So-net無料ブログ作成
検索選択

ROHの「ファウスト」(3):BBC Radio3でライブ放送 ☆☆ カーテンコール写真 [ファウスト]

◎2011.9.28追記
 グリゴーロが元気な姿を見せるかどうかちょっと心配ですが、今のところキャスト変更の発表はされていません。26日の件は、こちらで"Due to illness, Italian tenor Vittorio Grigolo has withdrawn from singing the title role in tonight’s performance of Faust." と発表されています。
 やっとグリゴーロのfacebookに、「今晩のファウストの公演は、世界中の映画館でもライヴ上映されるから皆さん見て下さい!」というメッセージがアップされました。


以下2011.9.27記載
 あらまぁ......26日の公演がグリゴーロではなくて、のっぽのヴァレンティ(James Valenti)になってます。さきほどまでROHのファウストのサイトが準備中になってたんです。まさか急病ではないでしょうから、28日のライヴHD上映に備えてのことだと思いますが.....ゲオルギューは最初から26日はお休みにしてましたけど......今回の日程を見て、24(ライブ放送),26,28(ライブHD上映)は中1日できつすぎではないかと思いました。ジェームス・ヴァレンティは、都合良く10月3日から椿姫出演のためロンドンにいたんだそうです。(2011.9.27,午前1:30)
 James Valentiがfacebookで、スター歌手(ゲオ、パペ、ホロ)と共演できる信じられないようなすごい機会だ....と大喜びです。世界中で注目されるね、おめでとう...なんてコメントがいっぱいついてますけど、まさか冗談でしょ.....28日のライブ上映の日も彼なの? またROHが準備中になっちゃいました。グリゴーロになにが起こっているんでしょう。


**********************

 ロンドン時間24日土曜日の午後6時45分(日本時間、25日午前2時45分)からBBC Radio3でライブ放送がありました。初日のレビューは、「純粋な声のドラマにとって、グリゴーロは最高だ....」とか、「これほどすばらしい“Salut! demeure chaste et pure”を聴いた覚えがない」とか絶賛のレビュー目白押しでしたし、老人から若者への変身が見た目だけでなく声の表現力もファンタスティックだったということですから、本当に放送が楽しみでした。一週間オンデマンドでこちらから試聴できます。テノールのハイCがあることでも有名なカヴァティーナ "Salut, demeure chaste et pure"「この清らかな住まい」を舞台写真をつけてYouTubeにアップしました。



 ドミンゴは「舞台では半音下げて歌うレパートリー」リストの中に、この歌も含めています。ヨナス・カウフマンは、この歳になるまで舞台で歌ったこはない(ということは11月末のメトがロール・デビューってことみたい)ようですが、アリア集のCDではなぜかファルセット、私はこういう歌い方ははじめて聞きましたので、ちょっとずっこけました。(GounodのFaustのスコア)



 グノーのファウストは、ルッジェーロ・ライモンディが若い頃(1966年〜)から主要なレパートリーのひとつにしていましたので、録音をいろいろ聞いています。テノールは、ドミンゴ、アラガル、リマ、サヴァティーニ、アライザ、シコフ、最新の公演は2004年マルセロ・アルバレスと共演しています。「ファウスト」はゲーテの呪い...とかでいろいろ問題が起こるんだそうですが、この公演でも大事には至りませんでしたが、ドレスリハーサルで大きなチェストの蓋がグリゴーロの頭を直撃したんだそうです。パリ・バスティーユの「ファウスト」もアラーニャと指揮者のバトルで指揮者が交代させられたり、初日は裏方さんたちのストでコンサート形式になったとか......そういえば、ライモンディとマルセロ・アルバレスの時も、3月末から4月にかけての公演だったんですが合唱団員が、この時期(四旬節)こんな冒涜的ことはできないヨ.... と騒ぎになって話し合いで無事おさまり、公演は予定通りに行われましたが、ライヴ放送は中止されたことがあります。

