So-net無料ブログ作成

ROH「愛の妙薬」(2014.11.18〜12.13) ☆ 日本でも一日遅れのLive Cinema(11月27日) ☆ インタビュー☆ 舞台写真 カーテンコールの動画 ☆ レビュー [愛の妙薬]

◎ROHのYouTubeのチャンネルに'Una furtiva lagrima' がアップされました。



 12月9日は、ルーシー・クロウの体調不良により、アディーナを24歳のキアンドラ・ハワースが歌いましたが、その時のカーテンコールの写真をkyokoさんからたくさん頂きましたので、つないでYouTubeにアップしました。

〔削除された〕


 音声はドゥルカマーラから「愛の妙薬」を買って、喜んでいるネモリーノ、こんなアホ見たことない...とあきれるドゥルカマーラの場面です。(2014.12.19)
*  *  *  *  *  *  

◎11月18日から12月13日までの7公演、無事終了しました。あちこちの劇場で体調を崩すテノールが多い中、グリゴーロは全公演つつがなく務めました。今晩(15日)はパリ国立歌劇場(バスティーユ)でロドルフォを歌っているのでしょうか。
 椿姫さんのブログに13日最終日のレポート「愛の妙薬 by Donizetti 涙のさよなら公演」が掲載されました。なんでも椿姫さん愛用の安い席が閉鎖になるとかで、今後は何度も見に行けなくなりそうだとか....ちなみに「愛の妙薬」は5回もご覧になっています。椿姫さんのレポートを楽しみにしている者としても残念です。
 13日のカーテンコールの写真は、椿姫さんのブログにアップされています。ターフェルも離婚していたんですね。新しい恋人とのツーショットもあります。

 下の写真は、kyokoさんから頂いた9日のカーテンコールの写真です。代役でアディーナを歌ったキアンドラ・ハワースの母国オーストラリアでは、スター誕生...という速報がアップされています。ハワースはまだ24歳だそうですが、カーテンコールでグリゴーロが特別に前にひっぱり出してくれたことが、とても嬉しかった...と語っています。その時の写真ですね。
 
RIMG4217.jpegRIMG4218.jpegRIMG4219.jpeg
(2014.12.15)

*  *  *  *  *  *  

◎ROHからのキャストチェンジの発表がありました。12月9日の公演は、アディーナのルーシー・クロウが病欠で代わりにジャンネッタ役のオーストラリアのソプラノKiandra Howarthがアディーナを歌いました。グリゴーロは頑張っているようですが、全公演努めるのは、なかなか難しいことなんですね。
 この日の公演をご覧になったロンドン在住のkyokoさんによれば、アディーナの代役のことは開演前に分かっていたそうですが、カーテンが開く前にカスパー・ホルテンが出てきてアディーナの件をお知らせした際にグリゴーロの名前が出て、会場がざわめいたそうですが、「グリゴーロは体調が万全ではないけど今晩は歌う。でも咳き込むかもしれないことを了承して下さい」とのアナウンスだったそうです。結果的に、代役のアディーナとの息もピッタリで「人知れぬ涙」の後の拍手も長く盛大なもので、グリゴーロ自身もとても嬉しそうだったとのことです。

 12月4日の公演のカーテンコールの写真をkyokoさんから頂きました。お腹丸見え写真もありますよ。やっぱりイタリア人同士、ルスティオーニと楽しそうですね。グリゴーロは舞台も更に調子を上げて楽しい舞台だったそうです。

gri_nemorinoROH1204_1.jpeggri_nemorinoROH1204_3.jpeggri_nemorinoROH1204_5.jpeg
gri_nemorinoROH1204_2.jpeggri_nemorinoROH1204_4.jpeggri_nemorinoROH1204_6.jpeg
(2014.12.10)

*  *  *  *  *  *  

◎4週間オンデマンドで聞けますDonizetti's L'elisir d'amore (2014.11.30)

◎Live Cinemaのレビュー:このプロダクションは2007年初演で3回目の再演で、筆者はよく知っている舞台なので、生舞台ではなく映画館に見に行ったそうです。そのレビューです。musicOMH / Sam Smith(2014.11.30追記)

