So-net無料ブログ作成
検索選択

ROHの「ファウスト」(2):高評価レビュー続々 評論家も興奮 ☆☆ 舞台写真等 [ファウスト]

 主なレビューが出そろいました。プロの評論家さんたち、期待が高いだけにスター歌手にはとかく厳しいものですが、結果的に歌手に対しては皆さん評価しています。
 "Telegraph"のルパート・クリスチャンセン Rupert Christiansenは、「ファウストのマクヴィカー演出の再演の目玉は、素晴らしいキャストだ。とかくこのようなスター歌手を揃えた公演は、期待はずれの嘆かわしい結果に終わるものだが、今回は、期待に答えてくれるものだった....」と述べています。そして、グリゴーロについては、「一昨年のマノンの成功が、一時的なものではなかったことを証明した......彼の魅力には抵抗できません....彼は、音を着実にむらなく均一に作り出すことができる。そして “Salut! demeure chaste et pure”を感受性豊かに歌った....」しかし、この"Telegraph"のレビューの写真が、アラーニャとゲオルギューなのはどういうつもりなんでしょう。(いつのまにか今回の公演のグリゴーロとゲオルギューの写真になっていました)
 クリスチャンセンは、昨年の「マノン」の公演の際にグリゴーロのインタビュー記事を書いています。自信満々のグリゴーロの言動を面白可笑しく書いていると思いますが、一部の読者から、批判されました。その時のインタビュー記事はこちら
主なレビュー:
Telegraph/Rupert Christiansen レーティング:☆☆☆☆☆
gri_faust_2011roh_12.jpg彼のJack-the-Ladな魅力は圧倒的だ。彼は、歌うことと舞台が好きで、彼自身の100%を与える...
Opera Britannia/Faye Courtney ☆☆☆☆.5 (9/21追加)
これほどすばらしい“Salut! demeure chaste et pure”を聴いた覚えがない。
Express/William Hartston ☆☆☆☆ (9/21追加)
純粋な声のドラマにとって、グリゴーロは最高だ。
FT/Richard Fairman ☆☆☆☆
グリゴーロは、若いイタリア人テノールの中の期待の星
Guardia/Tim Ashley ☆☆☆☆
グリゴーロのハンサムで大きな声のファウストは、素晴らしく説得力がある.....
This is London/Barry Millington ☆☆☆
グリゴーロは期待に答えた...
The arts desk/Igor Toronyi-Lalic
老ファウストから若者へのグリゴーロの早変わりは、ファンタスティックだった...
The stage/George Hall
エネルギーのかたまり、若いイタリアのテノールは、本物のスターだ.....
MusicalCriticism.com/Hugo Shirley.
マクヴィカーの代わりの再演ディレクターLee Blakelyは、歌手たちとすぐれた仕事をした。キャストはヴィットリオ・グリゴーロによってリードされた。.
classical source.com/Alexander Campbell.
ヴィットリオ・グリゴーロは、若々しいファウストとして素晴らしく叙情的で激しかった.....


ブログ:
Interimezzoさんのブログにレポート、舞台とカーテンコールの写真がたくさん掲載されています。
dognorahさん/2011年9月15日「ファウスト」ドレスリハーサル
ロンドンの椿姫さん/ファウスト by Gounod 豪華面子初日速報



関連記事:
ROHの「ファウスト」開幕(1):好調なすべり出し(2011.9.18〜10.10 全9公演)
バレンシア《ファウスト》好調なすべりだし....(2009.2.2〜17)
バレンシアの《ファウスト》舞台写真:699枚も.....
悪趣味!たいくつさせない独創的な『ワルプルギスの夜』...マクヴィカー演出
nice!(0)  コメント(14)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 14

sora

こんばんは!
いきなり変な質問なんですが、グリゴーロ君て上の画像の指揮者や他の方みたいに笑ってる写真ってありますか?
オペラに全然関係なくてすみません。
そういえば、いつもクール系だなぁとふと思ったもので。
by sora (2011-09-20 20:30) 

娑羅

私のブログで写真を紹介して下さってありがとうございました(^^)

ゲオルギューもそうですが、グリゴーロさんも写真のupが早いですね~。
ホロストフスキーはまだFBに慣れていないようで、連続してupしたかと思えば、ファンがやきもきするぐらい音沙汰無しのことも多いんです。
今回の「ファウスト」も、まだ自分のゾンビメーク写真しかupしてませんし^^;

レビュー、まとめてくださっていてとても見やすいです。
ありがとうございます<(_ _)>
by 娑羅 (2011-09-20 23:08) 

keyaki

soraさん
>笑ってる写真ってありますか?
微笑んでいる写真はたくさんありますが、歯を見せて笑っているってことかな?
http://colleghi.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_6f6/colleghi/gri_mei_zurigo_eki3.jpg

カーテンコールとかでは嬉しそうに笑っていることが多いんやないかな...