 マクヴィカー演出のファウストのプレミエはDVD化もされていますが、2004年6月にアラーニャ、ゲオルギュー、ターフェル、キーンリーサイドという豪華キャストで上演され、その後2回(2004年10月、2006年9月)上演されていますが、今回は、初演の時と負けず劣らずのスター歌手勢ぞろい、マルゲリータは2004年と同じゲオルギューですが、放送を聞いていても、彼女の人気のすごさが分かります。ロンドンの観客に愛されているんですね。グリゴーロのインタビュー記事は"The Guardian" に掲載されましたが、この公演のリハーサル中に誕生日を迎え46才になったゲオルギューのインタビュー記事が、"Telegraph"に載りました。「誕生日には、ヴィットリオがハッピーバースデイを歌ってくれたのよ」とご満悦.....記事は、こちら....Opera singer Angela Gheorghiu says of her marital difficulties with Roberto Alagna: 'It was stupid of us to be apart'

★YouTube再生リスト:ROH - Faust
関連記事:
ファウスト コヴェントガーデン2004年 edcさんのブログでDVDが紹介されています
ROHの「ファウスト」(2):高評価レビュー続々 評論家も興奮☆☆ 舞台写真等
ROHの「ファウスト」開幕(1):好調なすべり出し(2011.9.18〜10.10 全9公演)
バレンシア《ファウスト》好調なすべりだし....(2009.2.2〜17)
バレンシアの《ファウスト》舞台写真:699枚も.....
悪趣味!たいくつさせない独創的な『ワルプルギスの夜』...マクヴィカー演出

nice!(0)  コメント(19)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 19

euridice

フィナーレの重唱が一番好きです。気分が高揚しますね。

リンク、どうも〜〜です。古い記事ですが、TBしておきますね。
by euridice (2011-09-26 20:18) 

Sardanapalus

放送の翌朝起きて、さっそくオンデマンド音源で聴きました(^^)歌手の皆さんが誰もキャンセルしなくてよかったです。個人的に、ファウストとメフィストの声の相性が毎回気になるのですが、グリゴーロとパーペは私好みの響きで最初から最後まで楽しめました。パーペは、今まで聞いた中で一番似合っている役ではないかと思いました。グリゴーロも、お得意の感情がたっぷりこもった歌唱が素敵ですね。こんなファウストなら、マルゲリータもころっと好きになっちゃうんじゃないでしょうか?

アップしてくださった最後の三重唱、私も大好きです!!今回のものはちょっとテンポが速めかと思いますが、歌手がもたつくこともなくテンションが高いまま終わるのでかなり気に入りました~。やっぱり、映像も見たくなりますね…。
by Sardanapalus (2011-09-26 22:34) 

keyaki

euridiceさん
>気分が高揚しますね
そう、そう、よくわかりませんが、「救済」ってことでなんか感動します。
TBありがとうございます。
読み返してみて、マクヴィカーって薬物中毒が好きなのね...ですね。
NHKはどうも暴力よりも薬物に弱いみたいですから、これもテレビ放送されてないですよね。YouTubeのサムネイルが、薬を打っている場面になっていたので、他の画像を選んだのになかなか直りませんね。
by keyaki (2011-09-26 23:48) 

keyaki

Sardanapalusさん
私は、早く聞きたかったので、寝ないで聞きましたが、オンデマンドで何度も聞けると思うと、リラックスして聞けていいですね。
BBCの放送は、High Definition soundというのもありますが、日本ではダメなんですね、どの程度高品質なんでしょうね。

>パーペは、今まで聞いた中で一番似合っている役ではないかと思いました
そうですよね。この役はとても合ってると思いました。

しかし、ゲオルギューの宝石の歌のあとの拍手はすごかったですね。観客の反応が良くて彼女も嬉しいでしょうね。

>やっぱり、映像も見たくなりますね…
いつかきっと、テレビか映画館で見られますように.....