★11月29日ロンドン時間18:50(日本時間30日午前3:50)からBBC RADIO 3で放送されます。4週間オンデマンドで聞けますDonizetti's L'elisir d'amore

◎27日の一日遅れのLive Cinemaに行ってきました。記事は第一ブログに。(2014.11.28追記)

◎ロイヤル・オペラハウスのチャンネルにリハーサルとルーシー・クロウのインタビューの動画がアップされました。




(2014.11.27)

*  *  *  *  *  *  

◎レビューが出そろいました。ロンドンってどこよりもたくさんレビューが出るので嬉しいですね。評価がよくても悪くても舞台の様子が分かりますから。

☆レビュー:
・independent:Vittorio Grigolo and Lucy Crowe triumph/Michael Church(★★★★☆)

・FT:Two big personalities – Vittorio Grigolo and Bryn Terfel.. /Richard Fairman(★★★★☆)

・telegraph:'real emotion' / Rupert Christiansen(★★★★☆)

あら、もしかしてグリゴーロのことほめてる? クリスチャンセンって最初はそうでもなかったと思うんだけど、このところほんといやみなんですよね。英語なんではっきりとは分からないけどなんか感じるのよね。

・theartsdesk:The sun shines out of Vittorio Grigolo's behind .... / Jessica Duchen(★★★★☆)

・whatsonstage:Grigolo and Terfel headline a classy revival.... / Mark Valencia<(★★★★☆)

・thestage:L’Elisir d’Amore/ Edward Bhesania(★★★★☆)

・dailymail:Dr Bryn's upstaged by a bumpkin/ Tully Potter(★★★★☆)

・thetimes:L’elisir d’amore at Covent Garden/ Neil Fisher(★★★★☆)

・express:THIS COMIC opera with excellent cast... / William Hartson(★★★★☆)

・theguardian:great singers hindered by set and staging / Erica Jeal(★★★☆☆)

・standard:'Bryn Terfel relishes his appearance as a greasy spiv' / Barry Millington(★★★☆☆)

・bachtrack:Grigolo’s Nemorino intoxicates Covent Garden.. / Mark Pullinger(★★★☆☆)

・Mark Ronan:L’elisir d’amore, Royal Opera, ROH, Covent Garden, November 2014

・operatoday:L’elisir d’amore / Claire Seymour

(2014.11.23追記)
*  *  *  *  *  *  

gri_nemorino2014_5.jpg
gri_nemorino2014_8.jpg
◎リハーサル中のインタビュー記事 "In conversation with Vittorio Grigolo"
・10年ぶりにネモリーノにカムバックしたことについて。10年前とは何か違う?
「結婚したり(離婚も経験したとは言ってないけど)人生経験もいろいろしたし、舞台に役立っている....でもまだピーターパンの部分は持っているから........ルイザ・ミラー(そういえば数年前キャンセルしたなぁ)とか他のドラマチックな役を歌ってないので、まだ声の甘美さを維持しているからネモリーノを歌えると思う....モーツァルトのコジとかも歌いたい。」
・他のテノールの歌を聞いたりするの?
「ファンディエゴ(フローレス)とかヨナス(カウフマン)とか、皆から学ぶし、誰もが強みと弱点を持っているよね。」
・クロスオーバーのレコーディングのプランはあるの?「ヒットするような歌が必要だけど」

アディーナ役のルーシー・クロウ Lucy Crowe(1981- )のインタビュー"Lucy Crowe discusses her glittering caree"で、ヴィットリオ・グリゴーロとの共演はどう?と尋ねられて「何が起こるか予測不能で気が抜けない」んだそうです。

☆舞台写真:ほんとボロボロ、穴あいてるし、つぎはぎだらけだし
gri_nemorino2014_6.jpg gri_nemorino2014_4.jpggri_nemorino2014_3.jpg

gri_nemorino2014_9.jpg
gri_nemorino2014_10.jpg
gri_nemorino2014_11.jpg
gri_nemorino2014_15.jpg gri_nemorino2014_17.jpg gri_nemorino2014_16.jpg
gri_nemorino2014-18.jpg
その他の写真はこちらL'elisir d'amore (The Royal Opera)

☆カーテンコールの動画と写真(2014.11.18):ロンドン在住のkyokoさんがアップして下さいました。


gri_nemorino2014_14.jpggri_nemorino2014_13.jpggri_nemorino2014_12.jpg
(2014.11.19追記)
*  *  *  *  *  *  

