So-net無料ブログ作成
検索選択

スカラ座マルペンサ空港の「愛の妙薬」NHK-BSプレミアムシアターで放送!☆ 5月16日(月)深夜0時~ ※15日(日)深夜 [愛の妙薬]

◎4月10日が延期になりましたが、やっと本日のNHKプレミアムシアターで放送されます。字幕付きでテレビの大画面で見られるのは嬉しいです。



 プレミアムシアターは、5月16日(月)【5月15日(日)深夜】午前0時~4時ですが、「スカラ座 イン マルペンサ空港」は、午前1:06:30~です。

◇スカラ座 イン マルペンサ空港 (1:06:30~4:00:00)
歌劇「愛の妙薬」

<演 目>
歌劇「愛の妙薬」  ドニゼッティ 作曲

<出 演>
アディーナ(金持ちで気まぐれな娘):エレオノーラ・ブラット
ネモリーノ(アディーナに恋する若者):ヴィットリオ・グリゴーロ
ベルコーレ(村の守備隊の軍曹):マッティア・オリヴィエーリ
ドゥルカマーラ(いかさま薬売り):ミケーレ・ペルトゥージ
ジャンネッタ(村娘・アディーナの友達):ビアンカ・トニョッキ

<合 唱>ミラノ・スカラ座合唱団  
<管弦楽>ミラノ・スカラ座管弦楽団
<指 揮>ファビオ・ルイージ
<演 出>グリシャ・アサガロフ

<字 幕>高橋絹子

収録:2015年9月17日 ミラノ マルペンサ空港(イタリア)

(2016.5.15追記)
*  *  *  *  *  *  


◎下記の日程で放送予定だそうです。
◆5月16日(月)深夜0時~ ※15日(日)深夜
 BSプレミアム「プレミアムシアター ~マルペンサ空港 歌劇「愛の妙薬」~」
(2016.3.28)

◎あらららら、3月5日に亡くなったアーノン・クールの追悼番組に差し替えられています。(2016.3.27)

4月10日(日)
 嬉しいお知らせです。まだ先ですが4月10日深夜(4月11日未明)0時から昨年の9月17日にマルペンサ空港で演奏されたスカラ座の「愛の妙薬」が放送されます。

 9月2日の記者会見でスカラ座総裁のペレイラ氏が、「イタリア、スイス、Arte (独仏共同出資のテレビ局)での放送は決まっているが、カナダ、オーストリア、日本のテレビ局も興味を示している...」と言っていましたので、期待していましたが、NHKが買ってくれたんですね。

 概要が発表された2015年7月末から、9月の記者会見、リハーサル、本番、テレビ放送….ずっと追っかけの記事がありますので、ご覧下さい。こちらです....「ミラノ・マルペンサ空港の「愛の妙薬」2015年9月17日 ☆ オンデマンドで視聴可(2016/3/17)まで
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 3

mahnee

10日のオンエア楽しみにしていたので残念ですがアーノンクールは古臭い権威に屈せず道を貫いた人ということで巨匠中の巨匠だからこれも見逃せないと思います。グリゴーロは一か月お預けですね。スターシステムとかいうメディアの3月18日づけのインタビュー記事をフェイスブックで見つけたので送ります。イタリア語なのでkeyakiさんならわかるとおもいます。腕のタトゥーのことに言及していて(このインタビュアーは天然というかチャレンジャーですね)グリゴーロが命の木とか説明してて面白そうです。9月のプロジェクト(イタリア関連)があるみたいですが読み取れません。どうぞよろしくお願いします。http://i0.wp.com/www.starssystem.it/wp-content/uploads/2016/03/grigolo_1b.jpg?w=1321
by mahnee (2016-03-29 06:31) 

keyaki

mahneeさん
私も楽しみにしてたんですよ。
オペラって、発表されている歌手が本当に出るかどうかはじまるまで分からないので、ちょいちょいチェックするくせがついているんですが、番組表から消えていて吃驚でした。

スターシステムのインタビュー、その時の写真を載せてくれればいいのに....
タトゥーのことは他の雑誌のインタビューでも聞かれてました。日本のようにタトゥーに対してあまり偏見がないみたいです。でもどんどん増やすのやめて欲しい、タトゥーがあっていい役なんてないんですから。メイクさんだって手間がかかっていやでしょ。
タトゥーについてちょっと記事にしています。
http://colleghi.blog.so-net.ne.jp/2014-10-22

>9月のプロジェクト
これって、一年くらい前にジョン・パスコのプロデュースでワールドツァーの計画があるって言ってたましたよね。日本にも来るかも。読んでもどんなものかぜんぜん想像つきません。ジョン・パスコはワシントンオペラのルクレツィア・ボルジアの演出家で、グリゴーロにしか着こなせないような衣装だったんですよ。その後、サンフランシスコオペラで再演したものが映像になっていますが、ジェンナーロがマイケル・ファビアーノ、やっぱり、着こなせてないというか似合わない....なんでグリゴーロのが映像で残らなかったのか本当に残念。
by keyaki (2016-03-29 23:05) 

mahnee

英語に訳してくれたファンがいてそこそこ読めました。再婚したらタトゥーの空白部分が埋まっていくみたいなこと言っていますね。命の木が自分を取り囲み、その枝が自分を守っている?まったく!!詩的でロマンチックにもほどがある。keyakiさんの記事のおかげでグリゴーロのルクレツィアボルジア見ました。アニメのヒーローがそのまま三次元に現れたイメージ。どの写真も美しく、最終的に母であるフレミングと見た目がそっくりになっています。絵に近づけるためによりムキムキに作りこんだような筋肉でした。代役なのに徹底していますね。いろいろ物議をかもすオレ様ファビアーノ君は若いことが利点でしたがやや猿面なので美形ボルジア家のお血筋には見えませんでした。表情が単調で、感情表現が乏しい。グリゴーロに慣れているとテノールはみんなそう見えてしまいますが。ジョンパスコのプロジェクトは見てのお楽しみ的な言い回しでした。謎です。
by mahnee (2016-03-30 07:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。