゲオルギューじゃないけど、まさに"bello e bravo"です。

★2008年12月26,28日:Damiano Michletto演出,NelloSanti指揮,Jessica Pratto,Vittorio Grigolo,Massimo Cavalletti

続きを読む


ゲオルギューとグリゴーロ★☆Rai3のラジオ番組"La Barcaccia" [インタビュー&記事]

 ヴィットリオ・グリゴーロのホームページにバレンシアの《ファウスト》の舞台写真がたくさん掲載されましたが、他には、なんの発表も無しです。オペラの予定は、5月31日まで何もありませんし.....2枚目のアルバムに関しても、なんの情報もなし.....なので、雑談.....


 ローマの《椿姫》で、とても相性のいい素晴しいカップルだったと言われているアンジェラ・ゲオルギューとグリゴーロ....ゲオルギューがグリゴーロについてインタビューで喋っていますので、それと、ゲオルギューのホームページの山ほどあるプライベート写真から、グリゴーロと一緒の写真を頂いてきましたので、合わせてアップします。

ポップツァーから、1年数ヶ月ぶりのオペラ復帰となったローマ歌劇場の《椿姫》は、ゼッフィレッリの演出ということで、チケットは発売と同時に完売、その後も、ロベルト・アラーニャのキャンセル、フィリアノーティの入院騒動とかで、開幕前からいろいろ話題になった公演でした。イタリアのRAI3のラジオ番組 "La Barcaccia"がアンジェラ・ゲオルギューにインタビューしていますが、グリゴーロについてちょっと話していますので、その部分だけ抜粋しました。
インタビューは右の音声ファイルをクリックして下さい。右上の写真、大人が自分のことはそっちのけで話ているのがつまらなくなってふざけている子供ってかんじですね。ゼッフィレッリの命令でお髭をのばしてますが、髭がなかったら、少年ですものね。

ゲオルギューが一人で喋っているようにちょっと脚色して紹介します。

『そう、グリゴーロ君とは、ロンドンで会ってるんです。BBCのプロムスで私のコンサートがあったんだけど、そこで彼は自分のカンツォーネを歌ったのよ、それは、素晴しい声で、音楽的センスも抜群だし、しかもハンサムな青年なんで吃驚だったわ。ロベルトに言わない方がいい? 嫉妬されるからって.....大丈夫よ。もちろんロベルトは、焼きもちやきだし、私だってそうよ。皆さんもそうでしょ。だけど、これはお仕事なんだから....共演者が"belli e bravi"なのは最高なことでしょ。(ホホホホ) ちょうどロベルトは《マノン》でネトレプコと一緒だし、私はグリゴーロ君と一緒だし....って、それってどういう意味よ.....もおぉぉぉぉぉぉ、なにをおっしゃいますか....私は、いつも歌っているだけ、ニューヨークでもとても素敵なヨナス・カウフマンと《椿姫》で共演したんですからね。世界中の、ロベルトと同じように"belli e bravi"なテノールと歌うのは当たり前のことでしょ。』

 こんなことを言っているようです。ゲオルギューは終始とてもご機嫌でした。全部聞いてみたい方は、YouTubeでどうぞ。Angela GHEORGHIU - Interview about La Traviata in Roma 2007
 レナート・ブルゾンの"bis"についてしつこく聞かれていますが、「とにかく吃驚しただけよ...」とかなんとか、今後の予定も語っています。同時にグリゴーロのインタビューも放送したようですが、残念ながら音源はありません。しかし、グリゴーロのホームページのゲストブックに「椿姫も見に行ったし、"La Barcaccia"も聞きました....とても愉快なユーモアのある人なんですね....」というようなコメントがあります。

 RAI3のラジオ番組"La Barcaccia"は、話題のオペラ公演の紹介とか、オペラ歌手をゲストに招いたり、電話インタビューしたり、また、"perla nera"というコーナーでは、ケッサク歌唱を放送したりしています。ケッサクというのは「ひどくこっけいなこと」のほうです。
 グリゴーロも2007年10月9日にゲスト出演しています(写真左)。ワシントン・ナショナル・オペラの《ボエーム》でセンセーショナルな成功を収めましたが、イタリアでは話題になっていなかったようです。しかし、番組で"Che gelida manina"が流され、素晴しい歌に衝撃を受けたとか、この声の虜になったとか....オペラ関係のフォーラムで語られていました。

★アンジェラ・ゲオルギューのフォトアルバムから(クリック拡大)
写真上左・中:2007.4.17.ローマ..ということは《椿姫》の記者会見かな....
写真上右:2007.4.20.ローマ..ということは《椿姫》プレミエ後の会食かな...
写真左:2008.4.15.プライヴェートでも親しく付き合ってるってことかな..


