So-net無料ブログ作成
検索選択

ROH"ファウスト" リハーサル中のインタビュー:オペラは、ボクシングやフォーミュラ・ワンのように危険なもの [インタビュー&記事]

gri_guardian.jpg いよいよオペラのシーズンのはじまり、はじまりぃ〜で、テノールの注目株ヴィットリオ・グリゴーロのインタビュー記事が続々......イタリアでは、Corriere della Seraの男性誌 "STYLE" 9月号、ドイツでは、音楽雑誌 "crescendo" 9/10月号のカバーを飾っています。それぞれ、興味深い内容ですので、いずれちゃんと読めれば...と思います.....しかし、"crescendo"の方は、ほとんどポルシェのエンジンの話しなので、チンプンカンプンなんですが。

 本日(2011.911)のThe Guardianのピーター・コンラッド(Peter Conrad)の記事「Vittorio Grigolo: 'Opera is just like boxing or Formula 1. It's dangerous"」も、リチートラの突然の死はショックだったようですが、相変わらずいろいろ面白いことを言ってます。「オペラもテニスやボクシングやフォムミュラ1と同じようなプレッシャーがある、ボエームでハイCを失敗したら、全体がどんなに良くてもダメ....とか...」これはパヴァロッティも言ってましたね。こういうのを嫌う人もいますが、コンラッド氏は、なかなか興味深い話しを引き出しています。「イタオペとフランスオペラの違いは....という質問には、ローマとパリのようなもの...」とかユニークな答えを。
gri_crescendo-2011_01.jpgGrigolo Style Corriere della Sera 26 Aug 2011_2_ページ_1.jpgGrigolo Style Corriere della Sera 26 Aug 2011_2_ページ_2.jpg 
 
 両方とも上のリンク先からPDFで読めるようになっています。ポルシェのエンジンの研究を数年やっていて、ポルシェにそのアイデアを採用させたいみたいです。他の人気オペラ歌手に比べて、公演数が少ないというか押さえているのは、ポルシェの改造、研究に時間を使いたいからかなぁ.....
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。