So-net無料ブログ作成
検索選択

ボローニャ歌劇場《さまよえるオランダ人》舵取り(2000.11.29〜12.16) [さまよえるオランダ人]

 ヴィットリオ・グリゴーロは、ボローニャ歌劇場2000/2001シーズンでは、「小さい役」ながら、いろいろ出演しています。当時、23才ですので、研修生みたいなものだったのかもしれません。シーズン開幕公演《さまよえるオランダ人》では「舵手」で出演、RAI3でライブ放送されました。

★新演出《さまよえるオランダ人》2000/01シーズン開幕公演、11月29〜12月16日 全9公演
指揮:ダニエレ・ガッティ
演出・舞台・衣裳:ヤニス・ココス Yannis Kokkos

キャスト:
オランダ人:グリア・グリムスレイ Greer Grimsley
ダーラント:ハンス・チャマー Hans Tschammer
ゼンタ:ガブリエレ・ マリア・ロンゲ
エリック :ヨルマ・シルヴァスティ Jorma Silvasti
マリー : チンツィア・デ・モーラ Cinzia De Mola
舵取り: ヴィットリオ・グリゴーロ
2000.11.29 RAI3ライブ
ボローニャ歌劇場管弦楽団、合唱団  11月29、12月1,3,5,6,7,9,14,16日、全9公演
★参考:リブレット"Der Fliegende Holländer"

★「舵手」の部分の音声ファイルをアップします。
第1幕:船長ダーラントは舵手に見張りをたのみ、他の船員たちと船室におり、眠りにつく。
iPad/iPhone用mp3

舵手は郷愁の歌をうたい、睡魔におそわれ眠り込む。
舵手のアリア、「はるかなる海から雷と嵐とともに"Mit Gewitter und Sturm aus fernem Mee"」
iPad/iPhone用mp3

不気味な船が現れ錨をおろす。オランダ人の船長が上陸して「期限は切れた....」と呪われた身の上を歌う。
やっぱりオランダ人(グリア・グリムスレイ)の歌もアップしないと失礼ですよね....
iPad/iPhone用mp3

ダーラントが船室から出て来て、近くに見知らぬ船が停泊しているのに驚き、眠りこけている舵手を起こす。舵手は隣の船に声をかけるが応答はない。
iPad/iPhone用mp3
ダーラントは陸にオランダ人がいることに気づき、声をかけ、オランダ人を自分の家に招待することにする。ダーラントに娘がいることを知ったオランダ人は、娘を妻にくれるなら、全財産をさしあげよう...という。ダーラントは、本当かと疑いながらも喜んで娘を差し上げようと約束する。

おりから南風が吹き始め、船は錨を上げ、水夫たちの歌う「遠い海から嵐と一緒にやってきて」にのせて、ダーラントの故郷に向かって出帆する。
iPad/iPhone用mp3

第3幕:ダーラントの船の上では水夫たちが飲めやうたえと騒いでいる。そこへ村の娘たちもやってきてこえを合わせる。
「舵手よ、見張りをやめよ!"Steuerman, lass die Wacht"」
オランダ人の船は、ひっそりと静まりかえっているので、一緒に酒を飲もうと声をかける...しかし、オランダ船からは何の返事もない。
iPad/iPhone用mp3

このプロダクションは、2004年にミラノ、2008年には、セビリアのTeatro De La Maestranzaで上演されている。(写真:クリック拡大)

参考:ボローニャ歌劇場 2000/2001シーズン:
ガッティ指揮《さまよえるオランダ人》(新演出) :11月29、12月1,3,5,6,7,9,14,16日
ガッティ指揮《ランスへの旅》:2001年1月24,26,28,30日 2月1,3,4日
カッレガーリ指揮《ルクレツィア・ボルジア》(新演出):2001年3月1,3,4,7,8,10,13,14日 2月1,3,4日
ベニーニ指揮《一日だけの王様》:2001年4月4,5,7,8,10,11,12,13日


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 4

babyfairy

さすがはkeyakiさん、また見つけていらっしゃいましたね。

>グリゴーロ君の下積み時代の録音。

この調子で是非、幻の『セビーリャの理髪師』も見つけて来て下さい!!

