So-net無料ブログ作成
検索選択

いよいよWNOの《ルクレツィア・ボルジア》:11月1日から☆audio trailer★ビデオクリップ [ルクレツィア・ボルジア]

ワシントン・ナショナル・オペラのサイトにドレスリハーサルのビデオクリップが掲載されました。グリゴーロは金髪のツンツン髪です。ルクレツィアが居眠りをしているジェンナーロに心を動かされる場面とジェンナーロが、自分の身の上話をはじめる"Di pescatore ignobile..."のはじめの部分と最後の毒酒を飲んだとも知らずに陽気に歌うオルシーニ....これは素晴しい公演になりそう...(10.31追記)

29日にゲネプロも無事終了、予定のキャスト通りで初日を迎えられそうです。
 
ドニゼッティ作曲《ルクレツィア・ボルジア》新演出 2008年11月1, 5, 7, 9, 11, 15, 17日 全7公演

iPhone/iPad用"audio trailer for Lucrezia Borgia"mp3

指揮:プラシド・ドミンゴ
演出・舞台美術・衣裳:ジョン・パスコー
衣裳補:ティム・バロー
照明:ジェフ・ブルッカーホフ

キャスト:
ルクレツィア・ボルジア:ルネ・フレミング(1,5,9,11)
           :ソンドラ・ラドヴァノフスキー
ジェンナーロ:ヴィットリオ・グリゴーロ
アルフォンソ公:ルッジェーロ・ライモンディ
マッフィオ・オルシーニ:ケイト・オルドリッチ Kate Aldrich
ルスティンゲッロ:インシ・チャン Yingxi Zhang
キャスト詳細:ワシントン・ナショナル・オペラ

★オペラ劇場:ケネディーセンター

♪音声ファイル:オーディオ・トレーラー →
一種独特で面白い....
ワシントンポスト(写真)

関連記事:
ワシントン・ナショナル・オペラ新演出《ルクレツィア・ボルジア》チーム集合!
ワシントン・ナショナル・オペラ新演出《ルクレツィア・ボルジア》11月1日〜★MP3
驚異の122ロール!プラシド・ドミンゴ(3)

ワシントン・ナショナル・オペラ2007年開幕公演《ボエーム》関連
シカゴ・SUN TIMES記事:グリゴーロ発言に波紋 ★ニューアルバムはドミンゴと二重唱も
nice!(1)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

駅の伊達男 ヴィットリオ・グリゴーロ:スイスの雑誌 2008.10.27 Nr.44 [インタビュー&記事]

ヴィットリオ・グリゴーロ
駅の伊達男

オペラ界の新星イタリア人テノール、ヴィットリオ・グリゴーロ(31)は、チューリヒ中央駅の「椿姫」で前の週を興奮のるつぼにした。


数千人の通行人に加えて、577'000以上のライブ放送視聴者が釘付け。9番線ホーム、駅構内とカフェLes Arcadesは、一時、愛と苦悩の場となった。芝居上、ヴィットリオ・グリゴーロはその若々しい額にしわを寄せ、助けを求めて見上げ、胸の張り裂けるようなアリアを歌った。

続きを読む


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

プラットホームのアルフレード:31才 ヴィットリオ・グリゴーロ(2008.9.30) [インタビュー&記事]

前記事に続き、チューリヒでのインタビュー記事です。《チューリヒ中央駅の椿姫》のプロジェクトが実行される前のインタビュー記事ですが、ヴィットリオ・グリゴーロはこの企画の成功を確信していたようです。

ヴィットリオ・グリゴーロは、ローマでのゼフィレッリ演出の
《ラ・トラヴィアータ》の後、今、二度目のアルフレード役へ


★プラットホームのアルフレード★
ヴィットリオ・グリゴーロ(31)
イタリアの大きな期待のテノール
SF企画の普通じゃない"La traviata"で
目下、アルフレード役を演じている
チューリヒ中央駅のラ・トラヴィアータ
火曜日20:05、SF1/スイスHD/ARTE


流行の白い帽子の下、大きなパイロット眼鏡の後ろに隠れてヴィットリオ・グリゴーロはチューリヒ歌劇場の裏で私を出迎えた。年末にも、このイタリア人テノールはここで「ルチア」の舞台に立つ。ドニゼッティのオペラが彼のドイツ語圏スイスデビューである。Limmatstadt(チューリヒ市内のことらしい)に夢中だ。「ここの人の落ち着き、生活の仕方、が好きです。特に、スイスは一般的に外交上手な国なのがいいです」

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『筋トレは全然していません』『キスをしようとしたら.....』(2008.9.26) [インタビュー&記事]


