So-net無料ブログ作成
検索選択

頭の体操:それぞれの場面とアリア ☆ まとめ ビデオクリップ(2016.10.29現在) [コンサート/ Italia.Un sogno]

◎いろいろな情報、映像も出揃ったようです。黒ちゃんiQさんのチャンネルにたくさん映像がアップされましたので、それぞれの場面に付け加えてみました。
(2016.10.29)


=  =  =  =  =  =  =  =  =  =


 謎解き.....プログラムで各シーンのアリアは分かっていますが、舞台写真とアリアの組み合わせ、どの衣装でどのアリアを歌ったか....頭が混乱、整理してみましたが、どうでしょう。第二次世界大戦とネオリアリズムがよくわからない

Alba sulla spiaggia Italiana, nel tempo di oggi.
(#1) "Un ballo in maschera "- Preludio
gri_sogno_BariD3S_8158.jpggri_sogno_1-1.jpggri_sogno_pavia2016_10.jpg
=  =  =  =  =  =  =  =  =  =



Roma antica

(#2) "Questa o quella"
gri_sogno_pavia2016_2.jpggri_sogno2_1.jpggri_sogno2_2.jpg




=  =  =  =  =  =  =  =  =  =



(#3) "So anch'io la virtù magica" (soprano)
gri_sogno3_2.jpggri_sogno3-1.jpggri_sogno_pavia2016_3.jpg


=  =  =  =  =  =  =  =  =  =



La Rotonda e una celebrazione del Rinascimento 
(#4) "Una fultiva lagrima"
gri_sogno_BariD4S_0379.jpggri_sogno4-1.jpggri_sogno2016_14.jpg



=  =  =  =  =  =  =  =  =  =



(#5) "Libiamo ne' lieti calici" La traviata
gri_sogno2016_25.jpggri_sogno5_1.jpggri_sogno2016_20.jpg
*ロトンダと言えば、パラディオのヴィラ・ロトンダでしょうね.....ジョセフ・ロージー監督のオペラ映画、R.ライモンディの「ドン・ジョヴァンニ」で使われた建物でもあります



=  =  =  =  =  =  =  =  =  =



1700 Venezia sette cento

(#6) Rondò Veneziano
gri_sogno_pavia2016_12.jpgD3S_8143.jpg

Rondò Veneziano



=  =  =  =  =  =  =  =  =  =



(#7) "Che gelida manina"
gri_sogno7_1.jpggri_sogno_pavia2016_5.jpggri_sogno_pavia2016_21.jpg


=  =  =  =  =  =  =  =  =  =



Il Risorgimento

(#8) "Va Pensiero" Coro
クリック:ビデオにリンクgri_sogno2016_24.jpggri_sogno_BariD4S_0422.jpg
↑クリックするとビデオにリンク



=  =  =  =  =  =  =  =  =  =



(#9) "Di quella Pira" (Trio e aria)
gri_sogno9_1.jpggri_sogno2016_27.jpggri_sogno_pavia2016_17.jpg
R2.jpgR3.jpggri_sogno_BariD4S_0429.jpg *背景はミラノのガレリアに見える....ガリバルディと赤シャツ隊かな.....当たりぃ...でした(2016.9.23)


=  =  =  =  =  =  =  =  =  =


Tra la bellezza della campagna Toscana.
(#10) "Il lamento di Federico"
gri_sogno_pavia2016_22.jpggri_sogno2016_10.jpg


=  =  =  =  =  =  =  =  =  =


La seconda guerra mondiale
(#11) "Rigoletto" - Preludio
(#12) "Donna è mobile"
gri_sogno12_1.jpg大戦6.jpggri_sogno_pavia2016_18.jpg
*背景はムッソリーニが開発した地域ローマ近郊のEURの建物
=  =  =  =  =  =  =  =  =  =


