So-net無料ブログ作成

《メリー・ウィドウ》イタリア語:カミーユ・ド・ロション☆写真+VideoClip [メリー・ウィドウ(伊語)]

フランツ・レハール作曲 "La vedova allegra メリー・ウィドウ" 2007年 12月20〜30 ローマ歌劇場

↑雑誌L'operaレビューにリンク
ダニエル・オーレン指揮
ヴィンチェンツォ・サレンメ演出 (Vincenzo SalemmeのHP)
ハンナ・グラヴァリ(裕福な未亡人):Fiorenza Cedolins
ツェータ男爵(ポンテヴェドロ国のパリ駐在公使):Marcello Lippi
ヴァランシエンヌ(ツェータ男爵の妻):Daniela Mazzucato
ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵(大使館の一等書記官):Manuel Lanza
カミーユ・ド・ロション(パリの伊達男):Vittorio Grigolo → 
カスカーダ子爵(公使館付随員):Armando Gabba
ラウール・ド・サンブリオシュ(パリの伊達男):Stefano Consolini
ニェーグシュ(大使館の書記官):Vincenzo Salemme

イタリア語だとオペレッタではなくてオペラに聞こえますね.....


オペラクリックのレビューと写真
彼については、『公演の勝利者はヴィットリオ・グリゴーロである。彼の演じるロション(よく性格的テノールに任せられる)は、声楽的にも演劇的にも充実したものであった。とても柔らかく優しいが声量豊かなレガートによって、情熱的で官能的な(特に"Wie eine Rosenknospe")ロションにふさわしく、また、第二幕の5重唱では、ずば抜けて素晴しいフレージングを聞かせた。』というように誉めています。

★舞台写真(グリゴーロのHPから):クリック拡大

★舞台写真(オペラクリックから):クリック拡大
Franz Lehar
Roma - Teatro dell’Opera: La vedova allegra
Operetta in tre atti Libretto di Victor Lèon e Lèon Stein
dalla commedia “L’attaché d’ambassade” di Henri Meilhac
Traduzione e libero adattamento di Vincenzo Salemme



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

《椿姫》ガストン:グリゴーロ23才(2000.4.29)☆★目立つガストン君ハイライトVideoClip [La Traviata 椿姫]

※ビデオクリップをYouTubeに移しました。(2009.2.26)

1999年の《ルチア》に続き、2000年、グリゴーロ23才の時の《椿姫》の映像が手に入りました。アルフレードではなく親友のガストン君です。私の目と耳が、グリゴーロに引き寄せられるからかもしれませんが、妙に目立っていて、脇役向きではないではないと感じました。

★ローマ歌劇場《La traviata 椿姫》2000年4月29,30 5月2,3日
指揮:エヴェリーノ・ピド
ローマ歌劇場管弦楽団、合唱団

キャスト:
ヴァレリー・ヴィオレッタ:デミトラ・テオドッシュ
アルフレード・ジェルモン:ロベルト・アロニカ
ジョルジョ・ジェルモン :ルーチョ・ガッロ
フローラ・ベルヴォア:ラウラ・ブリオーリ
アンニーナ: ラウラ・ベルタッツィ
レトリエール子爵ガストン:ヴィットリオ・グリゴーロ
ドビニー公爵 :Andrea Snarski
ドゥフォール男爵:Giuseppe Zecchillo
執事 - Riccardo Coltellacci

続きを読む


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

The Classical BRIT Awards2006 -ノミネーション発表式(2006.4.10)と授賞式(2006.5.4) [イベント、TV、ラジオ]

 "The Classical BRIT Awards"がどういう賞なのか、"Classical"というからにはクラシック音楽の、" BRIT"というからにはイギリスの賞なんでしょう....という程度しかわかりませんが、2006年の"The Classical BRIT Awards"のノミネーション発表式(2006.4.10)と授賞式(2006.5.4)両方にヴィットリオ・グリゴーロが出席しています。





※クリックするとグリゴーロの紹介文が読めます。
  「ローマ生まれのアレッツォ育ち」になってますが、
              「アレッツォ生まれのローマ育ち」です。
↑ヒゲのおじさん誰?、アリソン・バルソム(トランペット)、プラシド・ドミンゴ、ヴィットリオ・グリゴーロ

