So-net無料ブログ作成
検索選択
前の15件 | -

メト「ホフマン物語」(2017.9.26〜10.28) [Les contes d'Hoffmann]

 リハーサルはじまったようです。9月14日からかな.....

gri_met2017hoffmann_1.jpg

gri_met2017hoffmann_2.jpggri_met2017hoffmann_3.jpggri_met2017hoffmann_4.jpg

Les Contes d’Hoffmann:2017年9月26, 30日/ 10月4,7,13, (18), 21,24,28日 (グリゴーロ=8公演)
Conductor:Johannes Debus
Olympia:Erin Morley
Antonia/Stella:Anita Hartig
Giulietta:Oksana Volkova
Nicklausse:Tara Erraught / Géraldine Chauvet 10/18
Hoffmann:Vittorio Grigolo / Yosep Kang 10/18
Four Servants:Christophe Mortagne
Four Villains:Laurent Naouri

◎2010年チューリッヒで、ローラン・ナウリと共演、グリゴーロはロールデビュー。

nice!(0)  コメント(2) 

パヴァロッティ没後10周年記念コンサート"Pavarotti Un'emozione senza fine"の記事 (Chi 13 Sep 2017) [インタビュー&記事]

 グリゴーロのボクシングのトレーニングの記事だけでなく、ヴェローナでの没後10周年記念コンサートの記事も掲載されていました。画像をクリックすると読める程度に拡大します。












gri_zasshi_chi_20170913_Ramazzotti.jpg
エロス・ラマゾッティさん、ここでもパヴァロッティとジョヴァノッティをいい間違えたことを書かれていますヨ

gri_zasshi_chi_20170913_beatrice.jpg
演奏前にベアトリーチェさんと

gri_zasshi_chi20170913.jpg
左から
ユージン・コーン、アンドレア・グルミネッリ(フルート)
テノールのファビオ・アルミリアートと
ヴィットリオ・グリゴーロ

zasshi_chi20170913_96.jpgzasshi_chi20170913_97.jpg
zasshi_chi20170913_98.jpgzasshi_chi20170913_99.jpg
zasshi_chi20170913_100.jpgzasshi_chi20170913_101.jpg
zasshi_chi20170913_103.jpg


関連記事:
パヴァロッティ没後10周年記念コンサート:Arena di Verona 2017.9.6 ☆ ピオヴァーニ作曲"Luciano"

nice!(0)  コメント(0) 

ボクシングで体力作り:週刊誌 "Chi" 2017.9.13発行 [インタビュー&記事]

 イタリアの週刊誌「Chi 13 Sep 2017」にグリゴーロがミラノのボクシング・ジムBoxe Islandで体力強化に励んでいる記事 "Come ti ALLENO il tenore" が掲載されています。スタミナつけて、来シーズンも全公演キャンセル無しで頑張って下さい!

gri_boxe2017_1.jpg
gri_boxe2017_6.jpg
gri_boxe2017_7.jpg
gri_boxe2017_zasshi_2.jpg

 トレーナーは、Franco Terlizzi氏、2016年4月頃どこかで写真を見た記憶があります。
90ページ *91ページ
nice!(0)  コメント(0) 

パヴァロッティ没後10周年記念コンサート:Arena di Verona 2017.9.6 ☆ ピオヴァーニ作曲"Luciano" [コンサート]

◎第一ブログの記事「パヴァロッティが亡くなって10年......"Pavarotti Un'emozione senza fine" (Arena di Varona, 2017.9.6)」にプログラムと、クラシック関連の音声ファイルをアップしました。
(2017.9.9)


luciano-pavarotti-10th-anniversary-concert-1.jpg◎イタリアではRai1とRai Radio2で生中継されましたが、高視聴率で、大成功だったようです。グリゴーロは、「すばらしい新曲"Luciano"を歌うという大変な名誉を与えて下さったことに感謝します...」とコメントしています。
 白いシャツで "E lucevan le stelle"、黒いシャツでRomanza - Luciano を歌っています。

luciano-pavarotti-10th-anniversary-concert-4.jpgluciano-pavarotti-10th-anniversary-concert-3.jpgluciano-pavarotti-10th-anniversary-concert-2.jpg
(2017.9.9)


◎出演者たちのコメント:


 Eros Ramazzotti が パヴァロッティをジョヴァノッティ ( Lorenzo Jovanotti )といい間違えた....なんてのが話題になっています。すぐに、気づいて言い直したんですけどね。ずいぶん恐縮してます.....その場面(youtube)

◎youtube(作曲家Nicola Piovaniのチャンネル)に“Luciano”がアップされましたので、差し替えました。
(2017.9.8)


gri_verona2017.jpg

◎パヴァロッティ没後10周年記念コンサート"Pavarotti Un'emozione senza fine" ヴェローナからの中継終了。グリゴーロは、パヴァロッティの思い出話とトスカから"E lucevan le stelle, "、ニコラ・ピオヴァーニがこのコンサートのために作曲した“Luciano”(詩はFranco Marcoaldi)を歌いました。Rai1のtwitterインスタグラムに出演者の写真とか演奏が順次アップされています。



 Rai1は地域制限で視聴できませんでしたがRaiRadio2の放送を聞くことができましたので、"Luciano" をアップします。

luciano-pavarotti-10th-anniversary-concert-5.jpggri_piovani_verona2017_1.jpggri_piovani_verona2017_2.jpg