by keyaki (2011-09-26 23:57) 

Primrose

撮影したカーテコール写真を組み入れて早速、素敵なYouTubeビデオを作って下さり嬉しいです。この三重唱は大好きなので嬉しいです。
それから今日(26日)はロイヤルオペラハウスのフレンズのPeriod2シーズン追加チケット発売日なので、繋げても常に「Waiting Room」状態です。今、確認したら28日はグリゴーロの名前があって安心。28日は私にとっての最終日なので、絶対にグリゴーロには出演してもらいたいです。
by Primrose (2011-09-27 06:03) 

keyaki

Primroseさん
>素敵なYouTubeビデオを作って下さり嬉しい
こちらこそ、たくさん頂いて嬉しいです。

ジェイムズ・ヴァレンティの件ですが、ロンドンの椿姫さんのところに経緯を書きましたが、特に28日がヴァレンティになるなんて、劇場側がそんなことをするとは思えませんが、とにかく、ゆっくり休養して、28日には絶対に出て欲しいです。
土曜日には合唱団員から「26日には、スター歌手のうち誰かが出ない」ということを聞いた人がいたようです。28日のために劇場側が配慮した可能性もありますよね。
しかし、ネットは便利ですが、知らなければいいような情報も入ってくるんですよね。ヴァレンティのfacebookってはじめて見ましたが、ことこまかに報告してますね。
しかし、ネットは便利ですが、知らなければいいような情報も入ってくんですよね。ヴァレンティのfacebookってはじめて見ましたが、ことこまかに報告してますね。
by keyaki (2011-09-27 10:40) 

Sardanapalus

keyakiさん>
ROHのサイト覗いてきましたが、今のところ28日以降はグリゴーロが歌うようですね。なんかハラハラしちゃいますけれど、HDの日はきっと元気に歌ってくれるでしょう!背が高いだけのヴァレンティじゃあ残念すぎます。

>ヴァレンティのfacebook
前に何度か読んだことがありますが、かなりミーハーな印象です。よく覚えているのは、「今、キーンリーサイド、カウフマン、ヘップナーといったスター歌手達と同じ控室を使ってるんだよ~むっちゃ興奮!」とかいうコメントですね。今回の「ゲオルギューと共演」というのは、勢い余って書いちゃったのでしょう。それにしても、常にポジティブ思考なのはアメリカンだからでしょうか?今回久しぶりに覗きに行きましたが、ざっと読んだだけで何だか疲れちゃいました(^_^;)
by Sardanapalus (2011-09-27 12:43) 

keyaki

Sardanapalusさん
気になってROHのサイトをついついクリックしてしまいますが、ほとんど「Waiting Room」状態です。グリゴーロのfacebookもなんか怪しい....土曜日の公演のあと、"resting....."とコメントしてるんですが.....いつまで"resting....."なの?ですよね。

>今回の「ゲオルギューと共演」というのは、勢い余って書いちゃったのでしょう
そうなんでしょうけど、こういう代役で舞い上がるって、ちょっと能天気なアメリカン過ぎますよ.....「スカラ座でのひどい体験」を地元紙に語ったマイケル・ファビアーノ君を思い出しました。ジャンニ・スキッキのBキャストのリヌッチョだったんですが、指揮者のシャイーに、「Aキャストのテノールはクビにしたから、君も頑張らないとクビになるよ...」という冗談をものすごくポジティブにとらえて、「やったー、僕がAキャストだ....テレビ放送も僕だぞ」と思ったのに、なんか突然イタリア人テノール(=グリゴーロ)が現れて、テレビ放送も彼になっちゃって....その上、僕がいつ歌うのかも誰も教えてくれなくて、おじいちゃんのお葬式にも帰れなかったんです....と言う話し。