 2006年5月4日にロイヤル・アルバート・ホールで開催された授賞式には、プラシド・ドミンゴ、キリ・テ・カナワ、ローランド・ビリャソンも出席、演奏もしたようです。ドミンゴは"Lifetime achievementとCritics' award"2つの賞を受賞しました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

演劇的センスの良さと衝撃的歌唱:WNO《ルクレツィア・ボルジア》オペラ雑誌のレビュー [ルクレツィア・ボルジア]

★ここで取り上げた雑誌のレビューを書いたティム・スミス氏は、ボルチモア・サンとオペラ・ニュースにも投稿していました。比較するとなかなか面白いので、本文中に追記しました。(2009.2.16)

 2008年11月1〜17日のワシントン・ナショナルオペラの《ルクレツィア・ボルジア》は公演中に、次々たくさん評論が出ましたが、今回はオペラ雑誌(イギリス)のレビューです。ヴィットリオ・グリゴーロのジェンナーロの部分を抜粋します。
 『ジェンナーロ役のヴィットリオ・グリゴーロも、彼は彼なりに独特のスター性を発散していた。ヘアスプレーでぴんぴんの金髪にして、身体にぴったり合ったぴちぴちのディスコにふさわしいヴィンテージ物の、"Are You Being Served?" のすごく狂ったエピソードにでてくるハンフリーズ氏が見せびらかしていたものを彷彿とさせる衣装に身を包んだ、若いイタリア人テノールは、すばらしいセンスの良さでこの役を生き生きと描き出した。グリゴーロの声は"ping"がすごく効いていて、パワーがあふれている。しかし、数年前(2007年9月)に、この劇場で歌ったロドルフォのときと同様、彼の歌唱は、彼の発声の限界を超えているように感じる。この歌唱の電気ショックのような衝撃を楽しむのは簡単だが、支払われる犠牲について心配せずにはいられない。微妙な強弱感が比較的希薄なのももうひとつ気になるところだ。』

 筆者は、「発声の限界を超えているように感じる」とか「支払われる犠牲について心配せずにはいられない」とか言ってますが、これは、不覚にもグリゴーロの歌唱に惹き込まれて、ついつい楽しんでしまったのが、こけんにかかわるとでも思っているようなかんじですね。こんなに全力で歌っていると長持ちしないぞ....というのは、評論家の常套句ですが、これは、「素晴しい、感動した...」ということの裏返しではないかと思います。ますます聞きたくなりました。早く放送して下さい。
WNO,ドニゼッティ作曲《ルクレツィア・ボルジア》新演出 2008年11月1〜17日 全7公演
Plácido Domingo指揮,John Pascoe演出,Renée Fleming,Vittorio Grigolo,Ruggero Raimondi,Kate Aldrich

★追記(2009.2.16午後2時)
ティム・スミス氏は、オペラ評論家として、かなり活躍されている方のようで、WNO《ルクレツィア・ボルジア》に関しては、1紙と2誌にレビューを掲載しています。

ボルチモアサン(Tim Smith on November 2, 2008 10:23 PM )
悪名高いボルジアの息子であることを悲劇的な状況で知ることになる若者、ジェンナーロは、きゃしゃなグリゴーロが非常に生き生きと演じた。グリゴーロの歌唱には、もう少し微妙な音色がほしいところだが、刺激的な切迫感があった。このテノールは間違いなく「スター性」がある。

★メトの関連雑誌 Opera News(February 2009 , vol 73 , no.8)
フレミングは、ルクレチアが捨てた息子ジェンナーロ役のヴィットリオ・グリゴーロとの場面で、内面的な苦悩を効果的に伝えた。損な役回りの弱々しいテノールの役は、まさしく「スター性」そのものというべき躍動感あふれる非凡な演奏によって、正反対のものへと変わった。グリゴーロの輝かしく、響き渡る、大衆受けする声はこのオペラに大きな衝撃を与えた。彼の歌唱は、もっと強い強弱感と抑揚(ニュアンス)があれば、感銘度は倍増するだろう。