☆オペラ歌手あるいはオペラ関連の曲:
My Way(カレーラス、ドミンゴ)、忘れな草(カレーラス、ドミンゴ、ゲオルギュー)、星は光りぬ(グリゴーロ)、連隊の娘(ボチェッリ、ローマから)、Passione(カレーラス)、Te Voglio Bene Assaje(マッシモ・ラニエリとゲオルギュー)、人知れぬ涙(メーリ)、椿姫の「乾杯の歌」(パヴァロッティ財団の若手オペラ歌手6人)、Mattinata(ファビオ・アルミリアート)、Luciano(グリゴーロ)


 パヴァロッティの思い出話と"E lucevan le stelle, "を歌うグリゴーロ。画像をクリックするとビデオ(歌だけ)にリンクしています。

(2017.9.7)


◎関連記事:VITTORIO GRIGOLO/ Il suo progetto ambizioso (Pavarotti, un'emozione senza fine)
(2017.9.6)


◎4日にはリハーサルが行われた模様、楽団員の方のfacebookにリハーサルの様子がアップされています。下の画像をクリックすると他の出演者の写真、ホセ・カレーラス、ファビオ・アルミリアート、作曲家のニコラ・ピオヴァーニの写真も見られます。
(2017.9.5)



RTL 102.5(イタリアのFM放送)のfacebookにイベント紹介のビデオがアップされました。rai 1のインスラグラムにも。


 Rai1では9月6日(水)午後9:25から中継されますが、日本から見られるかどうかは分かりません。
 下の6月30日の記事にも「Nicola Piovaniが作曲した"Luciano"が初演奏される」とありますが、グリゴーロのインスタグラムによれば、グリゴーロが歌うようです。

 余談ですが、このインスタグラムのコメントの"raimondi.r"はルッジェーロ・ライモンディの息子では?と思って、彼のページに行ってみましたが、間違いなくライモンディの息子でした。ちゃんとロドリゴ君の面倒も見てるんですね。ライモンディ・ファミリーについては「66歳のお誕生日特集:ライモンディ・ファミリー」「ダウン症の末息子ロドリゴ君について語る」の記事にまとめています。
(2017.9.1)

=  =  =  =  =  =  

◎9月6日、ヴェローナ野外劇場で開催される、パヴァロッティ没後10周年記念コンサートに出演予定。

 名前のあがっているゲストは、三大テノールの仲間ドミンゴとカレーラス、世界の大きな劇場で活躍している新しい世代のイタリア人テノールとしてメーリとグリゴーロ、パヴァロッティと親交の深かったソプラノのゲオルギュー、テノールのアルミリアート、フルート奏者のグリミネッリ、ポップ界からズッケロ......また、Nicola Piovaniが作曲した"Luciano"が初演奏されます。このイベントは、Rai1で放送予定です。

 このイベントについての記事 "Ospitato in Arena 
il decennale 
di Pavarotti"、La stampaではニコレッタ・マントヴァーニのインタビューのビデオも"Dieci anni dalla morte, il 6 settembre un grande evento per Pavarotti"、その他たくさん記事が配信されています。
(2017.6.30)

nice!(1)  コメント(4) 

2017-18シーズン予定 :☆メト(ホフマン物語9/26〜10/28) ☆ Niaf Gala 2017 (ワシントンDC, 11/4 )☆ ウィーン (愛の妙薬 11/17,20) ☆ タッカー・ガラ (カーネギーホール 12/10) ☆ メト(トスカ 12/31〜1/27) ☆ メト(ルチア 3/22〜4/14) ☆パリ (ジャンニ・スキッキ5/22〜6/17)☆ ミュンヘン(愛の妙薬 7/6 ) [今後のスケジュール追加・変更]

NIAF 42nd Anniversary Gala:Washington Marriott Wardman Park Hotel 2017年11月4日
 ワシントンDCで、NIAF=The National Italian American Foundationの42周年ガラに出演。
(2017.9.16)


2017 Richard Tucker Gala 2017年12月10日(日)カーネギーホール
 グリゴーロは、ちょうどメトで「トスカ」のリハーサル中です。2017年のリチャード・タッカー賞は、ソプラノのナディーヌ・シエラ、すでに4月18日に発表されています。Nadine Sierra Wins the Richard Tucker Award, ......

Performers
Stephanie Blythe, Mezzo-Soprano
Javier Camarena, Tenor
Tara Erraught, Mezzo-Soprano
Vittorio Grigolo, Tenor
Ailyn Pérez, Soprano
Ekaterina Semenchuk, Mezzo-Soprano
Sir Bryn Terfel, Bass-Baritone
Tamara Wilson, Soprano

2017 Richard Tucker Award Winner
Nadine Sierra, Soprano

Nicola Luisotti, Conductor
Members of the Metropolitan Orchestra
New York Choral Society
(2017.8.28)


◎あらららら、今度はアンドリス・ネルソンスがキャンセル、ジェームス・レヴァインが振るそうです。 ターフェルは大丈夫かな.....
 NYtimesの記事、James Levine to Replace Andris Nelsons in the Met’s New ‘Tosca’
(2017.7.11)


◎6月16日、メトの新演出「トスカ」、オポライス降板(“for personal reasons,”)で、トスカはソーニャ・ヨンチェヴァと発表されました。混乱続きのメトの「トスカ」についての第一ブログの記事
(2017.6.17)