↑Vittorio Grigolo"筋トレは全然していません"
 最新のインタビュー記事、チューリヒ歌劇場《ランメルモールのルチア》に出演中、《チューリヒ中央駅の椿姫》が実行される前のインタビューです。女性記者ならではの、なかなかいい質問をしています。インタビューの場所は、チューリヒ歌劇場の練習室みたいですね。

『僕はポペラで若者をオペラに近づける』

テノール、ヴィットリオ・グリゴーロ、《ルチア》と《ラ・トラヴィアータ》での彼の役、及び、彼のポップ・プロジェクトに関して

インタビュアー:フラヴィア・ジョルゲッタ
写真:Saskja Rosset
2008.9.26記事

Q:ヴィットリオ・グリゴーロさん、外は寒いです。風邪の予防はどうしていますか。
A:家から出ません(笑) うそです、普通にごく常識的なことをやっています。つまり、頭と足を常に暖かくしておくべきです。それから、声を守るためにちょっとしか話しません。

続きを読む


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

ワシントン・ナショナル・オペラ新演出《ルクレツィア・ボルジア》チーム集合! [ルクレツィア・ボルジア]

 ヴィットリオ・グリゴーロは、11月1日からはじまる、WNO新演出、ドミンゴ指揮《ルクレツィア・ボルジア》のリハーサル中です。彼のHPにチームの写真と指揮者のドミンゴと楽曲のお勉強中(右)の写真が掲載されましたので、もらってきました。
 《ルクレツィア・ボルジア》は、そうそう上演される演目ではないのですが、グリゴーロは初役、ルネ・フレミングは10年ぶり、ルッジェーロ・ライモンディは41年ぶりのアルフォンソ公、ドミンゴは初指揮。この《ルクレツィア・ボルジア》が縁で、グリゴーロを知った因縁の公演です。全キャスト、風邪など引かないように、お願いします。

 グリゴーロは昨年の開幕公演の《ボエーム》に続いてのWNO出演です。ジェンナーロ役は当初出演予定だったフィリアノーティがミラノ・スカラ座の《ドン・カルロ》に出演することにしたため、急に出演が決まったものですが、昨年のロドルフォが好評でしたから、ワシントンDCのオペラファンは、あの若くてキュートなグリゴーロが歌う..というので期待が高まっているようです。
 グリゴーロも今回のようなビッグなキャストに囲まれての仕事、特にライモンディとの共演は得るものが多いのではないかと思います。
★左の写真は、グリゴーロと Ruggiero Raimondi(アルフォンソ公)、John Pasco(演出)、 Rene Fleming (ルクレツイア)、 Placido Domingo(指揮)

関連記事:
ワシントン・ナショナル・オペラ新演出《ルクレツィア・ボルジア》11月1日〜★MP3
ワシントン・ナショナル・オペラ2007年開幕公演《ボエーム》関連
シカゴ・SUN TIMES記事:グリゴーロ発言に波紋 ★ニューアルバムはドミンゴと二重唱も


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BBCオンライン・ニュース・ビデオクリップ(保存用) [チューリヒ中央駅の椿姫]

New platform for opera audience
最終アップデート 09:12 GMT, 2008年10月1日 10:12 UK
BBCオンラインニュース


関連記事:《チューリヒ中央駅の椿姫》関連
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

"La Traviata" - Making of の抜粋ビデオクリップ [チューリヒ中央駅の椿姫]

※ビデオクリップ、前後にほんのちょっと追加しました。(10.18)

※ヴィットリオ・グリゴーロは、11月1日からのワシントン・ナショナル・オペラ新演出《ルクレツィア・ボルジア》のリハーサル中、R.ライモンディも出演しますので、本館に関連記事があります。

前記事で紹介したArteTvの『"La Traviata" - Making of』のストリーム配信、なんとかダウンロードしました。3時間5分に及ぶ長いものなんですが、私のパソコンでは、2時間半くらいはまともに読み込みますが、あとは、30秒ごとくらいにプチプチ切断されてけっこう大変でした。
 二人のウェブ・リポーターが、スタッフ、旅行者、見物人たちのインタビューを交えて、実際に《椿姫》を上演している最中の駅の様子を同時進行でレポート、同じ画面に《椿姫》の映像も同時に流しています。残念ながらドイツ語もフランス語も分りませんので、一般の人たちの反応は分りませんが、まあ、ちょっと面白いかな...というところを拾ってみました。
右の写真をクリックすると、約8分のビデオクリップ(Yahooブリーフケース)が見られます。画質はかなり落としています。

★見どころ:

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ワシントン・ナショナル・オペラ2007年開幕公演《ボエーム》全曲放送☆★MP3+写真集 [ボエーム La Bohème]