  ◎11月15日に行われたドレスリハーサルのレポートがロンドンの椿姫さんのブログに掲載されました。「愛の妙薬 笑い転げたリハーサル」.....写真も勝手に2枚頂いてきました。

gri_nemorino2014_2.jpggri_nemorino2014_1.jpg

★11月29日ロンドン時間18:50からBBC RADIO 3で放送されます。(2014.11.16追記)

*  *  *  *  *  *  

gri_rustioni_2014roh.jpg 11月18日からのロイヤル・オペラ・ハウスの「愛の妙薬」、グリゴーロのfacebookに指揮者のルスティオーニとのピアノリハーサルの様子がアップされました。演出家のグリシャ・アサガロフがコメントしてますよ。今回はローラン・ペリの演出ですが、来年の9月にはスカラ座でも「愛の妙薬」に出ますが、アサガロフの演出です。
 グリゴーロは、2002年にネモリーノを歌って成功をおさめていますが、10年振りのネモリーノです。もう一度歌いたいと言ってましたから、やっと念願が叶ったということです。もう30代後半になってしまいましたが、相変わらずの落ち着きのなさはネモリーノにピッタリ、まだまだ地でいけますね。

 それから、嬉しいことに11月26日のLive Cinemaが日本でも27日(木)午後7時から中継されます。メトと違って一回だけですから運がいい人しか見られません。上映劇場はこちらで → http://t-joy.net/roh_2014/movie.html#lelisir_damore

☆L’elisir d’amore :2014年11月18, 22 ,26(Live Cinema), 29/12月4,9,13日
Dir: Laurent Pelly
Cond: Daniele Rustioni
Cast:
Adina – Lucy Crowe
Nemorino – Vittorio Grigolo
Dulcamara – Bryn Terfel
Belcore – Levente Molnár
Giannetta – Kiandra Howarth (Jette Parker Young Artist)
Royal Opera Chorus, Orchestra of the Royal Opera House

 ブリン・ターフェルのドゥルカマラ楽しみです。ルーシー・クロウとは急な代役だったんですけど、2012年の「リゴレット」で共演しています。ダニエレ・ルスティオーニ(1983年ミラノ出身)とは、ドイツ国内のコンサートツァー、スカラ座の「ボエーム」で共演しています。

ネモリーノのアリア"Una furtiva lagrima" はコンサートでよく歌っています。2008年のシカゴでの"Pavarotti Tribute Concert"の音源に2002年と2003年の舞台写真をくっつけた動画です。


今年のプロムス:
2013年ボルドー:
Vittorio Grigolo - "Una furtiva lagrima" (Bordeaux 2013)

関連記事:
ドニゼッティ《愛の妙薬 L'Elisir d'Amore 》ネモリーノ:2002〜2004年
スカラ座「ボエーム」(2012.9.26〜10.26) ゼッフィレッリも姿を見せる....☆ レビューと舞台写真
Vittorio Grigolo "The Italian Tenor Tour" :ベルリン6/5 ミュンヘン6/9 ケルン6/12
VittorioLa Barcaccia (Radio 3 - Rai.it) ミュンヘンのコンサート後のインタビュー(2012.6.12放送)
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 4

Sardanapalus

グリゴーロのネモリーノ評判ですね!写真で見ても、よく似合っていると思います。telegraphのクリスチャンセンは、今回のグリゴーロの役作りと歌唱が気に入った様子ですね。でも、イヤミな言い回しは相変わらずですが。折角日本でも映画館上映されますが、平日の夜だし、終電終わってしまう時間なので今年はあきらめています。去年は地元の映画館でも上映されたんですけどね~。せめて週末にずらしてもらえれば見に行けるのに、と思います。
by Sardanapalus (2014-11-23 20:35) 

keyaki

sardanapalusさん
クリスチャンセンって、誰に対してもイヤミなんですか?
グリゴーロの場合は、一時期はクラシック純粋主義者からのバッシングがありましたが、そういうのは少なくなりましたけど。