ウィーン国立歌劇場 Wiener Staatsoper 2017-18シーズン(2017.4.5発表)

☆L’elisir d’amore 2017年11月17, 20日 (2公演)
 Guillermo García Calvo, Otto Schenk
 Andrea Carroll, Vittorio Grigòlo, Orhan Yildiz, Erwin Schrott

 知らないソプラノ......
 ROHも来シーズンの発表がありましたが、グリゴーロは出演無し。
(2017.4.5)
=  =  =  =  =  =  

バイエルン国立歌劇場 Bayerische Staatsoper 2017-18シーズン(2017.4.2発表)

Opernfestspiele 2018:L’elisir d’amore 2018.7.6 (1公演)
Stefano Ranzani (ML), David Bösch (I) / Pretty Yende, Vittorio Grigòlo, Ambrogio Maestri, Andrei Bondarenko
 プリティ・イェンデ (1985年生)は今シーズンMetでも大活躍ですが、グリゴーロとは数年前からけっこう共演しています。2012年の "The Italian Tenor Tour" のツァーとか「レーゲンスブルグ野外音楽祭 グリゴーロのコンサート」でもゲスト出演していますし、2012年のスカラ座「ボエーム」では、ムゼッタ、2015年ベルリン国立歌劇場「愛の妙薬」で共演しています。
(2017.4.2)
=  =  =  =  =  =  

◎カウフマンが「トスカ」をキャンセルしたため、グリゴーロがカヴァラドッシを歌うことになりました。ROHでロールデビューのはずでしたが、メトでロールデビューとなりました。Live in HDも有ります。これはラッキー!


(2017.3.4)

=  =  =  =  =  =  

メトロポリタン・オペラ 2017-2018 シーズン (2017.2.15発表)
 グリゴーロは、再演の「ホフマン物語」と「ルチア」です。残念ながらHDは無し。
 ラインナップの一覧表→ メト2017−2018シーズン発表 (2017.2.15)

Les Contes d’Hoffmann
 2017年9月26, 30日/ 10月4,7,13, (18), 21,24,28日
(グリゴーロ=8公演)
Conductor:Johannes Debus
Olympia:Erin Morley
Antonia/Stella:Anita Hartig
Giulietta:Oksana Volkova
Nicklausse:Tara Erraught / Géraldine Chauvet 10/18
Hoffmann:Vittorio Grigolo / Yosep Kang 10/18
Four Servants:Christophe Mortagne
Four Villains:Laurent Naouri

Tosca 新演出:
 2017年12月31日/ 1月3,6,9,12,15,18,23,27日
(9公演) HD (Jan. 27)
Conductor:Andris Nelsons James Levine / Gareth Morrell(1/18)
Production:Sir David McVicar
Tosca:Kristine Opolais Sonya Yoncheva (1/12 Jennifer Rowley)
Cavaradossi:Vittorio Grigolo
Scarpia:Bryn Terfel
Sacristan:Patrick Carfizzi

Lucia di Lammermoor
 2018年3月22,26,30日/ 4月3,7,11,14, (25,28/ 5月2,5,10)日
(グリゴーロ=7公演)
Conductor:Roberto Abba
Lucia:Olga Peretyatko/ Jessica Pratt (4月11,14) / Pretty Yende (4月25,28/5月2,5,10)
Edgardo:Vittorio Grigolo / Michael Fabiano (4月25,28/5月2,5,10)
Enrico:Massimo Cavalletti /Luca Salsi (3月30/4月11) / Quinn Kelsey (4月25,28/5月 2,5,10)
Raimondo:Vitalij Kowaljow / Alexander Vinogradov (4月25,28/5月 2,5,10)
(2017.2.16)

=  =  =  =  =  =  = 


L’Opéra national de Paris saison 2017-2018 (2017.1.21発表)
☆ジャンニ・スキッキ:2018年5月22, 27, 30日/ 6月2, 8, 12, 14,17日 (8公演)

Gianni Schicchi - Giacomo Puccini     
Opéra National de Paris Bastille
 

Director:Laurent Pelly
Conductor:Maxime Pascal

Gianni Schicchi:Artur Rucinski
Lauretta:Elsa Dreisig
Zita:Rebecca de Pont Davies
Rinuccio:Vittorio Grigolo
Gherardo:Philippe Talbot
Nella:Emmanuelle De Negri

 2004年の演出のようです。このローラン・ペリ演出の「スペインの時/ジャンニ・スキッキ」は、小沢征爾指揮で、2003年に東京で先行して上演され、私も見に行きました。スキッキはジョゼ・ヴァン・ダム、リヌッチョは、ロベルト・サッカ、ラウレッタがダニエル・ドゥ・ニースでした。「スペインの時」には、フレデリカ・フォン・シュターデが出てましたし...