26日にファウストを見に行った人の「グリゴーロなしのファウスト」という記事をを見つけましたが、その人は、劇場に行って、テラスで気分よくワインを飲んでいてグリゴーロがindisposedでフィラデルフィアのテノールJames Valentiに代わっているのを知って吃驚仰天したそうです。感想はなにも書いてなくて、hmmm... だったみたいです。コメント欄に、「ヴァレンティはどうだった?私は、ROHで彼のピンカートンとアルフレードには全く感心しなかったけどね」というカキコミがありました。

"indisposed"って、ちょいと気分がすぐれないってことですよね。疲れている程度ならいいんですけど.....ちょっと心配ですが、HD上映がヴァレンティではROHの面目丸つぶれでから、はってでも出演してもらわないと。
by keyaki (2011-09-28 00:24) 

Sardanapalus

>ほとんど「Waiting Room」状態
運悪くチケット発売日でしたからね~。今は大丈夫みたいです。

背が高くてイケメンなだけ、と日本で言われているヴァレンティは、ロンドンでも同じような評価のようです。ですので、ヴァレンティのfacebookは変に盛り上がってますけど、
>ROHで彼のピンカートンとアルフレードには全く感心しなかった
というコメントが、大部分のロンドンのオペラファンの声を代弁していると思いますよ。だから、ROHもグリゴーロに歌ってほしいと切望しているはず。中3日休んだ訳ですから、元気に歌ってほしいです。

さすがにこれだけ話題になっている公演ですから、今夜もキャストチェンジがあるならウェブ上↓に告知されるはずです。(26日の分は載っています)
http://www.roh.org.uk/pressandmedia/pressreleases.aspx
いざ幕が上がるまで、何だか落ち着かない1日になりそうですね!
by Sardanapalus (2011-09-28 10:21) 

keyaki

Sardanapalusさん
ROHって、キャストチェンジの発表もしないのかと思いましたが....リンクありがとうございます。

ヴァレンティは、ピンカートンの時も、カーテンコールでブーされても、悪役だからブーされていると勘違いして笑ってたとか.....ロンドンの椿姫さんのコメントには吹き出しちゃいました。
Madokakipさんも、態度も歌も無神経でお調子者と言ってますし、皆さんの評価が一致してますね。
http://blog.goo.ne.jp/madokakip/e/e44af22ac5354223c8ccda03e7b21d83

>「今、キーンリーサイド、カウフマン、ヘップナーといったスター歌手達と同じ控室を使ってるんだよ~むっちゃ興奮!」とかいうコメント
プログラムの写真かと思ったら、これでしたよ....(笑

28日、万一代役を立てるようなことになれば、アラーニャを連れてくるしかないでしょう。パリでちょうどファウストに出演中ですけど、頼めば来なくもないような....

>いざ幕が上がるまで、何だか落ち着かない1日になりそうですね!
Primroseさんや椿姫さんの報告待ちですね。
by keyaki (2011-09-28 11:03) 

Leonora

生中継は今日だったんですね。
仕事で聴きそびれてしまったので残念><;;
でも、グリゴーロ君、無事に歌ったのでしょうね。
皆様の報告が楽しみです。

最近、新アルバムばかり聴いてるので、ついに耳元には来年スカラ座の『ラボエーム』と『リゴレット』両方行こうかな...両公演の間に一時帰国でも挟めばちょうど繋がるし...と悪魔の囁きが(笑)
by Leonora (2011-09-29 07:13) 

Primrose

ライブ上映のあった今日の公演も行ってきました!グリゴーロも他のキャストも張り切っていて素晴らしかったです。グリゴーロはカーテンコールの時に、赤いガウンを着て出て来たのです。その後がサプライズ!ガウンを脱いだら、下はTシャツで、前面に「CIAO MAMMA E PAPI」、後面に「I ♥ LONDON」と書いてありました!♥は赤色です。今日はIntermezzoさんもいらしていて、Tシャツ写真が上手に撮れたと仰っていたのでブログに近々紹介されることでしょう。彼女によると、まだ未確定だけど、歌手がサインすれば、今回のファウストは、アラーニャ版に引き続いて、DVD化予定だそうです。ライブ上映などで相当予算がかかってるから元を取るため?らしいです。あくまでも「未確認情報」ですけど。