L'anni 1950 e i film neo realista:
(#13) "Quando me'n vo" 椿姫の"Addio,del passato" (soprano)
gri_sogno13_3.jpggri_sogno_pavia2016_19.jpggri_sogno13_2.jpg
sogno_13.jpg
*背景はローマのスペイン階段かな.....全体の舞台写真がありました、やはりスペイン広場でした....トレヴィの泉もありました

=  =  =  =  =  =  =  =  =  =


(#14) "E lucevan le stelle"
gri_sogno_pavia2016_8.jpg
gri_sogno2016_15.jpg
gri_sogno14_1.jpggri_sogno_Bari_6.jpg
*トスカと言えばサンタンジェロで背景はサンタンジェロ
 シャツの色が違うのは、黒っぽいのがヴェローナ、白はパヴィア



=  =  =  =  =  =  =  =  =  =


I sacri pini di Roma:
(#15) Respighi "I pini di Roma" 
(#16) "Vesti la giubba"
gri_sogno_pavia2016_20.jpggri_sogno_pavia2016_7.jpggri_sogno17-1.jpg



"Vesti la giubba" の後、最初の場面に巻き戻される.....その間の音楽は(#17) 「運命の力の序曲」


=  =  =  =  =  =  =  =  =  =


(#17) "Il barbiera di Siviglia" Overture "La Forza del Destino" OVerture



(#18) "Nessun dorma"
gri_sogno_pavia2016_14.jpggri_sogno_BariD4S_0683.jpg
*背景はローマのPiazza Veneziaに見える


=  =  =  =  =  =  =  =  =  =


・カーテンコールのトークと"O sole mio"


関連記事:
イタリア国内ツァー 'Italia, un sogno' (2016.9.10〜10.9)Verona 9/10, Pavia 9/13, Bari 9/18, Bologna 9/21, Modena 9/24,Trieste 9/27, Livorno 10/1, Brescia 10/5, Cosenza 10/8

nice!(0)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 26

mahnee

戦いの時代のところ、Italia un sognoの俳優さんが、ちょこっと教えてくれたのは、ガリバルディの時代とナチズムの時代を取り入れたということです。あとはローマのこと、イタリアの歴史をなぞっているとか、当たり障りのないところはわかりました。近代の映画とかのシーンは著作権にかかわる映像があるのかな、と思います。内輪のカメラマンもインスタグラムなどでもそのあたりの写真は載せないようにしている気がする。ムゼッタのアリアはなぜかぴったりくる映像がありませんね。ソプラノさんも映像化にせいげんがあるのかなあ。要所要所に現れる赤いストールの意味もいまいちわかりません。今日届いたイタリア語講座のテキストが古代ローマの生活様式を結構書いていて、グリゴーロのあの衣装は一般のローマ人がストール下に着るはずの半袖のチュニックがない。上半身が半裸って・・・グリゴーロ仕様、大サービスっていう感じですよね。
by mahnee (2016-09-18 19:07) 

keyaki

mahneeさん

(9) "Di quella Pira"
あの三色旗を持っているのは、明らかにガリバルディのイメージですよね。

(12) "Donna è mobile"
の写真が全然ない。
もしかしてムッソーリーにとか....
第二次世界大戦の写真1枚だけ、あの制帽はドイツ軍将校のですね。

(13) "Quando me'n vo" (soprano)
ソプラノさんの白いドレスは、「甘い生活」からじゃないかと....あのムゼッタのワルツも有りかな....と

この記事、ご覧になったことありますか。
ポンペイ版Cosi
http://colleghi.blog.so-net.ne.jp/2008-07-08#comments

by keyaki (2016-09-18 20:21) 

mahnee

動画は初めて見ました。ありがとうございます。衣装すごかったですね。楽しそう・・今回のステージ衣装で、発表された写真以外を一枚だけ見つけました。大戦中のは女性が黒ドレスでした。その後、1950・・時代でしょうか。甘い生活の続き?ジャケットきていますよね。謎解きお願いします。パズルをしているようで、面白いですね。
by mahnee (2016-09-18 22:01) 

keyaki

mahneeさん
かっこいい写真ですね。

この後ろの建物はローマ近郊のエウルにある有名な建物ですよ。
エウルEURは、ムッソリーニが開発した地域なんだそうです。

なんかここでイタリア人なら誰でも知っている事件があったのかしら?
グリゴーロがいるってことは、アリアは、"Donna è mobile" ですよね。
人がバタバタ倒れているようですが、ここで"Donna è mobile"????

