So-net無料ブログ作成
検索選択

第36回 ローレンス・オリヴィエ賞授賞式に出席 (2012.4.15) [イベント、TV、ラジオ]

 オペラ部門両方ともENOが受賞、グリゴーロは,オペラ部門の受賞者の発表をしましたが、歌は歌いませんでした。レッドカーペットのインタビューがYouTubeにアップされていましたので、それも一緒にYouTubeにアップしました。コメントにkinoxさんが書いて下さっているように、ちょっとしたハプニングがありました。(2012.4.16)



◎ライヴストリーミングで見られます。こちら→http://www.olivierawards.com/ ROH前でのインタビューを放送中ですが、授賞式は日本時間で午前2時からだそうです。(2012.4.16)

 ローレンス・オリヴィエ賞(Lawrence Olivier Awards)とは、「毎年、優れた演劇・ミュージカル・オペラ・ダンス、つまり舞台芸術に与えられる賞で、イギリスで最も権威のある賞」だそうです。すでに3月中旬に候補者、候補作品がノミネートされ、授賞式が 2012年4月15日(日) ロイヤル・オペラ・ハウスで開催されます。

 1976年に設立された賞ですが、決まった会場はなく、いろいろなホール、劇場で行われていますが、今回の授賞式がはじめてコヴェントガーデンで行われるのも話題になっています。ヴィットリオ・グリゴーロは、もちろんノミネートされたわけではなくて、プレゼンターの1人として出席するようです。

 総合司会は、Michael Ball と Imelda Staunton、プレゼンター(プレゼンテーター)として挙げられている名前は、Hayley Atwell, Douglas Booth, Zach Braff, Jim Carter, Tom Chambers, Tyne Daly, Jack Davenport, Agyness Deyn, Jonathan Edwards, Susannah Fielding, Vittorio Grigolo, Lenny Henry, Ronan Keating, Katherine Kelly, Harry Lloyd, James McAvoy, Natascha McElhone, Laurie Metcalf, Elaine Paige, Dan Stevens, Sir Patrick Stewart, David Suchet, Kara Tointon, Will Young, Zoe Wanamaker, Jodie Whittaker, Barbara Windsor.....こんなに大勢いて知っているのはグリゴーロだけ.....顔を見れば知っている俳優さんとかいそうですけど....

 グリゴーロが、賞を発表するだけの役割なのか、余興に歌を歌うのかも分りませんが、授賞式は、イギリスではテレビ生中継されます。BBC Radio 2でも午後5時半から中継がありますから、これは日本でも聞けると思います。オンラインでも公式サイトで視聴できるようですが、実際に見られるかブロックされるかは分りません。

 ローレンス・オリヴィエ賞の公式サイトにノミネートされた作品、アーティスト等がご覧頂けます。ROH関係でのノミネートは、ROHのサイトにも掲載されています。 Olivier Award nominations announced

nice!(0)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 11

Sardanapalus

へぇ~今年のOlivier Awardsはコヴェントガーデンですか。そういえばこの前は映画賞BAFTAの授賞式もやっていましたよ。会場貸出しで稼ぐつもりでしょうか?(^^)豪華な内装なのでテレビ映りもいいし、今後は毎年開催すればいいんじゃないかと思いますね。グリゴーロは何か歌ってくれるのか、単にプレゼンターなのか、気になります。

>こんなに大勢いて知っているのはグリゴーロだけ.....顔を見れば知っている俳優さんとかいそう
ピカード艦長ことパトリック・スチュワートはお分かりでは?イギリスのドラマをよくご覧になっているkeyakiさんですから、きっと顔を見たら「ああ!」と思う人たちばかりですよ~。
by Sardanapalus (2012-04-12 21:11) 

keyaki

Sardanapalusさん
イタリア、スペインの劇場は経済的に逼迫しているようですが、パリ・オペラ座、ウィーン国立歌劇場、ベルリン・ドイツオペラは右肩上がりだそうです。コヴェントガーデンもよさそうなかんじですが、財政難みたいですね。ジェノヴァのサンカルロ劇場にようにボチェッリにオペラを歌わせるより会場貸し出しで稼ぐ方がいいですよね。
過去の授賞式をYouTubeで見たら、ミュージカル系の歌手さんとか歌ってますね.....グリゴーロの方がうまい....と思っちゃいましたけど。
せっかく「リゴレット」の最中ですから、赤い衣装を着て歌って欲しいですね。

>ピカード艦長ことパトリック・スチュワートはお分かりでは?
画像検索で見てみました....よくおみかけするお顔です。
あとJim Carterとか、David Suchetはポワロじゃないですか。
若い人は全然分かりません.....
by keyaki (2012-04-12 22:33) 