by Primrose (2011-09-29 08:58) 

keyaki

Primroseさん
報告待ってました! よかったです。ネットでは知らなくてもいい情報が入ってきますので、いらぬ心配をしてしまいました。

26日の件は、最初からグリゴーロが休みたいと言えば、休ませるように劇場側が根回ししていた可能性大ですね。ヴァレンティのあの舞い上がりぶりもそうだとすれば納得です。きっと、もしかしたら26日に歌うことになるかもしれないから準備しておきなさい...と言われてたんでしょう。

>「未確認情報」
でも期待しちゃいます。
日本でもNHKは薬物中毒に厳しいので無理としても、WOWOWとかCSで放送してくれるといいんですけど
by keyaki (2011-09-29 09:48) 

keyaki

Leonoraさん
Primroseさんがしっかり見て来て下さって、とてもはりきっていたそうです。やっぱり、体力温存が目的だったような感じですね。

28日の生中継は、映画館配信で、放送は24日のライブだったんです。まだオンデマンドで聞けますよ。
http://www.bbc.co.uk/programmes/b0150dd0

>両公演の間に一時帰国でも挟めばちょうど繋がるし
それはいい方法ですね。中途半端に間が空いてますものね。

by keyaki (2011-09-29 09:55) 

keyaki

Primroseさん
今、Intermezzoさんのところで見てきました。
「I ♥ LONDON」のプリントのTシャツに手書きで、書いたんですね。
両親は、映画館に見に行ってたんでしょうね。これは嬉しいプレゼントですね。グリゴーロって3人兄弟の末っ子なので、けっこう年寄っ子なんですけど、両親共に健在なんですね。


by keyaki (2011-09-29 10:20) 

Sardanapalus

どうやら元気いっぱいに歌ってくれたようですね。ROHのたどり着けないキャストチェンジページを見る必要がなくてほっと一安心です。見た目もよくて歌える歌手でHDになってよかったです♪グリゴーロ、カーテンコールのTシャツも可愛らしい!ご両親は嬉しかったでしょうね。ちゃんとロンドンへの配慮も欠かさないのが流石イタリアン(^^)

しかも、もしかしたらDVD!?なんて素敵すぎます~。昨シーズンの「マクベス」も、すでに同じ演出でDVDになっている(こちらは別の劇場ですが)のにDVD化されるそうですから、ちょっと期待してもいいんじゃないかと思います。歌手の皆さんがDVD化に同意してくれるといいですね。
by Sardanapalus (2011-09-29 23:05) 

Primrose

昨晩のカーテンコール写真をこちらのメールアドレス宛に送りましたので、ぜひ、ご覧ください。
by Primrose (2011-09-30 05:23) 

keyaki

Sardanapalusさん
>ROHのたどり着けないキャストチェンジページ
これって、教えてもらわないと分りませんよね。劇場側との内密のお約束があったっぽいですね。

>グリゴーロ、カーテンコールのTシャツも可愛らしい
こういうことができる....というかしちゃうオペラ歌手は、グリゴーロだけでしょうね。ゲオルギューも他の歌手さんたちも楽しそうですね。シベリアンハスキーのぬいぐるみもなんかほほ笑ましいし。

>昨シーズンの「マクベス」も、すでに同じ演出でDVDになっている(こちらは別の劇場ですが)のにDVD化される
それは、期待できそうですね。
しかし、どうしてテレビ放送しなくなったんでしょう。DVDもいいですけど、テレビで放送してくれれば、私たちもなんとか見られるのに....
by keyaki (2011-09-30 16:40) 

keyaki

Primroseさん
いつもありがとうございます。さっそくブログに載せました。
もしも、DVD化されてもこのカーテンコールはカットしないで欲しいですね。
by keyaki (2011-09-30 16:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。