by keyaki (2016-09-19 00:05) 

mahnee

今晩は。グリゴーロのインスタグラムに、ローマでコンサートがあるって言ってました。9月27日です。この前の地震で倒壊した老人施設の再建資金をあつめる慈善コンサートで、Italiaunsognoとあったのでツアーの内容をやるみたいです。場所は書いていませんでした。座長さんだと決断が早い・・・イタリア語はわからないのですが訳してもらいましたので多分正しいと思います。慈善っていうとチケット代がすべて寄付ですよね。代金は規定料金以上なら個人の意思でいくら払ってもいいのでしょうか。たくさん集まる気がする。これでグリゴーロはノーギャラっていう説が信ぴょう性を帯びてきましたね。ツアーは折り返し地点。健康で乗り切ってもらいたいです。私は13人の俳優さんたちがとっても気にいってます。みんなとても若く、育ちがよい感じでエレガントです。グリゴーロの若い時と似ている感じ。オーディションで選ばれるのでしょうね。衣装はなんとかっていう工房が一手に作っているらしい。古風ながらところどころに現代的な部分もあり、とてもセンスがいいと思います。
by mahnee (2016-09-21 17:20) 

keyaki

mahneeさん
トリエステの代わりローマでって言ってましたね。
どこでやるんでしょうね。

ネットでも6月頃に募集してましたよ。
まず写真選考があって、オーディションしたみたいです。

男性俳優兼ダンサー6人 25-40才 容姿端麗
男優40-55才 1人 padre-giudice役
女優 25-40才 5人 容姿端麗

募集要項の最後に「2017年に国際レベルでの再演を想定している....」って書いてありました。

舞台衣装って、新国のオペラでもイタリアに作らせたと話題になった公演もあったんですよ。「色合いとか生地の質感」が違うんだそうです。

by keyaki (2016-09-21 20:47) 

mahnee

新国のオペラでもイタリアに作らせたと>

そうなんですか。テレビイタリア語講座でよく手仕事職人を取り上げてましたが、ゴブラン織りとか、銀細工とか、靴職人とか、すごいんですよね。現代なのか疑うような、タイムスリップした100年前みたいなやり方をしていて。

オーディション>
男性は6人ともすごいダンサーですね。最初にグリゴーロと同じ短パンで現れるアンドレアという俳優、劇似ですよね。まるで双子。背格好そっくり君を採用したって感じ。所作の優雅さに感服。女性はたぶん冷たい手を、の相手役の女優だけは最初から決まっていたみたいで演出のPASCOEがべた褒め。女性は全部で7人、名前覚えちゃいました。スカラ座のダンサーが一人入っていました。見た目もですけど協調性も高く、自立したアーティストで、日本とは比べ物になりません。本場のオペラを見たことのない私には何もかもカルチャーショックです。


by mahnee (2016-09-21 21:38) 

nonchan39

いつも拝見しています。貴重な情報をありがとうございます[m(_ _)m]私はあまり知識がなく、差し上げられる情報はあまりなくて申し訳なく思いますが、Bresciaに出掛けます。何かお知らせできることがあれば嬉しいです。
by nonchan39 (2016-09-27 11:49) 

keyaki

nonchan39さん
おぉ.....ありがとうございます。

第2次世界大戦で、「女心の歌」だそうですが、グリゴーロはどういう役なんでしょう....ナチス関係とかムッソーリーニ側の黒シャツ隊ということは無いと思うので、レジスタンスの若者?