Kinox

舞台系の人々は映画に出ても脇役だったりするので、わたしも知らない人ばっかり。司会のストーントンは脇役でたまに見かけますか。ジャック・ダヴェンポートはよく再放送ドラマに出てますが、もう若手じゃないんでしょうね。ワナメイカーも再放送ホームコメディに良く出てくるような。キーティングはポップシンガーですよね。デイビッド・スーシェはわたしもポアロの人かと。ポアロのひげをつけてなかったら、見てもわたしは誰か分からないかも。

ミュージカル部門候補のパウロ・ジョットは今メトのネトレプコのマノンでレスコーやってます。土曜の夜にマノンの公演があるけど、ぎりぎり駆けつけるんでしょうか。彼の出た南太平洋はリバイバル・ミュージカル部門にも入ってるようですが、へぇ、バートレット・シェア演出のリンカーンセンターのを輸入したものなんですね。
元ユーリズミックスのデイブ・スチュアートは映画ゴーストのミュージカル版なんて姑息なことをやってるんですね、ふふ。
オペラ演出部門がENOばっかりで笑えます。

主演男優賞は希望的観測で(NHKでも多分放映した?)現代版ホームズでも光っていたカンバーバッチ、です 。

日本でもアメリカでもTVで中継しないので、ブロックをかけずに視聴させて頂きたいものです。イギリスではオペラを盛り上げる動きもアメリカより活発だし、女心の歌は誰でも知っている曲。これをかっこいい人が歌えば、若い人たちがオペラも面白そう、と思ってもらえるかも。わたしもグリゴーロには是非歌って欲しいです。
by Kinox (2012-04-13 02:04) 

keyaki

Kinoxさん
ノミネートされている人たちや作品を書くのがスジでしたね。グリゴーロがプレゼンターなので、そっちにばかり気を取られていました。

>ミュージカル部門候補のパウロ・ジョット
なかなか見栄えのいいバリトンですよね。メトのマイナーオペラとか各国でエスカミーリョなんか歌ってますね。
ボーローニャ歌劇場来日公演でも「カルメン」に出演予定でしたが、カウフマンがキャンセルしたことばかりが話題になりましたが、かれもどさくさに紛れてキャンセルしたんですよ。
公式発表は「声帯に発声障害が生じているとの医師の診断」でしたが、彼のスケジュールを見たら、同時期にロンドンで「南太平洋」に出演しているので、多分ミュージカルを優先させたのではないかと思います。
http://keyaki.blog.so-net.ne.jp/2011-09-02

>土曜の夜にマノンの公演があるけど、ぎりぎり駆けつけるんでしょうか
最優秀に選ばれれば、駆けつけるかもしれませんね。一曲歌って欲しいですけど。

>オペラ演出部門がENOばっかりで笑えます
昨年は、ROHでは、新制作オペラ賞で「アドリアナ・ルクヴルール」がノミネート、オペラ功績賞で「アドリアナ・ルクヴルール」のパフォーマンスでヨナス・カウフマンが、「タンホイザー」でバリトンのChristian Gerhaher クリスティアン・ゲルハーヘルがノミネートされて、クリスティアン・ゲルハーヘル授賞してますね。
今年は歌手はノミネート無しのようです。

>主演男優賞は希望的観測で(NHKでも多分放映した?)現代版ホームズでも光っていたカンバーバッチ、です 。
見ましたよ.....彼は、最近BSで放送されたミス・マープルにも出てましたよ。
テレビドラマも私はイギリスのが好きです....けっこうNHKでも放送してくれますが、一時期より減ったような気がします。
by keyaki (2012-04-13 10:52) 

Sardanapalus

カンバーバッチ、いいですよね!(^^)私も今の若手イギリス人俳優の中で一押しです。イギリスで話題になった渋いスパイ映画「裏切りのサーカス(Tinker, Tailor, Soldier, Spy)」でもいい演技しています!(日本では21日から公開)

>Suchetはポワロじゃないですか
そうなんですけど、生身の彼はスリムだし髭もないので(笑)。そういえば、Kinoxさんご指摘のワナメーカーも、ポワロに小説家オリヴァ夫人役で出ている女優さんですからお分かりのはず。

>オペラ演出部門がENOばっかり
これは毎年お国びいきだなぁ、と苦笑してしまう部分ですが、今年はまた顕著ですね。それから、今年の功労賞に歌手がノミネートされていないのは寂しい限り。それこそ、グリゴーロがノミネートされてもいいくらいなんですけどね~。
by Sardanapalus (2012-04-15 00:09) 