 念願だったヴィットリオ・グリゴーロの《ボエーム》、現在NPRのオンデマンドで全曲試聴可能です。

3."Dunque è proprio finita?"
 11月1日からの同劇場《ルクレツィア・ボルジア》出演に合わせての放送なんでしょうか。《La TraviataHB》に続き、嬉しいプレゼントです。
 グリゴーロは、このロドルフォ役は特に好きな役で、"The Times"の記者リチャード・オーエンに「コヴェントガーデンでボエームのロドルフォをぜひとも歌いたいと伝えてください。ただでやります。少なくとも最初の公演は。」なんて言ってます。コヴェントガーデンからはお呼びがかからなかったようですが、ドミンゴが総裁を務めるワシントン・ナショナル・オペラのニュー・プロダクション、しかもシーズン開幕公演で歌うことができました。野外でもテレビ中継され大好評だったようです。ということは映像もあるはずなのに....
参考:La Bohème 楽譜 リブレット

続きを読む


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

フランスarte.tvから《La TraviataHB》のインタビューとメイキングの新たな映像配信 [チューリヒ中央駅の椿姫]

 テレビで生中継された《La TraviataHB》は、オンデマンドで14日まで視聴可能"ですが、フランスのarte.tv"の《"La Traviata" à la Gare de Zurich 》のサイトに新しい映像が配信されています。
 ヴィットリオ・グリゴーロのインタビューもありましたので、それは頂いてきました。右の写真をクリックすると見られます。フランス語ですのでさっぱりわかりませんが....「山がマホメットのところに来ないなら、マホメットが山へいくしかない」というのはこのインタビューで言ったんですね。"マホメット" だけわかりました。ダイアモンドは、「金剛石もみがかずば珠のひかりはそわざらん.....」なんて言ってるわけはないですよね.......。
★インタビューの内容をbabyfairyさんが記事にして下さいました。→『グリゴーロ君のミッション』(10.14追記)
 その他3時間5分に及ぶ『"La Traviata" - Making of』は、二人のウェブ・リポーターが、スタッフ、旅行者、見物人たちのインタビューを交えて、実際に《椿姫》を上演している最中の駅の様子を同時進行でレポート、同じ画面に《椿姫》の映像も同時に流しています。この抜粋版が『"La Traviata" - Making of / Best of』で約18分です。
グリゴーロのインタビューは、arte.tvのサイトでご覧になると大きな画面で画質もいいです。
関連記事:《チューリヒ中央駅の椿姫》関連


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

《ボエーム》ロドルフォ:若い歌手たちの公演 ☆VideoClip [ボエーム La Bohème]

★News!NPRの "World of Opera," で全曲試聴(オンデマンド)できます。(2008.10.11追記)

プッチーニ作曲"ボエーム La Bohème " 2007年9月15〜30日 ワシントン・ナショナル・オペラ開幕公演



エマニュエル・ヴィローム Emmanuel Villaume指揮
マリウシュ・トレリンスキ Mariusz Trelinski演出
(新演出 ポーランド国立歌劇場との共同制作)

キャスト:
ミミ:アドリアーナ・ダマート
ロドルフォ:ヴィットリオ・グリゴーロ
ムゼッタ:ニコーレ・キャベル
マルチェッロ:ヒュン・ユン
コッリーネ:パオロ・ペッキオリ
ショナール:Trevor Scheunemann
ブノア:Jeffrey Tarr
アルチンドロ:Michael Nansel
参考:2007年9月15, 17, 19,20, 23, 25,27,29,30日全9公演
Mimì:Adriana Damato(15, 17, 20, 23, 29)/Sabina Cvilak/(19, 25, 27, 30)
Rodolfo:Vittorio Grigolo(15, 17, 20, 23, 29)/Arturo Chacón-Cruz(19, 25, 27, 30)
Musetta: Nicole Cabell(15, 17, 20, 23, 29)/Alyson Cambridge(19, 25, 27, 30)
Marcello : Hyung Yun(15, 17, 20, 23, 29)/Luca Salsi (19, 25, 27, 30)
Colline :Paolo Pecchioli(15, 17, 20, 23, 29)/Günther Groissböck (19, 25, 27, 30)
Schaunard :Trevor Scheunemann15, 17, 20, 23, 29)/Nathan Herfindahl(19, 25, 27, 30)