LiveCinemaは、どうせライブじゃないんだから、集客もちょっと考えたほうがいいですね。劇場からの指示なのかしら。ドミンゴの「二人のフォススカリ」は、どこの映画館かはわかりませんがお客さんが10人程度だったそうです。あんまりお客さんが少ないと打ち切りになっちゃうんじゃないかなぁ。

いつも子犬みたいって、批判されているのでピッタリの役ですよね。舞台には、ポスターにあるような子犬もでてるそうですけど。ターフェルは賛否両論みたいですけど、ロンドンだったらやっぱりターフェルにやって欲しいですね。
by keyaki (2014-11-24 17:52) 

mami

11月18日、初日を見てきました!すっごく良かったです!こんなに笑ったオペラは、初めてかも、というぐらい笑ってしまいましたし、最後はハッピーエンドとわかっていても、それでも、幸せな気持ちになりました。

グリゴーロは、かーわーいー!!、と何度思ったことか!本当に子犬のようで、と思ったら、子犬もでてきたり。ネモリーノは、少し頭が、、、というよりも、グリゴーロの場合、大げさで、落ち着かないところが、同年代の周囲より、子供っぽい、という感じの設定でしょうか。本人にぴったりですね。それでいて、あの明るさ、ポジティブさが、みんなからも、観客からも愛されるという。もう、キラキラしてましたよ!飛び跳ねて、歌い踊りまくり!飛び跳ねて、お腹みえても、大丈夫な腹筋だし。
賛否両論のターフェルも、アディーナのクローも、ベルコーレも、そして指揮者もカーテンコールで。踊りまくりますが。グリゴーロの踊りは、ずばぬけて激しいです!転げ回るし。

そんなはしゃぎまくりですが、「ひとしれぬ涙」だけは、最初の旋律がゆったりめに始まると、グリゴーロも、うってかわって、ものすごく言葉を一言一言、かみしめるように、大切に歌っていました。グリゴーロを初めて、生で聴きましたが、喋るように、話すように歌うということが、印象的でした。もちろん、イタリア人なので、母国語ですけど、全てのイタリア人歌手がそのように歌うかといえば、違うし。グリゴーロの場合、話すように歌う感じだからか、すごく言葉が耳に入ってきました。説得力をもって。もちろん、のびやかな明るい声で、魅力的です。

ターフェルも、最初は違和感がちょっとありましたが、私としてはよかったです。確かに、アンブロジーニみたいに、出てきただけで可笑しい、というわけにはいきませんが。彼なりに踊りまくったり、喜劇な要素をだしていたと思います。クロウもなかなかよかったのですが、ちょっと一本調子かな、という風にも思いました。ネトレプコがMETのHDのときに見せたような、私のことが好きなはずじゃなかったの?と一瞬淋しそう、悲しむというような、「引く」感じとかがないので、そう思ってしまったのかもしれません。ベルコーレも、楽しんでやっていたし、ともかく見ていて楽しくてしょうがないオペラでした。

あんまり楽しかったから、HDも是非見る予定です。幸い、職場が近いので。(フォスカリは、新宿で10名程度でした。)


by mami (2014-11-24 22:43) 

keyaki

mamiさん
レポートありがとうございます。
ワンちゃんもちゃんと出てくるんですね。
ペリーの演出はグリゴーロ向きで楽しそう....衣装がチープで汚いみたいですけど。2012年のアラーニャは自前のこぎれいなつなぎの衣装を着てるんですよ。

>お腹みえても、大丈夫な腹筋だし。
カーテンコールでも見えてますね....ダボダボズボンなんでずり落ちないかと心配でしたが、しっかりベルトしてますね。
アディーナもパンツがちらっと見えてる舞台写真がありましたけど。

>グリゴーロの場合、話すように歌う感じだからか、すごく言葉が耳に入ってきました。説得力をもって

そうなんですよね、録音ではじめて聞いたのがワシントンオペラの「ボエーム」(ドミンゴの肝いりで念願のロドルフォを歌った)でしたが、言葉がはっきり耳に入ってくるのが、凄く新鮮で吃驚でした。

LiveCinema、ますます楽しみになってきました。

追伸:コメントができないような設定になってました....なんかのひょうしにそうなちゃってたようです。教えて下さってありがとうございます。
直してこちらに移しました。
by keyaki (2014-11-24 23:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0