Kinox

これは寝る前にKeyakiさまに是非お知らせしなければ、うふふ。
ジョットはね、ほんとにオペラよりミュージカルの人なんだか、オリヴィエ賞なんてとろうと思ってとれるもんじゃないと思ってるのか・・・ 日本公演キャンセルのお話もなるほどと思いましたよ。
NYCからロンドンへは大抵夜出て朝着く便なんですが、コンコルドも無くなった今や、今晩のマノンに出てたら間に合わないなぁ、朝一番でプライベートジェットでも飛ばしていくのか、それでもぎりぎりだなぁなんて思いきや・・・
今晩のマノン、見事にぶっちしてくれましたよ、あはは。
パンフレットに紙を挟む余裕もなく、の幕開け直前のアナウンス、直前ぶっちだったのか、事前に情報が漏れないように印刷させなかったのか・・・
これは完全、ロンドンに賞を取りに機上の人なんでしょうね、ふふふ。
今回は「オリヴィエ賞史上初、世界生ネット中継」と言っている記事も見かけたのでグリゴーロと共に、ジョットはほんとにメトをぶっちして行ったのかどうか、明日見るのがまた一層楽しみになってきました・・・
by Kinox (2012-04-15 14:25) 

keyaki

Kinoxさん
Paulo Szot 「マノン」キャンセルしたということは、授賞するのでお呼びがかかったとしか考えられないですよ。2008年に同役でトニー賞受賞してますから、両方賞をとるってすごいじゃないですか。

チェーザレ・シエピは、エツィオ・ピンツァのようにミュージカルでも成功することが夢だったそうですが.......成功しなかったので、クラシック純粋主義者たちにも受けが良いようですけど。
http://keyaki.blog.so-net.ne.jp/2010-07-07
by keyaki (2012-04-15 16:52) 

Kinox

ジョット欠席のなぞも受賞しなかったので解けず、グリゴーロ(相変わらずグリーゴロゥと呼ばれてましたが)も歌わず、残念でした。まぁでもカンバーバッチも最優秀男優賞取れたし、ストーントンの勘違いで、「大丈夫、僕たちチームだから!」なんていうグリゴーロの微笑ましい場面があったので、よしとしましょうか。

> チェーザレ・シエピは、エツィオ・ピンツァのようにミュージカルでも成功することが夢
オペラとポペラやミュージカルは確かにクラシック純粋主義者たちには絶対的境界線があり、両立するのは難しいところ、ちょっとポップスやスタンダード曲を歌っただけでなんやかんやいわれたりしますものね。
by Kinox (2012-04-16 05:57) 

keyaki

Kinoxさん
ニューヨークは、ちょうどお昼頃だとおもいますが、こちらは早朝というか夜中、グリゴーロが出たらさっさと寝ようと思っていましたが、結局4時半頃になってしまったので、最後まで付き合っちゃいました。
Olivier Awardsのサイトで後日ハイライトのビデオをアップするようなことが書いてあったような気がしますが、せっかくですから、私がYouTubeにアップしました。

>ジョット欠席のなぞ
呼ばれなかった時には、えぇ...とがっかりしました。インタビューとか写真がないので、会場にもいなかったんでしょうね。

>カンバーバッチ
も欠席で、もう1人の俳優さんが来てましたね。

by keyaki (2012-04-16 19:45) 

ロンドンの椿姫

この賞がTV中継されたのは初めてではないでしょうか? 映画賞BAFTAに比べたら知名度が低いのはウエストエンドだけの小さな世界のことですから当然仕方ないですが、こうして華やかに授賞式を見るとミュージカルやお芝居に行きたくなる人も増えるでしょうね。
ここではオペラとバレエは異端児で、出演者の中でも、グリゴーロ君は一般的には一番知名度が低かったと思うのですが、便乗させてもらえるのはありがたいことでしょう。できればここでわかりやすいバレエやオペラのアリアをちょっとご披露すれば、オペラも面白そうかもとミュージカルファンがなびくかもしれません。
出演者は、私はほとんどの人を知ってましたが、なかなか豪華だったと思います。見慣れたオペラハウスもカラフルな照明でいっそう華やかで素敵でした。
by ロンドンの椿姫 (2012-04-17 05:05) 

keyaki

ロンドンの椿姫さん
アカデミー賞の授賞式は日本でも生中継をしたり、かなり前から大騒ぎして盛り上げていますが、受賞者が感激してスピーチをするだけですよね....ちゃんと見たことが無いのですが......オリヴィエ賞の方が見る価値がありますよね、だって、舞台でちゃんとパフォーマンスがありますから。

>できればここでわかりやすいバレエやオペラのアリアをちょっとご披露すれば、オペラも面白そうかもとミュージカルファンがなびくかもしれません。
ほんとですよ。せっかくグリゴーロがいるのにもったいない.....公爵の衣装を着て、歌えばよかったのに....映画の宣伝にもなるし。

私もグリゴーロが出なければ、そもそも知らなかったでしょうから、見ることもないわけですが、あちこち活躍してくれるテノール君のファンでよかったです。

by keyaki (2012-04-18 19:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。