 それにしても、今更リヌッチョですか.....2008年にスカラ座で歌っています。それに2018年5月といえば、今年(2017年)の「リゴレット」と同時期、この時期パリに居たいわけでもあるのかしら.....全仏オープンテニスの時期ですけど.....メンズのファッションウィークの時期でもあるようです.....
(2017.1.21)

The Broad Stage コンサート(2017.4.18):Vittorio Grigolo & Carmen Giannattasio [コンサート]

◎指揮者のMarco Boemiのチャンネルにアップされました。



(2017.8.2)


◎レポートが出ました。
 Review: Opera Superstar Vittorio Grigolo Hits All the Right Notes at the Broad Stage

gri_Giannattasio20170418_3.jpg gri_Giannattasio20170418_2.jpg
gri_Giannattasio20170418_4.jpg
gri_Giannattasio20170418_1 .jpggri_Giannattasio20170418_5.jpggri_Giannattasio20170418_6.jpggri_Giannattasio20170418_7.jpg
(2017.4.22 5.12)


◎3時間もの演奏だったそうです。拍手喝采の様子がインスタグラムに。まだまだ歌って欲しそう......

◎アンコールかな?



(2017.4.19)


 4月15日、La Operaの「ホフマン物語」の最終日を無事終え、18日にサンタモニカのThe Broad Stage で、ヴィットリオ・グリゴーロとカルメン・ジャンナッタージオ(1975.4.24 - )のコンサートがあります。これは3月20日に予定されていたコンサート、ソーニャ・ヨンチェヴァの都合でキャンセルされたコンサートの振り替えです。

プログラム Program (subject to change)
gri_Giannattasio.jpg
Overture (Guillaume Tell)
Verranno a te sull'aure (Lucia di Lammermoor)
Overture (Le Nozze di Figaro)
O mio babbino caro (Gianni Schicchi)
Firenze è come un albero Fiorito
Overture (West Side Story)
Something's Coming
Somewhere
Maria
Tonight
There will be one 15-minute intermission
Recondita armonia (Tosca)
Bacchanale (Samson et Dalila)
Pourquoi me réveiller (Werther)
Vissi d'arte (Tosca)

Overture (Carmen)
La fleur que tu m'avais jetée
Overture (La traviata)
Parigi o cara

2000.11.5 ソリスト 真ん中の二人

gri_corrado_gulnara.jpg
2009年11月〜チューリッヒ歌劇場 グルナーラ&コラード

 カルメン・ジャンナッタージオとは2000年のスカラ座でのコンサート(ムーティ指揮)で二人ともソリストとして出演、25才と23才....若いですね。この時のソリストは、6名(ソプラノ2、アルト、テノール2、バス)でしたが、今現在大劇場で活躍しているのは、グリゴーロとジャンナッタージオ、この二人だけだと思います。
 チューリッヒ歌劇場のヴェルディの「IL CORSARO 海賊」は、めったに上演されないオペラで、演出も当時としては新進気鋭のミキエレッティの演出で話題になりました。グリゴーロもジャンナッタージオも好評でした。(写真右下)

 雑誌のインタビューで、『舞台であれ、録音であれ、グリゴーロは、彼のキャリアを通じて、一緒に仕事をする仲間と深い絆を結んでいる。おそらく、彼は、メト出演やソニーとの契約以前に前途有望な若い歌手たちとある種血縁関係のようなものを感じているので、将来のトップ女性歌手達と共演するのを特別に楽しんでいる。「カルメン・ジャンナタッシオと歌うのが好きです」と彼は言う。彼は前のドニゼッティのルクレチア・ボルジアの記事で紹介したソンドラ・ラドヴァノフスキーとの共演もとても楽しんだ。』("AMICI Journal" 2010夏号から)

◎ヴィットリオ・グリゴーロとカルメン・ジャンナッタージオの公演記録:
ムーティ指揮:ベートーヴェン《合唱幻想曲 Fantasia in Do Min.Op. 80 》ラ・スカラ (2000.11.5 )
チューリヒ歌劇場でヴェルディの「海賊 IlCorsaro」で共演 (2009.11/22〜2010.1/1)
CDアルバム "Arrivederci"(2011):椿姫「乾杯の歌 Brindisi」
DOBの「ボエーム」(2012.12/30, 2013.1/3)
シャンゼリゼ劇場でヴィットリオ・グリゴーロのコンサート(2012.1.16):ゲスト出演

◎今までのThe Broad Stageでのコンサート:
サンタモニカのThe Broad Stageでリサイタル (2015.2.11)
・The Broad Stage (2015.7.18) 翌日サンタモニカ・カトリック教会で "Ave Maria"(2015.7.19)
Vittorio GrigoloとDiana Damrau (Broad Stage 2015.11.29)
コンサート The Broad Stage Mihaela Marcuと (Santa Monica 2016.7.26)

gri_Wissman_La2017Hoffmann.jpgその他関連記事:
フォーブスForbesの記事:Ambassador for Talent: Vittorio Grigolo at the Broad Stage(2015.3.4)
 この記事のBarrett Wissman氏はLAに「ホフマン物語」を見に行ったようです。



フィレンツェにゼッフィレッリ記念館開設 museo Zeffirelli (2017.7.31) [その他]

 フィレンツェにゼッフィレッリ記念館が新設され、7月31日にオープニングのイベントが行われました。94才のゼッフィレッリはフィレンツェ出身ですが、ローマに住んでいて健康上の理由で出席できなかったそうです。グリゴーロも来ていたようです。シェフ?の方のfacebookに写ってました。

記事:
Firenze. Dentro il regno del maestro Zeffirelli
L'Inferno di Zeffirelli Storia di un capolavoro che ora si può vedere