>いつもクール系だなぁ
ホットで子供っぽいと思ってましたが、本当はクールなのかも.....
by keyaki (2011-09-21 02:09) 

keyaki

娑羅さん
これだけトップクラスの歌手を集めた公演ですから、良くて当たり前なのに、好評で嬉しいですね。
ゲオルギューのfacebookには彼女とホロストフスキーのツーショットもありましたね。パーペがいませんけど、きっとどこかで煙草を吸ってるんでしょうね。
by keyaki (2011-09-21 02:14) 

Leonora

お久しぶりです。

グリゴーロ君、着々とスターダムへのし上がってますね。あれだけ条件揃っていれば当然だけど。

ところでかなり先の話ですが、来年秋にはスカラ座で「ラ・ボエーム」と「リゴレット」連続出演みたいですね。私、これはたぶん「ラ・ボエーム」を観に行くつもりです。
by Leonora (2011-09-21 19:17) 

keyaki

Leonoraさん
>お久しぶりです。
本当にお久しぶりです。
グリゴーロもイタリア国内の劇場にちゃんと出ていても、イタリアの劇場に出ない...とか悪口言われてましたし、クリスチャンセンのインタビューで、「ROHでは全てがスムーズに進むけど、スカラ座はに陰でこそこそやっていて、実際に何が起こっているのかわからない。」なんて言って批判されたりしましたし、イタリア人としてはスカラ座からオファーがあれば喜んで...と言わざるを得ないでしょうね。
フィリアノーティが、時々オペラフォーラムで話題になりますが、持続力に欠けるみたいな状態のようで、やっぱり病気の影響なんでしょうか。こうなると国際的なイタリア人テノールは、今の所グリゴーロしかいないってことでしょうね。

スカラ座のボエーム、まだまだ先ですけど、レポート楽しみにしています。
by keyaki (2011-09-22 10:21) 

Leonora

フィリアノーティも美声なので好きです。
が....仰る通り、持続力/スタミナが><;
例えて言えば、グリゴーロ君の超えは「筋力」が感じられるけど、
フィリアノーティの方は美しいがそれが欠けているというか。
グリゴーロ君のスカラ座出演は2公演続けてで迷いますが、
やっぱりあの表現力豊かな声ならラボエームで聴きたいなと^^

by Leonora (2011-09-22 17:01) 

clevelander

今朝のBBC ニュース情報番組にトニー・ホールとゲオルギューが出ていました。
話題はROHのシネマ展開で公演中の「ファウスト」の話はありませんでした。
http://www.megaupload.com/?d=HCRF70MV
by clevelander (2011-09-23 21:08) 

keyaki

Leonoraさん
フィリアノーティは、スカラ座の開幕公演で復活ということになればいいんですけど。

>グリゴーロ君のスカラ座出演は2公演続けてで迷いますが
もうちょっと日程がくっついていれば....ですね。
リゴレットの演出はどうなんでしょうね。ボエームはゼッフィレッリですから大丈夫ですけど。
by keyaki (2011-09-24 01:54) 

keyaki

clevelanderさん
ビデオクリップありがとうございます。
ファウストが、2011/12の シネマ・シーズンの初めなので、その宣伝も兼ねての出演みたいですね。ゲオルギューは自分のCDの宣伝もあるようですけど。グリゴーロもCDの宣伝に出演すればいいのに....もしかしたらもう少し先に出るかも知れませんね。その時はよろしくお願いします。
明日は、ネットで放送があるので楽しみです。オンデマンドで聞けますが、ちょっとでも早く聞きたいので、徹夜です。
by keyaki (2011-09-24 02:02) 

Primrose

今晩の公演にも行ってきました。またまた素晴らしい歌声でした!カーテンコールもノリノリで、「もっと声援ちょうだいよ〜」って、腕を上に挙げて観客にさらなる拍手を求めてました。もちろん観客もそれに答えて大拍手したら、グリゴーロ君は大喜びしてましたよ。本当に楽しいカーテンコールでした。初日にカーテンコールのビデオ撮影したので、今日は写真撮影しました。パソコンに取り込んで整理したら、keyakiさんに送りますね。もうしばらくお待ちください。それから早速、"Salut, demeure chaste et pure"をyoutubeにアップロードして下さり、ありがとうございました。今、このアリアを聴きながらコメント書いてます。
by Primrose (2011-09-25 09:28) 

keyaki

Primroseさん
ファウストは、ライモンディが若い頃からレパートリーにしていたので、なんとなくよく聞いているオペラなんですけど、とてもダイナミックな演奏でした。音だけでも充分聞きごたえがありました。皆さん熱演でそれぞれ個性があってよかったです。パーペってライモンディ同様軽いバスなんですね。ターフェルにも似ている感じでしたし。
しかし、ゲオルギューの人気はすごいですね。彼女は一回休んで28日のHD上映にそなえるんですね。
写真楽しみにしています。
by keyaki (2011-09-25 09:42) 

Primrose

こちらのブログに紹介されているメールアドレスに昨晩のカーテンコール写真を送りました。ご確認くださいませ。
by Primrose (2011-09-25 18:42) 

keyaki

Primroseさん
カーテンコールの写真、ありがとうございます。
たくさんあったので、ビデオクリップを作ってみました。
http://www.youtube.com/watch?v=yQ5Chyl-J4Q

by keyaki (2011-09-26 02:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。