So-net無料ブログ作成
検索選択

ニュース! Vittorio Grigoloの2枚目のアルバムは "Arrivederci" 9月発売..... [CD/DVD/映画]

◎数日前から、ネット上(多分イギリス)に"Vittorio grigolo - Arrivederci Roma" というプロモーションビデオがアップされていますが、日本では見られませんでした。さきほど、アメリカアマゾンにビデオクリップがアップされてやっと見られました。"Arrivederci Roma"の音声ファイルをこちらにアップします。(2011.8.18)

◎HMVでも予約できます。『VITTORIO GRIGOLO / ARRIVEDERCI 輝かしい美声を生かす20のナンバーを収録』(2011.8.15)

11grigolovittorio.jpg ◎アメリカ・アマゾンでは曲目リストが記載されています。テノールの有名アリアとお馴染みのカンツォーネ満載のアルバムです。どれも早く聞きたいですが、特にモーツァルトのCosi fan tutteのアリアが楽しみです。今後舞台で歌うことはないと思いますが、2005年にローマ歌劇場で歌った時のレビューで、『このうえなく素晴らしく美しい「恋のそよ風 Un'aura amorosa」』だったと絶賛されています。(2011.8.6追記)

◎9月16日発売のニューCD "Arrivederci"(UK盤)日本アマゾンでも予約開始
多分"The Italian Tenor"同様、国内盤は、半年遅れ、ドイツでは「初回限定」盤も発売されるようです。 (2011.7.23追記)


★曲目リスト
1. Inosservato, penetrava,... ( Il Duca d'Alba)
2. La donna e mobile (Rigoletto)
3. Un aura amorosa ( Cosi fan tutte)
4. Libiamo ne'lieti calici (La Traviata)
5. Recondita Armonia (Tosca)
6. M'appari (Martha)
7. Lamento di Federico (Arlesiana)
8. Amor ti vieta (Fedora)
9. La Danza (Serenata musicale)
10. Torna a Surriento (in E, arr. Giancarlo Chiaramello)
11. Mattinata (in E, arr. G.Chiaramello)
12. Ti voglio tanto bene (in D, arr. Holdridge)
13. O surdato 'nnamurato (in F, arr. G.Chiaramello) 
14. Non ti scordar di me (in A Minor, arr. G.Chiaramello) 
15. O paese d'o sole (in G Minor, arr. Holdridge)
16. Chitarra romana (in D Minor, arr. Henry Mancini)
17. Core n'grato (in E-flat, arr. G.Chiaramello)
18. Voglio vivere così (in G Minor, arr. Holdridge)
19. Arrivederci Roma (in B, arr. Holdridge)
20. Caruso (in G Minor, arr. Ingman)
清らかで美しい天使 (ドニゼッティ:アルバ公爵)
女心の歌 (ヴェルディ:リゴレット)
恋のそよ風 (モーツァルト:コジ・ファン・トゥッテ)
乾杯の歌 (ヴェルディ:椿姫)
妙なる調和 (プッチーニ:トスカ)
夢のように (フロトウ:マルタ)
フェデリコの嘆き (チレア:アルルの女)
愛さずにはいられない (ジョルダーノ:フェドーラ)
ダンス (ロッシーニ 歌曲:音楽の夜会)
帰れソレント (クルティス)
朝の歌 (レオンカヴァルロ)
あなたがとても好き (クルティス)
恋する兵士 (カンニオ)
忘れな草 (クルティス)
太陽の地 (ダンニバーレ)
ローマのギター (ディ・ラザロ)
カタリ・カタリ(コルディフェッロ)
こんな風に生きたい(ダンツィ)
アリヴェデルチ・ローマ (ラシェル)
カルーゾ (ダッラ)

以下2011-05-28記載
 先週、グリゴーロがヴォーカルコーチのリゴーザ先生のBellombra(Veneto,Rovigo,Adoria)の家にちょっと立ち寄った.....というRovigoOggiの記事(2011.5.27)を見つけましたが、そこに、嬉しいニュースが.....SonyClassicalの"The Italian Tenor"に続く2枚目のアルバム "Arrivederci"が、7月(イタリアでは10月)に発売されるそうです。

 タイトルの "Arrivederci" からも想像できるように、カンツォーネとポピュラーなアリアを網羅したアルバムのようです。この記事に書かれている曲目は、‘Recondita Armonia’ , ‘Chitarra romana’, ‘La donna è mobile’ ,‘Core ingrato’, ‘La solita storia del pastore’,‘Arrivederci Roma’、最初のアルバムと同じパルマで録音、指揮もピエールジョルジョ・モランディ。
 上の写真はリゴーザ先生のシンクロ・スタジオでちょっとロメオのパートのおさらい.....Bellombraを訪れたのは2008年以来だそうですから、久々の古巣ということです。19才くらいから、この町でリゴーザ先生のレッスンをうけていたので、バールや食料品店の人たちもグリゴーロを良く知っていて、有名になったグリゴーロと記念写真.......こちらで見られます。

 下の写真は、この大きな壺を買ったってことなの!値段交渉成立.....後ろにいるのは先生の娘キアラさん
 その他の内容は、メトのボエームでも成功したこと、初CDアルバム"The Italian Tenor"も売上ランキング上位であること、音楽マニアの月刊誌 L’operaの賞“Opera award 2011”でベストテノールの1人に選ばれたこと、"Vogue Italia"の最新号のインタビュー記事の写真は、モデルもうらやむものだとか.....最後にリゴーザ氏が、「14年前から、ヴィットリオは私と歌の勉強を始めたが、その時彼の成功を直観した。今私は、彼が才能があってそれを証明できたことだけでなく、彼は歴史に残るテノールになることは確かだと思う。」と語っています。

関連記事:ヴィットリオ・グリゴーロの出発点はポレージネ(ヴェネト州のポー川流域)☆はたちの写真
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。