関連記事:
フランコ・ゼッフィレッリ(Franco Zeffirelli, 1923.2.12) 90歳の誕生日 ☆ ゼッフィレッリ関連記事一覧

ゼッフィレッリの自伝は、オペラ好きには、とにかく面白いです。まだ読んでない方は、ぜひ。続きも書いて欲しいです。

ROH シュレジンジャー演出 グリゴーロ主演「ホフマン物語 Les Contes d'Hoffmann 」DVDリリース(2017.7.7 ) *日本では7/21 [CD/DVD/映画]

◎21日にドイツ・アマゾンに注文したブルーレイ、本日31日、届きました。
IMG_2157.jpg
 ブルーレイに関しては、送料込みで2732円なので、日本で買うよりお得。ただし、普通のDVDは日本で買った方が安い。送料込みでEUR 24,55(17,22+送料7,33)、3308円です。ドイツ・アマゾンではなくこちらのショップPresto ClassicalだとDVDが激安、1490円+送料480円=1970円ですよ。
(2017.7.31)



(2017.7.25)



◎海外のネットショップですと2000円程度ですが、送料込みだと日本で輸入盤を買ったのと大差ないようです。調べればいろいろあると思いますが、タワーレコードHMVが同じ価格(DVD¥3,091 / ブルーレイ¥3,533)です。アマゾンは、マーケットプレイスだと送料込みで2000円程度で買えます。自分でROHとかドイツ・アマゾンに注文するよりお得です。ただし、ブルーレイでしたら、ドイツアマゾンで購入した方がお得。ブルーレイ€12,96+普通便送料€7,33=合計€20,29=JPY2,732
(2017.7.21)


(2017.7.14)


 SONYからDVDがリリースされます。今のところドイツアマゾンとROHのサイトで予約できます。
dvd_off_hoff_sony.jpgblu_off_hoff_sony.jpg

ドイツアマゾン:DVDもブルーレイも同一価格で€22.99(約2850円)€1=124円で計算

・ROHのショップ:DVDは£16.99 (2412円)  ブルーレイは£19.99 (約2838円) £1=142円で計算

いずれ日本でも輸入版が発売されると思いますので、その価格を見てからの予約がいいと思います。送料のこともありますし。

関連記事:
ROH「ホフマン物語」(2016.11.7〜28) ☆ カーテンコール ☆ 舞台写真 ☆ レビュー ☆ ビデオクリップ
ROH シュレジンジャー演出「ホフマン物語 Les Contes d'Hoffmann 」今までの公演リスト

2017年夏の予定:ITALIA, UN SOGNO(☆ 7/6 Milano, Arena Civica 中止!) ☆ 7/19 Roma, Foro Italico中止!) ☆ Ischia Global Fest 2017 (7/11 Ischia) ☆Pavarotti 10th Anniversary (9/6 Arena di Verona ) [今後のスケジュール追加・変更]

◎結局、ローマでのイベント"ITALIA, UN SOGNO"も中止のお知らせがありました。(2017.7.18)

◎急性喉頭炎で、少なくとも2週間の安静が必要とのことで、ミラノでのイベント"ITALIA, UN SOGNO"は中止になりました。

*グリゴーロのコメントとお知らせ

 野外でのリハーサルで、無理をしたんでしょうね。オペラの公演よりハードですものね。
(2017.7.4)

=  =  =  =  =  =  


◎9月6日、ヴェローナ野外劇場で開催される、パヴァロッティ没後10周年記念コンサートに出演予定。

 名前のあがっているゲストは、三大テノールの仲間ドミンゴとカレーラス、世界の大きな劇場で活躍している新しい世代のイタリア人テノールとしてメーリとグリゴーロ、パヴァロッティと親交の深かったソプラノのゲオルギュー、テノールのアルミリアート、フルート奏者のグリミネッリ、ポップ界からズッケロ......また、Nicola Piovaniが作曲した"Luciano"が初演奏されます。このイベントは、Rai1で放送予定です。

 このイベントについての記事 "Ospitato in Arena 
il decennale 
di Pavarotti"、La stampaではニコレッタ・マントヴァーニのインタビューのビデオも"Dieci anni dalla morte, il 6 settembre un grande evento per Pavarotti"、その他たくさん記事が配信されています。
(2017.6.30)

=  =  =  =  =  =  


◎7月11日、「2017年イスキア国際映画&音楽祭」に出席するようです。グリゴーロは2012年に"Italian Worldwide Award" を授賞(下の写真)しています。



11 luglio tributo con film e Grigòlo nel mito di Pavarotti
Global Fest, a Clive Davis le “chiavi di Ischia”
(2017.6.11)

=  =  =  =  =  =  


◎Repubblica TVにインタビューのビデオ

(2017.6.8)   



◎週刊誌 'PANORAMA _1 giungno 2017' に、この公演の記事 "Vittorio Grigolo, la rockstar della lirica" が掲載されました。

zasshi_panprama20170601_2.jpgzasshi_panprama20170601_1.jpg
(2017.6.2)



◎共演のソプラノは、デジレ・ランカトーレ Desirée Rancatore (1977.1.29 - パレルモ出身)のようです。
italia-un-sogno-628x353.jpg
 ランカトーレとグリゴーロは同い年で、23才の時、2001年にボローニャ歌劇場で「ランスへの旅」に出演しています。ランカトーレは、すでに主役級、グリゴーロはほとんど歌のないちょい役ですが、その後、2009年にアヴィニヨン歌劇場で「ルチア」、2011年には、チューリッヒ歌劇場、2012年には、ROHの「リゴレット」(2012.4.14)で共演しています。「ルチア」とか、ROHの「リゴレット」のカーテンコールの様子では、とても仲良しで、ランカトーレがグリゴーロを頼りにしてる感じでした。