★イギリスのオペラ雑誌"Opera Now":今回取り上げたレビュー

 ティム・スミス氏は、今までいるのかいないのか分らないようなジェンナーロしか見たり、聞いたりしたことがなくて、グリゴーロのジェンナーロには演技、歌唱共に衝撃を受け、久々のスター性のあるテノールの出現を喜んでいることは明らかです。しかし、「もう少し、強弱感やニュアンスが欲しい...」ととってつけたような文章は矛盾していると思います。評論家として、ちょっとは批判しなくては...という評論家根性なのかもしれません。
 また、イギリスのオペラ雑誌にだけ、「心配性」というか「大きなお世話」の記述がありますが、これは、イギリスを意識しての評論ということでしょうか。そんな気がします。
 テノールというのは自然な声ではないわけで、「犠牲」を払って歌っているからこそ、そこに感激感動、惹かれるものがあるのだと思います。用心して歌っている歌唱は、何の魅力もなく、たいくつなだけです。声にとって、舞台の外での用心=節制は必要ですけど、舞台上では、長持ちさせて、細く長く稼ごうなんて考えている歌手の歌なんか聞きたくもないです。
 グリゴーロ自身も、30才そこそこの若さで、「 自分が歌うことを止める日はその時になれば判る。 オペラでは、声の調子は毎月、或いは突如変わる。」と語っています。

※ティム・スミス氏のグリゴーロのロドルフォ評はどんなものだったのでしょうか。
『クロスオーバーでも大いに前途有望、高い市場価値に生まれついた、イタリア人テノール、ヴィットリオ・グリゴーロは、9月17日、ケネディセンターオペラハウスで、その演技力と声の浸透力の両方で、最高の感銘をもたらした。彼の演じる愛すべきロドルフォは、激しさと傷つきやすさを兼ね備えていた。その声は、楽々とではないにしても、プッチーニの旋律線のうねりにしっかりと乗っていた。 "Che gelida manina" はデリケートなニュアンスにあふれていて、ものすごく新鮮に響いた。』



以下全文:
オペラ界ではまだスター性というものがけっこう重要な意味を持っている。そして、少なくとも合衆国では、ルネ・フレミングが最高のスターだ。ワシントン・ナショナル・オペラはこのソプラノの、彼女用に制作されたドニゼッティのルクレチア・ボルジアの刺激的な新演出での、この劇場へのデビューによって、チケットの売り上げを多いに伸ばし、ほくほくだった。11月1日、ケネディ・センターで、フレミングは、つややかな輝かしい響きと官能的なフレージングと情緒的な激しさのタイトルロールだった。時おり技術的な不安定さがあったが、特に低音域の豊かさが優れている、彼女の歌唱に、大きな悪影響を与えるものではなかった。フレミングは装飾音は抑制し控えめにした。この役で十年前にスカラ座にデビューして、天井桟敷から手ひどい扱いを受けたときに試みたように、より高い音へあえて飛ぶというようなことは全くしなかった。ルクレチアの優しく母性的側面を強調する役作りが効果的だったが、演出兼装置のジョン・パスコーが彼女のために制作したサドの女王のような徴発的な衣装のフィナーレとは合わなかった。

 ジェンナーロ役のヴィットリオ・グリゴーロも、彼は彼なりに独特のスター性を発散していた。ヘアスプレーでぴんぴんの金髪にして、身体にぴったり合ったぴちぴちのディスコにふさわしいヴィンテージ物の、"Are You Being Served?" のすごく狂ったエピソードにでてくるハンフリーズ氏が見せびらかしていたものを彷彿とさせる衣装に身を包んだ、若いイタリア人テノールは、すばらしいセンスの良さでこの役を生き生きと描き出した。グリゴーロの声は"ping"がすごく効いていて、パワーがあふれている。しかし、数年前にこの劇場で歌ったロドルフォのときと同様、彼の歌唱は、彼の発声の限界を超えているように感じる。この歌唱の電気ショックのような衝撃を楽しむのは簡単だが、支払われる犠牲について心配せずにはいられない。微妙な強弱感が比較的希薄なのももうひとつ気になるところだ。

