So-net無料ブログ作成

ムーティ指揮:ベートーヴェン《合唱幻想曲 Fantasia in Do Min.Op. 80 》ラ・スカラ(2000.11.5 日曜日) [スカラ座コンサート2000ムーティ]

リッカルド・ムーティのミラノ・スカラ座デビュー30周年記念特別コンサート(1999/2000シーズン)

Musica di LUDWIG VAN BEETHOVEN
FANTASIA IN DO MIN. OP.80

Orchestra:FILARMONICA DELLA SCALA
Coro:FILARMONICA DELLA SCALA

Direttore:RICCARDO MUTI
Maestro del coro:ROBERTO GABBIANI
Pianista:BRUNO CANINO

Soprano:
IRINA IORDACHESCU
CARMEN GIANNATTASIO

Contralto:LARISSA SCHMIDT

Tenore:
VITTORIO GRIGOLO
ALESSANDRO CODELUPPI

Basso:
GIOVANNI BATTISTA PARODI

 『ヴィットリオ・グリゴーロ、23才でミラノ・スカラ座デビュー(2000.11.16)』という記事を書きましたが、11月5日のこのコンサートにも第1テノールとして歌っていることが「スカラ座アーカイヴ Archivio La Scala」で確認できました。23才最年少スカラ座デビューには変わりはないですが。

 この曲は、管弦楽に独奏ピアノ、独唱者6名(ソプラノ2、アルト、テノール2、バス)、四部合唱という大規模なもので、演奏されることの少ない楽曲だそうです。ちなみに私も聞いたことがありません。20分程度の曲で、ソリストの重唱もフィナーレにほんのちょっとです。ソプラノのソリストの一人は、ヴェルディの《海賊 IL CORSARO》で共演したカルメン・ジャンナタッシオなんです...ということは9年ぶりの共演だったんですね。残念ながらこの時の演奏の録音があるのかないのかも分かりません........

★Archivio La Scalaの写真(クリック拡大)


参考までにバレンボイム指揮の録音がYouTubeにアップされていましたので、リンクします。
Beethoven: Choral Fantasy Finale- Daniel Barenboim 指揮とピアノはバレンボイム
ソリスト:Carola Hohn, Katharina Kammerloher, Andrea Bonig, Endrik Wottrich, Par Lindskog, Rene Pape


メモ:
合唱幻想曲 ハ短調 作品80
Fantasie für Klavier, Chor und Orchester c-Moll op. 80(独)
Fantasia in Do min.op.80 (伊)
Fantasia in C Minor, Op. 80(Choral Fantasy)(英)

合唱幻想曲について:
wiki:合唱幻想曲 Choral Fantasy (Beethoven)
解説:合唱幻想曲 ハ短調 作品80

関連記事:[スカラ座コンサート2000ムーティ]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0