イタリアは各地に素敵な劇場があって、うらやましいですね。

どんなことでもレポートしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

by keyaki (2016-09-27 12:45) 

mahnee

早起きしたら良いことづくめで、keyakiさんがアップしてくださったVaPensieroのシーンに続きDI qella piraも見ることができました。とてもうれしかったです。最後のHI-C、テノールにとってはハイリスクな音だけどグリゴーロだから歌えて当たり前なんだ・・・人気の演目だから40代になったらこのオペラに取り組んでくれるでしょうか。
by mahnee (2016-09-28 08:30) 

keyaki

mahneeさん
願いが叶ってパスコさんアップしてくれましたね。さわりだけですけど。背景に、ガリバルディ、ヴェルディ、エマヌエル2世とリソルジメントの立役者が炎の中に浮かび上がる中、三色旗を持ったグリゴーロが歌うって、ワクワクドキドキ躍動感があって素敵ですよね。オペラは、こうじゃなくちゃね。
by keyaki (2016-09-28 09:05) 

nonchan39

Bresciaで観てきました。ほとんどkeyakiさんが教えてくださった通りですが、あの場面でのLa donna e mobile は意味がよく分かりません。
その次のスペイン広場の背景では、La traviata のpreludioのあと、 Addio,del passato でした。そしてソプラノさんが倒れて運ばれて行く。
プログラムが途中で変更になったのでしょうか?
by nonchan39 (2016-10-10 19:04) 

nonchan39

そして、Bisは他のところも同じようですが、何かお喋りしたあと(イタリア語が理解できなかった) O sole mio。また何か喋ったあと、客席全員起立して Va,pensiero の合唱。もちろん、私も加わりました。歌詞が舞台背景に表示されましたが、私のは怪しい歌でした。[冷や汗2]
by nonchan39 (2016-10-10 19:13) 

keyaki

nonchan39さん
コメントありがとうございます。
けっこう映像が部分的にでてきていますが、???の場面のビデオはなぜか出て来ないですね。

>あの場面でのLa donna e mobile は意味がよく分かりません
第二次世界大戦ですから、ドイツとかレジスタンスとかにフラフラしている女性のことでしょうかね.....

>スペイン広場の背景
ムゼッタじゃなくてヴィオレッタでしたか.....

カーテンコールの映像をyoutubeにアップして下さった方がいます。おしゃべりはそれぞれ違うんでしょうけど、あれはカーテンの色からするとボローニャだと思いますから、マンゾーニのこととこの公演を地震の被災者に捧げます....ということだそうです。
こちらの記事にリンクしました。
http://colleghi.blog.so-net.ne.jp/2016-07-05
by keyaki (2016-10-10 19:59) 

nonchan39

keyakiさん
ありがとうございます。いつも一方的に情報を頂いていて、今回のツアーのこともここで知り、いち早く良い席をget出来ました。
これからも私から発信できることがあればお伝えしたいと思います。
Bresciaでは、Vittorioのマネジャーが、多分ミラノからやって来た友人達のアフターパーティーに入れてくれました。
by nonchan39 (2016-10-10 22:48) 

nonchan39

最後は、それまでの背景が次々とガラスが砕けるように壊れて、初めの場面に戻り、更に逆戻りして Nessun dorma となりました。
by nonchan39 (2016-10-10 23:13) 

keyaki

nonchan39さん
いえいえ、こちらこそ、様子が分って嬉しいです。

>私から発信できることがあればお伝えしたいと思います
よろしくお願いします。
ロンドンには行かれますか?