 あら、ランカトーレは、6月24日まで、パレルモのテアトロ・マッシモ来日公演で「椿姫」なんですね。グリゴーロはパリで 27日まで「リゴレット」(5/27〜6/27)ですけど。パレルモの来日キャスト、ゲオルギューの「トスカ」もあるんですね。ヌッチも来るし......凄い。
palermo_L.jpg
(2017.5.6)


◎Canale5の番組 "MATRIX" にゲスト出演
(2017.5.3)


◎下のTV出演の件は、別記事「TV番組 "Edicola Fiore"にゲスト出演」にしました。
(2017.4.28)


◎Sky Uno の番組 "Edicola Fiore"にゲスト出演、27日の7:30(再放送20:30)の放送です。
cq5dam.web.738.462.jpg
(2017.4.27)


◎26日午前10時からミラノのパラッツォ・レアーレで "ITALIA, UN SOGNO" の公演について記者会見が行われました。
・ANSAの記事:Musical di Grigolo all'Arena di Milano / Il 6 luglio lo spettacolo 'Italia, un sogno'

ミラノ市のFacebook にも掲載されました。

gri_milano20170426.jpg
(2017.4.26)


◎グリゴーロの"Italia. Un sogno" 専用のfacebookにもお知らせが掲載されました。

gri_sogno_milano_roma.jeg.png
(2017.4.21)


John Pascoe氏の情報によれば、7月19日には、ミラノに続き2回目の公演が、ローマの Foro Italico で開催されるそうです。
(2017.4.20)


◎ミラノ大学 ( Università degli Studi di Milano )のAlberto Bentoglio教授のfacebookによれば、4月26日には、ミラノのPalazzo Reale (piazza Duomo)の会議室でグリゴーロによる "Italia un sogno"のプレゼンテーションが行われるそうです。
(2017.4.19)


◎今回は宣伝に気合いが入ってますね。

un_sogno_milano.jpggri_milano_sogno_poster.jpg
(2017.3.19)


A MILANO VITTORIO GRIGÒLO CON “ITALIA, UN SOGNO” (2017.3.10発表)

MILANO, ARENA CIVICA
6 LUGLIO 2017
Citysound in collaborazione con il Comune di Milano
presenta
VITTORIO GRIGÒLO
in
ITALIA, UN SOGNO
Un viaggio emozionante, un inno alla bellezza dell’Italia in un kolossal
teatrale senza precedenti

情報と予約:www.citysoundmilano.comi


グリゴーロとオポライスの「ラ・ボエーム」 グダニスクの広場で上映 (2017.7.15) [ボエーム La Bohème]

 メトの2014年4月5日にHD上映された「ボエーム」は、今も世界各地で上映されています。7月15日、ポーランドのグダニスクの広場(Targ Węglowy) での模様がネットで配信されています。Mimi i Rodolfo w "Cyganerii (La Bohème)" na Targu Węglowym
 
gri_boheme_Gdansk2017_1.jpggri_boheme_Gdansk2017_2.jpg

↑当日はお天気がよかったこともあって大盛況、用意された椅子が足りなくて、立ったり地べたに座ったりの人も大勢いました。





メモ:Gdans グダニスクは、バルト海に面するポーランドの都市で、"Targ Węglowy" (Targ Weglowy square)は、新しく再開発された広場だそうです。

関連記事:メトの「ボエーム」:WOWOW初回放送(2015.7.11) ☆ フリットリのミミ (2014/4/10,14,18) ☆ News! ミミがオポライスに...映像リンク (2014.4.5) ☆ メト「ボエーム」(HD上映有り)のリハーサルの様子....Anita Hartigの"mi chiamano Mimi" ☆ レビュー



イスキアグローバル映画音楽祭 Ischia Global Film & Music Fest (7/8〜7/16) ☆ グリゴーロ ゲスト出演(7/11) [その他]

◎ジャーナリスト Leonardo Metalli のインタビュー
クリック:ビデオにリンク

◎ルーチョ・ダッラの"Caruso"も
gri_ischia2017_Caruso.jpg
(2017.7.15)


◎まだフェスタは続いていますが、グリゴーロの出番は終ったようですので、ネットで見つけた写真とかビデオまとめます。

gri_ischia2017_1.jpg
  Cheryl Boone Isaacs, Tony Renis, Clive Davis, Vittorio Grigolo and Mark Canton


gri_ischia2017_4.jpg

 グリゴーロは、7月11日に "E lucevan le stelle" を歌いました。

gri_ischia2017.jpg
gri_ischia2017_3.jpggri_ischia2017_2.jpg

参考記事:
Inizia stasera l’ “Ischia Global Film & Music Fest”: più di cento sul red carpet
・イスキアグローバル映画音楽祭のホームページ: Ischia Global Film & Music Fest
(2017.7.13)


◎7月11日、「2017年イスキア国際映画&音楽祭」に出席するようです。グリゴーロは2012年に"Italian Worldwide Award" を授賞(下の写真)しています。