 ルッジェーロ・ライモンディはアルフォンソ役にベテランの技を提供して、明瞭な人物像を創造した。(文字通り、怒ってルクレチアを容赦しなかった)声は力がなく集中力に欠けるし、高音はちょっとすりへっている感じだが、これらは、演奏スタイルのありあまるほどのすばらしさによって、大きな欠点とはなっていない。

 ケイト・オルドリッチのオルシーニは規模の大きなりりしい声とニュアンスのある美しい所作によって観客を興奮させた。乾杯の歌を魅力的に歌いあげ、"Onde a lei ti mostri grato"は特別に豊かな陰影を醸した。

 脇役のなかでは、ロバート・カントレル(グベッタ)とYingxi Zhang(ルスティゲッロ) があざやかだった。合唱とオーケストラは概して安定していた。プラシド・ドミンゴは正確さよりも情熱が勝った指揮をした。

 パスコーの演出は彼のどっしりした装置の中で、物事をスムーズに動かした。一部の衣装は少々目障りだったが、この演出は確かに見るべきものがあった。そして、またこの演出は、若いが一人前の男のあからさまな肉体関係を伴う色恋沙汰として見せつけられるジェンナーロとオルシーニの友情が、ゲイ感覚の好奇心をそそる説得力のあるものだった。(2009年3月:Tim Smith)


関連記事:WNO《ルクレツィア・ボルジア》
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヴィットリオ・グリゴーロ、スペイン・バレンシアのテレビ番組”NT9"に出演 [ファウスト]

 2月13日、《ファウスト》の公演の合間に朝のテレビ番組『NT9』に出演。下の写真をクリックするとビデオクリップが見られます。約13分です。※RTVVがリンク切れしましたので私の保存版をリンクしました。
 いつものように、オペラを若い人たちに見に来て欲しい...と語っています。イタリアに比べてバレンシアの観客は、若い人が多い...とか言っているようです。 いつも、積極的に『オペラ』の宣伝をしてエラいですね。

gri_TV_11.jpggri_TV_10.jpggri_TV_12.jpg
gri_TV_13.jpg
★グリゴーロの話したことの要約が掲載されています。
VITTORIO GRIGOLO: “EL PALAU DE LES ARTS ESTÁ HACIENDO UN GRAN TRABAJO ACERCANDO A LOS JÓVENES A LA ÓPERA”
キャスターは多分、journalist Xavier Carrau
- Juan Lagardera, periodista
- Santiago Delgado, periodista
- Merche Carneiro, Onda CERO

関連記事:バレンシアの《ファウスト》

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

バレンシアの《ファウスト》:グリゴーロとシュロットの若者コンビが大人気★レビュー [ファウスト]

 2月2日からバレンシアで上演されている、マクヴィカー演出の《ファウスト》は、いろいろなレビューやレポートがネット上に掲載されていますが、評判は上々、ヴィットリオ・グリゴーロのファウストも歌も演技も好評のようです。
←グリゴーロ(1977.2.19生)  ↑シュロット(1972生)


 この公演は、メインキャストが若い歌手ばかりというのも特徴ですが、これもバレンシアの観客を喜ばせているようです。カーテンコールでは、グリゴーロとシュロットのコンビが大人気で、拍手喝采だそうです。
また、下記レビューにバレンシアの観客層は、イタリアの劇場の約半分の平均年齢だったことが書いてあります。ということは、おそらく30才代の人が多かったということでしょう。これが、スペインの歌劇場全般の傾向なのか、若くて実力のある歌手の公演だったからか.....どちらかはわかりませんが、筆者がこの公演のレビューで客層が若いということを書いたということは、グリゴーロとシュロット効果だということを言いたかったのではないかと思います。若い人にもオペラを見に来て欲しい、といつも言っているグリゴーロにとっては、満足な公演だと思います。

