So-net無料ブログ作成
検索選択

13才のヴィットリオ・グリゴーロ"パヴァロッティーノ"の新聞記事★☆写真Pavarotti,Kabaivanskaと [トスカ1990(Pastorello)]

gri_kaba_pava.jpg★2009年7月26日追記
 このところヴィットリオ・グリゴーロのオペラ歌手としての評価が、着実に高まっているのを感じます。私が注目し始めてから、好評でなかった舞台はないのですが、オペラ歌手としての知名度が上がってきています。これは、オペラ出演は年間3本....と制限するのを止めた効果ではないかと思います。こうなると、いろんな所からお宝写真が出て来るんですね.....
 パヴァロッティーノと呼ばれた時の写真、パヴァロッティとカバイヴァンスカと一緒の写真をネット上の某所で発見。下記の記事で紹介したコリエ・デッラ・セーラの新聞記事にもあるように本当に「ぽっちゃり」可愛い、13才というかほとんど14才なんですけど、それにしては幼いかんじですね。中学2年ってもっと大人っぽいと思いますけど.....
 12才の時の写真もありましたが、合唱団の写真なので同じ年頃の男の子(9才〜14才)の中にいますが、ヴィットリオ君はすぐ分かります.......けっこうチビでクリクリお目目のキューピーさんです。また後日紹介します。

★ここからは、2009年5月26日記事
 ヴィットリオ・グリゴーロのオペラデビューは13才、《トスカ》のパストレッロでしたが、ローマのオペラ界をわかせたようです。当時の新聞記事がありますが、一つは"CORRIERE DELLA SERA"の初日がはじまる前の記事、もう一つは IL GIORNO、この公演のレビューで羊飼いの少年役のグリゴーロの部分の抜粋です。 まず、コリエ・デッラ・セーラの公演開始前の新聞記事から。
★システィーナ礼拝堂聖歌隊からパストレッロ(1990.12.11)

↑ビデオクリップにリンク

 私たちは彼に『パヴァロッティーノ』というニックネームをつけた。彼は、システィーナ礼拝堂の少年聖歌隊で歌う13歳、ぽっちゃりして、とても濃い黒っぽい瞳で、そわそわ落ち着かない様子で、大切な喉を保護するために不可欠なマフラーをしている。この少年の名前は、ヴィットリオ・グリゴーロ、歌劇場でのオペラ・シーズンの木曜日に始まる《トスカ》で最年少の出演者である。普通は女声のコントラルトによって歌われるローマの詩人ジッジ・ザナッツォの詩の数節 "Io de’ sospiri, te ne rimanno tanti.... Pè quante foye ne smoveno li venti. Tu mme disprezzi, io me ciaccoro. Lampena d’oro, me fai morir!’."を歌う羊飼いの少年の役を演じる。

 3幕で、サン・ピエトロの鐘の音の後、彼の歌は舞台のそで裏から聞こえて来て、それから羊飼いは舞台を横切る。マント、帽子、大きな籠と杖。この繊細な旋律は、悲劇への序奏となる。"星は光りぬ E lucean le stelle"の前に演奏される。

 『皆が、僕をパヴァロッティーノって呼ぶことは正しいです。』とヴィットリオは言う。『彼は僕のアイドルです。彼がやって来た時すぐに、僕は力いっぱい彼に抱きつきました。彼のようなずーっと一生歌う歌手になりたいんです。でも大人になるまで待たなければならないし、その間にどんな変化が起こるか分かりません。』
 初めてのオペラ出演にもかかわらず、若い歌手は、パヴァロッティとカバイヴァンスカのような二人の主役の前でも全くおじけづいていないようだ。『僕は興奮してどきどきしました。』とヴィットリオは続けた。『一人で、舞台を歩いている時に、たくさんのすばらしいアーティストが、ここを通ったんだなって。そして僕はまるで聖なるパラダイスにいるように感じました。』

次はIL GIORNO紙のレビューから。
★それでも小さなグリゴーロ(羊飼いの少年)の声はこの上なくすばらしい(1990.12.15)
 あいにく羊飼いは、巨大なダマスク織のラメッタでローマのシルエットを2枚に分けて描写した下げ幕の前でローマの夜明けの歌を歌うのだが、その声、顔つき、熟練を強く印象づけるものを持っている。彼の名前は、ヴィットリオ・グリゴーロ、天は、彼が大人になるまで彼の声を見守るだろう...そして、彼を見出した人にたくさんの感謝を。

 いやはや、牧童ならぬ神童だったんですね。「10で神童15で天才、二十歳過ぎればただの人.....」と言いますが、確かに、今は、ただの才能豊かなテノール歌手の一人....
 13才で初舞台、その後、声変わりしてもテノール声で、個人レッスンで歌の勉強をして、19才でコンクールで優勝、奨学金をもらうと同時に歌手デビューもしています。カーレーサーを目指し、実際にレースでもいい成績をあげ、廻りの大人たちをはらはらさせた時期もあるようですが、親の強い希望もあり、本人自身もオペラ歌手との両立は無理と判断して、レーサーを断念、オペラ歌手に専念することに......
参考:2001年までの公演一覧

★公演日程:1990年12月13,16,19,22,27,30日/1991年1月3,5,8,11,13,16,19日 全13公演グリゴーロは全公演歌った。
主役級歌手は、カバイヴァンスカ/レオーナ・ミッチェル、パヴァロッティ/マルティヌッチ/メリーギ、ヴィクセル/カローリ、詳細はオペラ年鑑で


関連記事:
1990年ローマ歌劇場《トスカ》13才のグリゴーロ(羊飼いの少年):パヴァロッティ感激!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0