So-net無料ブログ作成
検索選択

出た出た ROHリゴレット ライヴシネマ版全編 [リゴレット/ROH/2012]

gri_duca3.jpg 全く期待していませんでしたが、YouTubeにアップされました。やったー嬉しい!の一言です。メトのデュセの「椿姫」、ネトレプコの「マノン」もHD上映版が全編アップされましたが、数日で削除(多分アップした方自身が)されましたので、いつまで見られるわかりませんが.....
 しかし、どこから手に入れるんでしょう....ありがたいですけど。共通点は、全部ロシア人絡み、椿姫=ホロストフスキー、マノン=ネトレプコ、リゴレット=シウリーナ....アップした方は、全然別の方で国も違うようですから偶然かもしれませんが。

Atto1  ★Atto2

 ゆっくりご覧になりたい方は、ダウンロードをおすすめします。私は、もう3回くらい見ちゃいましたが、グリゴーロについての「やり過ぎ」批判は、全く理解できません。宣伝にもあるように、「最高の公爵」です。プラタニアスのリゴレットは、私には、なにかが欠けている、物足りなさを感じましたが、公爵が絡んでくるシーンは、ジルダもリゴレットも生き生きしていて見応え十分です。グリゴーロ大好きな者が言っても説得力ありませんが、まあ、ご覧になる価値はあります。
 この演出は2001年から繰り返し上演されていますが、今回衣装が変わったのでは...というコメントが散見されました。過去の写真、映像と見比べてみましたが、衣装は基本的に同じですが、今までは、タイツに靴でしたが、グリゴーロの公爵は、膝上丈のブーツを履いていて、それでなくてもモデル並みの体型が、ますます格好良く決まっています。それから、今までの公爵は、ガウンを着っぱなしですが、グリゴーロはすぐに脱いじゃっています。
初演のマルセロ・アルバレスとグリゴーロの公爵
関連記事:
 [リゴレット] ハンブルグ、テルアヴィヴ、スカラ、メト、チューリッヒ
リゴレットa Mantova
リゴレット/オランジュ音楽祭
[リゴレット/ROH/2012]

nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 6

euridice

>YouTube
ご紹介、ありがとうございます。さっそく観ました。見たら見たで欲がでて、できれば、大画面で字幕付きで観たいものですね。
by euridice (2012-05-13 10:20) 

keyaki

euridiceさん
こんなに早く見られるとは.....

>大画面で字幕付き
NHKは、もう放送する勇気はないでしょうから、クラシカで放送してくれれば嬉しいですね。
正面の男性ヌード、ぽろっという感じがユーモラス....まあ、あちらの方々は、あちこちにそういう彫像を飾っているお国柄ですから.......

百聞は一見に....ですけど、グリゴーロに対するやり過ぎ批判は全く理解できませんでした。どんなに飛び跳ねているのかと楽しみにしていましたが、適切としかいいようのない動きでしたよね。ちゃんと女にモテモテの傍若無人な公爵で、なにがやり過ぎなのか....もしかして、リゴレットより目立っちゃいけないってことが言いたかったのかな.....
by keyaki (2012-05-13 11:30) 

hasida

飛び飛びですが見てみました。

>グリゴーロに対するやり過ぎ批判
「女心の歌」が、歌いながらマッダレーナをくどきにかかっている
演出ですから、それにふさわしい演技と歌唱が求められるはずで、
聴衆に向かって男の勝手な気持ちを独白するような演出での歌唱と
比べてどうこういうのだとしたら、随分と低レベルな批判だと思います。
私は演出にふさわしいすばらしい公爵だと思いました。

それに比べて、リゴレットとジルダが凹んで見えてしまいます。
第2幕最後の2重唱など、かなり残念な水準で、口直しに
87年パルマのヌッチ&セッラを聞いたりすると、その差歴然でした。
by hasida (2012-05-13 17:55) 

keyaki

hasidaさん
そう、そう
一番の聞かせどころがあれではね。
本当に凹んでます....あんなのはじめてです。
私もイタリアのオペラ雑誌のレビューで最高と言われた昨年のオランジュ音楽祭のグリゴーロ、ヌッチ、チョーフィのをiPhoneに入れて聞いてます。
第2幕最後の2重唱を3回もサービスして大いに盛り上がっていますが、プラタニアスは、ちゃんと歌えているという水準で、これってきっと今後もずっと同じだと思います。
by keyaki (2012-05-14 09:39) 

しま

またもや遅ればせながら。鑑賞しました。
仰るとおり、どこが「やり過ぎ」なのかわからないですね。
私も「どんなに暴れてるのか」と期待していたんですが…(笑)
魅力的な公爵です。
一方、プラタニアスのリゴレットは…ちょっと…。

>ヌード
以前に天井桟敷からこの演出を見た時には、素っ裸の男性が奥から走り出てきたように記憶しています。そういうことはちゃっかり覚えているんですよね(笑)
マクヴィカーは男性ヌードが好きだからな・・。
by しま (2012-05-16 00:28) 

keyaki

しまさん
目立ってはいますが....オペラの主役級歌手は目立ってなんぼなんですけどね。合唱団に埋もれないように、演出家とか衣装さんは、目立たせる工夫をしてるわけですから。

このリゴレットご覧になっていたんですね。
ちょっとお邪魔して調べてきましたが、フランツ・グルントヘーバー、チョーフィ、朝青龍君だったんですね。
マッダレーナの口にワインを注いでいる場面の写真が....このシーン、練習ではやってましたが、ライヴシネマの日はやりませんでしたね。

>>ヌード
>マクヴィカーは男性ヌードが好きだからな・・
上半身裸は毎度でしょうけど、ここまで全部見せちゃうのはそんなにないですよね。
DVDは、私が、こりゃほとんどポルノ....と吃驚した記憶があるんですが、DVDは知人にみせてもらったのでちょっと確認できませんが、女性もすぐに寝っ転がったりしないで、男女共に向かい合って立ったまんま...で男性の方が、普通の状態ではなっかったので、そんなにうまくいくもんかいな....なんかトリックがあるの...とか思ったり....
by keyaki (2012-05-17 00:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。