★レビュー(伊):
Al Palau de Les Arts di Valencia il Faust di Gounod nell’allestimento di McVicar (2009.2.8)
scheda cast:Vittorio Grigolo (Faust) Alexia Voulgaridou (Marguerite) Erwin Schrott (Mephistophélès) Ekaterina Gubanova (Siebel) Annie Vavrille (Marthe) Mario Cassi (Valentin) Vittorio Prato (Wagner)
抜粋要約:
これは架空の話だが、芸術家ファウストの夢の話が演劇的あいまいさを超えた。こういうことは、演出家の意図を確実に表現できるキャストなしでは不可能だ。ヴィットリオ・グリゴーロのファウストは、声楽的には多少スピント気味だが、演劇的にはこの公演にはピッタリ。同様に、アーウィン・シュロットの身体的魅力と強力な声は最高に説得力のある悪魔を描いた。彼らに比べるとアレクシア・ヴルガリドゥのマルガレーテは、テクニックはあるようだが、ちょっと面白みがなかった。一方、フレデリック・シャスランの指揮は、伴奏に留まっており、グノーの濃厚な音楽によって表現されなければならないニュアンスに欠けていた。観客にとって驚異的な成功であり、その観客の平均年齢は、一般的なイタリアの劇場のおよそ半分である。Carlo Lanfossi
↑ナタリア・コヴァロヴァ(2004年Operalia優勝)
  アレクシア・ヴルガリドゥ(ギリシャ出身、1993年デビュー)→

   


関連記事:バレンシアの《ファウスト》

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

バレンシアの《ファウスト》インタビュー:テレビ放送★☆ビデオクリップ [ファウスト]

グリゴーロのフェイスブックに《ファウスト》のインタビューのビデオクリップが投稿されました。下の写真をクリックするとリンクしています。(リンク先をYoutubeにしました)

 ファウストのグリゴーロ、メフィストのシュロット、二人のマルゲリータのインタビューと舞台がほんのちょっとだけ見られます。皆、若い! 世代交代進んでますね......
 グリゴーロは、一所懸命スペイン語で喋ってますが、ちゃんと通じてるのかしら? ウルグアイ出身のシュロットは、スペイン語が母国語、ナタリア・コヴァロヴァ Natalia Kovalovaは英語? アレクシア・ヴルガリドゥ Alexia Voulgaridouは、イタリア語ですよね。二人ともどこの出身なんでしょう。(アレクシア・ヴルガリドゥ は、ギリシャ出身でした)

関連記事:バレンシアの《ファウスト

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

バレンシア《ファウスト》好調なすべりだし....(2009.2.2〜17) [ファウスト]

★2月13日、朝のテレビ番組『NT9』に出演。(2009.2.14記事)

★レビュー(伊):Al Palau de Les Arts di Valencia il Faust di Gounod ... (2009.2.8)
グリゴーロ、シュロット共に好調、若い観客に大人気。(本文に要約掲載 2009.2.11)
★レビュー(英):SEEN AND HEARD INTERNATIONAL OPERA REVIEW(2009.2.2)
若さと声と外見と演劇的才能に恵まれているグリゴーロは現代のオペラに望まれる理想型である。(本文に要約掲載 2009.2.11)
★レポート:Un ‘Fausto’ con frescura de juventud conquista Valencia(2009.2.11)

★下記インタビュー記事の日本語訳が、babyfairyさんのブログに掲載されました。非常に興味深い内容です。Vittorio Grigolo曰く、『若者達はiPodで「Coldplay」を聴くように、『椿姫』も聴くようにならなければならない』(2008.2.11)

★レポート:El Blog de Atticus'FAUST (Gounod) - Palau de Les Arts - 08/02/09 " 小さい舞台写真有り(2009.2.10)
★インタビュー記事:«Los jóvenes deberían llevar en el iPod la Traviata igual que Coldplay» (2009.2.9)
★レビュー"'La casa del diablo "追記しました。(2009.2.7)
★レビュー"'Faust' de concepción clásica "追記しました。(2009.2.4)