メモ:
Angela Gheorghiu(1965.09.07- ルーマニア)
Roberto Alagna(1963.06.07- フランス )
Vittori Grigolo(1977.2.19-イタリア)

関連記事:
《椿姫》椿姫》アルフレード:ゲオルギュー+ブルゾン ☆VideoClip☆写真集
2007年ローマ、ゼッフィレッリ《椿姫》のドタバタ舞台裏:ゲオルギューの相手役は...
2006 プロムス BBC PROMS :最終日ロンドン・ハイドパーク(2006.9.9)


グルベローヴァの《ルクレツィア・ボルジア》に急な代役:グリゴーロのジェンナーロ [ルクレツィア・ボルジア]

★グリゴーロのHPのゲストブックに「ありがとう!」メッセージが掲載されました。(02/03/2009 07:59)

★レポートが出ました。『すばらしいテノール、しかも最高水準の声による、様式破壊だ』.....記事に追記しました。(2009.3.2)

★ミュンヘンの篠の風様のブログ"Mein zweiter Blog"に28日の公演の様子が書かれています。とても盛り上がったいい公演だったそうです。(追記)


iPhone/iPad用mp3

iPhone/iPad用mp3
♪テンポが違い過ぎ....WNOはドミンゴ指揮でした。レビューでも好評でしたよ。
 今、バイエルン国立(州立)歌劇場では、グルベローヴァ主演の《ルクレツィア・ボルジア》を上演中だそうですが、ジェンナーロ役のパヴォウ・ブレスリク(Pavol Breslik 1979年生)の代役で、急遽28日だけ、ヴィットリオ・グリゴーロが出演することになりました。クリストフ・ロイの演出ですから写真を見れば分かりますが、あの《ロベルト・デヴリュー》路線の演出のようです。

★2009.2.28のキャスト
指揮者: Bertrand de Billy
演出: Christof Loy
舞台: Henrik Ahr
衣裳: Barbara Drosihn
振付 :Thomas Wilhelm
照明: Joachim Klein
合唱: Andrés Máspero

Don Alfonso: Franco Vassallo
Donna Lucrezia Borgia: Edita Gruberova
Gennaro: Vittorio Grigòlo
Maffio Orsini :Alice Coote
Jeppo Liverotto: Bruno Ribeiro
Don Aposto: Gazella Christian Rieger
Ascanio Petrucci :Christopher Magiera
Gubetta: Steven Humes
Oloferno Vitellozzo: Erik Årman
Rustighello: Emanuele D'Aguanno
Astolfo :Christian Van Horn

The Bavarian State Orchestra
The Chorus of the Bavarian State Opera
(公演日程:2月23,28, 3月5,10,15日)

 2月23日のプレミエは、ライヴ放送されましたので、ジェンナーロの1幕の部分の音声ファイルをアップします。グリゴーロのジェンナーロは非常に好評でしたので、WNOの放送を首を長くして待っているんですが、まだなので、ほんのちょっとしかないのが残念です。それに合わせて、パヴォウ・ブレスリクのもちょっとだけです。若くて見栄えのいいジェンナーロはめったにいませんので、比較してみたくなります.....グルベローヴァがはじめてルクレツィア・ボルジアを歌った時のジェンナーロは、ホセ・ブロスだったんですが、ずいぶんタイプが違うジェンナーロじゃないですか。

 ブレスリクはグリゴーロより2才年下ですので、今後のレパートリーはどのような方向で行くのか分かりませんが、今のところ、モーツァルト歌手なんでしょうか....若くて容姿も良くて有望な歌手であることは間違いないのでしょうが、私は、けっこう前から、なんとなく放送とかで見聞きしていますが、まあ、特別な何かを感じるには至りませんでした。

 上のブレスリクのジェンナーロの上半身裸ですが、これは、1幕としか思えませんが、なぜシャツを脱いでるんでしょう.....グリゴーロのジェンナーロは、毒を盛られて死ぬ場面で上半身裸でした。グリゴーロの方が、身体がひきしまっていますね。ブレスリクはお腹のあたりが、グリゴーロのような「スポーツマン的外見」とは言えない.....。グリゴーロは、筋トレはしてないそうですが、オペラに出演していないときは、スポーツにいそしんでいるんでしょうね.....

 そういえば、パヴォウ・ブレスリクの《イドメネオ》もありました。この記事で紹介しています。変な演出でいただけませんでした。レパートリー的にはライナー・トロストと似たタイプですね。


★レポート:Düsterer Triumph – Edita Gruberova in Christof Loys Münchner „Lucrezia Borgia“
彼女(グルベローヴァ)がこのように絶好調でありえたということは、共演者もまた負けていられなかったわけだ。いやらしい夫ドン・アルフォンソ役Franco Vassalloはバリトンらしい威厳と品格があり、Alice Cooteは完璧でない部分がちょっとだけあったけど、豊かなメゾだったし、Vittorio Grigòloは非常に熱いジェンナーロだった。この役は確かにプッチーニの英雄的なテノールと時に混同されるようで、ついにはヴェリズモ的泣きをもおそれなかった。すなわち、すばらしいテノール、しかも最高水準の声による、様式破壊だ。
純粋主義者に誉められるより、一般の観客を沸かせることの方が難しいと思います。「すばらしいテノール、最高水準の声による、様式破壊」....これはグリゴーロの意図するところで、最高の褒め言葉だと思います。
ミュンヘンの篠の風様のブログ"Mein zweiter Blog"にも「プレミエより....今夜の観衆は彼のせいばかりでもないだろうが終始凄い湧きようで....」という記事がありました。篠の風様からは「彼は追いかける価値のある歌手だと思います。」という嬉しいコメントをもらいました。なにしろオペラのプロで、数々のソリストに接していらっしゃる方ですから。
やっぱり、グリゴーロは、共演者にもいい影響を与えるんですね。グリゴーロのゲストブックとフォーラムにも、ご覧になった方の「素晴しかった...」というコメントが寄せられています。どうやら一晩でミュンヘンの観客の心をつかんだようです。


関連記事:
ワシントン・ナショナル・オペラ《ルクレツィア・ボルジア》全記事
WNO《ルクレツィア・ボルジア》舞台写真:グリゴーロのフォト・ギャラリーより転載写真

《イドメネオ》アルバーチェ:ミョン・フン指揮☆超難しげなアリア MP3