11 luglio tributo con film e Grigòlo nel mito di Pavarotti
Global Fest, a Clive Davis le “chiavi di Ischia”
(2017.6.11)


Montagnano Premio il GIOGO D'ARGENTO 2017 受賞式(2017.7.9) [その他]

 モンタニャーノ (Toscana、ArezzoのMonte San SavinoにあるMontagnano)では、7月6日〜7月15のフェスタの間、いろいろなイベントが開催されたようですが、“Il giogo d’argento”の授賞式が9日(日)に行われました。YouTubeに授賞式の模様がアップされています。グリゴーロは、1:25〜2:06くらい、喉も順調に回復しているような感じ.....かな。



DOMENICA 9 LUGLIO – ORE 20,00
Tutti a tavola con un ottimo menù e buon vino
PREMIO GIORNALISTICO-CULTURA-ECONOMIA
“Il giogo d’argento”
Al Tenore Vittorio Grigolo
Alla giornalista e nipponista Stefania Viti
Agli imprenditori Corrado e Marco Menchetti – Menchetti 1948

 グリゴーロのインスタグラムでも紹介されています。Montagnano premio "il Giogo"

gri_insta_premioGiogo.jpggri_premioGiogo2017.jpg
gri_premioGiogo_2.jpg

参考記事:
Montagnano: a Grigolo, Viti e Menchetti il “Giogo d’argento” del premio giornalismo-cultura-economia e “Premio letterario Caterbo e Francesca Mattioli”
Montagnano Premio il GIOGO D'ARGENTO 2017 (イベントのプログラム)


パリ国立歌劇場 l’Opéra Bastille リゴレット(2017.5.27〜6.27 ー11公演)☆リハーサル ☆レビュー ☆舞台写真 [リゴレット]

◎両ソプラノをご覧になったかたのレポートによれば、最後の2公演を歌ったLisette Oropesa、とてもよかったそうです。それで、27日も急遽見に行かれたとか。グリゴーロは、オロペーザとは、メトの「リゴレット」(2013.4〜5)で共演しています。
 コメントにもありますが、最後の2公演は、水面下でオロペーザに引き継ぐことが決まっていたのかもしれません。
 シエラとオロペーザはアメリカ出身ですが、とてもよく似ていて私なんか写真ではどっちかな....なんですが。ナディーン・シエラ(1988.5.14 フロリダ)は、お母さんはポルトガル人、お父さんはプエルトリコとイタリア系アメリカ人だそうです。リゼット・オロペーザ(1983.9.29 -ニューオリンズ)は、キューバ系アメリカ人(両親がキューバからの移民)だとか。
(2017.6.30)


◎インスタグラムとかツイッターにアップされているビデオのまとめ、下のインスタグラムのビデオを追加しました。




◎1ヶ月間11公演(5/27〜6/27)、長丁場のパリの「リゴレット」終りました。

gri_duca20170627.jpggri_duca2017_oropesa.jpg
(2017.6.28)



◎インスタグラムとかツイッターにアップされているビデオのまとめ
(2017.6.25)



◎24、27日はジルダがLisette Oropesa に、Nadine Sierraは、体調不良(illness)で降板。
(2017.6.25)



◎"Questa o quella"
(2017.6.24)



◎「リゴレット」最後の場面、殺し屋スパラフチーレから死体の入った袋を受け取ったリゴレット、これで公爵の奴に復讐を遂げることができた.....と思った瞬間、あの公爵の能天気な歌声が.....
 この場面は通常舞台裏で「女心の歌」を歌います。グリゴーロがインスタグラムに動画をアップ、一枚目は飴をなめながら待機、2枚目はいよいよ出番.....
gri_duca2017pari_insta1.jpggri_duca2017pari_insta2.jpg

YouTubeにまとめてアップ
(2017.6.21)



◎最後に公爵が上着を取りに来ます。
(2017.6.13)  


gri_duca_2017parigi_12.jpg
(2017.6.5)


◎Opéra national de Paris のチャンネルにビデオがアップされました。


 もう一つリゴレットとジルダの Si vendetta (Nadine Sierra & Željko Lučić)
(2017.6.1)


◎劇場のホームページに、やっと今シーズンの舞台写真が掲載されました。
 Rigoletto 14 images
 グリゴーロが写っている舞台写真を転載します。
gri_duca_2017parigi_8.jpggri_duca_2017parigi_9.jpggri_duca_2017parigi_10.jpg
(2017.5.29)


◎レビュー:
・Classicagenda:Rigoletto à l’Opéra Bastille : maudite vengeance / Sonia Bos-Jucquin

 昨年のプレミエ公演ではグートの演出について、意見が分かれていたが、今シーズンは完璧にリニューアルされ、音楽とヴォーカルでも議論の余地のない成功となっている....って言ってる?