 ヴィットリオ・グリゴーロのホームページに「老ファウスト」に変身メイク中の写真が掲載されました。いつもながらのファンサービス、えらいですね。

グノー作曲《ファウスト》バレンシア:Sala Principal、2009年2月2, 5, 8,11, 14, 17日 全6公演
FAUST:
指揮

演出
キャスト:
Faust
Marguerite


Mephisto
Siebel
Marthe
Valentin

★詳細は
CHARLES GOUNOD
Lorin Maazel Frederic Chaslin
Kynan Johns (17)
David McVicar

Vittorio Grigolo
Cristina Gallardo-Domâs
Natalia Kovalova (2,5,11)
Alexia Voulgaridou
Erwin Schrott
Ekaterina Gubanova
Annie Vavrille
Gabriele Viviani
Mario Cassi (8,11,17)
バレンシアのサイト

 交流ブログの記事「ファウスト第一報」でも、グリゴーロのファウストは良かった....という友人からの報告だったそうです。
 本格的なレビューではありませんが、初日の印象と《ファウスト》の紹介記事です。スペイン語なので、ほとんど想像ですが、なかなか好評なようです。
Un 'Fausto' con frescura de juventud conquista Valencia
 babyfairyさんが要約して下さいました。→ファウストの批評1
Un "Fausto" realista y espectacular 紹介記事だけですが、小さいですけど写真があります。

 今後、レビューが出たら追記して行きます。

'Faust' de concepción clásica(2.4追記) 
 グリゴーロのファウストは良かった...、シュロットのメフィストは声が軽過ぎ?で合ってない....(違っていたら教えて下さい)
 babyfairyさんが要約して下さいました。→ファウストの批評2

★"La casa del diablo" (2.7追記)

★レビュー:"SEEN AND HEARD INTERNATIONAL OPERA REVIEW"
 主役のファウストは若いイタリア人テノール、ヴィットリオ・グリゴーロ(31才)。とても自然な軽いリリックテノールで、豊かな旋律を完璧に楽々と歌った。グリゴーロの非常に魅力的な外見とその若さと俳優としての才能によって、驚くほど敏捷なファウストが説得力のあるものになった。全てのハイCは楽々として、輝かしかった。開放音(?)が過剰になる傾向が多少あり、これが不必要なヴェリズモ的感触を与えるが、これを除けば、模範的なファウストと言える。若さと声と外見と演劇的才能に恵まれている彼は現代のオペラに望まれる理想型である。彼のキャリアは彼の知性と国際的大オペラ劇場から出演契約を引き出せるかどうかにかかっている。(José M Irurzun/alau de les Arts de Valencia 2. 2.2009)
観客は大満足で、グリゴーロとシュロットには、大歓声が巻き起こった...が、筆者は、シュロットのメフィストは、あまり感心しなかったそうです。(2.11追記)

★インタビュー記事:«Los jóvenes deberían llevar en el iPod la Traviata igual que Coldplay» (2009.2.9)
babyfairyさんが要約して下さいました。→Vittorio Grigolo曰く、『若者達はiPodで「Coldplay」を聴くように、『椿姫』も聴くようにならなければならない』(2.11追記)

★レビュー(伊):
Al Palau de Les Arts di Valencia il Faust di Gounod nell’allestimento di McVicar (2009.2.8)
scheda cast:Vittorio Grigolo (Faust) Alexia Voulgaridou (Marguerite) Erwin Schrott (Mephistophélès) Ekaterina Gubanova (Siebel) Annie Vavrille (Marthe) Mario Cassi (Valentin) Vittorio Prato (Wagner)
抜粋要約:
これは架空の話だが、芸術家ファウストの夢の話が演劇的あいまいさを超えた。こういうことは、演出家の意図を確実に表現できるキャストなしでは不可能だ。ヴィットリオ・グリゴーロのファウストは、声楽的には多少スピント気味だが、演劇的にはこの公演にはピッタリ。同様に、アーウィン・シュロットの身体的魅力と強力な声は最高に説得力のある悪魔を描いた。彼らに比べるとアレクシア・ヴルガリドゥのマルガレーテは、テクニックはあるようだが、ちょっと面白みがなかった。一方、フレデリック・シャスランの指揮は、伴奏に留まっており、グノーの濃厚な音楽によって表現されなければならないニュアンスに欠けていた。観客にとって驚異的な成功であり、その観客の平均年齢は、一般的なイタリアの劇場のおよそ半分である。

nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