So-net無料ブログ作成
検索選択

年末から年始にかけての公演 ☆チューリヒの「ホフマン物語」とDOBの「ボエーム」 [ボエーム La Bohème]

明けましておめでとうございます。

 ヴィットリオ・グリゴーロの年末から年明けのオペラ公演は、チューリヒの「ホフマン物語」の再演(12月6,9,13,16日)と、ドイツ・オペラ・ベルリンのゲッツ・フリードリッヒ演出の定番「ボエーム」(12月30,1月3日)、全公演、無事終わりました。
 DOBの「ボエーム」は劇場のfacebookによれば完売だったとかで、感謝されていました。お相手のミミは、当初の予定では、Svetlana Ignatovichでしたが、イタリア人ソプラノでグリゴーロとは仲良しのカルメン・ジャンナッタージョ Carmen Giannattasioに変更になりました。彼女とは、16日のシャンゼリゼ劇場でのコンサートも一緒です。


 チューリヒ歌劇場では、グリゴーロ主演「ホフマン物語」と、ローランド・ビリャソン主演の「愛の妙薬」(12月11,14,17日)が同時期に上演されていて、こんな写真がアップされていました。上の右端の写真は、左がドゥルカマーラのミケーレ・ペルトゥージ、右がベルコーレのマッシモ・カヴァレッティです。

レビュー:
☆Neue Merker:Berlin, Deutsche Oper: „LA BOHÈME“ mit Vittorio Grigolo, 03.01.2012
☆Magazin.Klassik:Eine 'Boheme' wie aus dem Bilderbuch


★ホフマン物語(再演)Les contes d'Hoffmann Offenbach (Revival) :4公演(12月6,9,13,16日)
David Zinman(Conductor),Grischa Asagaroff(Producer/production),Bernhard Kleber(Set design)Florence von Gerkan(Costumes),Jürgen Hoffmann(Lighting)
キャスト:Elena Mosuc (Stella), Elena Mosuc (Olympia), Elena Mosuc (Antonia), Elena Mosuc (Giulietta), Michelle Breedt (La Muse/ Nicklausse), Wiebke Lehmkuhl (La voix de la tombe); Vittorio Grigolo (Hoffmann), Franck Ferrari (Lindorf/Coppélius/Le docteur Miracle/Le capitaine Dapertutto), Benjamin Bernheim (Spalanzani), Reinhard Mayr (Crespel), Cheyne Davidson (Peter Schlémil), Martin Zysset (Andrès/Cochenille/Frantz/Pitichinaccio), Jonathan Sells (Maître Luther), Michael Laurenz (Nathanaël), Kresimir Strazanac (Hermann), Aaron Agulay (Wilhelm), Armando Pina (le capitaine des Sbires)
◎YouTube:LES CONTES D' HOFFMANN - OFFENBACH

ボエーム :2公演(12月30,1月3日)
Ivan Repusic指揮、Götz Friedrich演出、Peter Sykora舞台・衣装、Stephen Watson照明
キャスト:Vittorio Grigolo(Rodolfo),Nathan De’Shon Myers(Schaunard),Markus Brück(Marcello),Ante Jerkunica(Colline),Jörg Schörner(Benoit),Carmen Giannattasio(Mimì),Martina Welschenbach/Fionnuala McCarthy(Musetta),Paul Kaufmann(Parpignol),Peter Maus(Alcindoro)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0