・ResMusica:Un grand Rigoletto dans une petite boite / Steeve Boscardin
  同時にグリゴーロのインタビューも
 Vittorio Grigolo, ténor bête de scène mais pas que / Steeve Boscardin
  今後歌う予定のものは「カルメン」「トスカ」「仮面舞踏会」、多分「道化師」だそうです。

・Forum Opéra:Rigoletto - Paris (Bastille) / Christian Peter
・Ôlyrix:Rigoletto cartonne à Bastille / Charles Arden
(2017.5.29)



◎いよいよ初日
gri_duca_2017parigi_4.jpggri_duca_2017parigi_5.jpggri_duca_2017parigi_6.jpg
(2017.5.28)


◎ドレスリハーサルのカーテンコール(2017.5.24)、ナディーヌ・シエラと指揮者のルスティオーニの間の男性はどなたかしら....考えられるのは合唱団の指揮者かなぁ。
gri_duca_parigi2017_dressrehearsal.jpg
(2017.5.25)


 パリ国立歌劇場の facebookにリハーサルのビデオがアップされています。

クリック:ビデオにリンク

 リハーサル写真がONPのホームページにアップされました。ご覧のように、かなり変った演出、昨年の公演の記事「パリ(バスティーユ)新演出「リゴレット」:ドッペルゲンガー・リゴレット(2016.4.9〜5.30)」のコメントが参考になります。しかし、クラウス・グートって、パリのお気に入り演出家なんですね。
 
◎リハーサル写真、Rigoletto - Répétitions 21 imagesから
gri_duca_2017parigi_3.jpggri_duca_2017parigi_2.jpggri_duca_2017parigi_1.jpg


リゴレット:2017年5月27, 30日/ 6月2, 5, 9, 12, 15, 18, 21, 24, 27日 (11公演) Opéra Bastille
Direction musicale:Daniele Rustioni
Mise en scène:Claus Guth
Il Duca di Mantova:Vittorio Grigolo
Rigoletto:Željko Lučić
Gilda:Nadine Sierra (24,27/Lisette Oropesa)
Sparafucile:Kwangchul Youn
Maddalena:Elena Maximova
Giovanna:Marie Gautrot
Il Conte di Monterone:Robert Pomakov
Marullo:Christophe Gay
Matteo Borsa:Julien Dran
Il Conte di Ceprano: Mikhail Timoshenko
La Contessa:Veta Pilipenko
Paggio della Duchessa:Laure Poissonnier
Usciere di Corte:Christian Rodrigue Moungoungou


グリゴーロの5枚目のアルバムは "VERISSIMO" ☆ 2017.10.6発売か... [CD/DVD/映画]

◎7月頃には発売かと期待していましたが、10月6日のようです。
(2017.6.9)


 昨年末にニューアルバムの録音をしたという情報は得ていましたが、やっとアルバムのタイトルが発表されました。



 タイトルは、"VERISSIMO" 、VERISMOじゃないです。VERISMOというタイトルのアルバムはたくさんありますから、内容がヴェリズモでも今更 "VERISMO"では芸がなさ過ぎってことか.....イタリアニッシモなグリゴーロが歌うヴェリズモなので"VERISSIMO" 、bellissimo もかけてる?
 内容は分かりませんが、Cav/Pag は当然入るでしょうけど、あとは、どういう内容か、オペラのヴェリズモって、内容はどうでも時代で分けている場合もあるようだし......グリゴーロの選曲が楽しみです。

関連記事:
プラハのCNSO(チェコ・ナショナル交響楽団)スタジオでニューアルバムの録音...(2016.12.5)

*グリゴーロのアルバム:
2017:“Verissimo,”
2014:“The Romantic Hero,” フランス語のオペラアリア集
2013: “Ave Maria.” グリゴーロ自身の音楽のルーツとも言えるバチカン時代に慣れ親しんだ曲
2011: “Arrivederci” カンツォーネとポピュラーなアリアを網羅したアルバム
2010:“The Italian tenor. “名刺代わりのイタリア・オペラアリア集、Sonyからファーストアルバム

2008:幻のアルバム Polydor/Universal
2006:"In the Hands of Love" Polydor/Universal
Poperaの初アルバムでヒットしました

LA Opera 2016-17 シーズンの「ホフマン物語 」 KUSCで放送(2017.5.27) [Les contes d'Hoffmann]

◎「ホフマン物語」は未完の作品ですので、いろいろな版がありますが、今回は、順番はプロローグ、オランピア、ジュリエッタ、アントニア、エピローグとなっています。

 最後の場面も
1.ホフマンが酔いつぶれて幕
2.詩人として再起を暗示して幕       
3.自殺して幕

 今回は2番目ですが、最後にホフマンが歌います。これってめずらしい。私ははじめて聞きます。10分程度ですのでエピローグのMP3をアップします。
(2017.5.29)

=  =  =  =  =  =  


 KUSCの番組"LA Opera On-Air"で、「ホフマン物語 」(Plácido Domingo指揮、Vittorio Grigolo, Diana Damrau, Kate Lindsey主演) が放送されます。
 2時間枠なので、全曲ではなくハイライト版かもしれません。 同好の方からお知らせ頂きました。ありがとうございます。5時10分頃まで延長して全曲放送されました。

kusc_LAopera_onair_romeo.jpg
LA Opera On-Air
Offenbach’s Tales of Hoffman
Saturday, May 27, 10 AM
 (日本時間5月28日午前2:00)




*公演の内容詳細は→La Opera (ホフマン物語 2017.3.25〜4.5) ☆ 舞台写真 ☆ レビュー


メモ:Classical KUSCは、南カリフォルニア大学ラジオ局が運営している非営利FM局

関連記事:
Classical KUSCでライブ放送 (日本時間:10日お昼12:30)LAオペラのドミンゴ指揮、グリゴーロ&マチャイゼの「ロメオとジュリエット」☆ VideoClip

前の15件 | -