オーストラリア遠征公演で披露したアルマヴィーヴァのセレナードの映像(youtubeに出ているもの)で、私、衝撃受けたんですよ。フローレス王子の爽やか系、或いはシラグーザの癒し系に慣れていた所にあの情熱的歌唱ですからね^^;。
by babyfairy (2008-11-26 03:27) 

keyaki

babyfairyさん
オペラシェアなんですよ。オランダ人はRAIで放送されたという記録がありましたので、舵取りのようなちょい役だと、キャストに載せないで録音をアップしている可能性もあると思って、Gattiで検索かけてみました。そしたら、なんと2006年にアップされていたんです。アップしてくれたかたは、舵取りもちゃんとキャストに入れていましたが、綴り間違いしてました。あるあると喜んでクリックしたら、今度は期限切れ、リクエスト権のある知人にお願いして、再アップのお願いメールをしてもらったら、パソコンが壊れちゃったので、2日待ってね....でしたが、再アップしてくれました。

キャンディードは、突然アップされましたが、多分グリゴーロ君が話題になりはじめたからではないかと思います。もう、この頃から役者の素質も充分ですね。

>幻の『セビーリャの理髪師』
これは、放送されてないようですので、膝上を期待するしかないので、かなり難しいですね。
いろいろ調べた結果、演出は、babyfairyさんが、フィレンツェでご覧になった、総天然色みたいなポップ調の衣裳のやつです。ダブルキャストで、Bキャスト。ロジーナは、ボニタティブス、といってもブスじゃなくてとても可愛いんですけどね。Aキャストは、なんとバルチェッローナだったんですよ。
私も聞きたいです。将来、グリゴーロが超有名(ライモンディ並でOK)になれば、膝上でもなんでもどこかから出て来る可能性はゼロではないと思います。

by keyaki (2008-11-26 03:58) 

euridice

グリゴーロの舵取りには特に違和感はないですが、演奏全体としては、
ちょっと・・かったるい感じ。デフォルト化しているのはカラヤン指揮の録音です。エリック(T)を担当しているのは、フィンランドの映像で舵取りだったテノール。舵取りは悪くなかったけど、エリックはねぇ・・でした。でも、このテノールさん、すでにワーグナーテノール街道ばく進?中のようです。グリゴーロはエリックもきっと良いのではないかと思います。他の歌手で気に入ったのはマリーおばさんです^^+

ゼンタのソプラノもワーグナー歌手として活躍中だそうですが最高という感じはしませんでした。きれいな方のようですから、見ながらだともっといいかもしれません。両親はフランス人(父)とドイツ人(母)のドイツ(ハノーヴァー)生まれだそうです・・

オランダ人もかっこよさそうなので、見ながらだったらもっといいかも・・
ダーラント父さんは新国に何度も出演したバスですし、それ以前にもワーグナー物の録音などで聴いたことがあります。ダーラント役は、お手の物というところでしょう。

まあ、ラジオからの録音もあまりよくないんです。しかも、けっこうアバウトな録音で、雑音、ちょんぎれ、いきなり解説ありというところ。
by euridice (2008-11-26 08:22) 

keyaki

euridiceさん
8年前ですから、まだ、カセットテープの時代でしょうか。
いきなり解説....じゃなくて、なんか途中で音声が途切れた言い訳をしてました。
iPodで聞くと、音がマシになりますけど....

そういえば、新国の牛太郎さんのオランダ人はなかなかよかったですが、脇役ながら舵取りの役は、けっこう目立つな....と思った記憶があります。
by keyaki (2008-11-26 15:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。