最初の仮面舞踏会のビデオを見ることができましたが、なかなかの迫力ですよね。これが巻き戻されて、最後のNessun dorma.... だからビーチっぽい格好なんですね。

アフターパーティー、 それはラッキーでしたね。もしかして着物をお召しでしたか?
ロンドンの椿姫さんのブログご存知ですか。
ROHの公演はほとんど全部ご覧になっていらっしゃるので、グリゴーロの舞台の様子もいろいろレポートしてくださるんですが、ウェルテルの出待ちで面白い話がありましよ。グリゴーロは、着物を着ている人には特別な反応を示すようなので。

by keyaki (2016-10-11 12:24) 

nonchan39

Londonの椿姫さんは有名で写真は拝見していますし、私の情報通の友人も親しいようです。毎回頑張って着物で行ってます。6月にもLondonで出待ちしてました。何かありましたか?
by nonchan39 (2016-10-11 21:41) 

keyaki

nonchan39さん
この記事です。
笑っちゃいました。
着物を着ていたので、日本人って分かったんで、戻ってきたのじゃないかと....
http://ameblo.jp/peraperaopera/entry-12177103986.html#cbox


by keyaki (2016-10-11 22:20) 

nonchan39

ほんとだ。Vittorio君、笑ってない。私は2回観に行って、2回ともツーショット撮ってもらいました。でも、ライブ取りの日はパーティーがあったらしく、出てくるのが遅くてお疲れの様子でした。その日に一緒に出待ちしてたのは、椿姫さんのお友達の胡蝶蘭さんだったようです。皆さん、すごーい[冷や汗2]
by nonchan39 (2016-10-11 22:30) 

mahnee

ビデオありがとうございます。途切れているところ、くっつけて続けられるところもありそうですね。私はアップしようとしたら最初の仮面舞踏会の音楽で著作権が何とかって言われました。ちょん切って音を分断したらオッケーでした。keyakiさんも同じところが削除になっているので、なんかグリゴーロとは関係ないところで制限がありそうです。ふしぎ。今回やっとソプラノさんの美声が聴けて、とてもいい歌手さんだと思いました。ファンの数どんどん増えている、いま上り調子ってかんじですかね。ホフマンの記事も興味深く拝見しました!!ボロボロでも最後に死なない演出で良かったです。
by mahnee (2016-10-29 14:23) 

keyaki

mahneeさん

>くっつけて続けられるところもありそうですね。

そうなんですけど、ちょっと躊躇しますね。
音楽は、クラシックなので、全部著作権切れでパブリックドメインですから、楽曲に関して著作権を主張してくる団体は、広告料が欲しいだけの人たちですから、異議申し立てをすれば、だいたいひっこめます。

私のビデオに著作権違反だと言って、削除させたのは、個人名アンドレア・ボッチャ、なにものか分かりませんが、何に対して著作権があると言っているのかは、異議申し立てをしないと分かりません。削除されたのは、"Vesti la giubba"の音声に写真を付けたビデオだけでしたが、「削除」は3回目でチャンネルが削除されるというペナルティーがあるので、その他のビデオは自分で削除しました。

ホフマンは、ROH定番の演出で、メトとは版も違うので楽しみです。

by keyaki (2016-10-29 21:38) 

nonchan39

keyakiさん、ほぼ完璧ですね。ありがとうございます[m(_ _)m]永久保存したいですね[わーい(嬉しい顔)]
15日にROH,Hoffmannを観てきます。何か気付いたらお知らせします。[ムード]
by nonchan39 (2016-11-03 11:46) 

nonchan39

手もとのプログラムでは最後の一つ前は、La forza del destino です。実際もそうだったと思います。
by nonchan39 (2016-11-03 11:53) 

keyaki

nonchan39さん

>手もとのプログラムでは最後の一つ前は、La forza del destino です

"Vesti la giubba" の後、最初の場面に巻き戻される.....
確かに、巻き戻される時の音楽は「運命の力」ですよね。

>(#17) "Il barbiera di Siviglia" Overture

は????でしたが、(#17)が「運命の力」ということですね。
納得です。
citysoundmilanoのサイトのリブレットが、「セビリアの理髪師」だったので、疑問に思っていました。
これで解決です。
ありがとうございます。
http://citysoundmilano.com/it/vittorio-grigolo/media/

>15日にROH,Hoffmannを観てきます

Live Cinemaの日ですね。レポートよろしくお願いします。イギリスは、レビューもいっぱい出ますし、楽しみです。

by keyaki (2016-11-03 22:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。