★レビュー:Heartbreak Hotel(Kate Wingfield 2007.9.20)
 小道具を極端に使いすぎるということはなかったし、プッチーニの曲のすばらしさだけが注目されるということもなかった。ロドルフォとミミが、春が来るまで一緒にいようと約束する、3幕の二重唱を歌うとき、二人の声は時空を超えて、何とも言えないほど美しい完璧な音楽だった。衣装や舞台の上のこまごまとしたがらくたはもはやどうでもよくなる。
 このような瞬間は、ロドルフォ役のヴィットリオ・グリゴーロとミミ役のアドリアーナ・ダマートのすばらしい歌唱なくしては、得られなかったに違いない。グリゴーロは、どの場面でも、そのばたばた感は、まるで釣り針にひっかかった魚といった具合に、ひどくずうずうしいかみつき屋だったが、幸いなことに、歌うときには、鎮まり、落ち着いた。実際のところ、彼が歌うとき、全てが許せた。粗野な力強さと気高さの両方を同時に感じさせるという魔法のような響きを備えた豪華絢爛なテノール声だ。高音はまさに至福、無上の幸福、喜びだ。(2009.2.16追記)

★レビュー: La Bohème, Washington National Opera, 9/17/07(Tim Smith)
 キャストは終始、その人物像を効果的に表現した。クロスオーバーでも大いに前途有望、高い市場価値に生まれついた、イタリア人テノール、ヴィットリオ・グリゴーロは、9月17日、ケネディセンターオペラハウスで、その演技力と声の浸透力の両方で、最高の感銘をもたらした。彼の演じる愛すべきロドルフォは、激しさと傷つきやすさを兼ね備えていた。その声は、楽々とではないにしても、プッチーニの旋律線のうねりにしっかりと乗っていた。 "Che gelida manina" はデリケートなニュアンスにあふれていて、ものすごく新鮮に響いた。(グリゴーロは、ルチアーノ・パヴァロッティが死ぬ数ヶ月前に、この名高いテノールと一緒に、この役を準備した)ミミ役のアドリアーナ・ダマートは1幕と2幕では、歌は慎重で面白みがなかったし、動きもグリゴーロのような自然さに欠けていた。しかし、声はその後だんだんよくなって、感動的で情熱的になった。女優としても次第によくなって、フィナーレでは強い哀感を感じさせるに至った。(2009.2.16追記)

********************************************

 やはり、ポップスのCDを出しているということで、叩く評論家?がいるんですね。
"Washington National Opera: La Ho-Hum(並の、つまらない)"のCharles Downey氏、演出も歌手もけなしまくり....演出についてはともかく、歌手についても、偏見と悪意に満ちた記事を書いています。抜粋要約で、ちょっと紹介します。
grigolo_damato_2007wno.jpg 『演出について、新解釈とかで現代に無理矢理押し込むのはやめて、新しいオペラをつくるべきだ...
グリゴロとムゼッタ役の歌手は、身体的かっこよさを良いことにくだらないソロアルバムを出しているが、確かにかっこよかった...(といいながら)、それにしちゃミミ役がスーパーモデルみたいじゃなかったのはおかしい....
そら出た! クラシック純粋主義...それにしても支離滅裂
外見の良さのために音楽を犠牲にしても良いのか?!グリゴロについては、なにしろポップシンガーが副業であるということから判断して非常に危惧していたのだが、思ったほどは悪くなかった。(すくなくともイル・ディーヴォに誘われたのを断る程度の知性はあったわけだから)ロドルフオに必要な高
音が出せる。美しい響きをずっと維持できるだけの力はないにしても。このことがプッチーニは最重要である。オーケストラと重なる部分で低音が聞こえなかった。
イル・ディーヴォに対して、すっごく失礼だし、クロスオーバーというジャンルを認めないってことなんですね。
パパロッティに教わったってことがご自慢だけど....
自慢というか事実だし、なんか嫉妬の固まりみたいなひとですね
外見でキャストを選んだら、それはもはやミュージカルであって、オペラではない。若い人をオペラに呼ぶのではなくミュージカルに招くだけのことで、かえってオペラファンを追い払うことになる。
...........?????
右の写真の左端がマルチェッロですが、このヒュン・ユンについては、ちびだかちんちくりんだかってけなしてます。矛盾してますね。

Charles Downey氏が嫉妬するのもわかるなぁ...→Yutube
このCharles Downey氏、毒舌を自認しているらしく、この記事を読んで不快だったら下記のレビューを読んでね、とリンクしています。こちらは、グリゴーロに好意的。
'La Bohème,' Updated and Nearly Undone

その他の記事:
★紹介記事'La Bohème,' Shining in the Sun
★レビュー:Buzz over a startling 'Boheme' ヴィットリオ・グリゴーロに関しては好意的
★ワシントンポスト:Schools Will Get Opera Simulcast
★WNO開幕公演にあたってのインタビュー記事:うっかりリンクを消してしまいました。今捜しています。
★パヴァロッティのこと:Young tenor recalls recent mentoring from Pavarotti
(2008-06-15 22:48:22)


nice!(0)  コメント(15)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